iPhone 11を安く買うなら

DMMモバイルの料金プランや初期費用を分かりやすく解説

DMMモバイルの料金

DMMモバイル(DMM mobile)の料金プランは、とにかく安いことで有名です。 音声通話SIMなら1140円、データSIMなら440円から契約できます。

この記事では、DMMモバイルの料金について、全プランを優しく解説。また、プラン選びのポイント解説や他社との料金比較も行っています。

最高のコスパを実現できるDMMモバイル。その料金について詳しく見ていきましょう。

1.シンプルで分かりやすい!DMMモバイルの料金プランとは?

スマホの料金って、超複雑ですよね?

それは大手キャリアの話。DMMモバイルは、びっくりするほどシンプルよ。

1-1.基本は従量制のシングルコースから選ぶ

DMMモバイルの料金プランは非常にシンプルです。

用意されているのは、従量制のプラン。通常は。こちらのシンプルプランから契約します。

シンプルプランの月額料金

音声通話SIM データSIM
ライト 1140円 440円
1GB 1260円 480円
2GB 1380円 770円
3GB 1500円 850円
5GB 1910円 1210円
7GB 2560円 1860円
8GB 2680円 1980円
10GB 2890円 2190円
15GB 3980円 3280円
20GB 4680円 3980円

音声通話SIM(通話対応SIM)は音声通話機能付きのSIMカード。データSIMは、音声通話機能が無いデータ通信専用のSIMカードとなります(LINEやIP通話は使える)。

ライトプランですが、200kbpsの低速使い放題プランです。200kbpsだとLINEくらいしかまともに使えないので、通常は契約しません。

選べる回線はドコモのみ

DMMモバイルはドコモ回線を利用した格安SIMです。他の回線はありません。

なお、ドコモ端末(iPhone含む)であれば、手持ちの端末をそのまま利用することが可能です(au・ソフトバンク端末はSIMロック解除が必要)。

1-2.家族・2台目の利用にシェアコースが使える

シェアコースでは、一つの契約に対して最大3枚のSIMカードが使えます。

家族でDMMモバイルに乗り換えたい方や、一人で複数端末(スマホ+タブレットなど)を使いたい方におすすめです。

利用料金は以下の通り。

シェアプランの月額料金

データSIM最大3枚 音声通話SIM1枚+データSIM最大2枚 音声通話SIM2枚+データSIM 最大1枚 音声通話SIM3枚
1GB 480円 1260円 1960円 2660円
2GB 770円 1380円 2080円 2780円
3GB 850円 1500円 2200円 2900円
5GB 1210円 1910円 2610円 3310円
7GB 1860円 2560円 3260円 3960円
8GB 1980円 2680円 3380円 4080円
10GB 2190円 2890円 3590円 4290円
15GB 3280円 3980円 4680円 5380円
20GB 3980円 4680円 5380円 6080円

ご覧の通り4つのコースが用意されているので、利用用途に合わせて契約するプランを選びましょう。

1-3.利用料金×10%のDMMポイントが毎月貰える

DMMモバイルでは、利用料金に対して10%の還元率で毎月DMMポイントが貰えます。ただでさえ安いプラン価格に加えてDMMポイントが付与されるのは大きなメリットです。

冷静に考えれば、10%の還元率はとんでもない数字です。 通常、「ポイントが付く格安SIM」は1%の還元率がデフォルト。10%はまずありません。

貯めたDMMポイントはDMMサービスにて消費できます。電子書籍やゲーム・DVDなどあらゆる商品と交換可能です。

1-4.本当に業界最安値?他社と料金比較

最安値って聞きますけど、本当ですか?

そう言うと思って、他社と比較してみたわ。

DMMモバイルは、業界最安値の月額料金を主張しています。そこで、本当に業界最安値なのか他社と比較してみました。

1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
DMMモバイル 1260 1500 1910 2560 2890
楽天モバイル 1600 2150 2960
LINEモバイル 1200 1690 2220 2880 3220
mineo 1410 1510 3130
IIJmio 1600 3260
BIGLOBEモバイル 1400 1600
OCN モバイル ONE 1800 3000

最安値は赤色、2番目に安いプランは青色にしています。

ご覧の通り、DMMモバイルは各プランで1位~2位の安さをキープ。平均を取ると間違いなく業界最安値です。 さらに詳しくは、「こちらの記事」でも料金比較しています。

なお、DMMモバイルは利益がでなくて困るほど価格を下げているそうです。私たちから見れば、価格が安いのは願ったり叶ったりなので、ぜひ利用させてもらいましょう。

2.DMMモバイルの料金プランはこう選べ!

