格安SIMとは

今さら聞けない格安SIMとは?デメリットから安さの理由まで全解説

最近よく聞く格安SIMって何・・・?

価格が安いスマホサービスということは何となく意味はわかるけど詳しい仕組みが理解できない格安SIM。一体どのようなサービスで、なぜ価格が安いのでしょうか。

この記事では格安SIMについて徹底解説。安さの裏にあるデメリットまで詳しく取り上げています。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.格安SIMとは?

さっそく格安SIMについて詳しく見ていきましょう。

1-1.格安SIMの仕組み

格安SIMとは、格安料金で利用できる携帯電話向けの通信サービスです。携帯電話は「SIMカード」を使って、通信事業者と契約します。

馴染みの深いドコモ・au・ソフトバンクのSIMカードから、「MVNO」と呼ばれる格安SIM会社のSIMカードに入れ替えれば毎月の利用料金が安くなります。

格安SIM会社は自社で回線設備を持たないことが最大の特徴です。必要な回線は大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)からレンタルしています。

格安スマホの回線

格安SIMの仕組み 回線設備を持たないことで低価格を実現している

1-2.大手キャリアのSIMと違う点

大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)も格安SIMと同様の形をしたSIMカードを使っています。個人情報の書き込みとネット接続に利用されるSIMカードですが、大手キャリアも格安SIM会社も役割は変わりません。

ただし、大手キャリアのSIMカードは、利用する端末にSIMロックをかけています。SIMロックは自由にSIMカードを入れ替えできない(物理的には入れ替えできるがネットに繋がらない)設定です。詳しくは「SIMロック解除とは?」の記事を参考にしてください。

1-3.格安が実現できる理由

格安SIMの提供自社はなぜ低価格を実現しているのでしょうか?その理由は以下の通りです。

(1)回線設備をレンタルしている

格安SIMの料金が安い最も大きな理由が回線設備を持っていないことです。回線設備は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からレンタルしています。

格安SIMは回線設備が無いので、基地局のメンテナンスや常駐スタッフの人件費もかかりません。そのため、格安のサービス料金を実現できているのです。ちなみに、回線設備が不要なので従来は通信技術とは無縁だったイオンや楽天、TUTAYAなどあらゆる業種の会社が参入しています。

(2)サービス品質を限定している

LCC(格安航空)やセルフサービスの飲食店など過度なサービスを辞めて格安料金を提供する業者は数多くありますよね。

格安SIM会社も同じく、店舗サービスなし、初期設定はユーザーが行う、端末修理はメーカー受付など、サービス内容を限定することで人件費を節約しています。その結果、毎月の利用料金を安く提供できているのです。

(3)そもそも大手キャリアが高かった

そもそも論ですが、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の利用料金は高すぎます。格安SIMの台頭で最近は値下げしていますが、企業努力で最初からこの値段にできたはずです。

大手キャリアの利用料金が高い理由は、日本全国に通信網を張り巡らせる業態が、あまり参入障壁が高すぎて独占状態となっていたからです。

ライバルがいなければ、利用料金を引き上げることができます。格安SIMは驚くほど安いですが、逆の見方をすると今までの大手キャリアが高すぎたというわけです。

1-4.なぜ格安SIMが誕生したのか?

格安SIM会社に回線設備を貸し出しているのは、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)です。なぜ、自分たちのライバルを増やすようなことをわざわざ行っているのでしょうか。

その理由は総務省が業界の活性化を狙って、格安SIM事業を一気に推し進めたからです。その結果、大手キャリアは格安SIM会社に回線を貸し出すようになりました。もちろん、回線の貸出は有料なので、大手キャリアにも大きな利益があります。

モバイル市場活性化の裏では国が動いていたというわけですね。

2.格安SIMのメリット・デメリット

安さの裏には罠がある?格安SIMにはメリットだけでなくデメリットもあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1.メリット

(1)利用料金が半額以下になる

格安SIMを利用する最大のメリットは何と言っても利用料金の安さです。どれくらい安くなるかというと、控えめに言っても半額程度になります。大手キャリアの利用料金は7000〜8000円が相場ですが、格安SIMでは同じデータ通信量・通話料でも3000〜4000円となります。

小容量のデータ通信量で契約すれば、毎月のスマホ代を通話込みで2000円以下に落とすことも十分に可能です。個人でも年間数万円が節約できますが、家族単位なら数十万円の節約効果です。

(2)通信品質・サービスエリアが大手キャリアと同じ

格安SIMを使うと電波が悪くなって通話が途切れる・・・との悪評を見たことがありますが、恐らく同じ場所で大手キャリアの携帯電話を使っていたとしても電波は悪いはずです。その理由は、大手キャリアと格安SIMは同じ回線を使用しているからです。

