格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホって実際にどう?8つの視点で完全調査

FRRETEL priori4

格安スマホに乗り換えたいけどなかなか踏み切れない・・。本当に格安スマホにしてもいいのだろうか?

今回は格安スマホのデメリットに焦点を当てて、格安スマホに乗り換えたユーザーの生の口コミから本当の満足度を調査してみます。

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら


1.調査項目について

格安スマホは本当に大丈夫なのだろうか?

そんな心配症なあなたのために、格安スマホの「実際」について、以下の8項目を完全調査してみました!

  1. 通信速度
  2. 通信エリア
  3. 通話品質
  4. メール
  5. SIMフリー端末の性能
  6. 初期設定
  7. 月額料金
  8. データ通信量

8項目のうち、

  • 通信速度
  • 通話品質
  • SIMフリー端末の性能
  • 月額料金

の4項目については格安スマホユーザー6人の方にアンケート調査のご協力を頂きました!

※アンケートは株式会社クラウドワークスにて2017年6月に実施。au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリアから格安スマホに乗り換えた6人をインタビューしています。

その他の項目は管理人の体験談と一般ユーザーの口コミを元にまとめています。ちなみに、管理人は、契約している格安スマホ会社:楽天モバイル、使用している機種:富士通arrowsM03です。それでは、実際の使い心地なども含めてレポートしていきます!

2.通信速度

大手キャリアと比較して格安スマホの通信速度は実際どうなのか?ベストエフォートの理論値ではなく、実測値を元にした通信速度を見ていきましょう。

2-1.アンケート調査 実際の通信速度は?

さて、通信速度の一般的な理論が分かったところで、実際の使い心地はどうなのでしょうか?

通信速度の計測ですが、計測アプリによる差を無くすために、全員「スピードテストアプリ」にて計測してもらいました。アンケート結果は以下の通りです。

N.Eさん

  • 使用機種:HUAWEI Honor8
  • 契約している会社:マイネオ Dプランデュアルタイプ(5GB)
  • 通信速度:ダウンロード23.85Mbps、アップロード14.80Mbps、PING 138ms

コメント:昼頃にたまに速度が遅くなるときがありますが、それ以外では全く問題がないです。

計測場所:千葉県柏市柏駅 、計測時間:11時38分

スピードテストの測定結果

K.Rさん

  • 使用機種:Y!mobile 502SH
  • 契約している会社・プラン:Y!mobile 2GBプラン
  • 通信速度:ダウンロード39.24Mbps、アップロード39.97Mbps、PING:15ms

コメント:回線が混みやすい22:15に自宅で計測しました。

W.Sさん

  • 使用機種:FRRETEL priori4
  • 契約している会社・プラン:FRRETEL コミュニケーションフリープラン
  • 通信速度:ダウンロード9.20Mbps、アップロード7.39Mbps

コメント:速度は全く不満無しです。都内で14:52にスピード計測しました。

N.Hさん

  • 使用機種:Y!mobile端末
  • 契約している会社・プラン:Y!mobile スマホプランM
  • 通信速度:ダウンロード33.94Mbps、アップロード24.97Mbps、PING 9ms

コメント:自宅のダイニングで計測しました。時間は15:14です。

S.Kさん

  • 使用機種:ASUS Zenfone2
  • 契約している会社・プラン:IIJmioライトスタートプラン
  • 通信速度:ダウンロード26.08Mbps、アップロード7.19Mbps、ping18ms

コメント:午後10時頃に自宅で計測しました。使い心地は特に遅いと感じませんでした。

Y.Aさん

  • 使用機種:fujitsu M02
  • 契約している会社・プラン:楽天モバイル 5GBプラン
  • 通信速度:ダウンロード12.59Mbps、アップロード5.60Mbps

コメント:自宅にて13:53に計測しました。

2-2.アンケート結果から分かること

通信速度に関しては、6人全員がおおむね満足しているという結果となりました。特にau回線を使用しているマイネオと格安スマホながらキャリア扱いのY!mobileは非常に速い速度です。

それ以外の回線については、10Mbps前後が平均的でした。住んでいる地域に左右されるためタントも言えませんが、ドコモ系の回線でも5~10Mbpsは期待できそうです。

