楽天モバイル

時間無制限は終了?楽天モバイルのかけ放題を完全ガイド

楽天モバイルのかけ放題

楽天モバイルではどんなかけ放題が使えるの・・・?

楽天モバイルでは楽天でんわを使用したかけ放題が用意されています。毎月の通話回数が多い方はかけ放題オプションの内容が気になりますよね。

この記事では、楽天モバイルで利用できるかけ放題について詳しく解説。契約すべき人についても検証しています。毎月の通話料を安く抑えたい方はぜひ参考にして下さいね。

1.楽天モバイルで利用できるかけ放題とは?

まずは楽天モバイルのかけ放題について詳しいサービス内容を見ていきましょう。

1-1.楽天でんわ 5分かけ放題のみ申し込み可能

楽天モバイルでは楽天でんわ5分かけ放題を利用することができます。5分以内の国内通話であれば回数無制限で使い放題です。短い通話を頻繁に繰り返す方は重宝できるでしょう。
5分を過ぎても半額の通話料で通話できます。

楽天でんわ 5分かけ放題のオプション料金は月額850円。対象は通話SIMのみ、データSIMでは利用できません。楽天でんわ 5分かけ放題は楽天でんわアプリを経由する必要がありますが、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比べて半額程度の安さで利用できます。

また、アプリ経由と言ってもIP電話ではないため通話品質は良好です。楽天でんわは国際電話にも対応しています。なお、楽天でんわのサービス自体は誰でも利用できます。しかし、5分かけ放題のサービスは楽天モバイル契約者のみの提供サービスとなります。

1-2.利用料金は大手キャリアの半額

楽天モバイルの5分かけ放題を大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比較してみましょう。

携帯会社 5分かけ放題 プラン名 月額利用料金
楽天モバイル 楽天でんわ 5分かけ放題 850円
au スーパーカケホ 1700円
ドコモ カケホーダイライトプラン 1700円
ソフトバンク スマ放題ライト 1700円

比較結果を見ると楽天モバイルは大手キャリアからちょうど半額で5分かけ放題を利用できることになります。楽天モバイルは楽天でんわを経由するためやや発信の手間が発生しますが、それでもデメリットを許容できるだけの金額差です。データ通信費も加味するとさらに金額差は広がります。

1-3.楽天でんわのメリット・デメリット

5分かけ放題オプションは楽天でんわアプリを経由します。楽天でんわとは格安の通話サービスで、スマホユーザーなら誰でも利用可能。月額料金も無料です。

そんな楽天でんわには以下のメリット・デメリットがあります。

メリット

  • IP電話ではないため通話品質がいい
  • 相手に番号通知してくれる
  • 通話料が半額の10円/30秒

楽天でんわは通常の音声回線を使うため音質がいいです。IP通話アプリではありません。また、050アプリと違って自分の電話番号で発信できるのもメリット。相手先にも自分の電話番号が表示されるため非通知扱いになることはありません。

そして最大のメリットなのが通話料金。国内・海外問わず10円/30秒で、通常の通話料金の半額の値段となっています。料金が安い理由は中継電話(プレフィックス)を使用するから。音声回線の途中を中継電話(プレフィックス)に切り替えて接続することでコストを下げているのです。

元々の通話料金が安いため、楽天モバイルで5分かけ放題が月額850円で提供できる理由がよくわかりますね。

デメリット

  • 緊急電話(110/119など)が使用できない
  • 発信に手間がかかる

楽天でんわで注意したいのは緊急電話(110/119など)が使用できないこと。もしもの場合は、楽天でんわを使わずに通常通話で発信する必要があります。そして最大のデメリットなのが発信の手間。発信する際は楽天でんわアプリを立ち上げるか頭に003768を付ける必要があります。

楽天モバイルの公式サイトには小さな文字でしか書かれていませんが、発信の手間は頻繁に通話するユーザーにとって大きなデメリットとなります。

1-4.楽天モバイルのかけ放題に申し込むべき人

楽天モバイルが提供する5分かけ放題は契約者全員が使うべきサービスだとは思いません。
普段の通話状況によって必要な人もいれば、不要な人もいます。楽天モバイルのかけ放題に申し込むべきなのは、毎月の通話時間が43分を超える方です。

楽天モバイルの5分かけ放題オプションは月額850円かかります。そして、オプション料金不要で使える楽天でんわの通話料は10円/30秒。楽天でんわで月額850円の元を取るには43分間の通話時間が必要です。つまり、43分以下の通話時間なら月額850円を下回るため5分かけ放題を付けない方がいいです。

楽天モバイルのかけ放題を付けるべきか迷っている方は、先月・先々月の通話時間を見直してみましょう。LINEなど無料通話アプリを除き、通話時間が43分を超えていない場合はかけ放題を付ける必要はありませんよ。

1-5.かけ放題オプションの申し込み・解約方法

かけ放題オプションは新規契約時でも契約途中でも申込みが可能です。新規契約の際は端末セット、料金プランを選んだ後に「お客様情報入力」の画面から申込みます。楽天でんわに関する同意にチェックを入れて、「楽天でんわ 5分かけ放題 by 楽天モバイルを申し込む」を選択しましょう。

