おすすめの格安SIM比較

月5~6GB使えるおすすめの格安SIMを完全比較

5~6gbの格安sim

格安SIMのプランでもっとも人気なのが月3GBのプランですが、その次に容量が多いのが5~6GBのプランです。SNSやLINEしか使わないような人なら3GB以下のプランで十分でしたが、ゲームやテザリングをある程度利用する場合は5~6GBのプランがおすすめです。

今回は月5~6GBプランがある格安SIMを比較してみました。月5~6GBプランの契約を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

1.月5~6GBはどのくらい使える?

月5GBのプランは大手キャリアでも用意されているため、すでに利用したことがあるという人も多いでしょう。しかし、この5~6GBという容量だと、どれくらいのことができるのでしょうか?

まず、5GBの容量でできることをまとめると以下の通りです。

1-1.5GBの目安

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 100万通 3万3333通
LINE 250万通 8万3333通
LINE通話 277時間30分 9時間15分
LINEビデオ通話 16時間15分 32分30秒
YouTube低画質 27時間30分 55分
YouTube高画質 7時間30分 15分
Yahooトップページ 2万回表示 666回表示
Twitter 1万回表示 333回表示
Facebook 1万回表示 333回表示
Googleマップ 6650回表示 221回表示
音楽 1250曲ダウンロード 41曲ダウンロード
ゲームアプリ 125回ダウンロード 4回ダウンロード

この表を見ると、メールやLINE、SNS、ブラウジング、Googleマップなど、たいていのことは容量を気にせずこなせることが分かります。例えばLINEの通話は1ヶ月あたり277時間30分、1日あたり9時間15分も可能です。いくら長電話をする人でも、1日9時間もできれば十分すぎますね。

一方、動画の視聴やアプリのダウンロードはできなくはありませんが、容量を使い切らないように気を配る必要があります。例えばYouTube(高画質)の場合、1日あたり15分しか見られません。低画質にすれば1日あたり55分になりますが、せっかくなら高画質な動画を見たいですね。

続いて6GBの容量でできることを見てみましょう。

1-2.6GBの目安

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 120万通 4万通
LINE 300万通 10万通
LINE通話 333時間 11時間6分
LINEビデオ通話 19時間30分 39分
YouTube低画質 33時間 1時間6分
YouTube高画質 9時間 18分
Yahooトップページ 2万4000回表示 800回表示
Twitter 1万2000回表示 400回表示
Facebook 1万2000回表示 400回表示
Googleマップ 7980回表示 266回表示
音楽 1500曲ダウンロード 50曲ダウンロード
ゲームアプリ 150回ダウンロード 5回ダウンロード

月5GBのプランより1GB増えてはいますが、使い勝手はほとんど同じです。メールやLINE、SNSといった軽い用途であれば思う存分利用できます。逆に動画やアプリのダウンロードは頻繁に行うとすぐにデータ通信量を使い切ってしまいます。

基本的に、5GBのプランがある格安SIMには6GBのプランはありませんし、6GBのプランがある格安SIMには5GBのプランはありません。使い勝手や料金もそこまで差はないので、5GBプランのある格安SIMは5GBプランを、6GBプランのある格安SIMは6GBプランを選べばよいでしょう。

2.月5~6GB使える格安SIMを比較

月5~6GBのプランは3GBプランほどではないものの、数多くの格安SIMで用意されています。ここでは、主要な格安SIMの5~6GBプランの月額料金をまとめてみました。

格安SIM 月額料金 データ通信量
音声通話SIM データSIM
LINEモバイル
(コミュニケーションフリープラン)
2,220円 1,640円 5GB
LINEモバイル
(MUSIC+プラン)
2,720円 2,140円 5GB
楽天モバイル 2,150円 1,450円 5GB
OCNモバイルONE 2,150円 1,450円 6GB
DMMモバイル 1,910円 1,210円 5GB
mineo Aプラン:2,190円
Dプラン:2,280円
1,580円 6GB
イオンモバイル 1,980円 1,480円 6GB
nuroモバイル 2,000円 1,300円 5GB
IIJmio 2,220円 1,520円
(タイプDのみ)
6GB
UQモバイル 2,980円 なし 6GB※
BIGLOBEモバイル 2,150円 1,450円
(タイプDのみ)
6GB
Uモバイル 1,980円 1,480円 5GB
QTモバイル
(タイプD・タイプA)
2,250円 1,550円 6GB
QTモバイル(タイプS) 2,500円 1,550円 6GB

※26ヶ月目以降は3GBになるので注意

3.月5~6GBのおすすめ格安SIM5選

さきほど、月5~6GBプランの格安SIMを比較してみました。月5~6GBのプランがある格安SIMはたくさんあるので、どこにすればよいか迷ってしまいますね。

ここでは、その中からとくにおすすめの格安SIM5つを紹介します。

3-1. UQモバイル

uqmobile

UQモバイルはKDDIグループのUQコミュニケーションズが手掛ける格安SIMです。通信速度が速いのが特徴で、一般的な格安SIMだと速度が遅くなる平日のお昼でも安定した速度が出ます。通信速度を重視するなら、UQモバイルはもっともおすすめです。

