おすすめの格安SIM比較

お得なポイントが毎月貰える格安SIM7選

ポイント

どうせならポイントが貯まる格安SIMを契約したい・・・

通信事業者によってポイントの有無や条件が異なる格安SIM。ポイントが貯まりやすい格安SIMを使って、せっかくなら損したくないものですよね。

格安SIMでも、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のように、ポイントを獲得することは可能です。

この記事では、お得なポイントが貰える格安SIMを厳選してご紹介。ポイントの貰い方や有効期限などについても詳しく考察していきます。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら

1.ポイントが貰える格安SIM一覧

格安SIMでは、以下の通信事業者でポイントを貰うことができます。

格安SIM ポイント名
楽天モバイル 楽天スーパーポイント
DMMモバイル DMMポイント
LINEモバイル LINEポイント
U-mobile U-NEXTポイント
OCNモバイルONE gooポイント
TONEモバイル Tポイント
BIGLOBEモバイル Gポイント

次章からそれぞれの格安SIMについて、詳しいポイントの貰い方や、還元率について解説していきます。

2.格安SIM別 ポイントの内容と貰い方

ここでは、格安SIMごとに貰えるポイントの内容や獲得条件をまとめています。自分にぴったりの格安SIMを見つけてみましょう。

※還元率はすべて1ポイントあたり1円換算です。還元率1%の場合、100円につき1ポイント獲得できます。

2-1.楽天モバイル

楽天モバイル

格安SIMでトップクラスの人気を誇る楽天モバイル。巨大ショッピングモール楽天市場で利用できる楽天スーパーポイントを貯めることができます。音声通話SIMで契約すれば、ポイント獲得率が2倍となり非常にお得です。

楽天スーパーポイントは、楽天市場を使えば、事実上どんな商品でもポイント利用ができます。低価格で豊富な料金プランが利用できる楽天モバイル。ポイントの使い勝手や貯めやすさも、すべての格安SIMの中で最高レベルと言えるでしょう。

  • ポイント名:楽天スーパーポイント
  • 有効期限:ポイント発行月から翌年同月の前月末まで
    ※2017年8月に付与されたポイントなら、2018年の7月31日まで有効
  • 還元率:1%

ポイントを使用できる場所

楽天スーパーポイントは月々の利用料金だけでなく、SIMフリー端末の購入代金にも利用できます。さらに、楽天市場や楽天ブックスなど楽天が提供する全てのサービスでポイントが利用可能です。

■楽天スーパーポイントが利用できるサービス

楽天市場、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天ブックス、楽天銀行、Ra Coupon、楽天MART、楽天デリバリー、楽天写真館

ポイントを貰う条件

楽天モバイルの全プラン(月額料金、通話料)がポイント対象です。ただし、契約事務手数料とSIMフリー端末の購入代金はポイント対象外です。ポイントを利用する際は、楽天ポイントカードか、クレジットカードの楽天カードが必要となります。

楽天モバイルを音声通話SIMで契約している場合は、楽天カードで楽天市場の支払いを行なうと、付与されるポイントが2倍になります。楽天カードを持っていな方は、楽天モバイルへの乗り換えと一緒に楽天カードを作るといいでしょう。

2-2.DMMモバイル

DMMモバイル

動画配信サービスをはじめ、英会話やFXなど様々なサービスを展開するDMM。そんなDMMが提供するDMMモバイルは、業界最安レベルの料金プランが充実。圧倒的な価格の安さから、節約効果の高い格安SIMとして地位を築きました。

DMMモバイルではDMM内のあらゆるサービスで利用できるポイントが貰えます。DMMモバイルのポイントは、ポイント利用できる範囲が限られる代わりに、すべての利用料金や手数料がポイント付与対象となっています。

  • ポイント名:DMMポイント
  • 有効期限:ポイント発行日から一ヶ月間
  • 還元率:10%

ポイントを使用できる場所

動画や電子書籍など、DMM.comが提供する全サービスに利用できます。

ポイントを貰う条件

DMMモバイルの全プラン(月額料金、通話料金)がポイント対象です。契約事務手数料、SIMカードの発行手数料もポイント付与の対象となります。

2-3.LINEモバイル

LINEモバイル

LINEユーザーやSNS中心のライトユーザーに絶大な支持を受けるLINEモバイル。LINEやSNSの利用は、データ通信量を消費しないカウントフリーの料金プランを設けています。

