格安スマホの乗り換え方法

3大キャリアから格安スマホに乗り換える方法を全解説

スマホ

キャリアを長年使ってきた方のなかには、スマホ代節約のために、格安スマホへの乗り換えを検討している方もいるのではないでしょうか?

しかし、キャリアと違って手続きが難しそうで、自分の状況に合った乗り換え方法が分かりづらいですよね。

今回は、格安スマホへの乗り換えを検討中の方に、今の契約状況に応じた賢い乗り換え方法について徹底解説します。

1.ドコモから乗り換え

ドコモユーザーが格安スマホ会社に乗り換える際は、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

まずは、ドコモから格安スマホに乗り換える手順や、ドコモのスマホをそのまま格安スマホとして使う方法について説明します。

1-1.ドコモから格安スマホに乗り換える手順

ドコモから格安スマホ会社に乗り換えるためのSTEPは、以下のとおりです。

  • STEP1 ドコモを解約する日を決める
  • STEP2 MNP予約番号を取得する
  • STEP3 格安スマホとして利用する端末を決める
  • STEP4 契約する格安スマホ会社を決めて申し込む
  • STEP5 SIMカードを設定する

格安スマホへの乗り換えの手順自体は、どのキャリアでも大きな違いはありません。

ただ、格安スマホとして利用できる端末やおすすめの格安スマホ会社は、現在契約しているキャリアによって大きく異なります。

ここからは、ドコモユーザーに注意してほしいポイントに焦点をあてて紹介していきます。

3大キャリアから乗り換える際の共通事項については、後ほどの説明を参考にしてください。

1-2.ドコモのスマホを格安スマホとして使う場合

現在提供されている格安スマホ会社のほとんどが、ドコモ回線を利用した通信事業者です。

そのため、たいていのドコモ端末はSIMロック解除しなくても格安スマホとして利用できます。

それでは、どのようなときにSIMロック解除が必要になるのでしょうか?

(1)SIMロック解除が必要なケース

契約する格安スマホ会社が利用しているのがドコモ回線以外の場合、SIMロック解除しなければ、ドコモ端末をそのまま格安スマホとして使うことができません。

例えば、au回線を使用しているUQモバイルや独自のキャリア回線を使用しているY!mobileはドコモ端末が使えません。

海外に行くならSIMロック解除しておこう

また、格安スマホ端末を海外で使う可能性がある場合は、SIMロック解除しておくと利便性が高くなります。

海外でスマホを使うとき、日本国内の通信事業者が提供しているSIMカードのままにしておくと、データ通信や音声通話でとんでもない料金を請求される恐れがあります。

あらかじめスマホをSIMロック解除しておけば、海外で調達したSIMカードに簡単に入れ替えることができ、現地の料金プランで安心してスマホを利用することができます。

なお、SIMロック解除できるドコモのスマホは、2015年5月以降に販売されたもので、購入から100日以上経過したものに限ります。

(2)SIMロック解除が不要なケース

ドコモ回線を利用した格安スマホ会社に乗り換える際は、SIMロック解除する必要はありません。

SIMカードを差し替えるだけで、そのまま格安スマホとして問題なく使用できます。

ただし、iPhoneや一部のAndroidスマホを除いて、ドコモのスマホを格安スマホとして使う場合は、デザリング(スマホのLTE回線を利用して、PCなどをネット接続すること)ができない点に気を付けてください。

1-3.ドコモ回線の格安スマホ会社

格安スマホ会社のほとんどがドコモ回線を利用しているため、ドコモユーザーは多くの選択肢のなかから契約する会社を選ぶことができます。そのなかでも特におすすめなのは、

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • DMMモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • LINEモバイル
  • mineo
  • IIJmio

の7社です。

会社によってサービス内容は多少異なるものの、どこもプランやオプションなどが充実しており、顧客満足度が高いのが特徴です。

2.auから乗り換え

次は、auから格安スマホに乗り換える手順や、auスマホをそのまま格安スマホとして使う方法について見ていきましょう。

2-1.auから格安スマホに乗り換える手順

auから格安スマホに乗り換える際のSTEPは、以下のとおりです。

  • STEP1 auを解約する日を決める
  • STEP2 MNP予約番号を取得する
  • STEP3 格安スマホとして利用する端末を決める
  • STEP4 契約する格安スマホ会社を決めて申し込む
  • STEP5 SIMカードを入れ替える

