キャンペーン

お得度で選ぶ!格安SIMのキャンペーン【2018年12月】

格安SIMのキャンペーン

キャンペーンを利用して格安SIM・格安スマホに乗り換えたい。せっかくお得に利用できるキャンペーンを見逃したくはないですよね。

格安SIMはキャンペーン合戦の業界です。そのため、玉石混交であらゆるキャンペーン情報が蔓延しています。当サイトでも、以前はすべてのキャンペーン情報を掲載していたのですが、あまりにも量が膨大になりすぎて、どれを選ぶば良いのかわからない事態に・・(反省しています)。

そこでこの記事では、本当に利用価値の高いキャンペーンだけを厳選。数百円の割引や景品の抽選などは無視して、実用度の高いキャンペーン・キャッシュバック情報だけを集めました。キャンペーンを活用して格安スマホに乗り換えたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.格安SIMのキャンペーンはどうやって選ぶの?

(1)お得度(割引総額)で選ぶのが基本

当たり前の話ですが、キャンペーンで格安SIMを選ぶ際は、お得な特典内容を選ばなければ意味がありません。すごく単純な話ですが、いざキャンペーンを選ぶとなると結構難しいです。ただ、キャンペーンを並べただけの雑誌・情報サイトはたくさんありますが、どれが本当にお得なのか見極めるのは難しいです。

無料という文字に踊らされて、たいしてお得ではないキャンペーンを掴まされることもあります。この記事では、格安SIMのキャンペーンをお得度でランク分けしています。ランクの高い格安SIMは、割引総額が大きいです。派手な広告だけど中身は大したことない。そんな格安SIMを掴まないように、キャンペーン・キャッシュバックはお得度(割引総額)で選びましょう。

(2)キャンペーン以外のメリットも見ておく

格安SIMは大手キャリアと違い2年縛りがない(一部あり)とはいえ、一度契約したいら長期間利用するのが普通です。そのため、キャンペーン内容だけ良くても、安易に契約を決めるのは考えものです。金額は安いとはいえ、ある程度の期間は同じ通信事業者を利用すると考えれば、キャンペーン以外のメリットも重点的に見ておいたほうがいいでしょう。

キャンペーン内容だけ豪華で通常のプランに戻ったらサービス内容が酷かった・・そんな格安SIMは選んではいけません。

(3)キャンペーン期間ギリギリは避ける

終了未定の場合もありますが、ほとんどのキャンペーンは終了日が決まっています。まだ終了まで時間があるから余裕・・その考え方は非常に危険です。格安SIMのキャンペーンは、申込日ではなく利用開始日を起算とするケースが多いです。終了日が1月31日なら、31日の次点で申込みではなく開通している必要があります。

オンライン契約の場合、SIMカード配送期間があるため数日は余裕を持たなくてはなりません。その他、ちょっとしたトラブルで契約が遅れる場合もありますし、書類の不備で審査落ちするケースもあります。そんなこんなで無為に時間が経過してキャンペーンの終了日まで間に合わないことも。

さらに、格安SIMのキャンペーンは終了予定日より早く切り上げることも珍しくありません。これと決めたキャンペーンはなるべく早く申し込みを行いましょう。

2.【お得度ランクS】格安SIMのキャンペーン

LINEモバイル

LINEモバイル
  • 月額1390円割引!(新)月300円キャンペーン(2019年1月31日まで)
  • 最大1万円分貰える!LINEポイントキャンペーン(2019年1月14日まで)
  • ソフトバンク回線の通信速度が1Mbpsを切ると、1GBのデータ容量が貰える(2018年12月31日まで)

※(新)月300円キャンペーンとLINEポイントキャンペーンは併用できます

LINE・SNSが使い放題の影響で、利益を削っているLINEモバイル(初期投資と割り切っている模様)。これまでキャンペーン内容は抑えめだったのですが、2018年下旬から本田翼さんをCMに起用して一気にキャンペーン合戦に参入。月額300円からの契約やLINEポイント1万円分プレゼントなど、一気にキャンペーンが豪華になりました。

LINEモバイルはキャンペーンの有無関係なしにおすすめできる格安SIMです。キャンペーン内容がお得なうちにお試しするといいでしょう。

キャンペーンの利用方法

(新)月300円キャンペーンの条件
→音声通話SIMで新規契約・MNP

LINEポイントキャンペーンの条件
→キャンペーンコード(TMTM0404)を入力して音声通話SIMで新規契約・MNP

2つのキャンペーンは併用できます。申し込みはオンラインのみ適用です。

LINEモバイル キャンペーン以外のメリット

すべての格安SIMでトップクラスの人気を誇るLINEモバイル。強みはなんといってもカウントフリーでしょう。LINEアプリはもちろん、SNS(Twitter・Facebook・Instagram)も無料で使い放題に。

