iPhone13 販売開始(9/24~) >>

【ちょうどいい中容量】6GB/7GB/8GBでおすすめの格安SIMを比較

6~8GBでおすすめの格安SIM

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

【速報(2021年9月)】
UQモバイルが超お得なキャンペーンを実施中▼

  • SIMのみ契約なら1万円キャッシュバック ※WEB限定
  • iPhone11/12/SE(第2世代)が割引価格に
  • iPhone8(リユース品)が一括550円
  • UQでんき(電気代変わらず)を併用すれば月額990円~

UQモバイル 公式サイトへ

この記事のポイント

  • 月6~8GBのデータ容量は、LINEやSNSに加えて時々動画も視聴したい方にピッタリ
  • 端末代金も安いOCNモバイルONEや動画のカウントフリーを利用できるBIGLOBEモバイルなどがおすすめ

「格安SIMで6~8GBプランに契約したいけど、どこがおすすめなの・・?」

大容量プランは要らない、だけど3GB以下だと少なすぎる。そんな方にピッタリなのが、6~8GBの中容量プランです。

6~8GBあれば、SNSやLINEに加えて動画やゲームも楽しめます。それでいて、格安SIMなら月々2000円以下に抑えられるのが魅力的です。

この記事では、6~8GBプランが使える格安SIMを徹底比較してみました。それぞれおすすめポイントを挙げているので、ぜひご参考に。

1.月6~8GBはどのくらい使えるの?

月6~8GBで足りるのか心配です・・。

どれくらいデータが使えるかまとめたから、確認してちょうだい。

そもそも6~8GBのデータ容量だと、毎月どれくらいスマホが使えるのでしょうか。以下、ざっくりとした目安ですが、できることをまとめてみました。

6~8GBでできること(ひと月あたり)

6GB 7GB 8GB
メール 120万通 140万通 160万通
LINE 300万通 350万通 400万通
LINE通話 333時間 388時間30分 444時間
LINE
ビデオ通話
19時間30分 22時間45分 26時間
YouTube
低画質
33時間 38時間30分 44時間
YouTube
高画質
9時間 10時間30分 12時間
Yahoo!
トップページ
2万4000回表示 2万8000回表示 3万2000回表示
Twitter 1万2000回表示 1万4000回表示 1万6000回表示
Facebook 1万2000回表示 1万4000回表示 1万6000回表示
Googleマップ 7980回表示 9310回表示 10640回表示
音楽DL 1500曲 1750曲 2000曲
アプリDL 150回 175回 200回

ご覧の通り、よほどヘビーユーザーでなければ十分に事足ります。メール、LINE(ビデオ通話を除く)、SNS、Googleマップはデータ容量を気にする必要なし。

通勤・通学の電車でちょっと動画を見るくらいならYoutubeも十分に楽しめます。長時間の動画再生やアプリのダウンロードを頻繁に行わないなら必要十分です。

全スマホユーザーの74.7%は8GB以下で収まっている

実は、スマホユーザーの74.7%は毎月のデータ消費量が8GB以下に収まっています。

スマホのデータ消費量

データ参照元:総務省

総務省が調べた数字なので正確です。近年のプランはデータ容量の大容量化が進んでいますが、実態としてはほとんどの方が中容量以下で収まっているのです。

2.【6~8GB向け】格安SIMの選び方

格安SIMの選び方が全然分かりません・・

何を重視すべきか、ポイントを挙げていくわね。

まずは安さを重視する

せっかく格安SIMを利用するなら、やっぱり安さは重視したいところ。価格には徹底的にこだわりましょう。

割安な格安SIMを選べば、月々のスマホ代は1500円程度に収まります。多くの方が満足できる中容量でこの安さは、格安SIMならではのコストパフォーマンスです。

無料・半額通話アプリの有無を確認する

データ通信費が安くても通話料が高く付くと意味がありません。通話料は、キャリア・格安SIMに関係なくどの携帯会社も30秒あたり22円です。

ポイントとしては、通話料を節約できるアプリを利用できるか確認しましょう。多くの格安SIMでは、半額通話アプリサービスが提供されていますよ。

カウントフリーを考慮する

こちらは必須ではありませんが、できれば対応しておきたい機能です。カウントフリーを活用できれば、特定のアプリがデータ使い放題となります。

そのため、中容量の契約でも実質数十GB以上の大容量を消費できます。カウントフリーは、音楽や動画アプリを頻繁に使用するなら特に考慮したい項目です。

3.おすすめはどこ?6~8GBでおすすめの格安SIM比較

ここから、格安SIMの紹介ですね!

