格安スマホの最新キャンペーン
おすすめの格安SIM比較

【2019年】お得なポイントが毎月貰える格安SIM7選

ポイントが貰える格安sim

どうせならポイントが貯まる格安SIMを契約したい・・・

通信事業者によってポイントの有無や条件が異なる格安SIM。せっかくなら損したくないですよね。格安SIMでも、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のように、ポイントを獲得することは可能です。

この記事では、お得なポイントが貰える格安SIMをご紹介。ポイントの貰い方や有効期限についても詳しく考察していきます。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

1.格安SIMではどんなポイントが貰える?

ポイントが貰える格安SIMは以下の通りです。

格安SIM ポイント名 ポイント還元率
楽天モバイル 楽天スーパーポイント 1%
LINEモバイル LINEポイント 1%
BIGLOBE
モバイル
Gポイント 0.5~1%
DMMモバイル DMMポイント 10%
OCNモバイル
ONE
gooポイント 0.5~4%
TONEモバイル Tポイント 0.5%
U-mobile U-NEXTポイント 固定
600ポイント

付与されたポイントは、1ポイント=1円の価値で各種サービスにて使用できます。ただし、ポイントの交換先は格安SIMによってルールが変わるため、一概にポイント還元率が高ければ有利というわけではありません。例えば、U-mobileはポイント還元率に換算すると15%以上ですが、ポイントの使用範囲はU-NEXTサービスに限られます。

各社のポイント制度について詳しくは、次章から解説していきます。

※主要格安SIMのUQモバイル、mineo、Y!mobile、IIJmioではポイントの付与がありません


2.ポイントが貰えるおすすめの格安SIM

ここでは、格安SIMごとに貰えるポイントの内容や獲得条件をまとめています。自分にぴったりの格安SIMを見つけてみましょう。

※還元率はすべて1ポイントあたり1円換算です。還元率1%の場合、100円につき1ポイント獲得できます。

(1)【楽天スーパーポイントがザクザク】楽天モバイル

楽天モバイル
  • ポイント名:楽天スーパーポイント
  • 有効期限:ポイント発行月から翌年同月の前月末まで
    ※2018年8月に付与されたポイントなら、2019年の7月31日まで有効
  • 還元率:1%

格安SIMでトップクラスの人気を誇る楽天モバイル。巨大ショッピングモール楽天市場で利用できる楽天スーパーポイントを貯めることができます。音声通話SIMで契約すれば、ポイント獲得率が2倍となり非常にお得です。

楽天スーパーポイントは、楽天市場を使えば、事実上どんな商品でもポイント利用ができます。低価格で豊富な料金プランが利用できる楽天モバイル。ポイントの使い勝手や貯めやすさも、すべての格安SIMの中で最高レベルと言えるでしょう。

貯めた楽天スーパーポイントは月々の利用料金だけでなく、SIMフリー端末の購入代金にも利用できます。さらに、楽天市場や楽天ブックスなど楽天が提供する全てのサービスでポイントが利用可能です。

ポイントが使える主な楽天のサービス

楽天市場、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天ブックス、楽天銀行、Ra Coupon、楽天MART、楽天デリバリー、楽天写真館

ポイント付与の条件は特にありません。楽天モバイルの全プラン(月額料金、通話料)がポイント対象です。ただし、契約事務手数料とSIMフリー端末の購入代金はポイント対象外です。

その他、楽天カードで楽天市場の支払いを行なうと、付与されるポイントが2倍になります。楽天カードを持っていな方は、楽天モバイルへの乗り換えと一緒に楽天カードを作るといいですよ。

詳細ページ公式ページ

(2)【LINEポイントが貯まる・使える】LINEモバイル

lineモバイル
  • ポイント名:LINEポイント
  • 有効期限:ポイント発行日から180日間
  • 還元率:1%

LINEユーザーやSNS中心のライトユーザーに絶大な支持を受けるLINEモバイル。LINEやSNSの利用は、データ通信量を消費しないカウントフリーの料金プランを設けています。LINEモバイルで付与されるLINEポイントは、LINE関連のサービスだけでなくコンビニなど身近なお店でも利用できます。

貯めたLINEポイントはLINEコインに交換して、LINEアプリ内のスタンプや着せ替えアイテムを購入できます。さらに、セブンイレブンで利用できるnanacoポイントやローソンで利用できるPontaポイント、Amazonで使えるギフト券も交換可能です。

ポイント交換表

サービス 交換 必要ポイント
amazonギフト券 500円 550
1,000円 1100
nanacoポイント 270ポイント 300
450ポイント 500
900ポイント 1000
Pontaポイント 270Pontaポイント 300
450Pontaポイント 500
900Pontaポイント 1000

獲得したLINEポイントはLINEアプリのポイント履歴で確認できます。ポイントをもらう条件ですが、LINEモバイルの全プラン(月額料金のみ)で対象。通話料金、契約事務手数料は対象外なので注意して下さい。LINEポイントを獲得するには、LINEモバイルのマイアカウントで契約者連携手続きが必要となります。

