コメント欄にご質問・感想をどうぞ

【プロダクトキー不要】Windows 7からWindows 10にアップグレードする全手順

windows7からwindows10

この記事で分かること

  • Windows 7からWindows 10にアップグレードする全行程の図説
  • 実際にアップグレードした筆者の感想
  • データ引継ぎやバックアップに関する疑問点

Windows 7からWindows 10にアップグレードしなきゃマズイとは思っているけど、不安すぎてなかなか実行できない・・そんな悩みを抱えていませんか?

かく言う僕も、5年以上Windows 7を使ってきたので、何か不具合があったらどうしようと心配になり、Windows 10のアップグレードを保留してきました。

しかしながら、Windows 7は2020年1月でついにサポート終了。セキュリティの脆弱性を考えると、アップグレードは必須の状況です。

結論から言うと、Windows 10へのアップグレードに関するあらゆる心配はすべて杞憂でした。

費用はかからず、1時間もあればWindows 7からWindows 10に無料アップグレードが完了します。心配していた不具合も今のところなし。

データもすべて引き継がれています。

この記事では、Windows 7からWindows 10にアップグレードする全手順を図説。また、実際にアップグレードしてみた感想や疑問点もまとめています。

記事を読み込めば、快適にWindows 7からWindows 10を使用できるようになりますよ。

1.【プロダクトキー不要】Windows 7からWindows 10にアップグレードする全手順

Windows 10のアップグレードって簡単ですか?あまりPCには詳しくないのですが・・。

大丈夫。手順通り進めれば誰でも出来るわよ。データも引き継がれるから安心してね。

さっそく、Windows 7からWindows 10にアップグレードする手順を解説していきます。

すでにWindows 7をインストール済みの方は、プロダクトキーの入力は不要です。さらに費用もかかりません(2020年以降も無料)。

MEMO
所要時間は50分程度

【6STEP】Windows 7 → 10のアップグレード手順

STEP.1
Windows 10のインストールツールをダウンロード

windows10のインストールツール

インストールツールはこちら

任意の場所(デスクトップなど)にインストールツールをダウンロードしましょう。

STEP.2
「MediaCreationTool.exe」をダブルクリック

MediaCreationTool

ダウンロードしたインストールツール(MediaCreationTool.exe)をダブルクリックして開きます。

STEP.3
ライセンス条項に同意

適用される通知とライセンス条項

「適用される通知とライセンス条項」が開くので「同意する」をクリックします。

STEP.4
インストール方法を選択

このPCを今すぐアップグレードする

2つの選択肢が表示されるので「このPCを今すぐアップグレードする」を選びましょう。

※クリーンインストール(データをすべて消去)したい場合は、「別のPCのインストール メディアを作成する」を選択してください

選択後、「Windows 10をダウンロードしています」「更新プログラムをダウンロードしています」の表示が流れるので、しばらく待ちましょう。

STEP.5
再びライセンス条項に同意

適用される通知とライセンス条項

再度、「適用される通知とライセンス条項」が開くので「同意する」をクリックして下さい。

STEP.6
インストールをスタート

インストール準備完了

「インストール準備完了」の画面が表示されたら「インストール」をクリックしましょう。約40分、インストールが終わるのを待ちます。

※作業中のファイルがある場合は、保存してすべて閉じてください。このあと、PCが数回再起動されます。

※PC(Cドライブ)に十分な容量がない場合はWindows 10をインストールできません。最低10GBは確保してください。

インストール中

しばらくインストールされるのを待つ

インストールが完了すると、Windows 10が自動で起動されます。

初回起動で「デバイスのプライバシー設定の選択」が表示されたら、とりあえず「同意」を選択しておきましょう(あとで変更できる)。

Windows 10のスタート画面を確認出来たら、すべて終了です。お疲れさまでした。

2.【体験談】実際にアップグレードとして気付いたこと

実際にWindows 10へアップグレードしてみて、結論から言えば今のところ大きな問題なし。Windows 7を離れるのは不安でしたが、もっと早く移行していればと思いました。

動作も軽快で、重くありません。デザインも綺麗です。

ただ、すべてが順調に行ったわけではありません。

Windows 10に移行して戸惑ったこと

  • エクセルが開かなかった
  • 壁紙が標準に戻った
  • フォントに慣れない
  • 多少Windowsの宣伝があった

一番焦ったのはエクセルが開かなかったこと。こちらはWindowsの更新プログラムをアップグレードすることで解決しました。

その他は細かなことですが、これから徐々に慣れていくでしょう。アップグレードを躊躇するような大問題ではありません。

3.Windows 7からWindows 10のアップグレードに関するQ&A

最後に、Windows 10のアップグレードに関する疑問点をまとめたから確認してちょうだい。

Q1.データはすべて引き継がれる?

クリーンインストールを選択しなければ、データはすべて引き継がれます。

実際、保存しているファイルはもちろんクイックアクセス(フォルダ内のショートカット機能)やスタートアップ設定(Windows起動時に任意のアプリを同時立ち上げ)も引き継がれました。

一部、Google日本語入力に互換性がなかったようで、こちらだけ引き継ぎできませんでした。

Google日本語入力の互換性なし

Google日本語入力の互換性なし

引き継ぎできないアプリは、Windows 10のインストール前に警告を出してくれるので安心です。

注意
そもそもWindows 10に対応していないドライバ、アプリは引き継ぎできない(心配ならメーカーの対応OSをチェック)

Q2.無料でアップグレードできる?

すでにWindows 7をインストールしている方は無料でアップグレードできます。この記事を読んでいる方は、Windows 7だと思いますので費用の心配は不要です。

プロダクトキーも自動で読み込む仕様になっているようで、入力の必要はありません。

Q3.バックアップは必要?

データがすべて引き継がれるので基本は不要ですが、万一に備えてバックアップを取っておくことをお勧めします。

ドライブ全体のバックアップを取りたい場合は、システムイメージを作成しましょう。

システムイメージの作成手順

コントロールパネル→バックアップの作成→システムイメージの作成

※保存先は外付けHDDかCD-R

全体のバックアップが面倒な場合は、重要ファイルだけクラウド(Goodleドライブやドロップボックス)に移行しておくのも有効です。

4.この記事のまとめ

今回は、Windows 7からWindows 10にアップグレードする手順を解説してきました。

実際のアップグレードは1時間かからず終わります(事前にバックアップしない場合)。Windows 7ユーザーなら費用はかからず、プロダクトキーの入力すら不要です。

使い慣れたWindows 7を離れるのは不安ですが、サポートが終了しているためいつかは移行しなくてはいけません。

まだ移行が済んでいない方は、この記事を参考にアップグレードしてみてくださいね。

おさらい

Windows 7からWindows 10のアップグレードはどうすればいい?

Microsoftの公式サイトで公開しているWindows 10のインストールツールを使用します。Windows 7ユーザーならプロダクトキーの入力は不要です。

 

Windows 10のアップグレードに費用はかかる?

Windows 7ユーザーなら2020年以降も費用はかかりません。

 

Windows 10のアップグレード前にバックアップは必要?

データはすべて引き継がれますが(Windows 10に互換性がないアプリを除く)、大事を取ってバックアップしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。