格安SIM・格安スマホ

月10GB使えるおすすめの格安SIMを完全比較

格安SIMの料金プランの中で大容量プランと呼ばれ始めるのが10GBプランです。アプリのダウンロードや動画視聴をある程度利用する人に向いています。WEBサイト閲覧やLINE・SNSくらいなら十分過ぎるデータ容量です。

今回は10GBプランが使える格安SIMを比較してみました。少しデータ容量の多い格安SIMの契約を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

データ容量別の比較

データ容量料金目安
(月額)
おすすめな人
1GB1350円普段はLINEしか使わない
とにかくスマホ代を最安値にしたい
3GB1700円LINEとSNSをよく使う
スマホ代を月額2000円以内に収めたい
5~6GB2200円動画を少し楽しみたい
通話料含めて3000円以内に収めたい
7GB2600円移動中はゲームが手放せない
WEBサイト閲覧が好き
10GB3250円速度制限にかかりたくない
動画を思いっきり楽しみたい
20GB以上4700円~テザリングをたくさん使いたい
シェアプランで契約したい

1.月10GBの格安SIMを選ぶ方法

(1)安さだけでなく通信品質を大事にする

同じ10GBなら安いほうを選びがちですが、通信品質も判断基準に入れることが大切です。あまりに通信品質が悪いと通信速度がいつも低速で、ゲームや動画再生の際にイライラします。格安SIMは大手キャリアよりも通信品質が劣ります。そんな格安SIMの中でもさらに通信品質が劣れば、快適にデータ通信をすることは不可能です。

せっかく10GBも使うのであれば、気持ちよくデータ通信ができる通信品質に優れた格安SIMを選びましょう。

(2)音楽・動画・SNSのカウントフリーを考慮する

カウントフリーを考慮すれば、10GBのデータ容量が控えめに言っても15GBくらいに倍増します。動画のカウントフリーなら実質30GB以上に増えるでしょう。カウントフリーとは、特定アプリに対してデータ使い放題となるサービスのこと。うまく活用すれば、データ容量を節約できます。

格安SIMのカウントフリーで使えるのは、音楽・動画・SNSのサービスです(LINEモバイルならLINEアプリも対象)。Instagramが手放せない、あるいはYoutubeで毎月速度制限にかかっている・・そんな場合は、カウントフリーをうまく活用すれば、月10GBまでの枠にとらわれず、快適なデータ通信を楽しめますよ。

(3)テザリングの利用条件も考慮

ひと月で10GB使えると、他の通信機器にネット接続できるテザリングの利用も視野に入ってきます。便利なテザリング機能は、格安SIMなら無料で利用可能。どの通信事業者でも使えます。ただし、テザリングの利用条件は各社で異なるので注意。

特に、手持ちの端末を使用する場合は(SIMカード単体契約)、回線との相性によってテザリングが使えない場合があります。契約前に、テザリングの利用条件をしっかりと確認しておきましょう。

2.月10GBでおすすめの格安SIMを比較

格安SIM月額料金
(10GB)
通信速度カウント
フリー
テザリング
LINEモバイル3,220円まる20Mbps二重丸LINE・SNS二重丸
mineo3,130円まる20Mbpsバツ二重丸
楽天モバイル2,960円まる15Mbpsバツまる
OCNモバイル
ONE
3,000円三角10Mbpsまる音楽三角
DMMモバイル2,890円バツ5MbpsまるSNS三角
nuroモバイル3,000円まる20Mbpsバツまる
QTモバイル3,250円三角10Mbpsバツ三角

(1)【SNS使い放題&通信品質が良好】LINEモバイル

lineモバイル

LINEモバイルは月額料金が割高に見えますが、LINEアプリとSNS(Twitter、Instagram、Facebook)のカウントフリーが無料で付属しているので、実質的には10GBプランで最安値と言えるでしょう。LINE、SNSのカウントフリーが無料で付く格安SIMはLINEモバイルの他にはありません。