ご存知の通り、大手キャリアのサービスエリアは人口カバー率99%を誇ります。さらに地下鉄でも電波は繋がります。格安SIMも同じ回線を使用しているので、電波の入り具合は一緒です。よほどへんぴな場所に行かない限り、日本全国で快適なデータ通信・音声通話が利用できます。

(3)契約会社の選択肢が増える

格安SIMを使い出すと携帯会社間の移動が非常に自由となります。まず、大手キャリア特有の2年縛りが格安SIMにはほとんどありません。似たような最低利用期間は設けられていますが、契約の自動更新が無いため1〜2年利用したら解約金無しで別の携帯会社に乗り換えできます。

また、格安SIM会社は、それぞれ特徴があります。利用料金の安さや通信速度の速さだけでなく、SNSや動画・ゲームアプリが使い放題の格安SIMもあり、自由に好きな通信事業者を選択できるようになります。

2-2.デメリット

(1)通信速度が遅い

大手キャリアと同じ回線を使用する格安SIMですが、通信速度は劣ります。その理由は回線混雑時の優先度が低いからです。正午過ぎと夕方6時頃はスマホ利用者が急激に増えるため、回線が混雑します。

混雑した回線は帯域制限によって調整されますが、この時に犠牲になるのが格安SIMのユーザーです。大手キャリアは自社のユーザーを守るため、格安SIMユーザーの利用帯域を限定するのです。

速度低下は最低で1Mbps以下まで落ちる場合があります。WEB閲覧は大丈夫ですが、動画は厳しい速度です。最近はかなり改善されてきましたが、まだまだ特定の時間帯は通信速度が遅いのが現状です。

(2)大手キャリアのサービスは利用不可

格安SIMに乗り換えると、大手キャリアのサービスはすべて利用できなくなります。特に困るのが、キャリアメールが使えなくなることです。現在はLINEの普及によりあまり使用することがなくなったキャリアメールですが、まだまだ利用者数は多いです。

格安SIMではほぼすべての通信事業者でキャリアメールを利用できないため、フリーメールアドレスを使うことになります。フリーメールでも使い勝手はいいのですが、ガラケーにメールを送ると迷惑メールに振り分けられる場合が多いです。

(3)対面サービスがほぼ無くなる

実店舗に力を入れる格安SIMは増えてきましたが、都市部限定などまだまだ普及はしていません。大手キャリアでは当たり前のように全国で店舗対応してくれましたが、格安SIMでは電話とチャットのやり取りがメインとなります。

また、初期設定に関しても10分程度で完了しますが自分で行う必要があります。故障端末の修理もメーカーに直接依頼する流れとなります。今までのサポート品質は望めないと考えておいた方がいいでしょう。

3.格安SIMの選び方

国内に600社以上存在すると言われる格安SIMサービス。一体どうやって選べばいいのでしょうか?ここでは、格安SIMを選ぶ際のポイントを解説します。

3-1.提案1 SIMロック解除の必要性で決める

手持ちの端末で格安SIMを利用する場合、SIMロック解除が必要な端末と不要な端末で分かれます。SIMロック解除を行わずに契約できる格安SIM会社を選べば手間がかかりません。SIMロック解除の必要性は以下の条件で決まります。

この方法で契約すれば手持ちの端末のSIMカードを入れ替えるだけで、格安SIMに乗り換えができます。

※ソフトバンクはSIMロック解除が必ず必要

ソフトバンク端末の方は残念ながら、SIMロック解除無しで契約できる格安SIM会社がありません。格安SIMを使う場合は、「SIMロック解除」するか「SIMフリースマホを購入」しましょう。

※ドコモ・auもSIMロック解除が必要な機種あり

ドコモ・au端末で、格安SIM会社も同じキャリア回線を使っている場合でもSIMロック解除が必要な機種があります。特にau端末は通信規格の関係で、au系の格安SIMを使う場合でもSIMロック解除が必要となる場合があるので注意です。

詳しくは格安SIMの公式サイトから動作確認済端末一覧のページを確認して下さい。

3-2.提案2 格安SIM会社の特徴で決める

数が多い格安SIM会社はライバルに差別化しようと、それぞれ独自の強みを持っています。利用料金が安い、通信速度が早いといった強みもあれば、動画アプリが使い放題、シェアプランが使えるなどユニークな強みを持った格安SIMもあります。

また、クレジットカード払いが基本の格安SIMで口座振替が利用できるといった強みを持つ会社もあります。各社の特徴で格安SIMを決める場合は以下の記事を参考にして下さい。

3-3.提案3 お得なキャンペーンで決める

大手キャリアと比べて格安SIMは解約のルールが緩いため、自由に契約先を変更することができます。そこで、契約の自由度が高い利点を活かして、キャンペーン内容で契約先の格安SIMを決めるのもおすすめの方法です。

格安SIMでキャンペーンを受ける場合は、音声通話SIM(電話番号が付与されるタイプのSIMカード)で契約することが、ほとんどのケースで条件となります。データ通信専用SIM(電話番号が無いネット専用のSIMカード)はキャンペーン適用外となる可能性が高いので注意しましょう。

格安SIMのキャンペーン情報は以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
【6月後半更新】格安SIMの最新キャンペーンを18社まとめキャンペーンを利用して格安SIMに乗り換えたい! 格安SIMの乗り換えは決めたけど、どうせならお得なキャンペーンを利用したいですよ...