通常画質のYoutubeを見るためには5Mbpsが必要ですが、ドコモ系の格安スマホユーザーでもこの基準はクリアしています。

ただし、混雑時には1Mbpsまで通信速度が落ちる格安スマホ。今回の結果では極端なスピード低下は見られませんでしたが、正午に計測したらやはりドコモ系のMVNOは10Mbpsを余裕で切っていました。通信速度を重視するなら少数派のau系回線と契約した方がいいかもしれません。

au系回線のMVNO

2-3.格安スマホの多くはドコモ回線を使用

格安スマホは自社で通信設備や基地局を持たず、大手キャリアから通信回線を借り受けてサービスを提供しています。大手キャリアから通信回線を借りている事業者をMVNOと呼びます。現在、MVNOのほとんどがNTTドコモから回線を借りたドコモ系MVNOとして展開されています。

ドコモ系のMVNOが多い理由は、ドコモからインフラを借り受ける際のコストが安いからです。CMやネット広告でよく目にする楽天モバイルやLINEモバイルなどもドコモ系の格安スマホです。

ドコモ回線は通信速度が遅い傾向

ドコモの回線網を使ったドコモ系MVNOは、通信速度が出にくいと言われています。これは、MVNOのほとんどがドコモの通信回線を分割して借り受けているため、一社あたりで使える帯域に制限があるためです。

大きい部屋でパーテーションを組んで、友達とルームシェアする場合、シェアする友達数が多くなればなるほど部屋が狭くなるのと一緒です。MVNO事業者の中には、ドコモの回線ではなく、auの回線を使用している通信事業者もあります。

mineoやUQモバイルなどが代表的なau系MVNOですが、ドコモ系に比べるとはるかに事業者の数が少ないので、通信速度が安定しています。

通信速度が遅くなる時間帯

特に通信速度が遅くなる時間は、スマホを使う人が集中する平日の12:00〜13:00前後のお昼時と夜の21:00〜0:00前後の時間帯です。いつもは通信速度が20Mbps前後出るのに、スマホ利用者が集中する時間帯は1Mbps程度しか出ないこともあります。

安スマホは大手キャリアの回線を借り受けているため、大手キャリアと比べると使える帯域が制限されて通信速度が不安定になります。ドコモ系かau系かによって安定度に違いはありますが、通信速度は多少遅くなる可能性があることに注意しましょう。​

3.通信エリア

格安スマホは安定してネットが繋がるのでしょうか?格安スマホにすると格安ゆえに通信エリアが狭くなってしまう・・と考えてしまいますが、そんなことはありません。大手キャリアと同じ通信回線を使っているため、通信エリア自体は人口カバー率99%の大手キャリアと全く変わりません。

ドコモ系MVNOだったらドコモのXiとFOMAエリア、au系のMVNOだったらauの4G LTEエリアを基本的に使います。よほどへんぴな場所でない限り、大手キャリアと同じくどこでも繋がるので安心して下さい。

たまに、ユーザーの口コミで通信状況が悪い口コミを見ますが、通信エリアとは別の問題が発生している可能性が高いです。

格安スマホの通信エリアについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にして下さい。

4.通話品質

格安スマホの通話品質はどうなのでしょうか?ちゃんと途切れずに通話ができるのか?見ていきましょう。

4-1.アンケート調査 実際の通話品質は?

通話品質に対するアンケート結果を以下にまとめました。

N.Eさん

  • 使用機種:HUAWEI Honor8
  • 契約している会社:マイネオ Dプランデュアルタイプ(5GB)
  • 通話品質:キャリアと契約していた時と変わらないぐらいの品質で満足

K.Rさん

  • 使用機種:Y!mobile 502SH
  • 契約している会社・プラン:Y!mobile 2GBプラン
  • 通話品質:以前使用していたのと、あまり変わりはない。

W.Sさん

  • 使用機種:FRRETEL priori4
  • 契約している会社・プラン:FRRETEL コミュニケーションフリープラン
  • 通話品質:格安スマホとしては想像していたよりも高品質です

N.Hさん

  • 使用機種:Y!mobile端末
  • 契約している会社・プラン:Y!mobile スマホプランM
  • 通話品質:郊外の田舎(近くに山があります)に住んでおりますが、現在の処、まったく問題ありません。以前使っていたauとも遜色ありません。

S.Kさん

  • 使用機種:ASUS Zenfone2
  • 契約している会社・プラン:IIJmioライトスタートプラン
  • 通話品質:ノイズが入ることもなく快適です

Y.Aさん

  • 使用機種:fujitsu M02
  • 契約している会社・プラン:楽天モバイル 5GBプラン
  • 通話品質:NTTdocomoの回線を利用しているので問題なし

