【解約金0円】LINEMO(ラインモ)の解約方法とは?初期契約解除や短期解約についても解説

LINEMOの解約方法

この記事のポイント

  • LINEMOはオンラインから数分で解約手続きができる
  • 解約金はもちろんMNP転出手数料など解約に関する費用は一切かからない
  • 6か月以内の解約は、短期解約と見なされる場合があるので注意

「LINEMOはどうやって解約できるの・・?」

「解約金は取られない・・?」

LINEMO(ラインモ)を解約するとき、どのように手続きすればいいのかよく分かりませんよね。また、解約金がかかってしまわないか気になるかと思います。

結論から言うと、LINEMOの解約はオンラインにて手続きOK。解約金は無料です。

この記事では、LINEMOの解約方法はもちろん、SIM返却の必要性や短期解約についても詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

\LINE使い放題で990円

1.LINEMOの解約(MNP転出)の方法とは?

LINEMOは、どうやって解約できますか?

オンラインですぐに手続きできるわよ。

LINEMOの解約手続きはオンラインで行います。電話や店舗からは手続きできません。

なお、現在の電話番号を引き継ぐ場合はMNP転出(解約と同じ意味と捉えてOK)を行います。以下、詳しい手順です。

MEMO
解約手続きの受付時間は、9:00~20:00まで
STEP.1
LINEMO公式の解約手続きページにアクセス
STEP.2
乗り換え先の携帯会社を選ぶ

電話番号の引き継ぎ選択

現在の電話番号を引き継ぐ場合は、「LINEMOで利用中の電話番号を引き続き利用しますか?」にて「はい、利用します。(乗り換え)」を選択。

その後、乗り換え先の携帯会社を選びましょう。

※電話番号を引き継がずに解約したい場合は、「いいえ、利用しません。(解約)」を選んで一般解約を行う

STEP.3
解約手続きのボタンをタップ

解約手続きのボタン

解約時の注意事項が表示されるので、確認して「解約のお手続きはこちら」をタップします。

その後、ソフトバンクIDまたはLINEMOの電話番号を使ってMy Menuの解約ページへログインします。

STEP.4
利用規約に同意してログイン

利用規約に同意してログイン

解約に関する利用規約が表示されるので、確認して「利用規約に同意してログインする」をタップしましょう。

STEP.5
MNP予約番号を発行する

「MNP予約番号発行のお手続き」のページに移るので、画面の指示に従って発行していきます。重要事項説明と注意事項が表示されるので確認して下さい。

最後に、アンケートとMNP転出の予定時期を選び、申し込みボタンをタップして下さい。

以上で完了です。次の携帯会社にて発行したMNP予約番号を入力して回線切り替えが完了したら、LINEMOとの契約は自動解除されます。

注意
解約後は、同じSIMカードで再契約ができない
MEMO
解約後90日以内なら、My Menuで請求内容を確認できる
月額990円から
LINEMO

2.解約金(違約金)やMNP転出手数料はかからない

解約金って、どれくらいかかりますか?

無料で済むわよ。

LINEMOでは、解約時の費用が一切かかりません。解約金(違約金)は無料です。

また、他社では3300円かかる場合があるMNP転出手数料も0円となっています。解約に関する事務手数料の請求も一切ありません。

最低利用期間(契約縛り)もない

ちなみに、LINEMOでは最低利用期間(契約縛り)が設けられていません。

ある程度契約してもらわないとLINEMOにとっては赤字かと思いますが、ユーザーにとって不利な条件は潔くすべてゼロに設定されています。

3.解約後のSIM返却は不要

SIMカードの返却は必要ですか?

ええ、違約金はないけど一応ルールだから、ちゃんと返してね。

LINEMO解約後、手元に残ったSIMカードは返却しなくて構いません。携帯会社によっては返却が必要なので楽ですね。

SIMカードは自分で破棄しましょう。個人情報は消えているので普通に捨てて大丈夫ですが、一応ひと目に触れないよう何かにくるんで破棄するのが望ましいですよ。

4.LINEMOはクーリングオフ(初期契約解除)できる?

LINEモバイルでクーリングオフが使えるんですか?

ええ、正式には初期契約解除って言うのよ。ただ、どのみち解約金0円だからこの制度は気にしなくてOKよ。

初期契約解除(通称クーリングオフ)とは、8日以内ならどんな事情でも申し込み後にキャンセルできる制度のことです。

こちら、通信事業者は法律で初期契約解除の実施を定められているためLINEMOでも利用可能です。

ただし、LINEMO公式サイトでは、特に初期契約解除に関する記述がありません。その理由は、いつ解約しても解約金がかからないからでしょう。

解約金が発生する通信事業者なら初期契約解除は重要ですが、LINEMOに関してはこの制度は気にしなくて構いません。

どんな理由でも、解約したくなったらいつでも無料で契約を解除できます。

5.短期解約はブラックリスト入りの原因となるので注意

LINEMOに限らず、携帯会社では短期解約を行うユーザーを警戒しています。酷い場合はブラックリストに入れられるとの噂もあり、注意しなければなりません。

短期解約の基準ですが、安全を取るなら180日は解約しない方がいいです。あくまで推測ですが、LINEMO提供元のソフトバンクでは180日を短期解約の基準に設けていると言われています。

キャンペーン狙いで一瞬だけ契約する、といったことは後から自分の首を絞めることになるので行わないようにしましょう。

6.LINEMOの解約に関するQ&A

解約月の請求は日割り計算?

残念ながら、解約時の利用料金は日割り計算になりません。月初に解約すると、数日の利用で1か月分の料金がかかってしまうので注意しましょう。

ただし、月末日ギリギリを狙うと翌月をまたいで解約となる可能性があるので、少し余裕を持って手続きするのがおすすめです。

ソフトバンクに戻すときも解約が必要?

LINEMOからソフトバンクに戻すときは、解約手続き(MNP予約番号の発行)は不要です。

ソフトバンクオンラインショップまたはお近くのソフトバンクショップにて、LINEMOからの乗り換え手続きが可能ですよ。

TOPIC
LINEMOからワイモバイルに乗り換える場合も、ソフトバンクと同様に解約手続き(MNP予約番号の発行)は不要

解約のタイミングは即日?

LINEMOが実際に解約されるタイミングですが、他社に乗り換える場合は回線切り替えが完了した時点となります。

LINEMOで解約手続き(MNP予約番号を発行)した時点では、まだ契約が続いている状態なので注意して下さい。

即日解約したいなら、解約手続きと同じ日に他社へ回線を切り替える必要があります。

7.まとめ

LINEMOの解約は、オンラインから数分で完了します。とっても簡単です。

解約金が発生することもなく、SIMカードの返却も不要ですよ。リスクフリーで解約できますが、短期解約を繰り返すとブラックリスト入りする可能性があるので注意して下さいね。

\LINE使い放題で990円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。