楽天モバイル

【2018年】楽天モバイルで購入すべきおすすめ端末4選

楽天モバイルのおすすめ端末

楽天モバイルで購入できる端末はどれがおすすめなの・・・?

楽天モバイルはSIMフリースマホの種類が豊富なので、幅広く端末選びすることができます。選択肢が多いのはいいことですが、初心者にとってはどれがいいのかまったく分かりません。何となく安い機種を買って後悔するのも嫌ですよね。

この記事では、楽天モバイルで購入できるおすすめ端末を厳選。記事を読めば自分にぴったりの一台を見つけることができます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.楽天モバイルのおすすめ端末4選

さっそく、楽天モバイルのおすすめ端末をご紹介していきます。SIMカードとセットで購入できる楽天モバイルの端末は、すべてSIMフリースマホです。キャリア端末と違ってSIMロックがかかっていません。楽天モバイルから他社に乗り換える際もSIMロック解除無しで持ち込み契約が可能です。

1-1.ZenFone5

zenfone5
発売日 2018年5月18日
販売価格 52800円
画面サイズ 6.2インチ
重量 165g
CPU Snapdragon 636
RAM(メモリ) 6GB
ROM(ストレージ) 64GB
カメラ性能 アウトカメラ 1200万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー 3300mAh
カラー ブラック、シルバー
防水
おサイフケータイ
ワンセグ

おすすめポイント

5万円台ながら最新iPhoneと並ぶスペックを持つZenFone5。SIMフリースマホを常にリードしてきたZenFoneシリーズの傑作機種です。特筆すべきは6.2インチの迫力のある大画面とパソコン級の6GBメモリ。動画・ゲームが好きな方は最高の相棒となるでしょう。

ZenFone5はシリーズ初の試みとなるAIを搭載。CPUの最適化で常にサクサクとしたレスポンスを実現。カメラのセッティングも自動化されています。液晶画面の明るさもAIが常に調整してくれますよ。

カメラにもAIが搭載されているので、被写体に合わせて最も綺麗な設定で撮影してくれます。そのため、インスタ映えする写真を撮るために何度も撮り直ししなくて済みます。その他、SIMフリースマホでは珍しいデュアルVoLTE(4G+4G)にも対応しています。

デュアルSIM・デュアルスタンバイ」では実現できなかった、2枚のSIMカードで音声・データ通信を4G通信することが可能です。

ここが惜しい

全体的に決定的な弱点が無いZenFone5。惜しいポイントを挙げるとすれば、防水機能でしょうか。ここまで高性能なら防水にも対応してほしかったです。その他、海外製の端末なので、おサイフケータイやワンセグなど日本製独自の機能も使用できません。

1-2.HTC U11 life

HTC U11 life
発売日 2018年3月19日
販売価格 29800円
画面サイズ 5.2インチ
重量 142g
CPU Snapdragon 630
RAM(メモリ) 4GB
ROM(ストレージ) 64GB
カメラ性能 アウトカメラ 1600万画素
インカメラ 1600万画素
バッテリー 2600mAh
カラー ブルー、ブラック、ホワイト
防水
おサイフケータイ
ワンセグ

おすすめポイント

Android One X2のベースモデルとしてHTCから発売されたHTC U11 life。着目すべきは、ハイスペックな機能を備えながらも販売価格が29800円であること(キャンペーン価格)。分割払いなら1341円で購入できます。

HTC U11 lifeは防水機能を搭載。日本製なのでおサイフケータイ、ワンセグにも対応しています。さらに着目すべきはカメラ性能の高さ。アウトカメラ1600万画素も十分ですが、インカメラで1600万画素は驚異的です。約3万円の機種で1600万画素を持つSIMフリースマホを筆者は知りません。

インカメラの出来栄えですが細部まで鮮明に被写体を映し出すため非常に高品質です。iPhoneや最新のSIMフリースマホでも800万画素程度なので、HTC U11 lifeは相当クオリティの高いセルフィーが撮れます。

その他、音質にこだわっているのも地味に嬉しいポイント。ハイレゾオーディオ搭載で、ノイズキャンセリングイヤホンも本体とともに同梱されています。4GBメモリ、64GBのストレージも十分過ぎる性能です。薄くて軽いので女性や子供におすすめしたい端末です。

