格安SIM・格安スマホ

格安SIMおすすめ人気ランキング【20社契約する編集長が厳選】

格安sim ランキング

どの格安SIMが人気なのか知りたい!

数ある格安SIMで最もおすすめはどこなのでしょうか?これから格安SIMを契約するなら気になるところですよね。この記事では、20社以上の格安SIMを使う当サイトの編集長が、本当におすすめできる格安SIMを厳選しました。

ユーザーの満足度や契約者数、サービス内容はもちろん実際の使い心地もランキングに反映しています。これから格安SIMデビューする方はぜひ、参考にしてくださいね。

1.どうやって格安SIMを選べばいいの?

格安SIMを選ぶ際は、以下の基準を取り入れましょう。

point1 シンプルでわかりやすいプラン内容が大事

料金プランが複雑な格安SIMはNGです。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と同じで、見せかけだけの安さに騙されてはいけません。理想は、データ通信量別に料金が決まる従量制のプラン。オプションの加入は希望しなければ無しで、解約金・解約方法も明快。

SIMフリースマホをセット購入する場合も、余計な条件は無くシンプルな一括・分割払い。これらの条件を満たした格安SIMが契約しやすくおすすめです。

point2 大手企業が運営する格安SIMに絞る

格安SIMの運営元は大手企業が無難です。マイナーな格安SIMは普通に潰れたり途中でサービス停止したりします。また、サポートもイマイチで安心して携帯電話を使用することができません。

しかし、大手企業が運営する格安SIMなら安心です。多少、経営状態が悪くてもサービスの質は落ちませんし、サポートもしっかり対応してくれます。誰もが知っている有名企業か通信業界の老舗企業に絞れば、おのずと契約すべき格安SIMが見えてきます。

point3 データ通信量は2~10GBが狙い目

格安SIMに申込む際のデータ通信量は2~10GBがおすすめです。理由は単純で安いから。大手キャリアでは2~3GBでも4~5000円は当たり前。しかし、格安SIMなら3GBで1500円程度、10GBでもおよそ3000円で契約可能です。

逆に、20B、30GB、50GBと大容量になるにつれて大手キャリアとの金額差が徐々に無くなっていきます。そのため、格安SIMをお得に契約するなら10GB以下の小~中容量が狙い目ですよ。

2.主要格安SIMを簡単比較

順位格安SIM通信速度月額料金カウントフリー口座振替サポート
1位LINEモバイル
LINE・SNS
2位mineo
3位UQモバイル
速度No.2
4位Y!mobile
速度No.1

店舗数No.1
5位楽天モバイル
端末最安
6位BIGLOBEモバイル
動画アプリ
7位DMMモバイル
プラン最安

LINE・SNS
8位IIJmio
9位イオンモバイル
10位ONEモバイルONE

3.格安SIMのおすすめランキング

あらゆる比較軸、そして実際に編集部が1年以上契約して体感した格安SIMから本当におすすめできる7社を選び抜きました。格安SIMの種類が多すぎて選べない方は、以下のランキングを参考にしてみましょう。

1位 LINEモバイル

LINEモバイル

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカード
  • 運営元:LINE株式会社

格安SIMユーザーの多くが、LINE・SNSのヘビーユーザーです。そして、LINE・SNSが手放せない方にとって最強の格安SIMがLINEモバイルとなります。LINEモバイルは最安のLINEフリープランでLINE使い放題、コミュニケーションフリープランでLINE+SNSが使い放題、MUSIC+プランでLINE+SNS+LINE MUSICが使い放題となります。

LINE、SNSのカウントフリーはオプション扱いではなく基本プランに組み込まれているのが特徴です。使い放題となるSNSは、Twitter、Facebook、Instagramが対象。特に画像読み込みでデータ消費しやすいInstagramが使い放題なのは嬉しいポイントです。

さらに、LINEユーザーにとって見逃せないのが、LINEのID検索機能が使えること。他の格安SIMでは年齢認証の問題でID検索機能が使えなくなります(他のLINE機能は普通に使える)。

LINEの機能が一部制限されるのはストレスですが、LINEモバイルなら使い勝手は今までどおりで気持ちよくLINEが使えますよ。LINE Payを利用料金に充てることができるのもLINEモバイルならでは。ネット利用の大半はLINEかSNSという方はLINEモバイルが最も適した格安SIMです。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名データ通信量月額料金
LINEフリープラン1GB1200円
コミュニケーションフリープラン 3GB3GB1690円
コミュニケーションフリープラン 5GB5GB2220円
コミュニケーションフリープラン 7GB7GB2880円
コミュニケーションフリープラン 10GB10GB3220円
MUSIC+プラン 3GB3GB2390円
MUSIC+プラン 5GB5GB2720円
MUSIC+プラン 7GB7GB3280円
MUSIC+プラン 10GB10GB3520円