4-2.アンケート結果からわかること

格安スマホの通話品質は全員が問題なしの回答でした。格安スマホは3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の回線をレンタルして使っているので、通信・通話に関する品質は理論上落ちることはありません。

※ただし、格安スマホ会社は使用できる回線の帯域幅が決まっているため、通信速度については低下します

特に通話が途切れることもないですし、田舎でもしっかりと通話できます。通話品質に関しては何も心配する必要は無いでしょう。

4-3.理論上、通話品質に問題はない

格安スマホの通話品質については、大手キャリアの通話品質と基本的に全く変わりはないです。やはり、大手キャリアと同じ通信回線を使用しているため、特に問題はありません。

格安スマホという理由で、通話が途切れやすかったりノイズが入りやすいということはなく、通話品質はクリアで安定しています。ユーザーの口コミも見てみましょう。

5.メール

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアから格安スマホに乗り換えた場合、@docomoなどのキャリアメールは使えなくなります。格安スマホでEメールを使う場合には、GmailやYahoo!メールなどの無料で取得できるフリーメールを基本的に使います。

MVNOによってはメールアドレスを付与してくれますが、付与されたアドレスもフリーメール扱いとなります。

Gmaikなどのフリーメールのアカウント取得は難しくありません。しかし、ご年配の方でガラケーから初めてのスマホに乗り換えた方には、少しハードルが高いと感じるかもしれません。さらにキャリアメールでないと登録できないポイントサービスやアプリもあります。

メッセージのやり取りは主にLINEなどの無料アプリを使っている人は、大きな不便さは感じないでしょうが、やはりキャリアメールでないと登録できないサービスが使えなくなるのは格安スマホのデメリットでしょう。

6.SIMフリー端末の性能

格安スマホ本体の性能はいったいどうなのでしょうか。一部例外はありますが、基本的に格安スマホに乗り換える場合はSIMフリー端末を使うので、ここではSIMフリー端末の性能を見ていきましょう。

6-1.アンケート調査 SIMフリー端末の使い心地は?

N.Eさん

HUAWEI Honor8

使用機種:HUAWEI Honor8

使ってみた感想:メモリが多く、アプリを開いてもサクサク動くのでとても良い。この性能で4万円前後の価格で買えたのはお買い得だった。

K.Rさん

ワイモバイル 502SH

使用機種:Y!mobile 502SH

使ってみた感想:3大キャリアと変わりなく使えている。

W.Sさん

FRRETEL priori4

使用機種:FRRETEL priori4

使ってみた感想:大きな動きのある動作に物足りなさがありますが、特に問題ではありません

N.Hさん

Y!mobile

使用機種:Y!mobile端末

使ってみた感想:スマホの機種のカメラの性能がいまいち…以前はiPhoneを使っていたのですが、現在はアンドロイドワンというのを使っていますが、たまに画面がバグったりします。

S.Kさん

ASUS Zenfone2

使用機種:ASUS Zenfone2

使ってみた感想:常駐アプリが起動していると少し動作が遅い気がしますが、それほど気になりません

Y.Aさん

fujitsu M02

使用機種:fujitsu M02

使ってみた感想:日本のメーカーfujitsuなので問題ない

6-2.アンケート結果から分かること

SIMフリー端末の性能については、おおむね満足だけどやや物足りなさもある、という結果でした。SIMフリー端末の性能は、購入する機種の価格帯によって大きく異なります。

1万台のローエンド機種だと、普通に使う分には問題ありませんが、スペック面ではやはり見劣りします。具体的には、iphoneやXperiaのようなサクサク感だったりカメラ性能は見込めません。3万円台のミドルエンド以上なら、キャリアのスマホと使用感に差はありません。

使い心地については、SIMフリー端末に対してどのレベルを求めるかによって大きく変わるので何とも言えないのが実際のところです。決して格安スマホだから、安かろう悪かろうの端末というわけではありません。

ちなみに、管理人が使用している、富士通のarrowsM03は19800円で購入しましたが、使い心地は大変満足していますよ。

6-3.多彩なラインナップのSIMフリー端末

SIMフリー端末はキャリアのスマホラインナップと同じく、低スペックのローエンド機種から高機能なハイエンド機種までさまざまな種類があります。SNSやネット検索がメインなら、1〜2万円前後のローエンド機種で十分。

高度なグラフィック処理を必要とする3ゲームを楽しみたいならハイエンド機種がおすすめです。

SIMフリー端末の場合は、大手キャリアよりも多くの選択肢からお気に入りの端末を選ぶことができます。SIMフリー端末という言葉が聞きなれない初心者は、格安SIMを新規契約する際にSIMフリー端末もセットで購入するといいですよ。