スマホはLINEとSNSくらいしか使わないライトユーザーは、驚くほどのコスパで契約できます。速度制限にかかっても、LINE・SNSは高速通信のままです。格安SIM選びに迷ったら、LINEモバイルが最も無難な選択肢となります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ
  • SIMカード単体契約で月額料金が6ヵ月、1200円割引(2019年2月3日まで)
  • 端末セット契約で最大22794円値引き(2019年2月3日まで)
  • スマホまる得プランに新規契約すると端末代金の大幅割引&500Gポイント貰える(2018年12月2日まで)

BIGLOBEモバイルは月額料金の割引か現金キャッシュバック(最大10000円程度)のキャンペーンが恒例です。時期によって、利用できるキャンペーン内容は変わります。また、利用料金にそのまま充てることができるGポイントも額は大きくないのですが貰えます。

キャンペーンを利用する際は、3GB以上の料金プランに限られるケースが多いです。適用条件を見落とさないよう気を付けて下さい。

最大22794円割引の条件

3GB以上のセレクトプランに新規契約・MNPするだけ。これだけで、2年間も月額料金が450円安くなります。また、初期費用3394円も無料です。

さらに、対象端末(HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova 3、ZenFone 5)なら、5000円相当のGポイントを還元。すべて合わせれば22794円割引の大盤振る舞いです。キャンペーンの利用条件が緩いのも好感を持てます。

BIGLOBEモバイル キャンペーン以外のメリット

BIGLOBEモバイル最大のメリットは動画見放題のエンタメフリーオプションが使えることです。エンタメフリーオプションでは、Youtubeをはじめとする動画・音楽アプリが月額わずか480円で見放題に。

BIGLOBEモバイルのユーザーは若者が多いのですが、エンタメフリーオプション狙いでの契約者がほとんどだと思われます。3GBプランに動画見放題を付けて月額2000円以下で運用することも可能です。

3.【お得度ランクA】格安SIMのキャンペーン

UQモバイル

uqモバイルのロゴ
  • 代理店経由の申し込みで最大13000円の現金キャッシュバック
  • 機種変更でデータ容量2倍&無料通話の時間が2年間無料に

現金キャッシュバックの代名詞となりつつあるUQモバイル。代理店を経由することで13000円が指定口座に振り込まれます。代理店(リンクライフ)経由の契約は、おしゃべりプラン・ぴったりプランに限定。また、購入できる端末の種類も少し減ります(人気機種があるので問題ありませんが)。

公式サイトの直販に比べて数日発送が遅れるときもあるので、デメリットを許容できるなら申し込みましょう。キャッシュバックの受け取り時期は約3ヶ月後。普通は1年の利用が義務付けられるので、かなりの好条件です。その他、春になるとY!mobileと激しく競い合う学割キャンペーンが始まります。

UQモバイル キャンペーン以外のメリット

UQモバイルは安定的な通信速度と充実したサービス内容が人気の格安SIMです。auのサブブランドということもあり、au回線では最強の通信速度を誇ります。また、メインのおしゃべり・ぴったりプランでは5分かけ放題か60〜180分の無料通話が標準で付属。

専用アプリではなく、自分の電話番号で普通にかけ放題・無料通話が使えます。その他、iPhoneの販売や口座振替の対応など、サービスレベルはトップクラス。最高ランクに位置する格安SIMとなっています。

代理店のキャッシュバックページはこちら

Y!mobile

ymobile
  • スマホプラン&SIMカード単体契約で最大14400円割引
  • 新規契約から同月内に家族割サービスを申し込めば5000円還元
  • スマホプランに新規契約で12ヶ月間基本使用料が1000円割引
  • 月額980円のGoogle Play Musicのサービス料金が90日無料
  • 60歳以上の方が、かんたんスマホで契約すると月額1000円のスーパーだれとでも定額が無料
  • 【学割】月額基本料金が13ヶ月1000円引き(2019年5月31日まで)

春になれば鬼のようなCMを打って学割キャンペーンを行うY!mobile。春以外でも、まずまず使えるキャンペーンを常に行っています。一番お得なのは、SIMカード単体契約の割引。以前はキャッシュバックだったのですが、現在は利用料金の割引に変わりました。スマホプランM/Lなら14400円の還元。スマホプランSでも9600円還元してくれます。

