楽天モバイルが3か月無料&iPhone12大幅値下げ

MNP対応!ドコモから楽天モバイルに乗り換える手順【お得な乗り換えタイミングはある?】

ドコモから楽天モバイルに乗り換え

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

この記事のポイント

  • 楽天モバイルでドコモ端末を使うならSIMロック解除が必要
  • ドコモから楽天モバイルに乗り換えるには、MNP予約番号を取得してから申し込む
  • お得な乗り換えタイミングは特にない

「ドコモから楽天モバイルに乗り換えるにはどうすればいいの・・?」

ドコモから楽天モバイルに乗り換えようと決意したのはいいものの、実際に契約するとなるとどうすればいいのか分かりませんよね。

SIMロック解除の有無やMNP予約番号の発行、開通手続きなど初心者には難しいことだらけです。

しかしご安心を。一つずつ手順を追っていけば、誰でも簡単に乗り換えられます。

この記事では、ドコモから楽天モバイルに乗り換える手順を徹底解説。お得な乗り換えタイミングやデータ移行や費用など気になることも掘り下げていきます。

\今なら3か月無料!
※事務手数料&解約金0円

1.【MNP対応】ドコモから楽天モバイルに乗り換える手順

ドコモから楽天モバイルに乗り換えできるか不安です。

大丈夫。4つのステップがあるけど、一つずつ落ち着いてクリアすればすぐに終わるわよ。

ドコモから楽天モバイルに乗り換える際の流れは以下の通りです。

乗り換え完了までの時間目安は、およそ2~3日(SIMカードの配送期間)。オンライン契約でも数日後には楽天モバイルユーザーになれますよ。

STEP1:ドコモ端末を使うならSIMロック解除

現在使用しているドコモ端末を引き続き楽天モバイルで利用したい場合、SIMロック解除が必要です。

以前の楽天モバイルはドコモ回線を使用していたのでSIMロック解除不要でしたが、楽天アンリミット移行後は楽天回線&au回線に切り替わったのでドコモ端末をそのまま利用できなくなりました。

ドコモ端末をSIMロック解除する手順は以下の通りです。

SIMロック解除の手順

My docomo

  1. My docomoにログイン
  2. メニューから「サービス一覧」をタップ
  3. 「SIMロック解除」をタップ
  4. 「SIMロック解除を行う機種」を選択
  5. IMEI番号を入力
  6. 「SIMロック解除解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック
  7. 「手続きを完了する」をタップ

 

※IMEI番号の確認方法

  • iPhone:「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」
  • Android:「設定」→「端末管理」→「端末情報」→「端末の状態」→「IMEI情報」

 

電話

151 (9:00~20:00、年中無休)に電話してSIMロック解除したい旨をオペレーターに伝える

 

ドコモショップ

本人確認書類とSIMロック解除する端末を持ってスタッフに申し出る

MEMO
My docomoで手続きすれば手数料は無料、電話・ドコモショップは3000円の手数料がかかる

楽天モバイルで新しい端末を購入したい方は、この手順は飛ばして下さい。

iPhone X以前(7/8含む)は公式非対応

ドコモ版iPhoneのX以前は、楽天モバイルで対応していません。正式対応は、iPhone XS/XRからです。

どうしてもiPhone X以前を使いたい場合は、特殊な設定が必要です。以下の記事を参考に自分で設定できそうかご確認下さい。

楽天アンリミットでiPhone7・iPhone8を使う楽天モバイルでiPhone7/iPhone8が正式対応!設定方法まで詳しく解説

STEP2:ドコモからMNP予約番号を取得

楽天モバイルにMNP乗り換えするには、ドコモからMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号の取得方法

電話

151(受付は9:00〜20:00)に連絡してオペレーターにMNP予約番号の発行を希望する

※ドコモ携帯以外は0120-800-000から発信する

 

My docomo

My docomoにログインして、「My docomo各種サービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」を選択

