格安スマホの乗り換え方法

10分で申し込み完了!格安SIMの手続き・購入の流れを解説

格安SIMの手続き

格安SIMの手続きはどうやればいいんだろう・・・

初めて格安SIMを利用する方は、手続きの方法がまったく分かりません。そのため、難しいとイメージしてしまいますが、結論から言うと非常に簡単です。

スマホの契約が苦手な方でも、10分で手続きが終わります。

この記事では、格安SIMの手続きについて詳しく解説していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

0.まずは手続きの流れを確認しよう(開通までは3日程度)

はじめに、全体の流れを確認してね。

格安SIMの手続きは、以下の3ステップで行います。

  1. 格安SIMで利用する端末を決める
  2. 公式サイトで格安SIMを申し込む(10分)
  3. 開通手続き・初期設定を行う(5分)

手続自体は10分くらいで終わります。やり方は、公式サイトから必要事項を入力するだけです。

オンライン契約の場合ですが、およそ2~3日後にSIMカードが到着して、格安SIMに切り替えることができます。SIMカードの配送を待つ間も、今の携帯会社で通話・ネットが使えるので安心して下さい。

次章から、より詳しい手続きの内容を見ていきます。

\毎月のスマホ代が4000円OFF/格安SIMの総合比較詳しくはこちら>>

【STEP1】格安SIMで利用する端末を決める

格安SIMの手続きを知りたいのですが・・。
具体的な手続きに入る前の準備よ。まずは、格安SIMで利用する端末を決めておくの。

1-1.手持ちの端末(iPhone含む)で格安SIMが使える

格安SIMでは手持ちの端末をそのまま利用することができます。もちろん、iPhoneも対象です。

手持ちの端末を使う際は、以下の2点に気をつけましょう。

  • キャリアと同回線の格安SIMに申し込む
  • SIMカードサイズを合わせる

キャリアと同回線の格安SIMに申し込むとは、ドコモのスマホなら、ドコモ系の格安SIMへ、auのスマホならau系の格安SIMを使います。

キャリア別の格安SIM選びは、以下の記事も参考にして下さい。

SIMカードサイズは、標準・nano・microの3種類。メーカーページか端末の説明書から確認できますよ。

格安SIMを申し込む際は、SIMカードサイズを間違えないように注意して下さいね。

lineモバイルの申込み12SIMカードサイズの選択画面

1-2.新しい端末が欲しいならSIMカードとセット契約

格安SIMの契約と同時に、新たな格安スマホ端末(SIMフリースマホ)をセットで購入できます。 家電量販店や中古販売店は、SIMカードと端末の購入が別となりややこしいため、おすすめしません。

端末は分割払いOK。安い端末なら500円×24ヶ月の支払い(総額12000円)程度で購入可能です。

端末セットの選択

最近は安くても高機能なSIMフリースマホが手に入ります。おすすめの端末は、「最新SIMフリースマホを比較」の記事で詳しく解説しています。

なお、iPhoneが欲しい場合は、「iPhoneをセット購入できる格安SIM」の記事を参考に。

【STEP2】公式サイトで格安SIMを申し込む(10分)

いよいよ申し込みですね。
ええ、手続きは簡単だけど、いくつかポイントがあるから確認してちょうだい。

2-1.まずは、契約先の格安SIMを決めよう

まずは、契約する格安SIMを決めます。主要な格安SIMだけでも30社以上あるため、初心者にとってはなかなか難しい作業です。

以下のポイントを参考に、お気に入りの格安SIM会社を見つけてみましょう。

  • 利用料金の安さ
  • 通信速度
  • 独自のサービス

さらに詳しくは、「おすすめの格安SIMを比較」の記事を参考にして下さい。自分にぴったりの1社が見つかりますよ。

2-2.電話番号を引き継ぐならMNP予約番号を取得

現在の電話番号を引き継ぐ場合は、事前にMNP予約番号を取得して下さい。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)

取得したMNP予約番号は、格安SIMを申し込む際に入力します。

lineモバイルの申込み8MNP予約番号の入力画面(LINEモバイル)