端末セットの場合は月額基本料金が毎月1000円オフ。キャンペーンと言えるかわかりませんが(最初から組み込まれている?)、お得であることに変わりはありません。その他、CMでも話題になっていた60歳以上ならスーパーだれとでも定額(無制限かけ放題)が使い放題となるキャンペーンも利用可。両親へのプレゼントに最適です。

Y!mobile キャンペーン以外のメリット

Y!mobileは大手キャリアを超えるほどの通信速度が最も特徴的です。とにかく速い。親会社のソフトバンクを超える勢いです。また、格安SIMで唯一、無制限かけ放題(月額1000円)を利用可能。サービス面では他社の追随を許さないほど充実しています。SIMカードの単体契約では5000円以上を還元。キャッシュバックも太っ腹です。とにかく通信品質に優れているので、契約後に後悔することは無いでしょう。

NifMo

nifmoのロゴ
  • 端末セットで契約すれば、最大20100円のキャッシュバック
  • SIMカード単体で契約すれば、最大15100円のキャッシュバック
  • NifMoのスマホ、でんき、光回線をセットで利用すれば、最大で月額450円割引

NifMoのキャンペーンは何といっても毎月恒例の現金キャッシュバックが目玉です。その他はしょぼいので、すべて無視して構いません。現金キャッシュバックの適用条件は、NifMoに3/7/10GBのいずれかのプランで申し込むだけ。端末セットなら音声通話SIMで最大20100円、データ通信専用SIMで最大12100円のキャッシュバックです。

SIMカード単体契約でも最大15100円がキャッシュバックされます。キャッシュバックの振込は契約から9ヶ月後。4ヶ月目から案内メールが届くので良心的です。振込後も、振込完了メールを送ってくれるので安心できます。

NifMo キャンペーン以外のメリット

NifMoは指定のサービス利用、アンケート回答、アプリのダウンロードなどでポイントが貰えるバリュープログラムが人気です。なかには1万円還元プログラムもあります。バリュープログラム目当ての契約者がいるほど人気です。

その他、あまり知られていませんが、NifMoは通信速度が非常に速いです。ユーザー数も少ないため通信品質は安定。穴場の格安SIMです。

4.【お得度ランクB】格安SIMのキャンペーン

nuroモバイル

nuroモバイルのロゴ
  • 総額11000円!月額利用料金1000円引き

毎月、契約プランによって10000円~15000円のキャッシュバックを実施していたnuroモバイル。2018年11月からは月額料金の割引に変更されました。キャッシュバックはインパクトが大きいのですが、実際に受け取れるのは約1年後です。案内メールが届いてから45日以内に指定口座を申請しないと現金が振り込まれません。

忘れた頃にやってくるキャッシュバックは見逃すことが多く、利便性が悪いキャンペーンでした。しかし現在は、自動的に毎月1000円を11ヶ月割引(総額は11000円)。割引されるにはプランM以上で契約する必要はありますが、非常にシンプルですしせっかくの特典を受けられないリスクもありません。

nuroモバイル キャンペーン以外のメリット

nuroモバイルはシンプルな4つのプランから選択できます。以前は、ユニークなプラン内容(時間プランなど)が特徴的でしたが、現在は同じく初心者でも選びやすくなっています。通信速度は安定していて、格安SIMの中でも中の上に位置します。

その他の特徴はあまりありませんが、端末買い取りサービスで初期費用を安く抑えられます。

mineo(マイネオ)

mineoのロゴ

月額基本料金の割引キャンペーンが得意なmineo。キャンペーンの魅せ方も上手いです。いつも目玉となる月額基本料金の割引は、すべてのプランで適用されるのが好印象。3GB以下はダメ、Dプランだけと言ったケチな条件がほぼありません。その他、キャンペーンとしてはやや弱いのですが、人気オプションが2~3ヶ月無料となるキャンペーンを頻繁に行っています。

mineoのオプションは格安SIM随一の量を誇ります。エンタメ系(huluなど)も最初の数ヶ月が無料なので、お試ししてみるといいかもしれません。

mineo キャンペーン以外のメリット

mineoはとにかくサービス内容が充実しています。mineoユーザー同士でデータ容量を分け合えるフリータンク。データ容量をプレゼントできるパケットギフトなど、楽しい仕組みが盛り沢山です。

また、トリプルキャリア対応なので、手持ちの端末で持ち込み契約しやすいのもメリット。近年、最もユーザー数を伸ばした格安SIMとなっています。

楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ
  • スーパーホーダイプランM、Lに加入すれば、初月の月額料金が1980円
  • スーパーホーダイに3年契約すれば月額1000円割引
  • 楽天カード入会&楽天モバイルの通話SIM申し込みで7000円分のポイントGET
  • 音声通話SIMで契約すると2回線目の月額基本料金が3ヶ月無料