データ通信専用SIM

プラン名データ通信量月額料金
LINEフリープラン1GB500円
コミュニケーションフリープラン 3GB3GB1110円
コミュニケーションフリープラン 5GB5GB1640円
コミュニケーションフリープラン 7GB7GB2300円
コミュニケーションフリープラン 10GB10GB2640円
MUSIC+プラン 3GB3GB1810円
MUSIC+プラン 5GB5GB2140円
MUSIC+プラン 7GB7GB2700円
MUSIC+プラン 10GB10GB2940円

詳細ページ公式ページ

2位 mineo

mineoのロゴ

基本データ

  • 回線:au・ドコモ
  • 3日速度制限:直近3日間で6GB以上(Aプランのみ)
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 運営元:株式会社ケイ・オプティコム

ユーザーに対する配慮が素晴らしいmineo。口コミでじわじわと人気を伸ばし、現在は楽天モバイルに次ぐ2位のユーザー数を誇る格安SIMです。mineoは他社には無い独自の機能が使えます。例えば、相手にパケットギフトは相手に自分のデータ容量をプレゼントすることが可能。

好きなメンバー内でデータ容量をシェアできるパケットシェアも便利です。極めつけは、mineoユーザーなら誰でも利用できるフリータンク。今月のデータ容量がピンチなときに、無料でタンクから1GBまでのデータ通信量を引き出せます。普段から預けしていればもっと引き出せることも。

その他、わからないことがあったらユーザー同士で助けある掲示板「マイネ王」も好評。はじめての格安SIMでも安心して利用できます。回線はau・ドコモに対応。au・ドコモスマホをSIMロック解除無しで持ち込み契約できますよ。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名データ通信量月額料金
DプランAプラン
デュアルタイプ500MB500MB1400円1310円
デュアルタイプ1GB1GB1500円1410円
デュアルタイプ3GB3GB1600円1510円
デュアルタイプ6GB6GB2280円2190円
デュアルタイプ10GB10GB3220円3130円
デュアルタイプ20GB20GB4680円4590円
デュアルタイプ30GB30GB6600円6510円

データ通信専用SIM

プラン名データ通信量月額料金
DプランAプラン
シングルタイプ500MB500MB700円700円
シングルタイプ1GB1GB800円800円
シングルタイプ3GB3GB900円900円
シングルタイプ6GB6GB1580円1580円
シングルタイプ10GB10GB2520円2520円
シングルタイプ20GB20GB3980円3980円
シングルタイプ30GB30GB5900円5900円

詳細ページ公式ページ

3位 UQモバイル

uqモバイルのロゴ

基本データ

  • 回線:au
  • 3日速度制限:直近3日間で6GB以上
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替
  • 運営元:UQコミュニケーションズ株式会社

auのサブブランドとして店舗展開も積極的なUQモバイル。最近は街なかでUQモバイルショップを見かける機会が増えました。全国に展開する店舗数はなんと2700店以上。地方までサービスが行き届いています。

UQモバイルはauスマホならSIMロック解除無しで乗り換え可能。そのためUQモバイルの多くが元auユーザーです。もちろん、au版iPhoneも使用できます。サービス面でも充実するUQモバイルは家族割の適用や条件なしの口座振替にも対応。また、代理店のサイトを通せば1万円以上の現金キャッシュバックが貰えます。

UQモバイルは通信速度が非常に速くて安定感もピカイチです。格安SIMに乗り換えたらWEBサイトや動画がまともに見られなくなりそうで不安・・・という方はUQモバイルなら安心できますよ。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名月額料金データ通信量
ぴったりプランS1,980円2GB
ぴったりプランM2,980円6GB
ぴったりプランL4,980円14GB
おしゃべりプランS1,980円2GB
おしゃべりプランM2,980円6GB
おしゃべりプランL4,980円14GB
データ高速+音声通話プラン1680円3GB
データ無制限プラン+音声通話プラン2680円無制限

データ通信専用SIM

プラン名月額料金データ通信量
データ高速プラン1,980円3GB
データ無制限プラン2,980円無制限

詳細ページ公式ページ

4位 Y!mobile

ymobile

基本データ

  • 回線: 自社・ソフトバンク
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:なし
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替(店頭のみ)
  • 運営元:ソフトバンク株式会社

通信速度が速すぎるY!mobile。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)さえも上回るスピードでもはや反則行為です。Y!mobileの通信速度が速い理由は、格安SIMで唯一自社回線を使っているから。そのため、回線混雑時に速度低下する他社と違ってY!mobileは常に通信品質が良好です。およそ40Mbpsで安定しています。