これで、現在の電話番号を引き継ぐことが可能です。MNP予約番号には期限があるので、取得したらすぐに格安SIMの手続きを行いましょう。

2-3.申し込みはネット契約で10分

格安SIMの申し込みは、実店舗かネット契約を選びます。大手キャリアと違い、実店舗が極端に少ない格安SIM。通常はネット契約を使います。

ネット契約は対面で質問ができませんが、チャットサポートもありますし、誰でも簡単に契約が可能です。

申し込みは10分もあれば完了します。当然ながら、店舗と違って待ち時間は不要です。本人確認書類を準備して、格安SIM会社の公式サイトへアクセスしましょう。

2-4.SIMカードの種類と料金プランを決めよう

格安SIM会社の公式サイトへアクセスできたら、さっそく申し込みを進めていきましょう。

主に選択するのは、

  • SIMカードの種類
  • 料金プラン

の2点です。SIMカードの種類は、音声通話SIMとデータSIMの2種類があります。

音声通話SIMは、090や080など電話番号が利用できるSIMカードです。MNPで電話番号を引き継ぐ場合は必ず音声通話SIMを選びましょう。

データSIMは、通話が出来ないネット・アプリ専用のSIMカードです。オプションでSMS機能を付けることができます。

料金プランは、毎月のデータ使用量から決めましょう。 あとでプラン変更も無料で出来るため、とりあえず2~3GB程度のプランで始めるといいですよ。オプションでかけ放題を付けることも可能です。

申し込みが完了したら、SIMカードの到着を待ちましょう。SIMカード配送中でも、現在の携帯会社で通話もネットも使用可能です(格安SIMへの切り替えは開通手続き後)。

支払いはクレジットカードが基本

基本的に格安SIMの支払いは、本人名義のクレジットカードのみ対応です。ただし、一部の格安SIMでは口座振替が使えます。

口座振替は利用条件もあるので、詳しくは「口座振替対応の格安SIM」の記事を確認して下さい。

【STEP3】開通手続き・初期設定を行う(5分)

いよいよ格安スマホデビューですね。
そうね、あと一歩ですべての手続きは終わるわよ。

SIMカードが届いたら、開通手続き(MNPの場合)と初期設定(手持ちの端末を使う場合)を行います。

3-1.SIMカードが届いたら開通手続き(MNPのみ)

電話番号を引き継ぐ方は開通手続きを行います。手順は、送付されたマニュアルに記載されています。

開通作業の図

ほとんどのパターンは、開通連絡の電話を入れるだけ。格安SIM会社によってはネットから開通連絡もできます。

開通センターに連絡したら、15分から1時間程度で回線切り替え(MNP転入)が完了します。 なお、以前の携帯会社は回線切り替えが完了した時点で自動解約となります。

3-2.手持ちの端末を使うなら初期設定が必要

初期設定では、APN設定と呼ばれるネットに接続するための作業を行います。初心者でも3分くらいで設定可能です。

手順ですが、まずは送られてきたSIMカードを端末に挿入しましょう。

イオンモバイルのSIM挿入

その後、マニュアル内に記載されているAPN情報を指定の箇所(設定アプリ内)に入力します。

楽天モバイルのAPN設定

iPhoneの場合は、APN構成プロファイルというアプリをインストールするだけなので、さらに簡単です。

以上で、すべての格安SIMの手続きは終了です。端末が変わるならデータ移行も忘れずに行っておきましょう(専用アプリで簡単にできます)。

4.【まとめ】格安SIMの手続きはめちゃくちゃ簡単

格安SIMの手続きは難しそう・・とイメージしていた方も、この記事で簡単に申し込めることが分かったかと思います。

ネット契約なら、実際の手続きは10分程度。最後の初期設定も5分足らずで完了します。 わざわざ実店舗に出向く必要もありませんよ。

まだ、契約先の格安SIMが決まっていない方は、以下の記事を参考に決めてみて下さいね。

格安スマホが投げ売りセール中
格安スマホをもっと安く買いたいなぁ。
どれだけ欲張りなの?あなたにおすすめの情報があるわ。

格安スマホがセールで凄いことになっています。

1.【楽天モバイル】人気機種が大幅値下げ(4/11まで)

こちらをご覧ください。

■セール中の端末(一部)

通常価格セール価格
HUAWEI
nova 3
54800円49880円
(分割2244円)
HUAWEI nova
lite 2
25980円6880円
(分割309円)
AQUOS sense2
SH-M08
29800円14880円
(分割669円)
AQUOS sense lite
SH-M05
29800円6880円
(分割309円)
ZenFone 552800円39780円
(分割1790円)
arrows M0434800円26780円
(分割1205円)
AQUOS sense2SH-M08って発売されたばかりだったような・・。

冗談抜きで安いです。

セールは在庫限りで終了↓

その他の情報

Y!mobileがiPhone 6s(32GB)を一括500円で投げ売りしています。詳しくは「こちらの記事」にて。

また、「LINEモバイル」でLINEポイント5000円分が貰えます(4/22まで)。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。