スーパーホーダイ(かけ放題付きの料金プラン)と楽天会員を徹底的に優遇する楽天モバイル。まともなキャンペーンを利用したいなら、スーパーホーダイに加入すること、楽天会員であることの条件は欠かせません。また、見逃せないのが端末セールです。最近はめっきり頻度が落ちましたが、一時期は狂ったように端末セールを繰り返していました。

転売目当てで購入する人が出るほど活況だったのを思い出します。今でも頻度は減りましたが、端末セールは日常的に行われているので、一度公式ページを覗いてみるといいでしょう。

楽天モバイル キャンペーン以外のメリット

かけ放題付きプランのスーパーホーダイは、最低利用期間に応じて割引が適用されます。3年契約なら、毎月1000円引きに。また、利用料金に対して楽天スーパーポイントを付与。楽天市場でのポイントも常に2倍となります。

月額料金も楽天会員割で500円引き。徹底的な楽天ユーザーの厚遇が特徴的です。端末代金も、楽天スーパーセールで一括100円機種がでることも。キャンペーン以外でも非常に安く端末を購入できます。

IIJmio

iijmioのロゴ
  • 3つの人気オプション お得に使おうキャンペーン(2018年12月3日まで)
  • IIJmioサプライサービスの対象端末をセット契約したら、最大10000円のAmazonギフト券が貰える(2018年12月3日まで)
  • 1枚に付き2000円かかるSIM追加手数料が無料に(2018年12月3日まで)
  • IIJmioひかりかビッグ光をセットで契約すれば毎月600円割引

毎月のように、多くのキャンペーンを打ち出すIIJmio。ただ、史上最強にお得です!などと銘打つわりには、普通のキャンペーン内容であることが多いです。割引の総額は4000~5000円程度が多いです。データ容量の増量キャンペーンも並行する時があるので、その場合は7000~8000円のインパクトですね。

ちなみに、IIJmioは端末の種類が約50もあり、格安SIM業界で随一の品揃えです。そのため、売りつくしセールも頻繁に行われています。

IIJmio キャンペーン以外のメリット

IIJmioはSIMフリースマホの種類が格安SIM会社の中で一番揃います。豊富な選択肢から、愛用の端末を決めたいなら、IIJmioが有利です。その他、家族で格安SIMに乗り換えたい人もおすすめ。

ファミリーシェアプランなら、家族で複数のSIMカードを分け合えます。格安SIMで唯一の、家族間での通話割も利用可能です。

5.格安SIMのキャンペーン【お得度ランクC】

DMMモバイル

dmmモバイルのロゴ
  • 利用料金に対して10%分のDMMポイントが貰える
  • DMM光とセット割で毎月500円引き

DMMモバイルはそもそもの利用料金が最安に近い価格なので、あまりキャンペーンに積極的ではありません。それでも、頑張って月額基本料金の割引を度々行っています。DMM会員なら10%の高還元率でDMMポイントが貯まります。貯まったポイントはそのままDMMサービスに利用可能。

キャンペーンのお得度は低いのですが、長い目で見ると利用料金を大幅に節約できる格安SIMです。

DMMモバイル キャンペーン以外のメリット

なんといっても、月額料金の安さが群を抜いています。正直、キャンペーンがなくても長期利用なら他社より安くなるかもしれません。

また、利用料金に対して10%ものDMMポイントが入るのもメリット。ポイントまで考慮したら、恐ろしいほどの安さです。ただし、通信速度はやや遅いので注意して下さい。

TONEモバイル

TONEモバイル
  • 安心オプションを付ければ、TONE m17の端末代金5000円割引あるいは、基本プランの月額料金が6ヶ月無料

数こそ少ないのですが、たまにこれはと思わせるキャンペーンを行うTONEモバイル。春が近づけば学割キャンペーンを行うのが通例です。現在利用できる、「安心オプションを付ければ端末代金5000円引き(SIMカード単体契約でも月額料金6ヶ月無料が適用可)」のキャンペーンは、よくあるオプションの抱き合わせです。

ですが、安心オプション(月額500円)は継続期間の条件がなくすぐに解約できます。本当に安心オプションを使うなら継続すべきですが、割引狙いなら契約後忘れないうちにオプションを外しておきましょう。

TONEモバイル キャンペーン以外のメリット

なんといってもシンプルでわかりやすいのがTONEモバイルのメリットです。端末もプランも、あらかじめ決まっています。料金プランをカスタマイズしたい人には向きませんが、スマホ初心者は契約しやすいです。その他、スマホ関連でわからないことがあったら、無料でサポートしてくれます。