LINEモバイルで付与されるLINEポイントは、LINE関連のサービスだけでなくコンビニなど身近なお店でも利用できます。

  • ポイント名:LINEポイント
  • 有効期限:ポイント発行日から180日間
  • 還元率:1%

ポイントを使用できる場所

LINEポイントはLINEコインに交換して、LINEアプリ内のスタンプや着せ替えアイテムを購入できます。

さらに、セブンイレブンで利用できるnanacoポイントやローソンで利用できるPontaポイント、Amazonで使えるギフト券も交換可能です。

■ポイント交換表

サービス 交換金額 必要ポイント
amazonギフト券

 

500円 550ポイント
1,000円 1,100ポイント
nanacoポイント

 

 

270ポイント 300ポイント
450ポイント 500ポイント
900ポイント 1,000ポイント
Pontaポイント

 

 

270Pontaポイント 300ポイント
450Pontaポイント 500ポイント
900Pontaポイント 1,000ポイント

獲得したLINEポイントはLINEアプリのポイント履歴で確認ができます。

ポイントをもらう条件

LINEモバイルの全プラン(月額料金のみ)がポイント対象です。ただし、通話料金、契約事務手数料はポイントが付与されません。LINEポイントを獲得するには、LINEモバイルのマイアカウントで契約者連携手続きが必要となります。

お得情報として、LINE Payカード(全国のJCB加入店舗で利用可能)なら、支払い金額100円につき2ポイントが貰えます。LINE Payカードは事前に金額をチャージするプリペイド式なので、未成年の方でも使用可能です。

2-4.U-mobile

umobile

ソフトバンク回線の格安SIMであるU-mobileは、従量制の料金プランだけでなく、LTE使い放題の料金プランも契約ができます。

U-mobileのポイントは動画配信サービス、U-NEXTで利用可能。毎月無条件でポイントが貰えるのも魅力となっています。

  • ポイント名:U-NEXTポイント
  • 有効期限:ポイント発行日から45日以内
  • 還元率:15~40%

ポイントを使用できる場所

U-NEXTポイントは動画配信サービスU-NEXTにて使用可能。購入する作品によって消費するポイントは異なります。

ポイントで購入した作品はU-NEXTを退会するまで、何度でも視聴できます。

ポイントを貰う条件

音声通話SIMの全プランで毎月600ポイントが付与されます。ただし、LTE使い放題プランのみ付与されるポイントが400ポイントになります。

ポイントはSMSに送られるギフトコードをU-NEXTのキャンペーンサイトに入力すれば使用できます。

2-5.OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

NTTが提供するOCNモバイルONEは、楽天モバイルの次にユーザー数が多い格安SIMです。契約できる料金プランやSIMフリー端末も豊富で、初心者でも安心して申し込みができます。

OCNモバイルONEで貰えるgooポイントは商品券やマイルなど、汎用性の高い商品と交換できるのが魅力です。どのプランを選択しても付与されるポイントが一律なので、契約するプランによっては還元率が高くなります。

  • ポイント名:gooポイント
  • 有効期限:ポイント発行月から3年後同月の前月末まで
    ※2017年8月に付与されたポイントなら、2020年7月31日まで有効
  • 還元率:0.5~4%

ポイントを使用できる場所

gooポイントはマイルやネットショップなどあらゆるサービスと交換可能です。

  • Amazonギフト券
  • 楽天Edy
  • ビックカメラ
  • JAL
  • ANA

■ポイント交換表1

サービス 交換金額 必要ポイント
Amazonギフト券 50円 100ポイント
100円 200ポイント
300円 500ポイント
500円 700ポイント
1,000円 1,250ポイント
2,000円 2,200ポイント
nanaco 100円 200ポイント
300円 500ポイント
500円 700ポイント
1,000円 1,250円
2,000円 2,200ポイント
楽天Edy 100円 200ポイント
300円 500ポイント
500円 700ポイント
iTunesカード 500円 700ポイント
1,000円 1,250ポイント

