格安SIMとは

iPhone8/8Plusを格安SIMで使う方法とおすすめのMVNO

格安SIM iPhone8

iPhone 8はAppleの大人気スマホ「iPhoneシリーズ」の最新モデルです。iPhone 8は大手キャリアと契約することで利用できますが、実は格安SIMに乗り換えて使うこともできます。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えてもApple Payやアプリのアカウントは引き継げるので、iPhone8の機能自体は変わりません。格安SIMに乗り換えることで、毎月のスマホ代を抑えつつ、最新のiPhoneを使うことが可能になります。今回はiPhone 8/8 Plusを格安SIMで使う方法を解説します。

1.iPhone8/8Plusを格安SIMで使う方法

iPhone 8/8 Plusを格安SIMで使うためには、まずiPhone 8/8 Plusの準備を行い、それから格安SIMを申し込みます。具体的な確認事項と手順を見ていきましょう。

1-1.SIMフリー版なら確実に乗り換え可能

国内で購入できるiPhoneのうち、SIMフリー版のiPhoneなら確実に格安SIMに乗り換えられます。SIMロックはかかっていませんし、iPhoneは国内3キャリアすべてのバンドおよびVoLTEにしっかり対応しています。ドコモ、au、ソフトバンクのいずれの回線を利用する格安SIMでも問題なく利用可能です。

SIMフリー版のiPhone 8/8 Plusはアップルストアから購入できます。格安SIMでのセット販売はiPhone SEや6sといった旧機種に限られており、iPhone 8/8 Plusのセット販売をしている格安SIMはありません。これからiPhone 8/8 Plusを購入して格安SIMを使うという場合はアップルストアから購入するようにしましょう。

1-2.キャリア版はSIMロック解除の必要性を確認

現在キャリア版のiPhone 8/8 Plusを使っている場合、同じキャリアの回線を利用する格安SIMであればそのままSIMカードを挿すだけで使えます。ただし、別のキャリアの回線を利用する格安SIMを使いたい場合はSIMロック解除が必要です。

iPhone 8/8 Plus SIMロック解除の要・不要
ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
ドコモ版 不要 必要 必要
au版 必要 不要 必要
ソフトバンク版 必要 必要 不要

例えば、現在ドコモ版のiPhone 8を使っているとします。

この場合、

  • ドコモ回線の格安SIMで使う:SIMロック解除は不要
  • auおよびソフトバンク回線の格安SIMで使う:SIMロック解除が必要

となります。また、キャリアのiPhoneを格安SIMで使う場合は公式で動作確認がしっかりされているかどうかも確認しておきましょう。動作確認されているかどうかは、格安SIMのホームページからチェックできます。

あわせて読みたい
SIMロック解除とは?自分でできる解除方法と手続きに必要な全条件SIMロック解除って何・・・? 理解できそうでよく分からないSIMロック解除という言葉。また、意味だけでなくデメリットの有無や手続...

1-3.端末の準備ができたら申込み

iPhone 8の準備ができたら格安SIMに申し込みます。格安SIMに申し込む流れは以下の通りです。

  1. MNP予約番号の取得
  2. 格安SIMを申し込む
  3. SIMカードを受け取り、初期設定を行う

大手キャリアで使っていた電話番号を格安SIMに引き継ぐ場合は「MNP」の手続きをします。その際にMNP予約番号が必要になります。MNP予約番号は利用しているキャリアから取得できるので、申し込む前に取得しておきましょう。電話番号を引き継がない、もしくはデータ通信専用SIMに申し込む場合はMNP予約番号を取得する必要はありません。

格安SIMを申し込む際にはSIMカードサイズに気を付けましょう。SIMカードのサイズは標準、micro、nanoの3種類あります。iPhone 8のSIMカードサイズはnanoサイズなので、必ずnanoサイズのSIMカードを選びましょう。他のサイズを選ぶとiPhone 8で使うことができません。

基本的に格安SIMはインターネットから申し込み、SIMカードは郵送で届きます。申し込んでから実際にSIMカードが到着するまでは格安SIMや申し込む時期で異なります。申し込み完了から2,3日で届くこともありますし、逆に繁忙期だと2週間近くかかることもあるので、なるべく早めに申し込むのがおすすめです。

2.iPhone8/8Plusを格安SIMで使った際の料金イメージ

iPhone 8/8 Plusを格安SIMで利用する場合、大手キャリアと使う場合と比べてどれくらい安くなるのでしょうか?