6~8GBプランを取り扱う格安SIMは多いけど、おすすめは絞られるわ。

おすすめ格安SIM

月額料金 半額通話アプリ カウントフリー
OCNモバイルONE
※超おすすめ
6GB:1320円 あり 音楽アプリ
※無料
BIGLOBEモバイル
※おすすめ
6GB:1870円 あり 動画アプリ
※有料
IIJmio  8GB:1518円 あり
nuroモバイル  8GB:1485円 あり
イオンモバイル  6GB:1628円
7GB:1738円
8GB:1848円
あり
Links Mate  6GB:1342円
7GB:1463円
8GB:1606円
あり 動画・ゲーム・SNS
※有料

OCNモバイルONE ※おすすめ

OCNモバイルONEは6GB 1320円の圧倒的な安さに加えて、端末代金がありえないほど激安価格となっています。頻繁に1円セールを実施しており、実質タダで端末をGetできてしまうことも。

また、以前は弱点だった通信速度も大幅に向上。安かろう悪かろうではない、総合満足度の高い格安SIMです。

ドコモ系の格安SIMなので、ドコモ端末の方はSIMロック解除なしでそのまま乗り換えOK。NTTのおひざ元といった安心感もありますね。

その他、Amazon Music、Google Play Music、LINE MUSICなど有名音楽アプリはデータ消費しない特典(MUSICカウントフリー)も付いています。

料金プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 770円
3GB 858円 990円
6GB 1188円 1320円
10GB 1628円 1760円
\大盤振る舞いな端末セール中

BIGLOBEモバイル

格安SIMで唯一、Youtubeなど動画見放題サービス「エンタメフリーオプション」を利用できるBIGLOBEモバイル。

わざわざ割高な大容量プランに申し込まなくても、月額308円のオプション料金を追加すれば好きなだけ動画が見放題に。

動画アプリに加えてApple MusicやGoogle Play Musicなど音楽アプリのカウントフリーも含まれます。

6GBプラン+エンタメフリーオプションの月額料金は2178円程度なので、十分すぎるコスパです。

さらに、6GB以上のプランに限りBIGLOBE Wi-Fi(10万以上の有料Wi-Fiスポットを利用できる)を無料で利用OK。通常275円のサービスが無料化されるため、とってもお得です。

料金プラン

月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 1078円
3GB 990円 1320円
6GB 1595円 1870円
12GB 2970円 3740円
20GB 4950円 5720円
30GB 7425円 8195円

IIJmio

IIJmioは、わずか1518円で8GBプランを利用できる高コスパが魅力です。あと300円だけプラスすれば、大容量の領域に入る15GBも利用OK。

動画やゲームを我慢したくない方は、IIJmioなら月々2000円以下で思う存分楽しめますよ。

また、IIJmioはキャンペーンが充実しているのもメリット。特に端末セールが凄まじく、一括110円の機種が出ることも。

その他、みおふぉんダイアルで通話料を半額にすることも可能です。

料金プラン

データ容量 音声通話SIM データSIM eSIM※
2GB 858円 748円 440円
4GB 1,078円 968円 660円
8GB 1,518円 1,408円 1100円
15GB 1,848円 1,738円 1,430円
20GB 2,068円 1,958円 1,650円

※ドコモ回線のデータSIMのみ提供(電話番号付与なし)

nuroモバイル

とにかく安さにこだわるならnuroモバイルがおすすめ。たっぷり8GBを1500円以下で利用できるのは衝撃的です。

また、3GBプランも圧倒的な安さで全格安SIMの中で最安の月792円。データをあまり使わない月は、プラン変更してもいいですね。

その他、nuroモバイルでは、初月料金が0円(通話料除く)となる特典もあり。月初に申し込めば、丸々1か月分がタダとなってしまう大盤振る舞いです。

さらに、通話料を半額にできるnuroモバイルでんわの利用が可能。安さにこだわるなら、十分に検討すべき格安SIMです。

料金プラン

データ容量 月額料金
音声通話SIM データSIM
0.2GB 330円
3GB 792円 627円
5GB 990円 825円
8GB 1,485円 1,320円
データ使い放題 3828円