■ポイント交換表2

サービス 交換金額 必要ポイント
JALマイル 50マイル 200ポイント
ANAマイル 50マイル 200ポイント
dPOINT 125dポイント 200ポイント
楽天スーパーポイント 100ポイント 200ポイント
ビックカメラポイント 100ビックポイント 200ポイント
セシールスマイルポイント 100スマイルポイント 200ポイント
メトロポイント 100メトロポイント 200ポイント
ネットマイル 200マイル 200ポイント

通常、gooポイントを月額料金に使用することはできませんが、自宅のネット回線をOCNにすると、月額料金に使用できます。

ポイントをもらう条件

gooポイントはOCNモバイルONEの全プランで毎月40ポイントが付与されます。※OCNモバイルONEプリペイドは対象外

ポイントをもらうには、gooポイントサイトから、OCNお客様番号を登録する必要があります。

2-6.TONEモバイル

TONEモバイル

子供やお年寄り、初めてスマホを持つ方などをターゲットにサービスを展開するTONEモバイル。料金プランや購入できるSIMフリー端末は初心者が迷わないために、あえて数を絞っているのが特徴的です。

TSUTAYAが展開するTONEはTポイントの獲得が可能。Tポイントは格安SIMが提供するポイントサービスの中で、最も使用範囲が広いです。

  • ポイント名:Tポイント
  • 有効期限:ポイント加算が止まり1年経過するまで
    ※ポイントが加算され続ける限り、有効期限なし
  • 還元率:0.5%

ポイントを使用できる場所

Tポイントは、TSUTAYAにて利用可能です。また、Tサイトにて商品の交換や懸賞の応募にも使えます。

さらに、以下の店舗でもTポイントが使用できます。

■主なTポイント利用可能店

ファミリーマート、スリーエフ、三越、伊勢丹、ハック ドラッグストア、エディオン、ニッセン、Yahoo!ショッピング、カメラのキタムラ、ガスト、バーミヤン、ドトールコーヒー、吉野家、牛角、ロッテリア

ポイントをもらう条件

Tポイントは毎月の利用料金に対して200円につき1ポイントが付与されます。基本料金、SIMフリー端末代金、通話・オプション料金がポイント対象です。契約事務手数料のみポイント対象外となります。

TONEモバイルでTポイントを貯めるには、事前にTカードを発行する必要があります。Tカードを発行したら、TONEモバイルにてTカード番号を登録しましょう。

ソフトバンクからTONEモバイルに乗り換える方は、ソフトバンクカードを使えばキャンペーンで通常より多いTポイントを貰えます。

2-7.BIGLOBEモバイル

biglobe sim

ネット回線のサービスプロバイダとしても有名なBIGLOBEモバイル。Youtubeなど有名動画サイトのデータ消費量をカウントフリーにするエンタメフリーオプションが人気の格安SIMです。

BIGLOBEモバイルで獲得できるGポイントは、契約年数によって還元率が変動する仕組みが特徴的です。獲得したGポイントは、商品券やマイルと交換できます。

  • ポイント名:Gポイント
  • 有効期限:最後にGポイントを付与された日から12ヶ月
    ※ポイントが貯まり続ける限り、有効期限なし
  • 還元率:0.5~1%

ポイントを使用できる場所

GポイントはBIGLOBEモバイルだけでなくBIGLOBE光などBIGLOBEが提供するサービスの支払いに利用できます。

さらに、Amazonギフト券や、セブンイレブンで利用できるnanacoとも交換可能。交換に必要なポイント数も、他社と比べてお得な設定です。

■ポイント交換表

サービス 交換金額 必要ポイント
Amazonギフト券 100円 98Gポイント
nanacoポイント 100ポイント 100Gポイント
iTunesカード 500円分 490Gポイント
ANAマイル 10マイル 30Gポイント
JALマイル 5マイル 10Gポイント

ポイントをもらう条件

GポイントはBIGLOBEモバイルの全プラン(月額料金、通話料金)がポイント対象です。Gポイントを貰うには、事前にGポイントサイトで会員登録を行う必要があります。

