iPhone 11を安く買うなら

LINEモバイルの対応機種を確認する方法と手持ち端末で契約する際の注意点

lineモバイルの対応機種

LINEモバイルに乗り換える際、手持ちの端末をそのまま使いたい人は多いと思います。

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線に対応しているので、幅広い端末が利用可能です。ただし、実際に乗り換える際には必ず動作確認がされているかどうかをチェックしましょう。

今回はLINEモバイルの対応機種を確認する方法と持ち込み契約の注意点について詳しく解説します。

5ヶ月半額

LINEモバイル

1.LINEモバイルの対応機種とは?

LINEモバイルは、どの機種に対応していますか?

膨大な数があるから、ここで列挙するのは控えるわね。簡単に調べる方法があるから見てちょうだい。

LINEモバイルで手持ちのスマホを使うには、そのスマホがLINEモバイルに対応しているかどうかを調べる必要があります。

まずはLINEモバイルの対応機種について詳しく解説します。

1-1.動作確認済み端末検索で確認できる

LINEモバイルの対応機種は、公式サイトの動作確認済み端末検索を利用して確認できます。

スマホまたはパソコンでブラウザを開いて「動作確認済み端末検索のページ」を開いてください。

動作確認済端末の検索

「キーワードから探す」に確認したい端末の名前を入れるか、画面下部の「メーカーから探す」をタップしてメーカー名で検索します。

例えばソフトバンクで購入したiPhone 8が使えるかどうかを調べるとします。この場合は「キーワードから探す」の部分に「iPhone 8」と入力します。

動作確認済端末の検索2

検索結果を見てみると「iPhone 8 A1906 ソフトバンク版」があり、ソフトバンク回線のプランで正常に使えることが分かりますね。

動作確認済端末の検索3

動作確認済み端末の検索結果ではデータ通信と音声通話が使えるかどうかだけでなく、テザリングが使えるかどうかやSIMカードサイズまで掲載されています。

1-2.動作確認されていない=使用不可ではない

動作確認済み端末で自分の持っている端末を検索してみても表示されないことがあります。その場合は「LINEモバイル公式による動作確認がされていない」ということです。

あくまでも動作確認がされていないだけであり、必ずしも使用不可というわけではありません。

動作確認されていなくても、ドコモ回線またはソフトバンク回線に対応しているのであれば、LINEモバイルで使える可能性はあります。

2015年以降の機種なら、ほぼ間違いなく使えるわよ。

ただし、動作確認されていない端末を使う場合は自己責任となります。万が一、LINEモバイルのSIMカードを挿して使えなかったとしても、LINEモバイルは一切責任を取ってくれません。

動作確認済み端末で検索しても表示されない場合は、端末の買い替えも検討しましょう。

1-3.au端末(iPhone含む)はSIMロック解除が必要

3キャリアのうち、auスマホをLINEモバイルで利用する場合は、SIMロック解除が必要です。

LINEモバイルにはドコモ回線とソフトバンク回線のプランしかないので、auスマホはSIMロックを解除しないと使えないのです。 Androidはもちろん、iPhoneも同様にSIMロック解除しないといけません。

auからLINEモバイルに乗り換える方は、以下の記事も参考にして下さい。

au回線が無くてもauからLINEモバイルに簡単乗り換え

※追記

2019年4月から「au回線の提供」がスタートしました

ドコモ・ソフトバンク端末はそのまま乗り換えOK

ドコモおよびソフトバンク端末はSIMロックがかかっていてもそのまま乗り換えることができます。

ドコモスマホはドコモ回線プラン、ソフトバンクスマホは「ソフトバンク回線プラン」を選ぶことで、SIMロックがかかったままでも問題なく利用可能です。

ドコモのスマホがそのまま使える格安SIMはたくさんありますが、ソフトバンクのスマホがそのまま使える格安SIMは種類が少なくかなり貴重です。

1-4.3Gスマホとガラケー(ガラホ含む)は基本的に非対応

LINEモバイルを利用する際にはドコモ回線・ソフトバンク回線ともに4G LTEに対応している必要があります。

4G LTEに対応していない3Gスマホおよびガラケー(ガラホを含む)はLINEモバイルでは基本的に非対応で、動作確認もされていません。

4G LTEに対応していない機種を持っている場合は、諦めて新しい端末を購入しましょう。

1-5.海外の端末もバンド(周波数帯)が合わない可能性あり

海外で発売されている端末は基本的にSIMフリーなので、バンドさえあえばLINEモバイルで使うことが可能です。

ただし、海外の携帯キャリアで利用されているバンド(周波数帯)は国内キャリアのバンドとは異なることがあります。

海外の端末は当然ながら海外のバンドに合わせて作られているので、バンドが合わずLINEモバイルが使えない(あるいは遅くなる)可能性が高いです。

そもそも、海外の端末については動作確認が一切されていません。万が一海外の端末で使おうとして使えなかったとしても、LINEモバイルは責任を取ってくれません。

  • ドコモ回線で対応しておきたいバンド:1/3/19/28
  • ソフトバンク回線で対応しておきたいバンド:1/3/8/11/28/42

端末のバンドは、スペック表(メーカーHPに記載)にて確認できます。

1-6.手持ちの機種が非対応だったら、端末セットで契約しよう

手持ちの機種がLINEモバイルで使えない場合は端末セットで契約しましょう。

LINEモバイルでは、以下の端末を取り扱っています。

  • ZenFoneシリーズ
  • HUAWEIシリーズ
  • AQUOSシリーズ
  • MOTOシリーズ
  • arrowsシリーズ
  • iPhone 6s(ソフトバンク回線のみ)

