LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイルで利用できる3つの支払い方法

lineモバイルの支払い方法

LINEモバイルで利用できる支払い方法が知りたいとお悩みではありませんか?

LINEモバイルではクレジットカードの他にLINE Payにて支払いができます。また、プリペイドのLINE Pay カードを使えば口座振替払いにすることも可能です。この記事では、LINEモバイルの支払い方法を徹底解説。クレジットカード不要で契約する方法も説明していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.LINEモバイルで利用できる支払い方法

LINEモバイルの支払い方法は、

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Payカード

の3種類あります。料金プランや回線の種別(ドコモ回線・ソフトバンク回線)で支払い方法が変わることはありません。また、LINE Pay カードを使えばクレジットカード不要でもLINEモバイルと契約できます。LINEモバイルの支払い方法について詳しく見ていきましょう。

(1)クレジットカード

最も基本的な支払い方法はクレジットカードです。LINEモバイルでは本人名義のクレジットカードのみ使用できます。支払い方法でクレジットカードを選択する最大のメリットは、審査に通りやすいことです。クレジットカードを所有しているだけで社会的な信頼は証明できています。有効期限や請求先住所などに不備がなければ、まず審査落ちすることはありません。

また、クレジットカード払いはクレジットカード会社特有のポイントを獲得できるのも強みです。クレジットカードを所有している方でLINE Payを使っていない方は、迷わずクレジットカード払いを選択しましょう。

デビットカードは使用できない

LINEモバイルではデビットカードの支払いが認められていません。プリペイドカードも使用不可です。クレジットカードの情報入力欄にデビットカード情報を打ち込んでも申し込みできないので注意しましょう。クレジットカード不要で契約したい方は、後述するLINE Pay カードを使用して下さい。

(2)LINE Pay

LINEモバイルはLINE Payによる支払いが可能です。LINE PayはLINEアプリを使った決済機能で、

  • LINE Pay決済(登録したクレジットカード)
  • LINE Pay カード決済
  • 店舗決済(QRコード)

の3種類が使えます。LINEモバイルの支払い方法で選択するLINE Payは、登録済みのクレジットカードを利用するLINE Pay決済のことです。つまり、クレジットカード払いと実質変わりません。LINE PayはLINEアプリのウォレットから登録できます。

line pay

LINE PayはLINEアプリ内から設定できる

既にLINE Payを使っていて、さらにクレジットカードを登録している方のみ、LINEモバイルの支払い方法でLINE Payを選びましょう。LINE Payを選べば、クレジットカード情報の入力が不要なので楽ですよ。なお、LINE Payにチャージした残高で支払いたい場合は、次に解説するLINE Pay カードを使用する必要があります。

(3)LINE Pay カード

LINE Pay カードとはチャージ式のプリペイドカードのことです。クレジットカードとは違い、チャージした金額しか引き落としされないので安心です。

line pay カード

LINE Pay カード

年会費は無料、LINEアプリをインストールしていれば年齢制限もありません。LINEモバイルの支払いをLINE Pay カードで行う最大のメリットはクレジットカードが不要なことです。LINE Pay カードはチャージした残高で支払いを行います。チャージ方法は銀行引き落とし、コンビニ払い、Pay easyの3種類。

事前のチャージが面倒ならオートチャージ設定も使えます。詳しくは後述しますが、オートチャージ設定を行うと、口座振替払いとまったく同じ仕組みにできます。LINE Pay カードのその他のメリットは、ポイント還元があることです。還元率は最大で2%。

以前は利用料金に関係なく2%でしたが、現在は改悪されてバッジカラー・グリーンでないと2%貰えなくなりました。こちらは残念なポイントです。なお、LINE Pay カードはLINEモバイルの支払いだけでなく、全国のショッピングモールでも使用可能。JCB加盟店であれば利用できるので、クレジットカード決済できる多くの店舗でLINE Pay カード決済が使えます。

自宅にカードが到着するまで時間がかかるのがデメリット

LINE Pay カードは、LINEアプリ内のLINE Payのメニューから新規作成できます。申し込みはすぐに終わるのですが、問題なのが手元に届くまで時間がかかることです。LINE Pay カードはチャージ式のプリペイドカードですが、配送期間は一般的なクレジットカードと同じく1~2週間かかります。

今すぐLINEモバイルに契約したいのに、待ち時間が生じるのは厳しいデメリットです。LINE Pay カード決済は、クレジットカードあるいはLINE Pay決済が使えない方のみ選択しましょう。その他の方は時間がかかりすぎるため、LINE Pay カードはLINEモバイル契約後に、あとから支払い方法の変更で使うといいですよ。

1-4.LINE Payカードで口座振替払いにする手順

LINEモバイルの支払い方法を口座振替にするには、LINE Payカードのオートチャージ設定を利用します。

口座振替を利用するまでの流れ

  • STEP1 LINE Payカードを申し込み・発行
  • STEP2 銀行口座登録を行う
  • STEP3 オートチャージ設定を行う

STEP1 LINE Payカードを申し込み・発行

まず、LINE Pay カードはLINEアプリから申し込みます。ウォレットのメニューに「LINE Pay」の項目があるのでタップして下さい。その後、画面の指示に従ってタップしていきLINE Payを新規登録します。新規登録が完了したら、「LINE Pay カードの利用開始手続き」の文字がLINE Payのトップ画面に表示されるのでタップして下さい。