お得情報として、LINE Payカード(全国のJCB加入店舗で利用可能)なら、支払い金額100円につき2ポイントが貰えます。LINE Payカードは事前に金額をチャージするプリペイド式なので、未成年の方でも使用可能です。

詳細ページ公式ページ

(3)【汎用性の高いGポイント】BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル
  • ポイント名:Gポイント
  • 有効期限:最後にGポイントを付与された日から12ヶ月
    ※ポイントが貯まり続ける限り、有効期限なし
  • 還元率:0.5~1%

ネット回線のサービスプロバイダとしても有名なBIGLOBEモバイル。Youtubeなど有名動画サイトのデータ消費量をカウントフリーにするエンタメフリーオプションが人気の格安SIMです。BIGLOBEモバイルで獲得できるGポイントは、契約年数によって還元率が変動する仕組みです。

Gポイントの還元率

契約年数 還元率
2年未満 0.5%
2年以上10年未満 0.7%
10年以上15年未満 0.9%
15年以上 1%

獲得したGポイントは、商品券やマイルと交換できます。その他、BIGLOBEモバイルの支払いに充てることも可能です。

ポイント交換表

サービス 交換金額 必要ポイント
Amazonギフト券 100円 98G
nanacoポイント 100ポイント 100G
iTunesカード 500円分 490G
ANAマイル 10マイル 30G
JALマイル 5マイル 10G

Amazonギフト券やnanacoと交換する場合ですが、交換に必要なポイント数が他社と比べてお得です。GポイントはBIGLOBEモバイルの全プラン(月額料金、通話料金)がポイント付与対象。事前にGポイントサイトで会員登録を行えば、ポイントが貯まっていきます。

裏技的ですが、先にGポイントサイトで会員登録を済ませておくと最大5000ポイントのGポイントが付与されますよ。

詳細ページ公式ページ

(4)【10%の高還元率】DMMモバイル

dmmモバイル
  • ポイント名:DMMポイント
  • 有効期限:ポイント発行日から一ヶ月間
  • 還元率:10%

動画配信サービスをはじめ、英会話やFXなど様々なサービスを展開するDMM。そんなDMMが提供するDMMモバイルは、業界最安レベルの料金プランが充実。圧倒的な価格の安さから、節約効果の高い格安SIMとして地位を築きました。

DMMモバイルではDMM内のあらゆるサービスで利用できるポイントが貰えます。DMMモバイルのポイントは、ポイント利用できる範囲が限られる代わりに、すべての利用料金や手数料がポイント付与対象となっています(通話料金、契約事務手数料も含む)。ポイントを使用できる場所はDMM.comが提供する全サービスです。

詳細ページ公式ページ

(5)【電子マネー好きに】OCNモバイルONE

ocnモバイルone
  • ポイント名:gooポイント
  • 有効期限:ポイント発行月から3年後同月の前月末まで
    ※2017年8月に付与されたポイントなら、2020年7月31日まで有効
  • 還元率:0.5~4%

NTTが提供するOCNモバイルONE。らくらくセットでSIMフリースマホを安く購入できるのが特徴的です。OCNモバイルONEで貰えるgooポイントは商品券やマイルなど、汎用性の高い商品と交換できます。ポイント還元率は契約プランによって変わります。

gooポイントの主な交換先

交換 必要ポイント
Amazonギフト券 1,000円 1,250
2,000円 2,200
nanaco 1,000円 1,250
2,000円 2,200
楽天Edy 500円 700
iTunesカード 500円 700
1,000円 1,250
JALマイル 50マイル 200
ANAマイル 50マイル 200

上記の他にも、楽天スーパーポイント、dポイント、ビックカメラポイントなどに交換可能です。OCNモバイルONEの利用料金に充てることはできませんが、OCN光など固定回線なら利用料金に充てられます。

gooポイントの付与ですが、OCNモバイルONEの全プランで毎月40ポイントが貰えます(OCNモバイルONEプリペイドは対象外)。ポイントを貰うために、gooポイントサイトにてOCNお客様番号を登録しておきましょう。

詳細ページ公式ページ

(6)【Tポイントユーザーなら】TONEモバイル

toneモバイル
  • ポイント名:Tポイント
  • 有効期限:ポイント加算が止まり1年経過するまで
    ※ポイントが加算され続ける限り、有効期限なし
  • 還元率:0.5%

子供やお年寄り、初めてスマホを持つ方などをターゲットに格安スマホサービスを展開するTONEモバイル。料金プランや購入できるSIMフリー端末は初心者が迷わないために、あえて数を絞っているのが特徴的です。

TSUTAYAが展開するTONEモバイルはTポイントの獲得が可能。Tポイントは格安SIMが提供するポイントサービスの中で、最も使用範囲が広いです。TSUTAYAだけでなく、Tポイントの加入店でポイント消費できます。

主なTポイント加入店

ファミリーマート、スリーエフ、三越、伊勢丹、ハック ドラッグストア、エディオン、ニッセン、Yahoo!ショッピング、カメラのキタムラ、ガスト、バーミヤン、ドトールコーヒー、吉野家、牛角、ロッテリア

Tポイントは毎月の利用料金に対して200円につき1ポイントが付与されます。月額基本料金だけでなく、端末代金、通話料、オプション料金も対象です(契約事務手数料のみ対象外)。