7.初期設定

最初から初期設定済みの大手キャリアと違い格安スマホは自分で初期設定を行います。

結論から言うと、格安スマホの初期設定は実に簡単です。初期設定の内容は

  1. 今使っているSIMカードを新しいスマホに差し替えること
  2. APN設定と呼ばれるインターネット接続設定

を行います。

APN(Access Point Name)設定とは、インターネットに接続するための設定です。どの通信事業者にネット接続するかを入力する必要があります。

手順としては格安スマホを契約した際に送られてくる入力情報を使用する端末の設定画面から入力するだけです。詳しくはSIMカードとともに送られてくる書類に記載されています。

口コミの調査からも、初心者でもつまづくことはほとんどありません。万が一分からなければ、サポートに電話すれば問題ありませんよ。

8.月額料金

格安スマホに乗り換える最も大きな理由は月額料金の安さではないでしょうか?

実際にどれくらい安くなるのか?格安スマホユーザーの口コミも一緒に見ていきましょう。

8-1.アンケート調査 どれくらい月額料金が安くなった?

N.Eさん

契約している会社:マイネオ Dプランデュアルタイプ(5GB)

以前はauと契約していて月に8000円の料金だったが、今では必要なオプションをつけて3800円だけですむので比較すると約4200円も安くなった。

K.Rさん

契約している会社・プラン:Y!mobile 2GBプラン

以前はドコモに契約しており12000円、現在は4000円程度。

W.Sさん

契約している会社・プラン:FRRETEL コミュニケーションフリープラン

ソフトバンク契約時より約2000円安くなりました。

N.Hさん

契約している会社・プラン:Y!mobile スマホプランM

以前auのiPhoneを利用していたのですが、当時は4980円位だったかと思います。電話が使い放題ではなかったため、電話の回数で料金のばらつきがあります。ですが、現在は1980円(二年間1000円割り適応中)ですので料金は大変安くなりました。

S.Kさん

契約している会社・プラン:IIJmioライトスタートプラン

auから移動してきました。以前は月額8000円程度していたのですが、格安SIMにしてから5000円ぐらいやすくなりました。

Y.Aさん

契約している会社・プラン:楽天モバイル 5GBプラン

docomoの利用料金に比べ大体半額になった

8-2.アンケート結果から分かること

さすがに月額料金は格安スマホ最大の魅力というだけ合って、皆さん凄まじい結果となりました。最も大きな値下がり率なのがK.Rさんで、ドコモ時代に12000円だったのが、現在は4000円となり8000円の節約に成功しています。

月額料金で最も低かったのは、N.Hさんの1980円でした。ただし1980円は突出した金額で、格安スマホの平均的な月額料金は大体4000円前後となります。3大キャリアの月額料金(8000円前後)と比べると、約半額となり4000円以上の節約が可能です。

どこまで節約できるかはスマホの使い方によって変わります。例えば、通話メインの方は格安スマホに変えてもあまり安くなりません。実際に通話の機会が多いW.Sさんの、格安スマホ乗り換え後の値下がり金額は2000円でした。

月額料金をどこまで安く出来るかは、スマホの使い方によって変わりますが大体4000円前後の節約が平均的な相場だと考えておきましょう。

8-3.キャリアの月額料金と比較

格安スマホの月額料金はキャリアと比べてどれくらい安くなるのか。ドコモの料金プランと最も契約数の多いMVNOである楽天モバイルの料金プランを比較してみましょう。

平均的なドコモの料金プランは、

  1. かけ放題プラン:月額2,700円
  2. プロバイダ接続料(spモード):月額300円
  3. データ通信量2GBまで:月額3,500円

を全部合わせて毎月6,500円前後です。

これに対して楽天モバイルでは、

  1. 5分かけ放題プラン:月額850円
  2. データ通信量 3.1GB:月額1,600円

をあわせて2450円です。時間制限のないかけ放題月額2350円を利用しても楽天モバイルの方が安いです。しかも使えるデータ通信量も多い・・。

  • キャリアの月額料金例 6500円
  • 格安スマホの月額料金例 2450円

使い方にもよりますが、格安スマホに乗り換えると半額以下の月額料金が実現できます。

データ通信専用SIMも大きな価格差がある

格安スマホは通話ができる音声通話SIM以外にも、タブレットやSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターのような音声通話機能がない端末に使えるデータ通信専用のSIMカードがあります。データ専用SIMの場合でも、大手キャリアと月額料金の差は歴然。