Y!mobileは自社回線を持つため厳密には格安SIMではなく、au・ドコモ・ソフトバンクと同じキャリア扱いです。しかし、サービス内容は格安SIMそのもの。十分に安い利用料金を享受できます。

なお、スマホプランS/M/Lは全プランに10分かけ放題が付いています。さらに通話を充実させたいなら時間無制限のかけ放題をオプションで付けることができます。金額はわずか1000円(大手キャリアの無制限かけ放題は2700円)。ちなみに時間無制限のかけ放題は全格安SIMでY!mobileだけの提供となっています。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名データ通信量月額料金
スマホプランS2GB1,980円
スマホプランM6GB2,980円
スマホプランL14GB4,980円

データ通信専用SIM

プラン名データ通信量月額料金
データプランS1GB1,980円
データプランL7GB3696円

詳細ページ公式ページ

5位 楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード、デビットカード、口座振替
  • 運営元:楽天株式会社

ユーザー数が最も多い格安SIMとして有名な楽天モバイル。運営するのはご存知、楽天です。楽天モバイルが人気の理由は、利用料金に対して付与される楽天スーパーポイントです。通話料やオプション料金も含めて有効期限なしの楽天スーパーポイントが1%付与されます。

スーパーホーダイに加入すれば、楽天市場の買い物が常に2倍。楽天カードや楽天市場アプリなどを組み合わせれば、最大6倍までポイント付与率をアップさせることも可能。付与されるポイントを考慮すると実質、最安値の格安SIMとなっています。

その他、全国に展開する楽天モバイルショップも当月内に振り込んでくれる現金キャッシュバックなど格安SIMの枠を超えたサービスが魅力です。通信速度はスーパーホーダイなら最低通信速度1Mbpsが保証されています。速度制限時でも1Mbpsが出るため、テザリングを使えば自宅の固定回線代わりにすることも可能ですよ。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名データ通信量月額料金
スーパーホーダイ プランS2GB1980円
スーパーホーダイ プランM6GB2980円
スーパーホーダイ プランL14GB4980円
ベーシックプラン無制限1,250円
3.1GBプラン3.1GB1,600円
5GBプラン5GB2,150円
10GBプラン10GB2,960円
20GBプラン20GB4,750円
30GBプラン30GB6,150円

データ通信専用SIM

プラン名データ通信量月額料金
ベーシックプラン無制限525円
3.1GBプラン3.1GB900円
5GBプラン5GB1,450円
10GBプラン10GB2,260円
20GBプラン20GB4,050円
30GBプラン30GB5,450円

詳細ページ公式ページ

6位 BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

基本データ

  • 回線:ドコモ・au
  • 3日速度制限:低速通信のみあり
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 運営元:ビッグローブ株式会社

BIGLOBEモバイルが人気なのは、何と言ってもエンタメフリー・オプションが使えるからです。エンタメフリー・オプションとは、指定の動画・音楽アプリが月額480円で使い放題となるサービスです。

対象となる動画アプリは、Youtube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、Youtube Kidsです。注目はYoutubeが対象アプリに入っていること。これは嬉しいですよね。すぐに速度制限となる方は、Youtubeが元凶となっているのでは無いでしょうか?

月額480円でYoutubeを外出時も思う存分視聴できるのは動画好きにとって非常に魅力的なオプションです。その他、通話料が安くなるBIGLOBEでんわや無料でもらえるBIGLOBEメール、国内最大級のWi-FiスポットサービスであるBIGLOBE Wi-Fi(月額250円)などが利用可能。

最近はTVCMの露出でどんどんユーザー数を伸ばしているので、さらにサービス内容が充実してくるでしょう。エンタメフリー・オプションは他社には無いBIGLOBEモバイルだけのオプションなのでYoutubeが大好きな方は契約の最有力候補にしましょう。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名データ通信量月額料金
タイプDタイプA
音声通話スタートプラン1GB1400円1400円
3ギガプラン3GB1600円1600円
6ギガプラン6GB2150円2150円
12ギガプラン12GB3400円3400円
20ギガプラン20GB5200円5200円
30ギガプラン30GB7450円7450円

データ通信専用SIM

プラン名データ通信量月額料金
タイプDタイプA
3ギガプラン3GB900円1020円
6ギガプラン6GB1450円1570円
12ギガプラン12GB2700円2820円
20ギガプラン20GB4500円4620円
30ギガプラン30GB6750円6870円

詳細ページ公式ページ

7位 DMMモバイル

dmmモバイルのロゴ

基本データ

  • 回線:ドコモ
  • 3日速度制限:なし
  • データ繰り越し:あり
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 運営元:株式会社DMM.com