なお、TONEモバイルでTポイントを貯めるには、事前にTカードを発行する必要があります。Tカードを発行したら、TONEモバイルにてTカード番号を登録しましょう。ソフトバンクからTONEモバイルに乗り換える方は、ソフトバンクカードを使えばキャンペーンで通常より多いTポイントを貰えます。

詳細ページ公式ページ

(7)【ポイント還元率が高い】Uモバイル

Uモバイルのロゴ
  • ポイント名:U-NEXTポイント
  • 有効期限:ポイント発行日から45日以内
  • 還元率:15~40%

Uモバイルは、従量制の料金プランだけでなく、様々な料金プランを利用できます。そんなUモバイルでは、毎月U-NEXTポイントを付与。付与される600ポイントはすべての格安SIMで最も高い還元率です。ただし、ポイントを使用できる場所は動画配信サービスU-NEXT内に限られます。

ポイントで購入した作品はU-NEXTを退会するまで、何度でも視聴できます。ポイントを貰う条件は音声通話SIMに加入するだけ。全プランで毎月600ポイントが付与されます。ただし、LTE使い放題プランのみ400ポイントの付与となるため注意しましょう。

詳細ページ公式ページ

3.目的別で選ぶポイントがお得な格安SIM

(1)ポイント還元率を重視

使用範囲は狭くても、とにかくポイント還元率を重視するなら、以下の格安SIMがおすすめです。

それぞれ、DMM、U-NEXTのサービスに加入していないと、ポイントを消費できないので気をつけましょう。

(2)ポイントの使用範囲を重視

貯めたポイントをあらゆる場所で使用したいなら、以下の格安SIMがおすすめです。

楽天モバイルの楽天スーパーポイント、TONEモバイルのTポイントは、ポイントの使用範囲が非常に広いです。日用品から旅行までなんでもポイント交換ができます。Tポイントはファミリーマートでも利用できますよ。

(3)電子マネー交換を重視

貯めたポイントを電子マネーと交換したいなら、以下の格安SIMがおすすめです。

上記の3社は、獲得したポイントを現金に近い形で交換できます。nanacoやPontaが使えますよ。OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイルは、マイルと交換することもできます。

4.格安SIMの支払いで使うクレジットカードのポイントも気にかけよう

格安SIMでは、月額料金の支払いは基本的にクレジットカード払いのみとなります。一部、「口座振替で契約できる格安SIM」もありますが、ほとんどはクレジットカードしか対応していません。格安SIMのポイントにこだわるなら、クレジットカードのポイント(還元率)も気にしたいところ。クレジットカードで貯めたポイントは、マイルや商品券に交換できます。

おすすめのクレジットカードは2枚。

  • 楽天カード
  • Yahoo!JAPANカード

この2枚は、ポイント還元率が高く年会費無料で作成できます。ちなみに、格安SIM契約後でも、支払いに使うクレジットカードは変更できますよ。

おすすめ1 楽天カード

普段の買い物や通信費の支払いで楽天スーパーポイントを貯めることが可能。クレジットカードのポイント還元率は1%と高水準です。支払い店舗やサービスによってはさらに還元率が高まります。楽天カードで選択できるカードブランドはVISA、Master Card、JCBの3種類。

どのカードブランドでも格安SIMで利用できます。海外旅行が多い方は、JCBは避けたほうがいいでしょう。

おすすめ2 Yahoo!JAPANカード

こちらも年会費無料のYahoo! JAPANカード。普段の支払いでTポイントを貯めることができます。還元率は1%です。通常のTポイントカードは還元率が0.5%なので、Yahoo! JAPANカードは2倍もポイントが貯まります。Yahoo! JAPANカードで選択できるカードブランドはVISA、Master Card、JCBの3種類。

楽天カードと同じく、海外旅行が多い方はJCBを避けてVISAかMaster Cardで申請しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、ポイントが貰える格安SIMを紹介してきました。貰えるポイントは使用範囲や、獲得条件がそれぞれ異なります。ポイントの利用条件は知っているか知らないかの差で大きく変わります。細かな条件もしっかりと把握しておきましょう。普段の利用用途を考えながら、自分にぴったりの格安SIMを見つけて下さいね。

\楽天ユーザーなら迷わず/

楽天モバイルの公式サイトへ

スマホ代を安くしたい人に選ばれている格安SIMとは?
LINEモバイル
LINEモバイル

[4.9pt/5.0]
LINE・SNS使い放題の最強格安SIM
詳細はこちら
UQモバイル
uqモバイルのロゴ

[4.8pt/5.0]
屈指の通信速度とauブランドの実力
詳細はこちら
mineo
mineoのロゴ


[4.6pt/5.0]

トリプルキャリア対応の利便性
詳細はこちら
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ

[4.4pt/5.0]
楽天会員ならポイントアップ
詳細はこちら
Y!mobile
ymobile

[4.4pt/5.0]
無制限かけ放題&通信速度No.1
詳細はこちら
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルのロゴ

[4.2pt/5.0]
月額2000円で動画見放題OK
詳細はこちら
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。