エントリーモデルからハイスペックモデルまで、幅広く取り扱っています。

一番人気はHUAWEIシリーズです。次点はZenFoneシリーズ。このどちらかを購入すれば間違いありません。

日本製のSIMフリースマホが欲しい方は、AQUOSシリーズを購入しましょう。AQUOS以外だと富士通のarrowsシリーズがありますが、性能に大きな差があります。

セット購入できる端末は、確実にLINEモバイルで動作します。せっかく買ったのに使えなかった・・といった心配は無いので安心です。

2.手持ちの対応機種でLINEモバイルに契約する際の注意点

調べたところ、手持ちのiPhoneが対応機種でした。あとは、SIMカード単体で契約するだけですね。

待って、契約前に見て欲しい注意点があるの。

手持ちの対応機種でLINEモバイルを契約する際は以下の2点に注意してください。

  • SIMカードサイズを間違えない
  • 端末と回線を同キャリアに合わせる

注意点1 SIMカードサイズを間違えない

手持ちのスマホでLINEモバイルを使う際はSIMカードサイズを間違えないように気を付けましょう。

スマホによって対応しているSIMカードサイズが決まっています。 違うサイズのSIMカードを申し込むと、スマホに差し込むことができません。

LINEモバイルで利用できるSIMカードサイズ

■ソフトバンク回線

  • iPhone専用ナノ
  • ナノ
  • マイクロ
  • 標準

■ドコモ回線

  • ナノ
  • マイクロ
  • 標準

ソフトバンクのナノサイズは、さらに気をつける

とくに気を付けたいのがソフトバンクのナノサイズです。「iPhone専用ナノ」と「ナノ」の2種類が用意されており、同じサイズながら利用できる端末が異なります。

ソフトバンク回線 「iPhone専用ナノ」と「ナノ」の違い

■2017/8以降に発売されたソフトバンクスマホ(SIMロックあり)

iPhone専用ナノ ナノ
iPhone
iPad ×
Android ×

■2017/7以前に発売されたソフトバンクのスマホ(SIMロックあり)

iPhone専用ナノ ナノ
iPhone ×
iPad × ×
Android × ×

My SoftbankでSIMロック解除した場合は、iPhone専用ナノ・ナノのどちらでも使用できます。

しかし、SIMロックありのソフトバンクスマホは、上記の通り条件が分かれるので注意して下さい。発売時期やOSによって同じナノSIMサイズでも使える端末が異なる仕様となっています。

基本的にはiPhoneならiPhone専用ナノサイズを、Androidなら通常のナノサイズを選びましょう。

注意点2 端末と回線を同キャリアに合わせる

手持ちの端末でLINEモバイルを使う場合は回線を同キャリアに合わせましょう。

ドコモスマホを使う場合はドコモ回線のプランを、ソフトバンクスマホを使う場合はソフトバンク回線のプランを選びましょう。

同じ回線であればSIMロックがかかったままでも使えます。また、SIMロックを解除している場合でも回線が同じ方が相性もいいです。

同キャリアに合わせた申込み方法

同キャリアに合わせるのは分かりましたけど、どうやって契約すればいいですか?

契約途中で、回線(ドコモ・ソフトバンク)を選ぶの。詳しく説明するわね。

LINEモバイルの申込は公式サイト右上の「申し込む」から行います。

>>LINEモバイルの公式サイトへ

lineモバイルの申込み

「申し込む」をタップすると注意事項が表示されるので、しっかり読んだうえで「上記事項に同意の上、申し込む」をタップします。

lineモバイルの申込み2

続いて申し込み方法を選択します。事前にエントリーパッケージを購入した人は「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択し、コードを入力してください。

lineモバイルの申込み3

エントリーパッケージを持っていない人は「通常申し込み」を選択した状態で「次へ進む」をタップします。

次に回線を選択します。ドコモスマホを使うなら「ドコモ回線」、ソフトバンクスマホを使うなら「ソフトバンク回線」にチェックを入れてください。

lineモバイルの申込み4

あとは画面の指示に従ってプラン・端末の選択、契約者情報の入力、支払い情報の入力、本人確認を行えば申し込みが完了です。

3.【まとめ】対応機種を確認してLINEモバイルに乗り換えよう

今回はLINEモバイルの対応機種について解説しました。

LINEモバイルは公式サイトから簡単に対応機種を調べられます。手持ちのスマホをそのままLINEモバイルで使いたい場合は、事前に動作確認がされているかどうかをチェックしましょう。

手持ちの端末で乗り換える際にはSIMカードサイズを間違えないように気を付けてください。とくにソフトバンク回線はナノSIMが2種類あるので、自分の端末に合ったほうを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。