大手キャリアの乗り換え

MNPで一括0円を利用する方法【高額キャッシュバック】

mnpで一括0円

MNPで携帯会社を乗り換えるときに利用したいのが一括0円です。一括0円なら端末代金が無料となります。3~8万円の端末代金がそのままキャッシュバックされるため、インパクトは非常に強いです。

あまりにも強力な一括0円ですが、最近はめっきりとキャンペーンの声を聞かなくなりました。家電量販店やキャリアショップを中心に、一括0円の旗が上がっていた頃が懐かしいですが、現在でも利用できるのでしょうか?

この記事では、電話番号をそのままで乗り換えるMNPにて一括0円はいまだに利用できるのか詳しく調べてみました。ぜひ、参考にして下さいね。

1.MNPで一括0円は利用できる?

MNPの一括0円キャッシュバックはもう無くなってしまったのか?それともどこかで利用できるのか?詳しく調査してみました。

1-1.一括0円・実質0円は総務省が禁止に

現在、MNPに限らず一括0円、実質0円のキャンペーンは総務省からのお達しで禁止されています。

※実質0円は端末代金を購入サポートで相殺するもの。一括0円は最初から端末代金が無料なので購入サポートは相殺ではなく純粋な値引きになる。

一括0円、実質0円の禁止施策が始まったのは2016年です。「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針(総務省より)」にて端末購入補助の適正化の項目で事実上、一括0円の禁止が決まりました。その他、SIMロック解除の義務化を指定したのもこの頃です。

また、2018年に入ってからも「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会報告書の公表(総務省より)」にて、改めて一括0円など過度なキャンペーンに対する規制を厳しくすることが発表されました。その結果、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)のキャリアショップはもちろん、家電量販店でも一括0円や実質0円のキャンペーンが禁止に。

大々的なキャンペーンを打てないことで廃業に追い込まれた販売代理店もあったそうです。

1-2.実はソフトバンクの販売代理店に一括0円キャッシュバックがある

かなり淘汰された感のあるMNPの一括0円キャンペーン。しかし、オンラインで利用できるソフトバンクの販売代理店に、一括0円が生き残っています。現状、唯一の生き残りといってもいいかもしれません。一括0円の利用方法ですが、販売代理店を経由してソフトバンクに契約するだけ。

非常に単純です。契約は店舗型ではないため、オンラインから申し込みます。対面契約はできませんが、地方の方や近くに携帯ショップが無い方でも利用できるので便利です。東京や大阪だけが優遇されているといったこともありません。

機種の下取りなどを条件に、未だにグレーな手法で一括0円を実施している店舗がありますが、いつか無くなることは目に見えています。オンライン契約なら、一括0円がまだ禁止されていないため、堂々と利用することができるのです。

1-3.仕組みは端末代金がキャッシュバックで返ってくる

ソフトバンクの販売代理店で利用できる一括0円。その仕組は、端末代金が指定口座にキャッシュバックされるというものです。

キャンペーン例

  • Xperia XZ1:一括0円(キャッシュバック35,000円)
  • DIGNO J:一括0円(キャッシュバック25,000円)
  • HUAWEI nova lite 2:一括0円(キャッシュバック20,000円)

上記のキャンペーンは実際に行われていた例です。キャンペーンの対象機種を購入すると、端末代金がキャッシュバックで返ってきます。つまり、無料で端末を入手したことになるのです。キャッシュバックのスピードは代理店によって異なりますが、およそ2ヶ月後に指定口座へ振り込まれます。

最新iPhoneが大幅値引きされることも

8~12万円と高額な最新iPhoneで一括0円は流石に見たことがないです。ただし、4~5万円の大幅割引は普通にあります。

■実際のキャンペーン

  • iPhone8(64G): 45,000円キャッシュバック(おとくケータイ.netより)

販売代理店を通すだけで4~5万円も得をするので、見逃すわけにはいきません。一括0円でなくても、絶対に利用したいところです。

1-4.現在、ソフトバンクユーザーの方は格安SIMの利用も考えよう

一括0円は、これからソフトバンクに乗り換える方は利用できますが、現在ソフトバンクと既に契約している方は利用できません。ソフトバンクユーザーは安くスマホを使うのは諦めるしか無い・・と考えるのはまだ早いです。提案として、近年話題になっている、格安SIMを利用してみるのはどうでしょうか。