ここが惜しい

価格に対するパフォーマンスが優れるHTC U11 life。欠点を挙げるとすれば、バッテリーのカバーの種類でしょうか。2600mAhのバッテリー容量は決して少なくはありませんが、できれば3000mAhあるとさらに高評価でした。メモリやCPUの性能が高いため犠牲になった感があります。

また、HTC U11 lifeはSIMフリースマホの中ではマイナーな位置づけ。カバーの種類は少ないです。カバーを探す時はAndroid One X2で検索した方がいいかもしれません。中身が同じ機種なのでHTC U11 lifeにも使用できます。

1-3.HUAWEI nova lite2

novalite2
発売日 2018年2月9日
販売価格 25980円
画面サイズ 5.65インチ
重量 143g
CPU Huawei Kirin 659
RAM(メモリ) 3GB
ROM(ストレージ) 32GB
カメラ性能 アウトカメラ 1300万+200万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー 3000mAh
カラー ブルー、ブラック、ゴールド
防水
おサイフケータイ
ワンセグ

おすすめポイント

SIMフリースマホの中でトップクラスの人気を誇るHUAWEI nova lite2。実際の売上はもちろん、使いやすさ、専門家からの評価も高く常に上位にランクインする人気機種です。HUAWEI nova lite2のおすすめポイントは何と言ってもコスパの高さです。オール80点の優秀なスペックに対して25980円は安すぎます。

執筆時点ではキャンペーンで7000円(通話SIMのみ)となっています。キャリア端末(au・ドコモ・ソフトバンク)では実現できない、SIMフリースマホならではの低価格です。しかし、価格が安いからと言って致命的な欠点があるわけではありません。

迫力のある画面に頑丈なボディ。メモリ、CPU、バッテリー容量もすべて合格点です。ジャイロ機能の搭載情報が無いのですが、仮想ジャイロでポケモンGOをARモードで楽しむことが可能。3Dゲームにも十分耐えられるスペックなのでゲーマーとっても使いやすい端末でしょう。

カメラ性能も申し分ありません。初めてのSIMフリースマホで何を選べばいいのか分からない時はHUAWEI nova lite2を購入すれば間違いありません。人気機種なのでネットに情報も多いですし、周辺機器も充実しています。

ここが惜しい

致命的な欠点がなくコスパのいいHUAWEI nova lite2。ですが、裏を返せば特筆しているポイントが無いのが欠点でしょうか。カメラ性能、操作性、メモリ・CPUとあらゆる機能が充実していますが、トップの性能ではありません。

普通にスマホが使えたらいいという方には十分ですが、ハイスペックを求める方は満足できないでしょう。その他、防水機能が付いていないのもデメリットとなっています。

1-4.AQUOS R Compact SH-M06

aquos r compact shm06
発売日 2018年2月9日
販売価格 64800円
画面サイズ 4.9インチ
重量 140g
CPU Snapdragon 660 SDM660
RAM(メモリ) 3GB
ROM(ストレージ) 32GB
カメラ性能 アウトカメラ 1640万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー 2500mAh
カラー ホワイト、ブラック
防水
おサイフケータイ
ワンセグ

おすすめポイント

日本製のSIMフリースマホ、AQUOS R Compact SH-M06。4.9インチとコンパクトサイズながらベゼルが狭いため迫力のある映像を楽しめます。防水性能が高く画面に水が付いている状態でも操作可能。お風呂にスマホを持っていきたい方にもおすすめです。

また、日本製らしくGPSはみちびき対応。GPS精度が非常に高いため、カーナビを頻繁に利用する方は心強い味方になってくれます。その他、1640万画素のカメラ性能やハイレゾ対応も嬉しいポイント。AQUOSのエンタメにこだわる気持ちが伝わります。

Jアラートにも対応しているため、緊急地震速報や津波警報も受信できますよ。シニア世代にも親切で使いやすい設計となっています。

ここが惜しい

AQUOS R Compact SH-M06の残念なポイントは値段です。日本製のSIMフリースマホは全体的に値段が高いのですが、64800円はかなり高額な部類に入ります。全体的に高品質な機種ですが、3GBメモリや2500mAhのバッテリー容量はミドルスペッククラスです。

純粋にスペックだけを見れば64800円相当の価値は無いでしょう。AQUOS R Compact SH-M06は日本製独自の機能が欲しい方や初めてのスマホで安心したい方におすすめできる端末です。