ここでは大手キャリアでiPhone 8(64GB)を契約する場合と、アップルストアからSIMフリーのiPhone 8(64GB)を購入し、格安SIMの1つである「mineo」で利用する場合とで3年間の料金のシミュレーションを行いました。大手キャリアでは24回の分割払いでiPhone 8を購入するとします。

mineoではiPhone 8を一括購入するとし、その代金を初月の料金に含めています。なお、今回はiPhone 8で比較していますが、iPhone 8 Plusの場合でも本体価格が違うだけでプラン料金は同じなので結果はほぼ同じになると思ってください。

2-1.auから格安SIM

まずはauとmineoによる比較です。auは5分かけ放題がついている「スーパーカケホ」+データ定額3(3GB)を契約するとします。また、各種割引(auスマートバリューや下取り)は利用しないとします。mineoはau回線を利用するAプランの3GB+10分かけ放題オプションを契約するとします。

iPhone8の利用料金

au mineo
初月 6,696円 87,652円
2ヶ月目以降 7,836円 2,548円
13ヶ月目以降 7,836円 2,548円
2年総額 194,760円 148,804円
3年総額 275,112円 179,380円

3年間利用すると、auよりmineoのほうが約10万円安いのが分かります。mineoの場合はiPhone 8を一括購入するので、その代金を含む初月こそ高いですが、データ通信量が安いので2ヶ月目以降はauより圧倒的に安いです。auは端末代こそ安くなりますが、1ヶ月のプラン料金が高いため、結果的にはmineoよりも大幅に高くなってしまいます。

2-2.ドコモから格安SIM

続いてはドコモとmineoの比較です。ドコモは5分かけ放題がついたカケホーダイライトと、使ったデータ通信量に応じて料金が変わるベーシックパック ステップ2を契約し、毎月3GBまで使うとします。mineoはドコモ回線を利用するDプランの3GBと10分かけ放題オプションをセットで契約するとします。

iPhone8の利用料金

ドコモ mineo
初月 6,480円 87,750円
2ヶ月目以降 7,425円 2,646円
13ヶ月目以降 7,425円 2,646円
2年総額 184,680円 151,254円
3年総額 262,440円 183,006円

こちらも、mineoのほうが安いという結果になりました。2年間の総額では約3万円の差、3年間の総額では約8万円もの差があります。ドコモも、本体価格は945円×24回なのでSIMフリー版を購入するより安いです。しかし、月額料金はmineoのほうが圧倒的に安いので、3年間の総額では大きな差がついています。

2-3.ソフトバンクから格安SIM

最後にソフトバンクとの比較です。ソフトバンクは5分かけ放題がついたスマ放題ライトと、5GBのデータ通信が利用できるデータ定額を契約するとします。mineoは5GBのプランがないので、ドコモ回線を利用するDプランの6GBプランと10分かけ放題オプションをセットで契約するとします。

iPhone8の利用料金

ソフトバンク mineo
初月 7562円 88484円
2ヶ月目以降 8282円 3380円
13ヶ月目以降 8282円 3380円
2年総額 206330円 169604円
3年総額 297074円 210164円

ソフトバンクと比べてもmineoのほうが安いですね。ドコモと同様、2年総額では約3万円、3年総額では約8万円の差があります。それにもかかわらず、毎月のデータ通信量はmineoのほうが1GB多いです。

ソフトバンクも割引によって本体価格は720円×24回と非常に安くなっていますが、月額料金が2倍以上なので、3年総額でも大きな差が出ています。au、ドコモ、ソフトバンクのいずれと比較しても、3年間の総額はmineoのほうが安いという結果になりました。

最初に本体代がかかるため初月は高くなりますが、毎月のスマホ代はmineoのほうが安いので、トータルではmineoのほうが大手キャリアより大幅に安くなります。

3.iPhone8/8Plusにおすすめの格安SIM(MVNO)

iPhone 8/8 Plusを格安SIMで使えば大手キャリアよりもずっとお得であることが分かりました。あとは格安SIMを申し込むだけですが、格安SIMは種類がたくさんあってどこにすればよいか迷ってしまいますね。

ここではiPhone 8/8 Plusを利用する人におすすめの格安SIMを紹介します。

3-1.mineo

mineoのロゴ

mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムが手掛ける格安SIMです。ユーザーに寄り添った運営と、フリータンクやマイネ王といった他社にはないユニークなサービスで高い人気を誇ります。

とくにユーザー同士で交流ができるマイネ王は非常に活発で、実際にmineoやSIMフリースマホを利用しているユーザーと情報交換したり、疑問点を聞いたりすることができます。ときには公式に聞くよりもマイネ王で聞いたほうが早く解決することもあるくらいです。

通信速度が比較的速く、平日の昼間以外は快適にiPhone 8を使えます。平日の昼間はどうしても速度が落ちますが、これは他の格安SIMも同様です。mineoにはau回線のAプランとドコモ回線のDプランの2種類があります。

Aプランでau版のiPhone 8のみ、Dプランではドコモ版のiPhone 8のみ動作確認がされているので、自分の端末に合った回線を選ぶようにしましょう。ただし、AプランだとiPhoneでテザリングができない点には要注意です。

なお、ソフトバンク版についてはAプラン・Dプランともに動作確認がされているので、SIMロック解除をすれば問題なく使えます。

※現在はソフトバンク回線の提供がスタートしています

mineoの詳細はこちら

3-2.LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはメッセージアプリ「LINE」の格安SIMです。特定のサービスが使い放題になるカウントフリーをいち早く導入したことで知られています。カウントフリーにより、すべてのプランでLINEが使い放題です。