イオンモバイル

イオンモバイルは流通大手のイオンが手掛けている格安SIMです。全国200店舗以上のイオンで、対面による手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

1GB刻みのプラン内容なので、6~8GBはもちろん5GBや9GBなど細かな調整も可能。仮に6GBなら1628円となっています。

イオンモバイルはドコモとau回線を使用しており、手持ちのiPhoneでも乗り換えOKです。速度も格安SIMの割に良好ですよ。

その他、一つの契約で複数のSIMカードを利用できるシェア音声プランも利用できます。

料金プラン

音声通話SIM データSIM シェア音声プラン
500MB 1,023円
1GB 1,078円 528円
2GB 1,188円 748円
3GB 1,298円 858円
4GB 1,408円 968円 1,738円
5GB 1,518円 1,078円 1,848円
6GB 1,628 1,188円 1,958円
7GB 1,738円 1,298円 2,068円
8GB 1,848円 1,408円 2,178円
9GB 1,958円 1,518円 2,288円
10GB 2,068円 1,628円 2,398円
12GB 2,178円 1,738円 2,508円
14GB 2,288円 1,848円 2,618円
20GB 2,398円 1,958円 2,728円
30GB 4,378円 3,938円 4,708円
40GB 5,478円 5,038円 5,808円
50GB 6,578円 6,138円 6,908円

Links Mate

ややマイナーな位置付けとなるLinks Mate(リンクスメイト)ですが、プラン料金+550円でゲーム・動画・SNSのカウントフリー(データ9割カット)が使えるのが特徴的。

残念ながらYoutubeは対応していませんが、Abema TV・ニコニコ動画・U-NEXTなどの動画アプリがほぼ見放題に。また、ゲームアプリのカウントフリーは他の格安SIMにはない利点です。

その他、クレジットカード払い以外の決済手段として口座振替やコンビニ払いを利用できる点や初期費用がキャンペーン扱いではなく常に0円なのもメリット。

半額通話アプリ(MatePhone)の活用で通話料も節約できます。

料金プラン

月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 385円 737円
2GB 418円 770円
3GB 550円 902円
4GB 726円 1078円
5GB 858円 1210円
6GB 990円 1342円
7GB 1111円 1463円
8GB 1254円 1606円
9GB 1353円 1705円
10GB 1518円 1870円
12GB 1738円 2090円
14GB 1958円 2310円
16GB 2178円 2530円
18GB 2398円 2750円
20GB 2618円 2970円
22GB 2805円 3157円
24GB 2992円 3344円
26GB 3179円 3531円
28GB 3366円 3718円
30GB 3553円 3905円

※最大1TBまでプランあり

4.まとめ

月6~8GBあれば、SNSやLINEはデータ消費を気にせずに使えますし、よほどのヘビーユーザーでなければLINEのビデオ通話や動画視聴も十分に楽しめます。

月額料金も2000円以下に落とせるためコスパも十分。データ容量と料金のバランスが良いです。

格安SIMの選択肢はいくつかありますが、安さに加えて良好な通信品質とカウントフリーを活用できるOCNモバイルONEが最もおすすめです。

次点として、動画見放題にこだわるならBIGLOBEモバイルを検討するといいですよ。

2021年おすすめの携帯会社とは?

【キャリアを選ぶなら】楽天モバイル

公式キャンペーン

 

3278円でデータ無制限、20GB以内のデータ消費に収まれば2178円以下に。現在、ポイント還元で実質0円で端末購入できます。
さらに、3ヵ月無料キャンペーン中(2021年4月~)。契約事務手数料&解約金は0円です。

レビューを見る

【格安SIMを選ぶなら】J:COMモバイル

公式キャンペーン

 

データ容量をあまり使わないなら、J:COMモバイルが狙い目です。最安980円(税込1078円)から。

iPhoneやGalaxyをセット購入できます。今なら、WEB申込み限定で3300円の契約事務手数料が0円です。

レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。