業界最安値を謳うDMMモバイル。実際、データ通信量別で他社と比較すると圧倒的な安さが目立ちます。小容量プランは1、2、3GBと細かく選択が可能。LINEやSNSが中心のライトユーザーなら、2GBあれば十分なので毎月の利用料金は1500円を切る計算に・・。恐ろしいほどのコスパです。

通信速度は遅い部類に入りますが、WEB閲覧や普通画質の動画再生は問題ありません。カウントフリーはLINE・SNS(Twitter、Facebook、Instagram)が月額250円で使い放題。初月は無料です。また、利用料金に対してDMMサービス全般に使えるDMMポイントが貯まるのも嬉しい特徴となっています。

セット購入できるSIMフリースマホは最新機種を中心に人気の端末が勢揃い。最安機種なら一括1万円ポッキリ。ハイクラスでも5万円台で購入が可能です。とにかく利用料金が安いDMMモバイル。通信費用の節約が何よりも大事な方にはベストな選択肢となりますよ。

料金プラン

音声通話SIM

プラン名データ通信量月額料金
ライト無制限1,140円
1GBプラン1GB1,260円
2GBプラン2GB1,380円
3GBプラン3GB1,500円
5GBプラン5GB1,910円
7GBプラン7GB2,560円
8GBプラン8GB2,680円
10GBプラン10GB2,890円
15GBプラン15GB3,980円
20GBプラン20GB4,680円

データ通信専用SIM

プラン名データ通信量月額料金
ライト無制限440円
1GBプラン1GB480円
2GBプラン2GB770円
3GBプラン3GB850円
5GBプラン5GB1,210円
7GBプラン7GB1,860円
8GBプラン8GB1,980円
10GBプラン10GB2,190円
15GBプラン15GB3,280円
20GBプラン20GB3,980円

詳細ページ公式ページ

4.格安SIMが向いている人とは?

(1)大手キャリアのサービスに依存していない

サービス内容が充実する大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)。しかし、過剰なサービス内容は人件費や設備費の増加で利用料金を押し上げる原因となっています。

大手キャリアが提供する、

  • キャリアショップ
  • キャリアメール
  • キャリア決済

などが生活から無くなっても構わない方は格安SIMが向いています。格安SIMはサービス内容を制限する代わりに、格安料金でユニークなプランに契約できます。

(2)やりたい放題の大手キャリアに不満がある

2年縛り、分かりにくい料金プラン、オプション加入などの余計な条件・・・国内で3社しか無い大手キャリアは競争相手がいないのを良いことに、企業の利益重視の様々な悪行を働いてきました。しかし、携帯電話が無いと困るのでユーザーは従わざるを得えません。

そんな状況を憂いて、総務省が主導で格安SIMを市場に投下。大手キャリアの独占状態を緩和しようと動いています。最近では端末の一括0円キャンペーンを規制するなど、あの手この手でユーザーを騙してきた大手キャリアにもメスが入りだしています。

これ以上、大手キャリアから搾取されたくない方は打開策として格安SIMに乗り換えましょう。

(3)通信費用を万単位で節約したい

格安SIMに乗り換えなくても不要な有料サービスを解約すればある程度の節約はできるでしょう。しかし、どんなに頑張っても節約できるのは月500円程度が限界。年換算すると1万円も変わりません。格安SIMに乗り換えると毎月の利用料金が平均で3000~4000円になります。

そして1年で節約できる金額はおよそ4~5万円。携帯電話は一生使い続けるものなので、2年、3年、5年、10年・・・と月日が積み重なっていけばとんでもない金額差になります。家族で格安SIMを使えば、1年で20万程度の節約ができるので数年で新車を購入できるほどの差となります。

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、編集部が厳選する格安SIMのおすすめランキングをご紹介しました。通信速度の速さ・利用料金の価格・サービス内容・サポート対応、すべてのバランスを考慮した結果のランキングとなっています。これから格安SIM・格安スマホを始める方は参考になったと思います。契約方法は公式サイトから申込むだけです。

格安SIMに乗り換えれば、浮いたお金を有効に使うことができますよ。ぜひ、素敵な格安SIMライフを送ってくださいね。

格安SIMランキング

格安スマホが投げ売りセール中
格安スマホをもっと安く買いたいなぁ。
どれだけ欲張りなの?あなたにおすすめの情報があるわ。

以下の格安SIMで、格安スマホ端末の激安セールが行われています。

楽天モバイル → 人気機種が大幅値下げ

IIJmio → 最安100円の端末あり

Y!mobile → iPhone 6sが540円

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。