SIMフリー端末にデータ通信専用のSIMカードを使う場合、ドコモでは2GBのパケットパック(月額3,500円)とspモード(月額,300円)が必要となり、最低でも約4,000円前後の費用がかかります。一方楽天モバイルののSIMカードは、3.1GBのデータパックで月額900円だけで利用できます。

通話料金は格安スマホの方が高い

大手キャリアの通話料金といえば、家族間無料通話付きの24時間定額「かけ放題」が一般的です。

しかし、格安スマホでは、通話定額の料金プランが少ないのが現状です。さらに格安スマホの通話料は、30秒あたり20円程度と比較的高い金額設定となっています。そのため、1ヶ月あたりの通話時間によっては、格安スマホにしたのに月額料金が高くなってしまうケースがあります。

例えば、1ヶ月で60分(1日あたり2分)通話をするとなると、通話料だけで2,400円となってしまいます。

大手キャリアの通話定額の料金が各社2,700円であることを考えると、格安スマホで月間で60分以上(正確には67分30秒以上)通話すると、大手キャリアの通話定額の料金より高額になるので注意が必要です。

MVNO(格安スマホ提供会社)のかけ放題プラン

もちろん、格安スマホを提供するMVNOにもかけ放題プランがあります。ただし、ほとんどのプランが5分以内ならかけ放題といった制限付きのものです。

格安スマホを使うなら、なるべく「LINE」や「Skype」なの無料通話アプリを使って通話料金を抑えたいところです。

9.データ通信量

データ通信量は、キャリアも格安スマホも上限を超えると通信速度が128kbpsに制限されます。通信制限のかかった128kbpsでは、LINEやSNSなど消費データ量が少ないアプリは問題ありませんが、動画視聴やオンラインゲームは厳しいです。

データ通信量を使い切った場合、追加料金を支払えばデータ容量を買い増すことができます。ただし、格安スマホのデータ通信量追加料金は割高となるので注意しましょう。

例えば、ドコモでは1,000円を支払えば、1GBのデータ容量を追加購入できます。それに対して、例えば楽天モバイルでは、100MBあたり300円かかるため、同じ1GBのデータ容量を追加で購入しようとすると、3,000円もの金額となってしまいます。

格安スマホを購入する際には、毎月1〜2GB程度しか使わない方でも余裕を持って3〜5GBのプランを選んだ方が安心でしょう。使わずに余ってしまったデータ容量も翌月に繰越できます。

10.まとめ


格安スマホのデメリットに着目しながら実際はどうなのか?

リアルな口コミを紹介してきました。実際に格安スマホを使ってみた結果は以下の通りです。

■問題なし

  • 通信エリア
  • 通話品質
  • 初期設定
  • 月額料金

■一部問題あり

  • 通信速度(キャリアと比べて不安定)
  • メール(キャリアメールが使えないので不便)
  • SIMフリー端末の性能(ローエンド端末は性能が物足りない)
  • データ通信量(追加料金が高い)

格安スマホは月額料金を大幅に下げることが可能です。しかし、実際に使ってみると今まで感じなかったデメリットも見つかります。

この記事を参考に、本当に格安スマホにしても大丈夫か?よく考えてから乗り換えましょう!

【全900社以上のTOP6】

今選ばれている格安SIM

LINEモバイル
LINEモバイル

[4.9pt/5.0]
LINE・SNS使い放題の最強格安SIM
詳細はこちら
UQモバイル
uqモバイルのロゴ

[4.8pt/5.0]
屈指の通信速度とauブランドの実力
詳細はこちら
mineo
mineoのロゴ


[4.6pt/5.0]

トリプルキャリア対応の利便性
詳細はこちら
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ

[4.4pt/5.0]
楽天会員ならポイントアップ
詳細はこちら
Y!mobile
ymobile

[4.4pt/5.0]
無制限かけ放題&通信速度No.1
詳細はこちら
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルのロゴ

[4.2pt/5.0]
月額2000円で動画見放題OK
詳細はこちら
あわせて読みたい
壊れたスマホ 格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホの寿命サインと変え時の目安

2017.5.11
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
格安スマホと言うくらいだから、寿命はあまり長持ちしないのでは・・・ と心配していませんか? 今回は、格安スマホに乗り換える前に知っておきたい「格安スマホの寿命」について …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。