楽天モバイルかけ放題

かけ放題が不要な方も、月額料金は無料なのでとりあえず楽天でんわに申し込んでいくといいですよ。楽天モバイル契約後にかけ放題オプションを付ける場合はメンバーズステーション(マイページ)の会員メニューから「5分かけ放題」の項目をタップして手続きが行えます。

スーパーホーダイは5分かけ放題がセット

楽天モバイルの料金プランはスーパーホーダイと組み合わせプランに分かれます。スーパーホーダイは最初から5分かけ放題がセットになったプランです。そのため、5分かけ放題オプションの申込み・解約は不要となります。

手続きの手間が減るので、後々解約する予定が無い方はスーパーホーダイで申し込むといいでしょう。組み合わせプランはかけ放題がオプション扱いとなります。

あわせて読みたい
楽天モバイル スーパーホーダイ
楽天モバイルのスーパーホーダイを実際の評判から通信速度まで全解説楽天モバイルでスーパーホーダイって評判いいの・・・? 楽天モバイルでは、かけ放題がセットになったスーパーホーダイが契約できます。楽...

解約は違約金無しでいつでも可能

5分かけ放題オプションの解約は契約途中でも可能です。特に違約金は無いので不要になったらいつ解約しても構いません。解約方法はメンバーズステーションの「オプション解約申請」→「オプションサービス解約手続きへ」をタップ。オプション一覧から5分かけ放題を選んで解約手続きを行いましょう。

2.楽天モバイルの無制限かけ放題は終了

楽天モバイルで以前利用できた時間無制限のかけ放題(楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル)。しかし、2018年3月31日でサービスが終了しました。

楽天モバイルには通話定額がありません。そのため、5分かけ放題か無制限かけ放題の2択だったのですが、現在は5分かけ放題しか選べません。ここでは、なぜ無制限かけ放題は終了したのか理由を考察してみます。

2-1.無制限かけ放題はなぜ廃止されたのか

楽天モバイルの公式発表では、楽天でんわ かけ放題が終了した理由については特に触れられていませんでした。ですので、あくまで推測になりますが、廃止の理由は加入者が増えずにこの先投資費用を回収できないと判断したからだと思われます。

加入者が増えなかった理由は価格設定でしょう。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の無制限かけ放題は月額2700円です。対して楽天モバイルの無制限かけ放題は月額2380円。その差はわずか320円です。

楽天モバイルのかけ放題は楽天でんわを経由する必要があるため、320円の金額差であれば大手キャリアを選ぶ方が賢明です。また、他の格安SIM会社が月額800円台で10分かけ放題のサービスを提供し始めたのも加入者を減らす追い打ちをかけたと予想できます。

時間無制限の楽天でんわ かけ放題はサービス開始から1年経たずして廃止。音質の良さや楽天ブランドで強気の価格設定を打ち出したのかもしれませんが、現実は厳しく早々に撤退する運びとなってしまいました。

2-2.無制限かけ放題が使える格安SIM

時間無制限のかけ放題を使いたいなら楽天モバイルの契約は諦めざるを得ません。大手キャリアに留まるのも一つの手ですが、格安SIMでも時間無制限のかけ放題が使用できます。
格安SIMで時間無制限のかけ放題が利用できるのは以下の2社です。

(1)Y!mobile スーパーだれとでも定額

Y!mobile」のスーパーだれとでも定額は文字通り誰とでも通話時間・通話回数が無制限で使えるかけ放題です。オプション料金は月額1000円となります。かけ放題の内容は専用アプリを経由しない大手キャリアと同じシステム。すべての格安SIMの中で最強のかけ放題プランと言えるでしょう。

5~10分のかけ放題でも専用アプリ経由で850円程度かかります。月額1000円で完全無制限のかけ放題が使えるのは国内でY!mobileだけとなります。

あわせて読みたい
かけ放題
料金は安い?Y!mobile(ワイモバイル)のかけ放題を全解説Y!mobileではどんなかけ放題が利用できるの・・・? Y!mobile(ワイモバイル)では、通話料を抑えることができるかけ放題...

(2)OCNモバイルONE トップ3かけ放題

OCNモバイルONE」が提供するトップ3かけ放題は、通話時間が長い3人を相手に時間無制限のかけ放題が使えます。オプション料金は月額850円。OCNでんわを経由したかけ放題となります。月額1300円を支払えば、トップ3かけ放題に相手を特定しない10分かけ放題を付けることができます(かけ放題ダブル)。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では楽天モバイルのかけ放題について詳しく解説してきました。楽天モバイルでは月額850円で5分かけ放題を利用できます。通話品質も良く国際電話も使えるため、使い心地はとてもいいです。毎月43分以上通話する方はかけ放題を付けた方が安上がりなので、オプション契約を検討しましょう。

スーパーホーダイで契約する場合は、最初から5分かけ放題が付いているので申込みは不要です。時間無制限のかけ放題については既にサービス終了しているため、5分かけ放題でやりくりするか諦めて他社を使うしかありません。ご自身の通話頻度・通話時間を考慮して最善の選択をしてくださいね。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

2018年6月の注目キャンペーン

  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • IIJmio:初期費用1円、みおふぉん1年間300円割引、データ容量1年間3GB増量(7/31まで)
  • DMMモバイル:月額基本料900円 が3ヶ月割引(7/5まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(6/30まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(6/30まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。