Gポイントの還元率は契約年数によって変動します。

契約年数 還元率
2年未満 0.5%
2年以上10年未満 0.7%
10年以上15年未満 0.9%
15年以上 1%

お得情報として、先にGポイントサイトで会員登録をしてからBIGLOBEモバイルに契約すれば、料金プランによっては高額なGポイントが付与されます。

■データ通信専用SIM

  • 3~30GB 800ポイント

■音声通話SIM

  • 1~3GB 800ポイント
  • 6GB 3000ポイント
  • 12GB~30GB 5000ポイント

その他、BIGLOBE光を契約すると2,500Gポイントが付与されます。

 l-kyojin01.jp関連記事
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】

3.格安SIMで貰えるポイントの特徴

ここでは、ポイントの特徴ごとに格安SIMを整理してみました。格安SIM選びの参考にしてみて下さい。

3-1.使用範囲は狭いがポイント還元率が高い格安SIM

  • DMMモバイル
  • U-mobile

還元率が高い点は魅力ですが、ポイントの利用範囲が限られるDMMモバイルとU-mobile。

DMM、U-NEXTのサービスに加入していない場合は、ポイントの利用場所が無いので注意しましょう。逆に、ポイントの使用範囲が限られていいのなら、還元率が高くお得な格安SIMとなっています。

3-2.ポイントの使用範囲が広い格安SIM

  • 楽天モバイル
  • TONEモバイル

楽天モバイルの楽天スーパーポイントとTONEモバイルのTポイントは、ポイントの使用範囲が広いです。日常的にポイントを使いたい方におすすめの格安SIMです。

楽天スーパーポイントは、楽天市場はもちろん楽天トラベルを使えば旅行費用も割引できます。Tポイントはファミリーマートをはじめ、身近なお店でポイントを利用できます。

3-3.ポイントの交換先が多い格安SIM

  • LINEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル

上記の3社は、獲得したポイントをあらゆる商品券や電子マネーと交換できます。ポイントを現金に近い形で交換したい方におすすめできる格安SIMです。

電子マネーはnanaco、Pontaを中心に交換可能。OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイルでは、マイルと交換できるので、出張や旅行が多い方は重宝できる格安SIMです。

4.クレジットカードのポイントも獲得しよう

格安SIMでは、月額料金の支払いが基本的にクレジットカード払いとなります。クレジットカードも上手く活用すれば、格安SIMとは別に貰えるポイントを効率よく獲得できます。

クレジットカードで貯めたポイントは、マイルや商品券などに交換可能。格安SIMの通信費を還元率が高いクレジットカードを使って支払うとポイントがさらに貯まりますよ。

4-1.ポイント還元率が高いクレジットカードカード

(1)楽天カード

年会費無料の楽天カードは、普段の買い物や携帯代の支払いで楽天スーパーポイントを貯めることができます。

還元率は1%と高水準で、支払い店舗やサービスによってはさらに還元率が高まります。楽天カードで選択できるカードブランドはVISA、Master Card、JCBの3種類となります。

(2)Yahoo! JAPANカード

年会費無料のYahoo! JAPANカードは、普段の買い物や携帯代の支払いでTポイントを貯めることができます。

還元率は1%。普通のTポイントカードは還元率が0.5%なので、Yahoo! JAPANカードは2倍もTポイントが貯まります。Yahoo! JAPANカードで選択できるカードブランドはVISA、Master Card、JCBの3種類となります。

5.まとめ

いかがでしたか?

格安SIMによって貰えるポイントは特徴が異なります。使用範囲が広かったり、獲得条件が緩かったりと様々です。

この記事を参考に、ぜひ自分にぴったりの格安SIMを見つけて下さいね。ポイントの獲得は知っているか知らないかの差で大きく変わるので、細かな条件もしっかりと把握しておきましょう。

今売れている格安スマホとは?【2018年】

【LINEモバイル】

\LINE・SNS好きの味方/

lineモバイル詳しくはこちら>>

  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

LINEモバイルのレビュー

 

【UQモバイル】

\速い、安い、かけ放題/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルのレビュー

 

【mineo】

\安さとサポートが決め手/

mineoのレビュー詳しくはこちら>>

  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

mineoのレビュー

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。