オペレーターに連絡するときは引き止められる可能性があるため、強い意志で断りましょう。

なお、MNP予約番号の発行に手数料はかかりません。予約番号発行時点では解約扱いとならず、キャンセルや再取得も可能です。

MEMO
楽天モバイルで新しい電話番号を取得したい場合は、MNP予約番号の取得は不要

STEP3:楽天アンリミットに申し込む

MNP予約番号を発行できたらすぐに楽天モバイルに申し込みましょう。

MNP予約番号には有効期限が15日ありますが、楽天モバイルでは10日以上の有効期限が残っていないと申し込みできません。詳しい申込みの流れは以下の通りです。

STEP.1
楽天モバイルの公式サイトにアクセス

>楽天モバイルの公式サイトはこちら

アクセス後、お申し込みボタンをタップして下さい。

STEP.2
「この内容で申し込む」をタップ

この内容で申し込む

プラン内容を確認して「この内容で申し込む」をタップして下さい。端末を購入したい場合は、希望の機種を選びましょう。

STEP.3
MNP情報を入力

電話番号の引き継ぎ

楽天会員IDでログインしたら本人確認書類をアップロードします。次の「電話番号の選択」画面で「現在の番号を引き継ぐ」をタップ。

mnp情報の入力

取得したMNP情報(電話番号・MNP予約番号・有効期限)を入力して下さい。

STEP.4
最終確認して申し込み

同意して申し込み

楽天IDでログインしているので名前や住所の入力は不要です。

支払い方法(クレジットカード・口座振替)を選択したら、利用規約にチェック。「同意して申し込む」をタップすれば申込み完了です。

SIMカードの到着を待つ間は空白期間なし

楽天モバイルのSIMカード配送を待つ間は、ドコモの契約がまだ残っているので通話・データ通信ともに使えます。空白期間は無いので安心してください。

STEP4:開通手続き・初期設定を行う

SIMカードが届いたら、開通手続き(回線切り替え)を行います。

以前は、開通受付センターに電話連絡する必要がありましたが、現在の楽天モバイルはmy 楽天モバイル(アプリでもOK)にてワンタップで手続きが完了します。

MNP開通手続きの手順

  1. my 楽天モバイルにアクセス
  2. 「お申し込み履歴」をタップ
  3. 申込番号を選択
  4. 「MNP転入する」をタップ

mnp転入する

MNP転入のボタン

MNP開通手続き後、完全に回線が切り替わるには少し時間がかかります。21時までに手続きを終えれば、当日中(15分程度の待ち時間)にMNP乗り換えは完了します。

MNP完了のタイミング

開通受付 完了時間
9:00~21:00 当日中
21:00~翌日8:59 翌9時以降

MNP転入(回線切り替え)が完了したら、ドコモとの契約は自動解約されます。こちらから、解約の連絡を入れる必要はありません。

iPhoneは初期設定(APN設定)を行う

iPhoneの方は、以下の手順でAPN設定を行いましょう。Androidは自動で設定されるため不要です。

STEP.1
他社のAPN構成プロファイルを削除する

他社(格安SIM含む)のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は、削除する必要があります。

削除方法は、「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」をタップ。一覧から削除したいプロファイルを選びましょう。

STEP.2
SIMカードを差し替える(eSIMは不要)

手元に届いたSIMカード(nano SIM)をiPhoneに挿入して下さい。

STEP.3
「VoLTEオン」にする

volte on

VoLTEオンの設定方法は、「設定」→「モバイル通信」→「通話のオプション」→「音声通話とデータ」をタップ。選択肢から「LTE、VoLTEオン」を選んで下さい。

STEP.4
APN情報を入力する

APN設定 APN設定2

APN設定は、「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ。「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の欄に「rakuten.jp」と入力します。

iPhone12が値下げ
\さらに2.2万円引き

2.楽天モバイルに乗り換えるベストタイミングとは?

お得な乗り換えタイミングってありますか?

