おすすめの格安SIM比較

月10GB使えるおすすめの格安SIMを完全比較

格安SIMの料金プランの中で大容量プランと呼ばれ始めるのが10GBプランです。大手キャリアでも用意されていた比較的データ通信量が多いプランで、アプリのダウンロードや動画視聴などをある程度利用する人に向いています。

今回は10GBプランのある格安SIMを比較してみました。10GBのプランの契約を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

1. 月10GBはどのくらい使える?

月10GBプランは大手キャリアでも用意されていたデータ通信量なので、利用したことがある人も多いでしょう。しかし、具体的に月10GBのデータ通信量でどのようなことができるのかは分からないという人もいるかもしれません。

月10GBだとどれくらいスマホを使えるのかをまとめると以下の通りです。

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 200万通 6万6666通
LINE 500万通 16万6666通
LINE通話 555時間 18時間30分
LINEビデオ通話 32時間30分 1時間5分
YouTube低画質 55時間 1時間50分
YouTube高画質 15時間 30分
Yahooトップページ 40000回表示 13333回表示
Twitter 20000回表示 670回表示
Facebook 20000回表示 670回表示
Googleマップ 13300回表示 440回表示
音楽 2500曲ダウンロード 80曲ダウンロード
ゲームアプリ 250回ダウンロード 8回ダウンロード

10GBのプランは大容量プランと呼ばれるほど利用できるデータ通信量が多く、たいていのことは容量を気にせず利用できます。メール、LINE、ブラウジング、SNS、Googleマップといった軽い用途に関しては容量を一切気にすることなく使えます。

例えばLINE通話は1ヶ月で555時間、1日で18時間30分利用可能です。さすがに毎日これだけ通話をする人はいませんよね。LINEのビデオ通話は1日で1時間5分利用可能です。通話と比べると短くなるものの、多くの人は1日1時間利用できれば十分でしょう。

YouTubeについては、低画質なら1日1時間50分も利用できるので、こちらも通勤・通学やお昼休みに動画を見るくらいであれば全く問題ありません。高画質の場合は1日30分なので、たまに動画を見る程度なら大丈夫ですが、毎日見るという人は少し厳しいかもしれません。

ただし、これらはあくまでも自宅にWi-Fi環境がある場合です。自宅にWi-Fi環境がなく、帰宅後や休みの日もずっとデータ通信を利用するという人は10GBでも足りなくなる恐れがあります。そのような場合は20GB以上の、さらに大容量のプランを契約したほうが良いでしょう。

逆に、自宅にWi-Fi環境がありデータ通信は外出先でしか使わないという人は、10GBあれば容量を気にせず使っても大丈夫です。

2.月10GB使える格安SIMを比較

10GBプランが用意されている格安SIMはたくさんあります。同じ月10GBのプランでも、格安SIMによって料金や最低利用期間、速度制限など、その内容には細かい違いがあります。

ここでは主要な格安SIMの月10GBのプランをまとめてみました。

格安SIM 月額料金 最低利用期間 解約金 速度制限
音声通話SIM データSIM
LINEモバイル
(コミュニケーションフリー)
3,220円 2,640円 12ヶ月 9,800円 なし
LINEモバイル
(MUSIC+)
3,520円 2,940円 12ヶ月 9,800円 なし
楽天モバイル 2,960円 2,380円 12ヶ月 9,800円 なし
OCNモバイルONE 3,000円 2,300円 6ヶ月 8,000円 なし
DMMモバイル 2,890円 2,190円 12ヶ月 9,000円 低速時に3日で366MB以上
mineo
(Aプラン)
3,130円 2,520円 なし なし 3日で6GB以上
mineo
(Dプラン)
3,220円 2,520円 なし なし なし
nuroモバイル 3,000円 2,300円 12ヶ月 12,000円 – 契約期間×1,000円 制限あり
(基準値不明)
QTモバイル
(Dタイプ)
3,250円 2,550円 12ヶ月 (12ヵ月-利用月数)×1,000円 低速時に3日で366MB以上
QTモバイル
(Aタイプ)
3,250円 2,550円 なし なし 3日で3GB以上
QTモバイル
(Sタイプ)
3,500円 2,550円 なし なし あり
(基準値不明)

3.月10GBのおすすめ格安SIM5選

月10GBプランのある格安SIMを比較してみましたが、たくさんの格安SIMで展開されているので、どこにすればよいか迷ってしまいますね。ここでは、月10GBのプランがある格安SIMの中から、とくにおすすめの格安SIM5つを紹介します。

3-1. 楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ

楽天モバイルは楽天市場で知られる楽天グループの格安SIMです。楽天スーパーポイントに対応しており、毎月の利用料100円につき1ポイントが貯まります。逆に、貯まったポイントで楽天モバイルの月額料金を支払うこともできるので、楽天グループのサービスを普段からよく使っている人ならお得です。