2-2.auのスマホを格安スマホとしてそのまま使う場合

auのスマホには、3G・4G LTE・VoLTEと大きく分けて3種類存在します。

3Gスマホはそもそも格安スマホとして使用することができないため、SIMフリースマホを購入するしか方法がありません。

また、4G LTEかVoLTE対応の機種であれば格安スマホとして利用できますが、以下のようにSIMロック解除が必要なケースがあります。

(1)SIMロック解除が必要なケース

2015年5月以降に発売されたauスマホは、すべてVoLTE対応機種。SIMロック解除すれば、au系はもちろんドコモ系の格安スマホ会社でも使えるようになります。

ただし、以下の機種はSIMロック解除に対応していません。

  • URBANO V01
  • isai LGV31
  • BASIO
  • AQUOS SERIE mini SHV31
  • INFORBAR A03

これらのスマホは格安スマホとして使えないため、新しい端末を準備しなければなりません。

(2)SIMロック解除が不要なケース

2015年4月以前に発売されたauスマホで、スマホ画面の左上に「LTE」と表示されているものは、4G LTE対応機種です。

SIMロック解除には対応していないため、契約できる格安スマホ会社が限られます(Galaxy S6 edge SCV31は除く)。

2017年8月現在契約できる会社は、mineo、UQmobile、Fiimoの3社のみ。

これらの会社であれば、SIMロック解除をしなくても、問題なく4G LTE対応機種を使うことができます。

2-3.au回線の格安スマホ会社

au回線の格安スマホ会社は、以下の5社です。

  • mineo
  • UQモバイル
  • IIJmio
  • J:COM MOBILE
  • Fiimo

ドコモ回線と比べると、選択肢が少ないのが難点です。

しかし、auスマホをそのまま使える可能性や、auと通信回線が同じため安心して使えるということを考慮すると、これまでauユーザーだった方には、上記の5社が使いやすくおすすめです。

3.ソフトバンクから乗り換え

ここからは、ソフトバンクから乗り換える際のSTEPなどを紹介します。

3-1.ソフトバンクから格安スマホに乗り換える手順

ソフトバンクから格安スマホに乗り換えるSTEPは、以下のとおりです。

  • STEP1 ソフトバンクを解約する日を決める
  • STEP2 MNP予約番号を取得する
  • STEP3 格安スマホとして利用する端末を決める
  • STEP4 契約する格安スマホ会社を決めて申し込む
  • STEP5 SIMカードを設定する

ソフトバンク回線の格安スマホ会社はほとんど存在しないため、他キャリアと比べると乗り換えに手間がかかる可能性があります。

3-2.ソフトバンクのスマホを格安スマホとしてそのまま使う場合

ドコモやauのスマホは、SIMロック解除しなくても利用できる格安スマホ会社が複数社あります。

しかし、ソフトバンクのスマホを格安スマホとして利用する場合、基本的にはSIMロック解除が必須になります。

(1)SIMロック解除が必要なケース

格安スマホ会社のほとんどがドコモかauの回線を利用しており、ソフトバンクのスマホはSIMロック解除しなければ使えません。

ドコモ系やau系の会社でソフトバンクスマホを使う場合は、必ずSIMロック解除を行いましょう。

最近ではソフトバンク回線を利用した格安スマホ会社も増えてきたものの、たとえソフトバンク系であっても、iPhone・iPad以外の端末はSIMロック解除しなければ使うことができません。