イオンモバイル

イオンモバイルのロゴ
  • アウトレットセールで端末代金が1万円以上割引(在庫限りで終了)

イオンモバイルは春頃に◯周年記念キャンペーンなど、そこそこ使えるキャンペーンになるのですが、普段はケチな印象です。抽選で家電が当たるといったキャンペーンも多く、正直なところ微妙な感じ。ただ、使えるキャンペーンとして、端末代金のセールは見逃せません。不定期なのですが、在庫処分を兼ねたアウトレットセールなどを開催しています。

イオンモバイル キャンペーン以外のメリット

イオンモバイルは月額料金の安さが売りです。DMMモバイルと並んで最安値に近いです。通信速度も速く使い勝手には困りません。キャンペーンは大したことありませんが、通常利用では満足できるでしょう。ただし、オンライン契約は空白期間があるのでご注意を。

QTモバイル

qtモバイル
  • Dタイプ(ドコモ回線)の6GBプランが6ヶ月3GBプランと同じ価格に(2018年11月30日まで)
  • BBIQサービスを利用中なら、QTモバイルのキャンペーン対象機種が10%〜割引

QTモバイルはマイナーな格安SIMですが、九州を中心に徐々に勢力を伸ばしています。キャンペーンは期間限定で半年間の割引などを度々行っています。あまりインパクトはありませんが、大手MVNOに近付こうと頑張っているのは伝わります。他社ではmineoくらいしか展開できていないトリプルキャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)対応です。

ソフトバンク回線のプランは格安スマホ全体で少ないです。ソフトバンクユーザーの方はQTモバイルを選択肢に入れるといいでしょう。

QTモバイル キャンペーン以外のメリット

QTモバイルはトリプルキャリア対応なので、手持ちの端末から乗り換えやすいのがメリット。その他、九州の格安SIMなので(契約は全国OK)九州地区でときどきイベントを行っています。通信速度はまずまずです。その他は、とくにめぼしい特徴はありません。強いて言えば川口春奈のCMが印象的です。

6.格安SIMのキャンペーンに関するQ&A

Q1.iPhoneを安く購入できるキャンペーンは無いの?

iPhoneを購入できる格安SIM会社は年々増えています。執筆時点でiPhoneを購入できる格安SIM会社は以下の通りです。

結論から言うと、iPhoneに関するキャンペーンは滅多にありません。iPhoneの端末代金というより、毎月の基本料金を安くして間接的にiPhoneを安く買う他ありません。ただし、昔からiPhoneを取り扱っていたUQモバイルとY!mobileだけは、ときどきiPhoneの価格を一気に値下げします。

一瞬ですが、iPhone SEが一括500円になったことも。通常時の価格も他社より安いです。そのため、iPhoneをセット購入する際は、UQモバイルかY!mobileがおすすめです。その他の格安SIMは微妙です。

楽天モバイルは海外製iPhone、BIGLOBEモバイルは高い、mineoは在庫切れ多発、LINEモバイルはソフトバンク回線限定発売となっています。iPhoneの購入は、面倒な条件がつかないUQモバイルかY!mobileから選ぶといいですよ。

Q2.キャンペーンだけで格安SIMを選ぶのは危険?

キャンペーン目当てで格安SIMの契約を決める人が後を経ちません。誰もがお得に契約したいと考えるので、当たり前といえば当たり前なのですが、本当にキャンペーン内容だけで契約を決めてしまってもいいのでしょうか。

筆者の考えでは、キャンペーンはあくまで比較要素の一つとして捉えるべきです。特に、通信速度はキャンペーンと共に契約を決める重要項目としたいところです。また、料金プランの充実度も大切です。キャンペーン内容、通信速度、料金プランの3つでバランスが整った格安SIMは限られてきます。筆者がおすすめしたい格安SIMは以下となります。

キャンペーンだけでなく通信速度や料金プランが充実した格安SIM

次点でBIGLOBEモバイルあたりでしょうか。DMMモバイルとIIJmioは通信速度が物足りません。格安SIMを選ぶ際は、派手なキャンペーン内容だけでなく全体的にバランスの取れた通信事業者を選ぶと満足度が高まりますよ。

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、格安SIMのキャンペーンについて、お得度を軸にして紹介してきました。キャンペーンのお得度は毎月変わるので、当サイトでも日々情報を更新していきます。割引額が大きいキャンペーンなら、月額基本料金が数カ月から1年は実質無料にできます。

大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からの乗り換えに必要な解約金も相殺できるため、ぜひキャンペーン・キャッシュバックを活用してくださいね。

※格安SIMのキャンペーン情報をさらに詳しく見る