料金プランの内容は分かりましたけど、選択肢が多くてどれを選べばいいのか分かりません。

OK、おすすめの選び方を教えてあげる。

2-1.とりあえず3GB(月額1500円)で様子を見るのが無難

1GBから20GBまで幅広い選択肢が用意されているDMMモバイルの料金プラン。選択肢が広いのはメリットですが、逆にどれを選べばいいのか分からなくなってしまいますよね。

先月までのデータ消費量を計算すれば、およそどれくらいのプランが必要なのか分かりますが、確認が面倒なときもあるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが月額1500円の3GBプランです。実際、ほとんどのユーザーが3GBプランを選択しています。

3GBでできること

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 60万通 2万通
LINE 150万通 5万通
LINE通話 166時間30分 5時間33分
LINEビデオ通話 9時間45分 19分30秒
YouTube
低画質
16時間30分 33分
YouTube
高画質
4時間30分 9分
Yahoo!
トップページ
12,000回表示 400回表示
Twitter 6000回表示 200回表示
Facebook 6000回表示 200回表示
Googleマップ 3990回表示 133回表示
音楽
ダウンロード
750曲 25曲
アプリ
ダウンロード
75回 2.5回
3GBでも結構いろんなことができるんですね。

大体8割のユーザーは3GBで十分なはずよ。動画をたくさん見るなら、7GB以上を選ぶべきね。

もし契約途中にデータ容量が多すぎる、あるいは少なすぎると感じたら、いつでも無料でプラン変更が可能です。

月額料金は大手キャリアの3分の1以下に

大手キャリアからDMMモバイルに乗り換えると、月額料金がおよそ3分の1になります。

料金比較(3GB)

  • ドコモ:6480円
  • DMMモバイル:1500円

DMMモバイルの方がおよそ5千円安いので、1年経てば6万円、2年で12万円の金額差です。保険料を見直すよりも大幅に固定費を削減できます。

2-2.最安のライトプランでも大丈夫な人

とにかく毎月の通信費を抑えたい方は、低速使い放題のライトプランが視野に入ってきます。

ライトプランの料金

  • 音声通話SIM:1140円
  • データ通信SIM:440円

※通信速度は200kbpsに固定

ライトプランは圧倒的な低価格が魅力です。スマホを1000円程度で運用できる格安SIMは他社でも滅多にありません。

そんなライトプランですが、契約するなら以下の方が向いています。

  • 子供用のスマホを契約したい
  • Wi-Fiを使うので高速通信容量はいらない
  • LINE程度しか使わない

ライトプランの200kbpsはとにかく遅いので、動画やWEBサイト閲覧は不可だと考えて下さい。

ただし、LINEの送信(画像・動画なし)くらいなら使えます。お子様のスマホにどうでしょうか。

その他、モバイルWi-Fiルーターで運用する方も、ライトプランが向いています。

2-3.SNS中毒ならSNSフリーオプションに入ろう

スマホをいじるとき、8割以上はSNSを使う・・そんな方はSNSフリーオプション(月額250円)に加入しましょう。

SNSフリーオプションでは、以下のアプリがカウントフリーで使い放題となります。

SNSフリーオプションの対象

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook(メッセンジャー含む)
  • Instagram

中でも大きいのがInstagramのカウントフリーです。

Instagramは画像の読み込み量が多いため、データ消費量が大きいです。油断していると、すぐに速度制限にかかります。

SNSフリーオプションを付けていれば、データ消費量を気にせず使い放題。わざわざWi-Fiスポットを探す手間もありません。

SNSだけで毎月数GB使っている方なら、わずか250円で使い放題となるのは非常にお得です。 SNS中毒な方は、必ずこのオプションを付けておきましょう。

3.その他、初期費用やオプションなどDMMモバイルの料金に関する基本情報

DMMモバイルの基本料金以外の情報をまとめたわ。契約前に確認してちょうだい。

3-1.利用できるオプションまとめ

DMMモバイルで利用できるオプションは以下の通りです。

オプション名 月額料金
SMS 150円
安心パック 500円
端末交換オプション 350円
セキュリティオプション 250円
つながる端末保証 500円
スマート留守電 290円
DMM Wi-Fi by エコネクト 362円
タブホオプション 500円
10分かけ放題 850円
SNSフリー 250円