ソフトバンクが恋しい方は、子会社のY!mobile(ワイモバイル)を利用するといいでしょう。利用料金が安いだけでなく、本家ソフトバンクを超えるほどの通信速度を誇ります。Y!mobile以外だと、ソフトバンク回線が利用できるmineoとLINEモバイルが乗り換え先の有力な候補です。この2社は、ユニークなサービスで、特に若者人気が高い格安SIMです。

その他、ドコモ系の格安SIMなら楽天モバイル、au系の格安SIMならUQモバイルが有名です。機種を変えたくない方は、ソフトバンク端末をSIMロック解除してSIMカードのみ入れ替えることもできますよ。格安SIMに興味がある方は、「おすすめの格安SIM比較」の記事から、気になる通信事業者を見つけてみて下さいね。

2.MNPの一括0円が利用できる優良な販売代理店3選

ここでは、MNPで一括0円が利用できる、優良な販売代理店をご紹介していきます。念を押しておきますが、法律に触れている(過去に触れたことがある)店舗は含まれていません。なお、利用できるのは、すべてソフトバンクへのMNPのみです。ドコモ・au・格安スマホ(MVNO)へのMNPでは利用できないので注意して下さい。

※販売代理店を経由した契約でも、ソフトバンクの公式キャンペーンは併用して利用できます

(1)【おすすめ】おとくケータイ.net

■オンライン契約のみ

実績、評判の両方からダントツにおすすめできるのが、おとくケータイ.netです。キャンペーンの内容を確かめてから契約できるシステムで、スタッフの対応が抜群にいいです。お問い合わせのあと数分で連絡が来ることも。また、2chやSNSでも悪評がまったく見つかりません。30万件を超える契約実績も他にはないので安心できます。

おとくケータイ.netを利用するには、オンラインからお問い合わせを行います。新規契約よりもMNPのキャンペーン・キャッシュバックがかなり充実しています。Xperiaなど人気機種も一括0円の対象となっている場合があるため、詳しいキャンペーン内容を確認してみましょう。最新iPhoneが欲しい方も、安く購入できないか相談してみるといいですよ。

あわせて読みたい
おとくケータイ.net
おとくケータイ.netの評判とキャンペーンを受け取る方法ソフトバンクに乗り換えると、高額キャッシュバックなど豪華なキャンペーンが貰える「おとくケータイ.net」。一体、どのようなサービスなので...

(2)スマホのりかえ市場

■オンライン契約のみ

スマホのりかえ市場はおとくケータイ.netと同じ会社が運営する、新しい販売代理店です。執筆時点では、口コミを投稿するだけで3万円のキャッシュバックを行っていて、かなりお得となっています。おとくケータイ.netとの違いですが、ずばりスタッフとのやり取りが不要な点です。

おとくケータイ.netは電話かメールでスタッフと相談しながら、契約内容が決まっていきます。最良のサービスを教えてくれたり、交渉次第では思わぬ割引特典を掲示してくれたりしますが、スタッフとのやり取りが面倒な方もいるでしょう。

そんなときは、スマホのりかえ市場を利用すれば面倒な連絡は不要で簡単に契約できます。今すぐMNPしたい方にも向いているでしょう。注意点として、iPhoneは表記の許可がまだ降りていないため、「話題のスマホX(iPhone Xのこと)」などと表記されています。表記だけ見ると怪しいのですが、こちら正規のiPhone なので安心して下さいね。

(3)ケータイ乗り換え.com

■オンライン契約・店舗契約の選択可能

ケータイ乗り換え.comはオンライン契約だけでなく店舗契約にも対応しています。ただし、利用できる店舗は東京(池袋)・大阪(難波、梅田)・京都・福岡・名古屋の6店舗のみ。ほとんどの方はオンライン契約を選択します。MNPを対象とした大幅割引や一括0円を利用できるケータイ乗り換え.com。

しかし、ホームページの充実度がやや低いのと、たまに悪い評判を見かけるのが気になります。ケータイ乗り換え.comの利用が向いているのは、どうしても店舗契約したい方です。対面でないと安心できない方は、ケータイ乗り換え.comを選ぶといいでしょう。なお、店舗契約の場合は、機種変更時のデータ移行も代行してくれます。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、MNPで一括0円を利用する方法について詳しく解説してきました。現在、総務省の方針により一括0円のキャンペーン実施が難しくなっています。しかし、ソフトバンクの販売代理店では、まだ一括0円の利用が可能です。

単純に、ソフトバンクショップで契約するだけでは絶対に利用できないので、上手く活用したいところです。販売代理店を通すだけで、現金にてキャッシュバックしてくれますよ。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。