(2)SIMロック解除が不要なケース

基本的には、SIMロック解除しないと格安スマホとして使えないソフトバンクのスマホ。

しかし、以下の格安スマホ会社に関しては、iPhone5以降のシリーズに限りSIMロック解除不要で使うことができます。

  • U-mobile S
  • b-mobile S 開幕SIM
  • スマモバ(S)プラン

ただし、この3社が提供しているソフトバンク回線のプランは、どれもデータ通信専用SIMのみ。

各社ともに音声通話SIMは提供していないため気を付けましょう。

また、スマモバ(S)プランについては、実店舗でなければ契約できない点にも注意が必要です。

3-3.ソフトバンク回線の格安スマホ会社

ソフトバンク回線を利用した格安スマホ会社は、以下の4社です。

  • Hitスマホ
  • U-mobile
  • b-mobile
  • スマモバ

Hitスマホは音声通話SIMしか提供しておらず、反対に、他3社はデータ通信専用SIMしか提供していません。

また、4社とも基本的にはSIMロック解除しなければソフトバンクのスマホを利用できないため、ドコモやauと比べると手間がかかります。

4.格安スマホ乗り換え前の確認事項

ここからは3大キャリア共通の、格安スマホ乗り換え前の確認事項を見ていきましょう。

4-1.キャリア契約の解約金

これまで契約していたキャリアを解約する際は、以下の解約手数料が発生します。

違約金

3大キャリアには最低利用期間(通称「2年縛り」)が存在し、期間満了せずに解約すると、契約解除料として9,500円徴収されてしまいます。

この違約金は、キャリアを契約してから2年ごとに訪れる契約更新月(契約した月と翌月の2ヶ月間)に解約すれば、無料になります。

MNP転出手数料

MNPを使って乗り換える場合は、以下のMNP転出手数料が発生します。

  • ドコモ:2,000円
  • au:3,000円
  • ソフトバンク:3,000円

MNP転出手数料は、キャリアでMNP予約番号の発行手続きを行い、格安スマホ会社への転入手続きが完了した時点で初めて発生します。

端末代の残債

キャリアでスマホ端末を購入すると、基本は分割払いで支払うことになります。

格安スマホに乗り換えるときに端末代の残債がある場合、通常は解約後も端末代の分割払いが可能です。

ただし、過去に滞納したことがある方は一括精算を求められることもあるため、注意してください。

4-2.キャリア契約の解約日

大手キャリアでは最低契約期間(通称「2年縛り」)を設けており、最低でも2年間は利用することを前提に、基本料金の割引などを行っています。

この最低利用期間は、解約申請しなければ契約更新月に自動更新され、契約満了と同時に、また改めて2年間の契約が結ばれてしまいます。

契約更新月は、キャリアを契約してから24ヶ月後の契約月と翌月の2ヶ月間設けられています。

解約手続きをこの契約更新月に行えば、9,500円の契約解除料は発生しません。

契約期間を残したまま途中解約すると損する?

更新月がまだかなり先だという場合、実は思い切って格安スマホに乗り換えた方が、長い目で見るとお得です。

キャリアから格安スマホに乗り換えるとスマホ代が大幅に安くなり、個人差はあるものの4ヶ月ほどで元を取ることができます。

更新月を待ってキャリアで高いスマホ代を払い続けるより、契約解除料を払ってでも格安スマホに乗り換えることをおすすめします。

4-3.MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号は、キャリアで使っていた携帯電話番号を格安スマホに引き継ぐ際に必要な、10ケタの番号です。