SNSが使い放題なので、動画再生やWEBサイト閲覧に使うデータ容量を残しておくことができます。利用できる回線はドコモとソフトバンク。最近は通信速度がどんどん上がっていて、格安SIMの中ではトップクラスのスピードを叩き出しています。10GBプランの格安SIM選びで迷ったら、LINEモバイルを選んでおけば価格・サービス面ともに間違いありません。

10GBプランの料金

■コミュニケーションフリープラン

  • 音声通話SIM:3,220円
  • データSIM:2,640円

■MUSIC+プラン

  • 音声通話SIM:3,520円
  • データSIM:2,940円

カウントフリー(無料)

LINE、Twitter、Instagram、Facebook

テザリング条件

■iPhone

  • ドコモ回線 → au版iPhoneが利用不可
  • ソフトバンク回線 → 利用可

■Android

  • ドコモ回線 → ドコモ版Androidが利用不可
  • ソフトバンク回線 → 利用可

詳細ページ公式ページ

(2)【ユニークなサービス内容が魅力】mineo

mineo

mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムが手掛ける格安SIMです。フリータンクやマイネ王といった他社にはないユニークなサービスが人気を呼び、2018年には契約回線数が100万を突破しています。

速度切り替えやバースト転送、繰り越しやパケットシェアなど、格安SIMを使う上で必要な機能が一通りそろっており、サービス内容を重視する人におすすめの格安SIMです。また、au回線(Aプラン)、ドコモ回線(Dプラン)、ソフトバンク回線(Dプラン)とトリプルキャリアに対応しているのも特徴です。

手持ちの端末で契約したい場合は、自分の端末に合わせて回線を選べます。トリプルキャリア対応なので、テザリングも利用しやすいです。最近はやや回線が重たい印象ですが、それでも通信品質は標準以上をキープしています。

10GBプランの料金

■Aプラン

  • 音声通話SIM:3,130円
  • データSIM:2,520円

■Dプラン

  • 音声通話SIM:3,220円
  • データSIM:2,520円

■Sプラン

  • 音声通話SIM:3,570円
  • データSIM:2,610円

カウントフリー

なし

テザリング条件

■iPhone

  • Aプラン・Sプラン → 利用可
  • Dプラン → au版iPhone不可

■Android

  • Aプラン・Sプラン → 利用可
  • Dプラン → ドコモ版Android不可

詳細ページ公式ページ

(3)【楽天スーパーポイントが貯まる】楽天モバイル

楽天モバイル

楽天グループの格安SIM「楽天モバイル」。楽天スーパーポイントに対応しており、毎月の利用料100円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントで楽天モバイルの月額料金を支払うことができるので、楽天グループのサービスを普段からよく使っている人ならお得です。

通信速度も比較的速く、格安SIMの速度が低下する平日のお昼を除けば動画視聴なども快適です。直近3日間の速度制限もありません。カウントフリーはありませんが、楽天スーパーポイントの付与や楽天会員割など、徹底的な楽天ユーザーへの厚遇だけで十分です。端末代金も楽天スーパーセールの時期なら、驚くほど安く購入できますよ。

10GBプランの料金

  • 音声通話SIM:2,960
  • データSIM:2,380円

カウントフリー

なし

テザリング条件

  • iPhone → テザリング可
  • Android → ドコモ版Androidは不可

詳細ページ公式ページ

(4)【音楽アプリがカウントフリー無料】OCNモバイルONE

ocnモバイルone

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが手掛ける格安SIMです。速度切り替えやバースト転送、容量繰り越し、かけ放題オプションなど、格安SIMに欲しい機能をすべて網羅しています。とくにかけ放題オプションは3種類あり、自分の電話の仕方に合わせて選べます。TOP3かけ放題オプションなら、通話時間の長い上位3人は無制限かけ放題に。

また、OCNモバイルONEは特定の音楽アプリが使い放題となるMUSICカウントフリーが無料で利用可能。動画やSNSより音楽アプリを重宝するならOCNモバイルONEが最も有利です。通信速度はやや遅いのですが、高画質動画の視聴を行わなければ問題ありません。

10GBプランの料金

  • 音声通話SIM:3,000円
  • データSIM:2,300円

カウントフリー(無料)