頻繁に通話する方は、10分かけ放題を付けておきましょう。45分以上の通話で10分かけ放題の方がお得になります。

つながる端末保証は、新規契約時しか申し込めないのでご注意を。

その他、セキュリティやWi-Fiオプションが利用できます。DMMらしくエンタメ系のタブホオプション(人気雑誌が読み放題)も可能です。

テザリングはオプション扱いではなく無料で利用できます。オプションはあとから自由に契約・解約ができるので、新規契約時はすべてチェックを外して構いません。

3-2.通話料は20円/30秒、DMMトークなら半額に

DMMモバイルの通話料は、30秒あたり20円です。この料金は、他の携帯会社(大手キャリアも含む)も同じです。

通話料を節約したい場合は、「DMMトーク」を使いましょう。

DMMトークは電話番号そのままで、通話料を半額の10円/30秒にしてくれます。 IP電話ではないため音質もよく、相手に自分の電話番号を通知することが可能です。

DMMモバイルの音声通話SIMに契約すれば、誰でも無料で使えます。

3-3.SMS送信料は3~30円

SMS送信料は、国内送信であれば3~30円となります。

最大670文字までの送信が可能。200文字以内なら10円以下で送信できます。 海外送信の場合は、50~500円と価格が高くなるので注意して下さい。

SMS受信料は、国内・海外に関わらず無料です。なお、データ通信SIMでSMSを利用する場合は、SMSオプションとして月額150円が必要となります。

音声通話SIMなら無料でSMSが利用可能です。

3-4.初期費用は3396円+初月の利用料金(日割り)

DMMモバイルの初期費用は以下の通り。

  • 新規契約手数料:3000円
  • SIMカード準備料:394円
  • ユニバーサルサービス料:2円

上記の費用に加えて初月の月額料金(日割りあり)が加わります。 大体初期費用は5000円前後でしょうか。

利用開始日は、SIMカードの到着予定日(MNPの場合は回線を切り替えた日)からスタートです。

ちなみに、「DMMモバイルのキャンペーン」を利用すれば、新規契約事務手数料を0円にできる場合があります。

支払い方法はクレジットカードのみ

DMMモバイルの支払い方法は、クレジットカードのみとなります。口座振替、デビットカードは使えません。

使用できるクレジットカードのブランドは、VISA・JCB・マスターカード・アメリカン エキスプレス・ダイナーズクラブカードとなります。

3-5.2年契約はありません

DMMモバイルは、大手キャリアでお馴染みの2年契約(2年縛り)はありません。

ただし、最低利用期間が設定されています。 最低利用期間以内に解約すると違約金が発生するためご注意を。

DMMモバイルの解約ルール

  • 最低利用期間:13ヶ月(音声通話SIMのみ)
  • 違約金:9000円

なお、13ヶ月を過ぎたら、いつでも違約金なしで解約できます。自動更新はありません。

4.【まとめ】DMMモバイルの料金は格安SIMで最安です

この記事では、DMMモバイル(DMM mobile)の料金プランについて詳しく解説してきました。DMMモバイルの料金プランは業界最安値です。本当に安い。

データ容量も、小容量から大容量まで幅広く選択できます。複数枚のSIMカードを契約できるシェアプランが用意されているのも特徴的です。

DMMモバイルから大手キャリアから乗り換えると約5000円も節約できます。 契約すべきプランを決めて、DMMモバイルに申し込みましょう。

スマホ代が1140円から↓

>>DMMモバイルの公式サイトへ

格安SIMのキャンペーン情報まとめ(2019年9月21日更新)
  • 楽天モバイル:最新16機種が大幅値引き(9/30まで)
  • Y!mobile:最大15555円のTポイントが貰える&SIM単体契約で最大14400円割引(9/30まで)
  • UQモバイル:現金13000円のキャッシュバック&初期費用0円(終了未定)
  • IIJmio:在庫限りの端末セール(9/30まで)
  • BIGLOBEモバイル:初期費用無料&18ヶ月割引(9/30まで)
  • LINEモバイル:月額料金が5ヶ月半額&5000円分LINEポイント(終了未定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。