UQモバイルの6GBプランは通話オプションがセットになった「ぴったりプランM/おしゃべりプランM」で利用できます。ぴったりプランMは120分/月の無料通話が、おしゃべりプランMは5分かけ放題がついているので、電話をたくさんする人にも向いています。

ただし、おしゃべりプラン/ぴったりプランは大手キャリアと同様に2年間の契約縛りがあり、2年に一度の更新月以外に解約すると9,500円の違約金がかかります。ほかの格安SIMよりも解約がしづらくなっているので要注意です。

また、26ヶ月目以降はデータ通信量が半分の3GBに減ってしまいます。26ヶ月目以降も6GBのデータ通信を利用したい場合は他社への乗り換えも検討しましょう。

6GBプランの料金

  • 音声通話SIM:2,980円(14ヶ月目以降は3,980円)
  • データ通信専用SIM:なし

UQモバイルの詳細はこちら

3-2. LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはメッセージアプリのLINEで知られるLINE株式会社の格安SIMです。特定のサービスはデータ通信量を消費せず使い放題になるカウントフリーをいち早く導入した格安SIMとして知られています。

カウントフリー対象はプランによって異なり、コミュニケーションフリープランの場合はTwitter、Facebook、Instagramの3つのSNSが、MUSIC+プランは3つのSNSに加えてLINE MUSICがカウントフリー対象です。また、LINEについてはすべてのプランでカウントフリーの対象となります。

料金は他社よりもやや高いですが、カウントフリー対象のアプリをメインに使う人なら、LINEモバイルに乗り換えると大幅にスマホ代を節約できるのでおすすめです。

5GBプランの料金

コミュニケーションフリープラン

  • 音声通話SIM:2,220円
  • データ通信専用SIM:1,640円

MUSIC+プラン

  • 音声通話SIM:2,720円
  • データ通信専用SIM;2,140円

LINEモバイルの詳細はこちら

3-3. BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

BIGLOBEモバイルは大手プロバイダとして知られるBIGLOBEが手掛ける格安SIMです。BIGLOBEモバイルは何と言っても動画や音楽を思う存分楽しめるエンタメフリー・オプションが最大の特徴でしょう。

エンタメフリー・オプションは対象となるサービスはデータ通信量を消費せず使い放題になる、いわゆるカウントフリーオプションです。YouTubeやAbemaTVといった動画サービス、Google Play MusicやApple Musicといった音楽サービスが対象となっています。

とくに動画サービスは大量のデータ通信が発生するので、たくさん利用する場合は通常であれば10GBや20GBといった大容量プランを契約しないといけません。エンタメフリー・オプションを使えば対象のサービスはデータ通信量を消費せず使い放題になるので、容量が少ない6GBプランでも十分ですね。

動画や音楽サービスを頻繁に使うという人にはBIGLOBEモバイルがおすすめです。

6GBプランの料金

  • 音声通話SIM:2,150円
  • データ通信専用SIM:1,450円(タイプDのみ)

BIGLOBEモバイルの詳細はこちら

3-4. DMMモバイル

DMMモバイル

DMMモバイルはオンラインゲームや動画配信で知られるDMM.comが手掛ける格安です。月額料金が安いのが特徴で、5GBプランについても今回紹介した格安SIMの中でもっとも安いです。月額250円で利用できるSNSフリーオプションを利用すると、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つサービスはどれだけ使ってもデータ通信量を消費しなくなります。

SNSをたくさん利用するという人ならお得ですね。他にも速度切り替えやバースト転送、10分かけ放題、端末保証など、料金が安いにもかかわらず機能やオプションが充実しています。

5GBプランの料金

  • 音声通話SIM:1,910円
  • データ通信専用SIM:1,210円

DMMモバイルの詳細はこちら

3-5. mineo

マイネオ

mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムの格安SIMです。初めてau回線とドコモ回線の両方に対応した格安SIMで、契約後にau回線とドコモ回線の間で回線切り替えをすることもできます。

UQモバイルほどではありませんが比較的通信速度が速いです。また、データ繰り越しや速度切り替え、バースト転送、専用アプリがあるなど基本的な機能はすべて網羅しています。このほかにもフリータンクやマイネ王など、他社にはないユニークなサービスが満載です。

料金的には特別安くありませんが、その分サービス内容が充実しており、顧客満足度も非常に高いです。なお、音声通話SIMの場合はドコモ回線よりもau回線のほうが90円だけ安いですが、au回線はiPhoneだとテザリングができません。つい安いほうを選びがちですが、iPhoneでテザリングを利用する場合はドコモ回線を選びましょう。

5GBプランの料金

Aプラン

  • 音声通話SIM:2,190円
  • データ通信専用SIM:1,580円

Dプラン

  • 音声通話SIM:2,280円
  • データ通信専用SIM:1,580円

mineoの詳細はこちら

4.まとめ

今回は月5~6GBプランがある格安SIMを比較してみました。月5~6GBのプランは、普段はLINEやSNSがメインで、たまにゲームやテザリングなどを利用するというミドルユーザー向けのプランです。

動画視聴やアプリのダウンロードを利用しないのであれば、スマホをたくさん利用するという人でも月5~6GBのプランで十分でしょう。大手キャリアでも用意されている容量でもあるので、大手キャリアから初めて格安SIMに乗り換える際もおすすめです。

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。