Amazon Music 、AWA 、dヒッツ、Google Play Music 、LINE MUSIC、Spotify、ひかりTVミュージック、レコチョクBest

テザリング条件

  • iPhone → テザリング可
  • Android → ドコモ版Androidは不可

詳細ページ公式ページ

(5)【10GBプランの最安値】DMMモバイル

dmmモバイル

DMM.comの格安SIMサービス「DMMモバイル」。月額料金が安いのが最大の特徴です。10GBプランの料金比較でも最安値となります。DMMモバイルでは最大3枚のSIMカードで容量をシェアできるシェアコースが利用できます。タブレットやサブ端末など、複数の端末でデータ通信を使いたい人におすすめ。もちろん、家族でも利用可能です。

直近3日間の速度制限はなし。通信速度はあまり速くありませんが、とにかく安く10GBプランを利用したい人にぴったりです。月額250円でSNSのカウントフリーも付けることができますよ。

10GBプランの料金

  • 音声通話SIM:2,890円
  • データSIM:2,190円

カウントフリー(月額250円)

LINE、Twitter、Facebook、Instagram

テザリング条件

  • iPhone → テザリング可
  • Android → ドコモ版Androidは不可

詳細ページ公式ページ

3.月10GBの格安SIMではどれくらい使えるの?

3-1.10GBで出来ること

大手キャリアでも、わりと契約者が多い10GBプラン。このあたりから大容量に分類されていきます。月10GBのデータ容量で何ができるのか、以下にまとめてみました。

用途1ヶ月あたり1日あたり
メール200万通6万6666通
LINE500万通16万6666通
LINE通話555時間18時間30分
LINE
ビデオ通話
32時間30分1時間5分
YouTube
低画質
55時間1時間50分
YouTube
高画質
15時間30分
Yahoo!
トップページ
40000回表示13333回表示
Twitter20000回表示670回表示
Facebook20000回表示670回表示
Googleマップ13300回表示440回表示
音楽
ダウンロード
2500曲80曲
ゲームアプリ
ダウンロード
250回8回

10GBプランはデータ容量が多いため、たいていの用途ならデータ消費を気にせず利用できます。メール、LINE、ブラウジング、SNS、Googleマップといった軽い用途なら、データ残量を一切気にする必要はありません。LINE通話もほぼ1日中利用可能。ビデオ通話でも、1日で1時間5分も利用できます。

YouTubeは、低画質なら1日1時間50分利用できます。通勤・通学やお昼休みに動画を見るくらいなら問題ありません。

3-2.動画を毎日2時間以上は見たいなら

さらに動画をたくさん見たい、あるいは高画質動画にこだわるなら、改善策として挙がるのは以下の3つ。

  • エンタメフリーオプションを使う
  • モバイルWi-Fiルーターを契約する
  • さらに大容量プランを契約する

一番安上がりなのが、「BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプション」です。月額480円で動画見放題となるため、コスパは抜群です。もう少し、経済的にゆとりがあるなら、Wi-Fi環境の道入か「大容量プランが使える格安SIM」の契約を考えてもいいでしょう。

4.まとめ

今回は10GBプランのある格安SIMを比較しました。10GBあれば普段使いであればデータ容量を気にせず使えますし、動画視聴やアプリのダウンロードもよほどヘビーに使わないのであれば問題なくこなせます。テザリングやシェアプランも視野に入ってくるデータ容量です。

10GBプランは多くの格安SIMで用意されているので少し迷うかもしれませんが、今回比較した結果を参考に、自分に合った格安SIMを見つけてくださいね。

\LINE・SNSがカウントフリーで使い放題/

LINEモバイルの公式サイト

格安スマホが投げ売りセール中
格安スマホをもっと安く買いたいなぁ。
どれだけ欲張りなの?あなたにおすすめの情報があるわ。

以下の格安SIMで、格安スマホ端末の激安セールが行われています。

楽天モバイル → 人気機種が大幅値下げ

IIJmio → 最安100円の端末あり

Y!mobile → iPhone 6sが540円

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。