あとは、好きなデザインや送付先住所を入力したらLINE Pay カードが自宅に到着します。約1週間は到着まで時間がかかるので気長に待ちましょう。

STEP2 銀行口座登録を行う

LINE Payカードが届いたら、銀行口座を登録する前にLINE Payのアカウントにカード情報を入力しておきましょう。これで、LINE Pay カードを連動させることができます。銀行口座登録は、LINE Payのトップ画面から「設定」→「本人確認」→「銀行口座の登録」をタップして下さい。

あとは、銀行一覧から登録したい銀行を選ぶだけです。最近では楽天銀行も登録できるようになりましたよ。

STEP3 オートチャージ設定を行う

最後にオートチャージ設定を行います。LINE Payの「設定」→「オートチャージ」をタップ。オートチャージの設定画面が開いたら、「オートチャージ」のスライドをON。残高不足の場合、最大でいくらまでオートチャージできるかも設定できますよ。以上で、LINE Pay カードを使って、LINEモバイルを口座振替にする方法は完了です。

2.LINEモバイルの支払いに関するQ&A

Q1.いちばんお得な支払い方法はどれ?

まず、LINEモバイルではすべての支払い方法に対して、1%のLINEポイントが付きます。溜まったポイントは、LINEアプリ内でスタンプなどと交換可能。あるいは、そのままLINEモバイルの利用料金に充てることもできます。LINEポイントは平等に1%の付与なのですが、差がつくのはクレジットカード会社、LINE Payで獲得できるポイントです。

クレジットカード、LINE Payでは、毎月の利用料金に対して貰えるLINEポイントとは別にポイント還元があります。クレジットカードのポイント還元は、クレジットカード会社によって異なります。いくらポイント還元されているかわからない場合は、利用中のクレジットカードに問い合わせてみましょう。

そして、比較対象となるLINE Payのポイントですが、こちらはマイカラーによって還元率が変わります。

LINE Payの獲得ポイント

バッジカラー ポイント還元率
ホワイト 0.5%
レッド 0.8%
ブルー 1%
グリーン 2%

現在のマイカラーはLINE Payのメニューから確認できます。クレジットカードと比較して高い還元率の方がお得な支払い手段です。なお、マイカラーは決済金額を上げればグリーンに近づきます。執筆時点のルールでは10万円以上の決済でグリーンに到達します。LINE Payはルールが頻繁に変わるため、今後はもっと緩和されるかもしれません。

多くの方はホワイトかレッドに当てはまるかと思いますので、クレジットカードとほぼ同率になる方は多いでしょう。その場合、お得度は変わらないので好きな支払い方法を選択しましょう。

Q2.締め日・引き落とし日はいつ?

まず、LINEモバイルの締め日は月末です。月末締めとは1ヶ月分の利用料金を翌月に支払うことを意味します。引き落とし日は支払い方法によって変わります。LINE Pay カード払いの場合は、毎月5日が引き落とし日です。クレジットカード払いの場合は、クレジットカード会社によって引き落とし日が変わります。

主なクレジットカード会社の引き落とし日

カード会社 締め日 引き落とし日
楽天カード 月末 翌月27日
三井住友カード 15日か月末 翌月10日か翌月26日
JCBカード 15日 翌月10日
セゾンカード 月末 翌々月4日
セディナカード 月末 翌月27日
ライフカード 5日 当月27日か翌月3日
オリコカード 月末 翌月27日
ジャックスカード 月末 翌月27日
イオンカード 10日 翌月2日

LINEモバイルは各社に対して5日に請求をかけます。上記のクレジットカード会社だとライフカードだけ、5日締めの関係で引き落とし日がひと月ずれる可能性があります。なお、LINE Pay カードではなくLINE Pay払いの方もクレジットカード会社の引き落とし日に決済されます。

ちなみに、LINEモバイルの初月の利用料金は無料です。そのため、日割りもありません。月初で申し込めば、まるまる1ヶ月分の利用料金が無料となるためお得ですよ。

Q3.契約途中に支払い変更できる?

LINEモバイルは契約途中に支払い方法を変更することが可能です。変更パターンは、登録しているクレジットカードを変えることはもちろん、クレジットカード払いからLINE Pay カードに切り替えることもできます。変更方法は、LINEモバイルのマイページにログインして「支払い方法・ポイント利用」→「変更する」をタップ。

あとは、希望の支払い方法を選択して確認ボタンを押すだけです。注意点として、毎月3日~6日と15日~16日はLINEモバイルの明細作成期間と重なるため支払い方法が変更できない可能性があります。なお、支払い方法にかかる手数料などはありませんよ。

Q4.支払いに遅れたらどうなる?

LINEモバイルは5日が請求日(クレジットカード払いの場合はカード会社の請求日)となっています。この日に支払いが間に合わなかった場合は、当月15日まで別の手段で決済するように通知が来ます。15日の決済も間に合わなければ回線が利用停止に。最後の通知として指定日(月末付近)までにペイジーで支払うよう指示されます。

それでも、支払いを行わなければ自動解約になる流れです。LINEモバイルの利用料金を未払いのまま自動解約されると、他の携帯会社に新規契約するのが困難になります。いわゆる携帯ブラックですね。携帯料金の支払いに関する信用情報は各社で共有されています。支払いには遅れないように注意しましょう。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、LINEモバイルの支払い方法について詳しく解説してきました。LINEモバイルでは他社にはないLINE Payでの決済が可能です。チャージ式のLINE Pay カードなら口座振替払いにすることも可能です。クレジットカードなしでも契約できますよ。なお、支払い方法はあとからいつでも変更することもできます。

LINEモバイルの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。