通信速度が比較的速く、格安SIMの速度が低下する平日のお昼を除けば動画視聴なども快適です。しかも楽天モバイルはすべてのプランで直近3日間の速度制限がないので、データ通信量を使い切らない限りは動画視聴やアプリのダウンロードを思う存分利用できます。

10GBプランの料金

  • 音声通話SIM:2,960
  • データ通信専用SIM:2,380円

楽天モバイルの詳細はこちら

3-2. DMMモバイル

dmmモバイルのロゴ

DMMモバイルはオンラインゲームや動画配信サービスで知られるDMM.comの格安SIMです。月額料金が安いのが最大の特徴で、10GBプランの料金は今回比較した格安SIMの中で最も安いです。

DMMモバイルでは最大3枚のSIMカードで容量をシェアできるシェアコースがあり、データ通信専用SIMであれば1枚の時と同じ料金で3枚のSIMが使えます。容量も10GBあれば十分なので、タブレットやサブ端末など、複数の端末でデータ通信を使いたい人におすすめです。

高速通信時は直近3日間の速度制限がないのも嬉しいですね。ただし、低速通信時には直近3日間で366MB以上の通信を行うと速度制限がかかります。動画視聴などでデータ通信を使い切った場合は短期間に大容量のデータ通信を行わないようにしましょう。

10GBプランの料金

  • 音声通話SIM:2,890円
  • データ通信専用SIM:2,190円

DMMモバイルの詳細はこちら

3-3. mineo

mineoのロゴ

mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムが手掛ける格安SIMです。フリータンクやマイネ王といった他社にはないユニークなサービスが人気を呼び、2018年3月には契約回線数が100万を突破しています。

速度切り替えやバースト転送、繰り越しやパケットシェアなど、格安SIMを使う上で必要な機能が一通りそろっており、サービス内容を重視する人におすすめの格安SIMです。また、au回線(Aプラン)とドコモ回線(Dプラン)の2つの回線に対応しているマルチキャリアという特徴もあります。

自分の端末に合わせて回線を選べるので、幅広い端末が利用できます。注意点として、Aプランは直近3日間で6GB以上の通信を行うと一時的に速度制限がかかります。また、iPhoneでAプランのSIMカードを使うとテザリングができません。

Dプランは速度制限がなく、iPhoneのテザリングも可能です。これらが気になる人はAプランではなくDプランを選びましょう。

10GBプランの料金

Aプラン

  • 音声通話SIM:3,130円
  • データ通信専用SIM:2,520円

Dプラン

  • 音声通話SIM:3,220円
  • データ通信専用SIM:2,520円

mineoの詳細はこちら

3-4.LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはメッセージアプリLINEの格安SIMです。月額料金はやや割高ですが、特定のサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になるカウントフリーに標準で対応しています。

カウントフリー対象はプランによって異なります。コミュニケーションフリープランはLINEと3つのSNS(Twitter、Instagram、Facebook)が、MUSIC+プランはLINEと3つのSNSとLINE MUSICが、それぞれカウントフリー対象です。

カウントフリー対象のサービスはデータ通信量を消費しないだけでなく、データ通信量を使い切っても高速通信が利用できます。動画を見すぎたり、アプリをダウンロードしすぎたりしてデータ通信量を使い切ってもLINEやSNSは問題なく使えるので安心です。

10GBプランの料金

コミュニケーションフリープラン

  • 音声通話SIM:3,220円
  • データ通信専用SIM:2,640円

MUSIC+プラン

  • 音声通話SIM:3,520円
  • データ通信専用SIM:2,940円

LINEモバイルの詳細はこちら

3-5. OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのロゴ

OCNモバイルONEは大手プロバイダとしても知られるNTTコミュニケーションズが手掛ける格安SIMです。充実したサービス内容が売りで、速度切り替えやバースト転送、容量繰り越し、かけ放題オプションなど、格安SIMに欲しい機能をすべて網羅しています。

とくにかけ放題オプションは3種類あり、自分の電話の仕方に合わせて選べます。データ通信だけでなく、電話もたくさん使うという人におすすめです。直近3日間の速度制限がないので、データ通信量を使い切るまでは一切制限を気にすることなくデータ通信を使えます。

ただし、通信速度がやや遅いです。音楽ストリーミングや低画質な動画の視聴なら問題ありませんが、高画質な動画の視聴やアプリのダウンロードなどを頻繁に利用する人だとストレスがたまるかもしれません。

10GBプランの料金

  • 音声通話SIM:3,000円
  • データ通信専用SIM:2,300円

OCNモバイルONEの詳細はこちら

4.まとめ

今回は10GBプランのある格安SIMを比較しました。10GBあれば普段使いであればデータ通信量を気にせず使えますし、動画視聴やアプリのダウンロードもよほどヘビーに使わないのであれば問題なくこなせます。

10GBプランは多くの格安SIMで用意されているので少し迷うかもしれませんが、今回比較した結果を参考に、自分に合った格安SIMを見つけてください。

おすすめ記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。