う~ん、特にないわね。

結論から言うと、おすすめタイミングはありません。ドコモは解約時の日割り請求なし。

楽天モバイルも契約月の日割りがないため、結局はひと月で2社分の利用料金を支払います。思い立ったが吉日ではありませんが、いつでも好きなときに楽天モバイルへ乗り換えましょう。

3.ドコモから楽天モバイルに乗り換える際のQ&A

データ移行はどうすればいい?

楽天モバイルに端末セットで契約する場合は、新たな端末に自分でデータ移行する必要があります。

データ移行の方法は様々ありますが、電話帳など重要な情報はGoogleアカウントの同期で移行させる方法(Android・iPhone間でもOK)が便利です。

画像や動画ファイルは、クラウドサービス・データ移行アプリ・microSDなどで簡単に移行可能です。iTunesでもバックアップ&データ移行を行えます。

STEP.1
「設定アプリ」をタップ

設定アプリ

STEP.2
「アカウント」をタップ

設定内のアカウント

STEP.3
「Google」を選択してタップ

アカウント内のGoogle

STEP.4
「連絡先」を右へスライドする

連絡先にスライド

同期できるデータ一覧から「連絡先」を右へスライドしてください。以上で旧端末側の操作は終了です。

STEP.5
旧端末と同じGoogleアカウントでログイン

新しい端末を起動したら、旧端末と同じGoogleアカウントでログインしましょう。すると、電話帳が自動同期されます。

以上で電話帳の移行は完了です。上手く移行できない場合は、新端末側でGoogleアカウントの同期がOFFになっていないか確かめてみましょう。

LINEの引き継ぎ手順

アプリのデータ移行でも、特に心配なのがLINEの引き継ぎでしょう。以下の方法を参考に、引き継ぎの手続きを行って下さい。

STEP.1
メールアドレス・パスワードを登録する(未設定の場合)

メールアドレス

LINEアカウントにメールアドレスとパスワードを入力できていない場合は、以下の方法で事前に登録しておきましょう。どちらもアカウント引き継ぎで必要となります。

メールアドレスの登録手順

  • 設定メニューから「アカウント」をタップ
  • 「メールアドレス」をタップ
  • 登録するメールアドレスを入力
  • 確認メールにて認証番号を確認
  • 認証番号を入力してメールアドレスの登録完了

パスワードの登録手順

  • 設定メニューから「アカウント」をタップ
  • 「パスワード」をタップ
  • 好きなパスワードを入力して「OK」をタップ

パスワードを登録できたら、「登録完了」が表示されます。

STEP.2
設定メニューから「アカウント引き継ぎ」をタップ

アカウント引き継ぎ

LINEアプリを立ち上げたら、「設定(歯車マーク)」→「アカウント引き継ぎ」をタップしましょう。

STEP.3
「アカウントを引き継ぐ」をオンにする

line 引き継ぎ設定

「アカウントを引き継ぐ」のスライドをオンにして、確認画面で「OK」をタップして下さい。

これで、旧端末側の準備は終了です(36時間を超えると、再度引き継ぎ設定が必要となる)。

※電話番号が無い方はFacebook認証でアカウント引き継ぎを行うため、「設定」→「アカウント」からFacebook連携を行っておきましょう

STEP.4
トーク履歴のバックアップを行う(任意)

トークのバックアップ

LINEのトーク履歴は、iPhone同士・Android同士にて引き継ぎ可能です。トーク履歴を引き継ぎたい方は、以下の方法でバックアップを取りましょう。

  • iPhone:「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」をタップ
  • Android:「設定」→「トーク」→「トークの履歴のバックアップ・復元」→「Googleドライブにバックアップする」をタップ
STEP.5
LINEアプリを新端末にインストール
STEP.6
LINEアプリを開いて電話番号を入力

電話番号の入力

ようこそ画面で「はじめる」をタップして、自分の電話番号を入力しましょう。

STEP.7
SMS認証を行う

SMSの送信確認

電話番号を入力すると、「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります」と表示されるのでOKをタップして下さい。