MNP予約番号の取得は各キャリアともに、

  1. 店舗
  2. Web
  3. 電話

の3つで行えます。

■店舗

店舗での取得は、待ち時間がかかったり、乗り換えを店員に引き止められたりすることがあるため、おすすめできません。

■Web

Webの場合、ドコモは「My docomo」にアクセスすればスマホやPCから取得可能です。

しかし、au・ソフトバンクの場合は、ガラケーユーザーのみしかWebでの取得ができません。

■電話

電話であれば、各キャリアともに使っている端末に関わらずMNP予約番号の取得手続きを行うことができ、所要時間も5~10分程度なのでおすすめです。

MNP予約番号には有効期限がある

MNP予約番号には15日間の有効期限があり、期限内に手続きを済ませないと失効してしまいます。

MNP予約番号は、契約手続きを行った格安スマホ会社からSIMカードが届いたときに使えなければ意味がないため、余裕を持って各種手続きを行う必要があります。

格安スマホ会社の契約手続きをしてからSIMカードが届くまでの日数は、約1週間。

MNPで格安スマホに乗り換える際は、念のため10日以上MNP予約番号の有効期限が残っている状態で、乗り換えを完了させましょう。

4-4.機種変更のやり方

格安スマホへ乗り換えるタイミングで、キャリア端末から格安スマホ端末に機種変更する際は、SIMフリー端末を購入する必要があります。

SIMフリー端末を買うことで、ドコモ系やau系など、通信回線にとらわれることなく、好きな格安スマホ会社を契約することができます。

購入はSIMカードとセットがおすすめ

SIMフリー端末は、中古のスマホなどを扱っているオンラインショップなどでも購入できますが、格安スマホ会社の公式サイトや実店舗で、SIMカードと合わせて購入するのがおすすめです。

契約する格安スマホ会社でSIMカードとセットで購入した場合、SIMロック解除や別途購入する手間が省け、オプションなどに加入すれば故障時なども補償してもらえます。

4-5.SIMカードの選び方

格安スマホ会社で契約するSIMカードには、

  1. データ通信専用SIM
  2. 音声通話SIM

の2種類が存在します。

データ通信専用SIMと音声通話SIMの一番の違いは、090や080で始まる電話番号が付与されているかどうか、電話番号を利用した通話が可能なのかというところです。

音声通話SIMの方がおすすめ

格安スマホを契約する際、安さ重視でデータ通信専用SIMを選ぶ方も多いでしょう。

しかし、電話番号が付与されていないと、スマホは常に電波の接続先を検出しようと消耗してしまい、結果としてバッテリー消費が早くなる可能性があります。

この現象は「セルフスタンバイ問題」と呼ばれており、音声通話SIMであればその問題は基本的に起こりません。

いくらスマホ代が安くても、電波状況が頻繁に「圏外」になってはデータ通信さえ行えません。これを踏まえ、なるべく音声通話SIMを選ぶことをおすすめします。

最低利用期間に注意

なお、データ通信専用SIMの場合は、ほとんどの格安スマホ会社が最低利用期間を設けていませんが、音声通話SIMには1~2年の最低利用期間が設けられる傾向にあります。

最低利用期間内に解約すると違約金が発生するため、希望の会社が最低利用期間を設けているのか、事前にチェックしましょう。

4-6.料金プランの選び方

格安スマホは、自分に合ったデータ通信量のプランのなかから選ぶ必要があります。

しかし、キャリアに使い慣れていると、自分が普段どのくらいのデータ通信量を消費しているのか知らないという方も多いでしょう。

5〜7GBが無難

スマホではネット利用が中心という場合は、5~7GBのプランであれば余裕を持って使うことができます。

ただ、動画視聴が多い方やスマホヘビーユーザーの方の場合は、それ以上のデータ容量を必要とする可能性もあります。

今使っているキャリアでは、どれくらいのデータ通信量を消費しているのか知りたい場合は、各キャリアの会員専用サイト(お客様サポートなど)で、当月もしくは前月の利用データ通信量を確認することも可能ですよ。

4-7.申し込みに必要なもの

格安スマホ会社を申し込む際に必要なものは、以下の3点です。

  1. MNP予約番号
  2. 本人名義のクレジットカード
  3. 本人確認書類

■MNP予約番号

MNP予約番号は、キャリアで使っていた電話番号をそのまま引き継ぐ場合のみ準備しましょう。

■本人名義のクレジットカード

本人名義のクレジットカードは、ほとんどの格安スマホ会社で必要になります。

ただ、デビットカードや口座振替に対応しており、クレジットカード不要で契約できる会社も、数は少ないものの存在します。

ドコモ系なら楽天モバイルやOCNモバイルONE。au系ならmineoがクレジットカード不要で契約できることがあります。ソフトバンク系は、どこもクレジットカード必須です。