3-4.料金プラン選びのポイント

契約先の格安SIM会社が決まったら、今度は料金プランを選ぶ必要があります。大体の料金相場は以下の通りです。

格安SIMの料金相場(音声通話SIMの月額料金)

  • 1GB:1300円
  • 3GB:1600円
  • 5GB:2000円
  • 10GB:3000円
  • 20GB:4800円

毎月使用しているデータ通信量を確認(My au、My docomo、My SoftBankより)して、契約する料金プランを決めましょう。電話機能が無いデータ通信専用SIMで契約する場合は、音声通話SIMと比べて料金相場が3割程度安くなります。

4.格安SIMに関するQ&A

4-1.電話番号・メールアドレスはどうなる?

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える際の電話番号・メールアドレスは、

  • 電話番号 → 引き継ぎ可能
  • メールアドレス → 引き継ぎ不可(キャリアメール)

となります。電話番号は、MNPの手続きを踏むことで、格安SIMでも同じ番号を利用できます。MNPを利用した格安SIMへの乗り換え方法は以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
Phone
4ステップで完了!キャリアから格安スマホにMNPする全手順格安スマホでも電話番号を変えたくないからMNPしたい!だけど、何だか難しそう・・・ あなたは、そんな悩みをお持ちではありませんか?...

メールアドレスについてですが、キャリアメール(@docomo~など)は格安SIMで使用できません。GmailやYahooメールなどフリーメールなら引き継げますが、キャリアメールをメインで利用していた方は、別の解決策が必要です。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
メール
格安スマホでも不便なくメールを使うための全知識格安スマホに乗り換えたら、メールが使えるか心配・・・ 友達はLINEでやり取りするからいいけど、親との連絡はメールだから使えなくな...

4-2.使用するスマホはどうなる?

格安SIMを利用する際に使用するスマホは、SIMフリースマホを購入するか手持ちのスマホをそのまま使うかのどちらかになります。SIMフリースマホを使う場合は、格安SIM会社でSIMカードとセットで購入するのがおすすめです。

セット契約でSIMフリースマホを購入すると、面倒な初期設定が不要となります。また、SIMフリースマホは海外のSIMが利用できたり、他社に乗り換える際もそのまま契約できるメリットがあります。

手持ちのスマホで契約する場合は、SIMロック解除の有無や対象機種の条件があります。

詳しい乗換方法はこちらの記事を参考にして下さい。

4-3.iPhoneを格安SIMで使える?

格安SIMではiPhoneも利用できます。もちろん、アプリの使用感など今までと同じです。

格安SIMでiPhoneを利用する場合は、

  • SIMフリー版iPhoneで持込み契約
  • キャリア版iPhoneで持込み契約
  • 格安SIM会社のiPhoneでセット契約

の3種類があります。Apple Storeで購入できるSIMフリー版iPhoneを使う場合は、特に契約条件に縛られること無く自由に格安SIMを選択できます。

au・ドコモ・ソフトバンクのキャリア版iPhoneの場合は、いくつか条件が分かれます。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
iPhone
非SIMフリーでOK!キャリア版iPhoneで格安SIMを使う方法今使っているiPhoneで格安SIMを使いたい! 月額料金が安くなる格安SIMですが、現在使っている手持ちのiPhoneで乗り換え...

格安SIM会社で販売しているiPhoneをセット契約する場合は、以下の記事を参考にして下さい。iPhoneのセット販売はほとんどの格安SIM会社で提供できていないので、実質3~4社からの選択となります。

あわせて読みたい
iPhoneをセットで購入できる格安SIM会社を完全比較格安SIMはiPhoneでも利用できます。大手キャリアのiPhoneをそのまま使うこともできますし、別途SIMフリー版iPhoneを購入...

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事では格安SIMとは何か、詳しく説明してきました。格安SIM自体の意味は非常に単純です。低価格で利用できるSIMカードが格安SIMとなります。大切なのは、格安SIMが安い理由やデメリット、なぜサービスが生まれたのかを知ることです。

あらゆる角度から格安SIMを見ることができれば、全体像を把握することができます。そして、格安SIMについて理解できたら、実際に利用してみましょう。

筆者も20社以上の格安SIMを使ったことがありますが、実際に利用してみるとさらに理解が深まりますし、何より毎月の利用料金が大幅に節約できます。格安SIMの契約は簡単なので、この機会にぜひ乗り換えてみて下さいね。