その後、6桁の認証番号を確認して入力すればOKです。

STEP.8
「おかえりなさい~」の画面を確認する

lineの引き継ぎ画面

SMS認証が終わると、「おかえりなさい~」の画面が表示されます。間違いなければ、「はい、私のアカウントです」をタップしましょう。

STEP.9
LINEのパスワードを入力する

パスワードの入力

STEP.10
友だち追加・年齢確認の設定を行う

友達追加の選択

友だち追加・年齢確認を設定します。格安SIMの場合は、LINEモバイルとY!mobile以外は年齢確認ができません(ID検索機能が使えない)。

STEP.11
トーク履歴の復元を行う(任意)

トーク履歴を復元

iPhoneの方は、友だち追加・年齢確認の設定とともに「トーク履歴の復元」が表示されるのでタップして下さい。

以上で、LINEアカウントの引き継ぎは完了です。いつも見慣れたホーム画面が表示されているはずです。

乗り換え費用はいくら?

ドコモから楽天モバイルに乗り換える費用は、ドコモの解約金(0円~9500円)だけです。

ドコモの解約金は2年契約あり/なしで変わります。2年契約ありなら、2年に一度訪れる更新月以外は解約金が発生。

損した気分になりますが、2年契約なしプランより毎月の支払いが安いのでトータルで考えれば割り切れる金額です。

MNP転出手数料は2021年4月より無料化されました。また、楽天モバイルの契約事務手数料も2020年11月に無料化されています。

ドコモメールは無くなる?

ドコモを解約すると、いままで使っていたドコモメール(~@docomo.ne.jp)は消滅します。そのため、Gmailなどのフリーメールに移行しておきましょう。

フリーメールが嫌なら、楽天モバイルから提供されるキャリアメール(2021年夏より提供開始)を利用するといいですよ。

MEMO
どうしてもドコモメールを残したい場合はドコモの契約を最低限残して維持するしかない(維持費は月1000円くらいかかる)

dポイントは失効する?

dアカウントの登録メールアドレスがドコモメール以外なら手続き不要で失効しません。貯めたポイントはドコモ解約後でも使用できます。

ドコモメールで登録している場合は、dアカウントの継続利用手続きを行いましょう。

継続利用手続きの手順

  1. dアカウントにログイン
  2. dアカウント情報を変更(メールアドレスかSNSアカウントで継続利用の手続き)

※dアカウントを持っていない方は、ドコモ解約前にこちらのページから新規発行しておく

4.まとめ

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるには、MNP予約番号を取得して楽天アンリミット公式から申し込めばOK。

ドコモ端末(ドコモ版iPhone含む)を使う場合は、事前にSIMロック解除しておきましょう。お得な乗り換えタイミングは、2年契約の更新月を考慮しないなら特になし。

思い立った日に行動して大丈夫ですよ。

楽天モバイル(UN-LIMIT)

ポイント
  • iPhone12/13が全キャリアで最安値
  • iPhone購入は最大25000円還元
  • 1GB以下なら0円
  • データ無制限でも3278円
  • ポイント還元で端末代が実質0円
  • 契約事務手数料&解約金0円
  • 24時間誰にかけても通話料0円
  • テザリングで実質ポケットWi-Fi
月額料金 解約金 支払い方法
0円~3278円 0円 クレジットカード
口座振替
デビットカード
メインスマホとして乗り換えるのが怖いなら、新しい電話番号を取得して無料でお試ししましょう(2021年から管理人もメインスマホに変更!)。
3ヵ月無料&25000ポイント還元

楽天モバイル公式サイトへ

【追加情報】
楽天カード×楽天モバイル(年会費無料)で獲得ポイントが毎日4.5倍

 

ポイント4.5倍の内訳:

楽天カード利用(+2倍)+楽天モバイル利用(+1倍)+通常の買い物(+1倍)+楽天市場アプリの利用(+1倍)

 

今なら楽天カードの新規発行で5000円分のポイントが貰えます。さらに、楽天モバイルの分割手数料も楽天カード払いなら0円です。

 

\新規発行で5000円分のポイントバック/

楽天カードの詳細&申し込みへ
※年会費は無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。