■本人確認書類

本人確認書類は、申込んだ会社やSIMカードの種類によって提示を求められることがあります。

店頭での申込みの場合は、その場で原本を提示するだけで本人確認は完了です。

ネットの場合は、本人確認書類を写真に撮り、契約手続き中に届いたメールに画像を送らなければいけません。

利用できる主な本人確認書類は、

  • パスポート
  • 免許証
  • 健康保険証

などです。

健康保険証など顔写真がないものについては、別途住民票(3ヶ月以内発行のもの)が必要なこともあるため、注意しましょう。

不備がなければ、遅くても1週間ほどでSIMカードが届きます。

4-8.回線切り替え手続きのやり方

MNPで乗り換える際は、SIMカードを入れ替える前に回線切り替えの手続きを行う必要があります(TONEモバイルを除く)。

回線切り替えは、10日以上有効期限が残っているMNP予約番号を用いて、格安スマホ会社のコールセンターや、公式サイトのマイページから行えます。

契約した格安スマホ会社によっても方法が多少異なるため、詳しくはSIMカードに同封されている書類で確認してください。

手続き後、回線切り替えが完了すると格安スマホ会社との契約が開始します。その間、30分~2時間ほど、今使っている端末での通話やデータ通信ができません。

契約が開始し、MNP転入手続きが完了すると、キャリア契約は自動解約されます。

5.格安スマホ乗り換えの注意点

最後に、格安スマホに乗り換えるときに気を付けてほしいポイントを紹介します。

5-1.データ移行の準備をしておこう

格安スマホに乗り換える際はバックアップをとり、データ移行の準備をしておく必要があります。

バックアップが必要なデータは、以下のとおり。

  • 電話帳・アドレス帳
  • ゲームアプリ
  • 音楽
  • 動画・写真
  • LINE

現在使っているスマホ端末をそのまま格安スマホとして使用する場合も、データ紛失してしまったときなど、もしものときに備えてバックアップは確実にとっておきましょう。

データ移行の手段は主に、

  • Googleアカウント
  • microSDカード
  • バックアップアプリ
  • iCloud・iTunes(iPhoneに限る)

などが考えられます。

ご自分のスマホや移行したいデータ内容に合わせて、大事なデータはしっかりバックアップしましょう。

5-2.格安SIMが使えるiPhone機種は決まっている

手持ちのiPhoneを格安スマホとして利用したい方も多いでしょう。

しかし、格安SIMが使えるiPhone機種は決まっており、以下のいずれかに該当するものでなければ格安スマホとして使うことができません。

  • 格安SIMの利用通信回線と同じキャリア製のiPhone5c以上
  • Appleストアで購入したSIMフリーのiPhone 5c以上
  • SIMロック解除した他キャリア製のiPhone6s以上

上記に当てはまるiPhoneで、OSバージョンがiOS10.1以上のものが格安スマホとして利用できます。

なお、iPhone4s以前のシリーズは3G端末のため、OSバージョンに関係なく格安スマホとして使うことはできません。

5-3.キャリアメールが使えなくなるので準備しておこう

キャリアを解約すると、「~@docomo.ne.jp」、「~@ezweb.ne.jp」、「~@softbank.ne.jp」で終わるメールアドレスが使えなくなります。

格安スマホに乗り換える際は、Gmailなどのフリーメールアドレスを取得してください。

アドレスを取得できたら、キャリアメールで登録しているサービスやメルマガなどをフリーメールのアドレスに変更しましょう。

フリーメールの注意点

家族や友達などのキャリアアドレス宛てに、フリーメールアドレスから送信すると、迷惑メール扱いされ受信拒否される可能性があります。

これを防ぐには、キャリアを解約する前にキャリアメールからアドレス変更のお知らせを送り、相手先で受信許可アドレスに追加設定してもらうのが一番簡単な方法です。

5-4.キャリアで貯めたポイントは使い切ろう

キャリアを契約していると、月額料金の支払いの際に独自のポイントが還元されていたでしょう。

しかし、解約するとそれらのポイントはすべて失効してしまいます。もしポイントが大量に残っているなら、解約前に使い切ってしまうことをおすすめします。

各キャリアのポイントは、店舗で充電器やスマホケースなどのアクセサリを購入するときに利用することができます。

6.まとめ

格安スマホへの乗り換え方は契約状況に応じて異なるため、戸惑ってしまう方もいるでしょう。

しかし、乗り換え方やポイントを事前にチェックしておけば、賢くスムーズに移行することができます。

スマホ代節約のためにもこの記事を参考にし、格安スマホへ上手に乗り換えてくださいね。