1-5.目的別で端末を選ぶ

目的別に端末を選びたい場合は以下を参考にして下さい。項目別におすすめ端末を掲載しています。

とにかく安い

  • ZTE BLADE E02:16800円(キャンペーン780円)
  • HUAWEI nova lite2:25980円(キャンペーン6800円)
  • ZenFone4 Max:19800円(キャンペーン9250円)

防水対応

  • AQUOS sense lite SH-M05:29800円(キャンペーン12800円)
  • CAT S60:89800円
  • AQUOS R Compact SH-M06(キャンペーン47700円)
  • HUAWEI Mate10 Pro:89800円(キャンペーン69800円)

おサイフケータイ対応

  • AQUOS sense lite SH-M05:29800円(キャンペーン12800円)
  • AQUOS R Compact SH-M06:67800円(キャンペーン47700円)
  • HTC U11 life:39800円(キャンペーン29800円)

iPhone

  • iPhoneSE:41800円(キャンペーン12700円)
  • iPhone6s Plus:72800円

価格は常に変動しているので、最新情報は楽天モバイルの公式サイトより確認して下さいね。

2.楽天モバイルの端末購入に関するQ&A

2-1.分割払いで購入できる?

楽天モバイルではすべての機種で分割払いに対応しています。ただし注意したいのが支払手段。楽天モバイルの支払手段は、

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

の3種類ありますが、口座振替は端末代金の分割払いに対応していません。楽天モバイルに申込み後、代金引換で配達業者に一括払いを行います。クレジットカードとデビットカードは、分割払いに対応しています。

分割回数は24回と決まっているため、こちらで選ぶことはできません。24回払いといっても2年縛りではないため途中で解約することは可能です。分割払いの場合は分割手数料がかかりますが、楽天カードなら手数料が無料となります。

2-2.端末補償は付けられる?

すべての機種で端末補償を付けることができます。オプション料金は月額500円。正直、他社と比べて若干高いのですが、端末故障時は交換対応をしてくれます(修理はパソコンのみ)。バッテリー交換には対応していませんが、液晶割れや水没、突然のフリーズなどが補償対象です。

楽天モバイルの端末補償ですが、機種交換の際は別途費用が4000~7000円かかります。
2年間オプションに加入して1回交換するとしたら、最低でも16000円の支払いが必要です。

そのため、2~3万円程度の機種ならオプションを付ける必要は無いでしょう。16000円を蓄えておき、次の新品機種を購入する費用に充てたほうが賢明です。端末補償を付ける際は、端末代金が最低でも4万円以上の高級機種に限定しましょう。

楽天モバイルの端末補償
楽天モバイルの端末保証(補償)とは?端末故障時の修理対応を調査楽天モバイルでは端末保証を利用できるの・・・? 端末が故障すると高額な修理費用がかかる場合があります。そんな時に頼りになるのが端末...

2-3.キャンペーンは利用できる?

楽天モバイルは他の格安SIMと比べて頻繁に端末代金の割引キャンペーンを行っています。例えば、人気機種の価格となっています。HUAWEI nova lite2は通常25980円なのに対して、キャンペーン価格が6800円です。

6800円(分割払いは306円×24回)はすべてのSIMフリースマホでも最安レベルです。通常は使い物にならない機種の価格帯なのですが、楽天モバイルでは人気機種のHUAWEI nova lite2がこの金額になっています。

魅力的なキャンペーンですが、注意点として適用条件が通話SIMに限定されることを覚えておきましょう。解約時の違約金がないデータSIMでキャンペーンが利用できると、転売する人が続出してしまいます。

その他、一時的なキャンペーンとしてスーパーセールが開催されることがあります。スーパーセールとはいわゆるタイムセールのことで、1日あるいは1時間限定で投げ売りのような金額で端末を購入することができます。

ただし、開催時期は不定期なのでいつ利用できるかは分かりません。スーパーセールが開催されていたらかなりラッキーです。一瞬で在庫切れとなるため、すばやく購入した方がいいですよ。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では楽天モバイルで購入できるおすすめの端末をご紹介しました。かなり厳選しましたが、どの機種も満足度が高く外さないSIMフリースマホです。端末はメリットだけでなくデメリットも必ずあるので、自分の用途に合っているかしっかりと考えてから購入を決めましょう。

スーパーホーダイ」か組み合わせプランの通話SIMで契約する場合はキャンペーン価格で端末を購入できますよ。

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。