さらにコミュニケーションフリープランではTwitter、Instagram、Facebookの3つのSNSが、MUSIC+プランでは3つのSNSとLINE MUSICがカウントフリー対象に加わります。月額料金は他社の同容量プランより高いですが、カウントフリー対象のサービスをメインに使うという人ならお得です。

LINEモバイルはドコモ回線の格安SIMなので、ドコモ版のiPhone 8ならそのまま使えます。au版・ソフトバンク版もSIMロック解除すれば利用できる可能性は高いですが、動作確認はされていないのであくまでも自己責任となります。

※現在はソフトバンク回線の提供がスタートしています

LINEモバイルの詳細はこちら

3-3.BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

BIGLOBEモバイルはインターネットプロバイダとしても知られるBIGLOBEの格安SIMです。対象の動画・音楽サービスがデータ通信量を消費しなくなる「エンタメフリー・オプション」が最大の特徴です。音声通話SIMなら+480円/月、データ通信専用SIMなら+980円/月で、以下のサービスが使い放題になります。

  • YouTube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

主要なサービスを一通りカバーしており、幅広い人が使えそうですね。エンタメフリー・オプションを使えばデータ通信量を気にせず動画や音楽を楽しめるだけでなく、通常よりも低容量なプランを契約できるので、毎月のスマホ代を大幅に節約できます。

BIGLOBEモバイルにもmineoと同じくau回線のタイプAとドコモ回線のタイプDの2種類があります。タイプAではau版のiPhone 8のみ、タイプDではドコモ版のiPhone 8のみ動作確認がされているので、自分の端末に合った回線を選びましょう。

ソフトバンク版についてはタイプA・タイプDともに動作確認がされているので、SIMロック解除をすれば問題なく使えます。mineoと同じく、BIGLOBEモバイルもAプランだとiPhoneでテザリングができないので気を付けましょう。

BIGLOBEモバイルの詳細はこちら

3-4.Y!mobile

ymobile

Y!mobileは大手キャリアであるソフトバンクのサブブランドです。他の格安SIMと違って自社でも回線を保有しており、通信速度が大手キャリア並みに速く安定しています。通信速度だけでなく、サービス内容も大手キャリア顔負けの充実ぶりです。

すべてのプランで10分かけ放題が標準でついていますし、有料オプション「スーパーだれとでも定額」を使えば回数・時間ともに無制限で通話ができます。その他にもキャリアメールやキャリア決済など、本来なら大手キャリアでしか利用できないサービスが利用可能です。

スマホ代を節約したいけど、大手キャリアと同じ使い勝手を求める人におすすめです。Y!mobileではドコモ版、au版、ソフトバンク版、SIMフリー版のすべてのiPhone 8の動作確認が済んでおり、安心して使えます。

ただし、キャリア版のiPhone 8/8 Plusを使う場合はいずれもSIMロック解除が必要です。ソフトバンクのサブブランドですが、ソフトバンク版のiPhone 8/8 Plusで使う場合もSIMロック解除が必須なので気を付けましょう。

Y!mobileの詳細はこちら

3-5.楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ

楽天グループの格安SIMです。楽天スーパーポイントに対応しており、毎月の利用料に応じてポイントが貯まります。逆に、貯まったポイントで利用料を支払うことも可能です。楽天モバイルでは音声通話SIMと5分かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」というプランが利用できます。

スーパーホーダイは料金とデータ通信量がY!mobileのプランと全く同じですが、データ通信量を使い切った後でも最大1Mbpsの速度で使い放題という特徴があります。1Mbpsの速度は高速通信時よりは遅いですが、SNSやLINEなら快適ですし、画質を抑えれば動画視聴も可能です。

データ通信をたくさん利用したいという人には楽天モバイルのスーパーホーダイがおすすめです。楽天モバイルはドコモ回線を利用しており、ドコモ版のiPhone 8であればSIMカードを挿しかえるだけで使えます。また、au版およびソフトバンク版のiPhone 8もSIMロック解除をすることで使えます。

楽天モバイルの詳細はこちら

4.まとめ

今回は格安SIMでiPhone 8 / 8 Plusを使う方法を解説しました。SIMフリー版のiPhone 8/8 Plusなら回線の種類を気にすることなく、どの格安SIMでも利用できます。また、大手キャリアのiPhone 8/8 Plusでも同じキャリアの回線を利用している格安SIMならそのまま使えますし、他の回線でもSIMロック解除をすれば利用可能です。

大手キャリアは端末代が大幅に割引されますが、月々の通信料は高いです。一方、格安SIMの場合は毎月の通信料が非常に安いので、トータルすると格安SIMでiPhone 8を使うほうがスマホ代を節約できます。iPhone 8を安く利用したいという人は、ぜひ格安SIMを検討してみてください。

おすすめ記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。