格安スマホの乗り換え方法

ガラケーから格安スマホに乗り換える方法を全解説

ガラケーから格安スマホ

現在ガラケーを使っているけど、格安スマホに乗り換えたい・・・

そんな場合は、どのように手続きを行えばいいのでしょうか?この記事では、格安スマホの契約方法を詳しく解説。手順通り進めればガラケーから乗り換えることが可能です。

また、ガラケーユーザーにおすすめの格安スマホ端末や格安SIM会社もご紹介しているのでぜひ参考にして下さいね。

 1.ガラケーから格安スマホに乗り換える手順

STEP1 MNP転出手続きを行う

通常の解約では現在の電話番号を次の携帯会社で引き継げません。電話番号を引き継ぐにはMNP転出・転入の手続きを行います。

MNP転出では、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号の取得方法

取得したMNP予約番号は、格安スマホの契約時に画面の指示に従って入力します。必ず有効期限が10~11日は残っている状態で申込みましょう。

STEP2 料金プランを選ぶ

まず、契約するSIMカードのタイプは、通話機能が付いている音声通話SIMを選びましょう。ネット専用のデータ通信専用SIMは、通常は契約しません。

格安スマホの料金プランですが、使用するデータ通信量によって変わります。目安としては、月額1600円程度で契約できる「3GBプラン」がおすすめです。データ通信量は契約した後でも無料で変更できるので、あまり悩まなくても大丈夫ですよ。

STEP3 利用する端末を選ぶ

スマホを持っていない場合は、SIMカードと一緒に「SIMフリースマホ」をセットで購入できます。支払いは分割購入が可能です。

ガラケーから初めてスマホを使う方は、操作が簡単な以下の機種がおすすめです。人気機種なので、ほとんどの格安SIM会社で取り扱っています。

arrows M04

arrows M04
  • 価格目安:32800円
  • OS:Android 7.1.1
  • CPU:Snapdragon 410
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:16GB
  • 画面サイズ:5.0インチ
  • カメラ:アウトカメラ 1310万画素 / インカメラ500万画素
  • 重さ:148g
  • バッテリー容量:2580mAh

arrows M04は日本メーカーの富士通製で、初心者でも電話やインターネットを使いやすく設計されています。端末のスペックはあまり高くありませんが、ネットや電話程度の用途なら十分です。

ただし、3Dゲームなど高いスペックを要求するアプリでは、動作が重く感じる可能性があります。arrows M04は防水に対応。その他、日本製独自のワンセグやおサイフケータイ(モバイルSuica、QUICPayなど)が使用できます。

あわせて読みたい
arrows M04
arrows M04を完全レビュー!スペックから価格まで全解説arrows M04は富士通から発売されているSIMフリースマホです。耐久力の高さとワンセグ・おサイフケータイに対応していることで人気と...

HUAWEI nova lite

HUAWEI nova
  • 価格目安:19800円
  • OS:Android7.0
  • CPU:Kirin 655
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:16GB
  • 画面サイズ:5.2インチ
  • カメラ:アウトカメラ1200万画素 / インカメラ800万画素
  • 重さ:147g
  • バッテリー容量:3000mAh

HUAWEI nova liteはスペックに対するコスパがいいSIMフリースマホです。海外製なのでおサイフケータイやワンセグの機能は搭載されていませんが、メモリが3GBあるため、ゲームアプリもサクサク動きます。

その他、指紋認証に対応しているため、ロック解除に面倒なパスワード入力は不要。セキュリティも固いです。バッテリーは3,000mAhと大容量なのもメリット。カメラ性能は1200万画素なので、SNSで映える綺麗な写真を撮影できます。全体的に欠点が無い優秀な端末です。

※現在はHUAWEI nova lite2が発売されています

その他のおすすめ機種

数あるSIMフリースマホですが、本当におすすめできる機種となると種類は絞られてきます。ガラケーユーザーの方は、利用者の多い人気機種を選ぶのが無難です。困ったことがあってもネットを探せば有力な情報がすぐに見つかります。

おすすめのSIMフリースマホについては、以下の記事も参考にして下さい。きっとお気に入りの一台が見つかりますよ。

あわせて読みたい
SIMフリースマホランキング
【完全比較】格安スマホ端末(SIMフリースマホ)おすすめランキング格安スマホ端末に乗り換えたいけど、どれを選べばいいのかまったく分からない・・・。 格安スマホ端末(SIMフリースマホ)は、格安SI...

2.ガラケーからの乗り換えにおすすめの格安SIM会社

ここでは、ガラケーユーザーにおすすめの格安SIM会社を紹介していきます。お気に入りの一社を見つけてみましょう。

2-1.価格で選ぶ

DMMモバイル

DMMモバイル

DMMモバイル」は、業界最安レベルの月額料金が特徴です。データ通信専用SIMは最低440円から契約可能。音声通話SIMも1140円からと非常に安い金額で契約できます。

DMMモバイルは多数の格安スマホ端末(SIMフリースマホ)を販売しているため、これから購入する方も安心です。あとから追加購入や機種変更することも可能です。

DMMモバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイル」は、格安スマホ端末(SIMフリースマホ)のセールが頻繁に行われています。端末代金を節約したい方にはおすすめの格安SIM会社です。

5分かけ放題や半額通話など通話サービスも充実しているため、将来的にガラケーから格安スマホのみに乗り換える場合もおすすめの選択肢となります。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

2-2.サポートで選ぶ

Y!mobile

ymobile

日本全国に専門のショップを展開する「Y!mobile」。他社と比べて実店舗のサービス内容が充実しています。

格安SIM会社の店舗は新規契約・MNPだけのケースが多いですが、Y!mobileはプラン変更、解約、故障端末の修理受付まで細かく対応してくれます。ソフトバンクの子会社であるY!mobileはキャリアショップと変わらないサポート内容です。

Y!mobileの公式サイトはこちら

2-3.使い放題で選ぶ

UQモバイル(データ無制限プラン)

uqmobile

UQモバイル」のデータ無制限プランは、500kbpsの通信速度でデータ使い放題となります。高画質動画の再生やアプリのダウンロードには不向きな速度ですが、WEB閲覧や画質の低画質動画の再生なら十分な通信速度です。

普段の用途を考えて、500kbpsの通信速度で問題無い場合は、UQモバイルのデータ無制限プランがおすすめです。

UQモバイルの公式サイトはこちら

DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMのネットつかい放題プランは月額2000円台で利用できます。注意点として高速通信の使い放題ですが、実際は1Mbps以下の低速となる場合が多いです。

DTI SIMは20GBや30GBの大容量プランを選択できます。通信速度に不満が出たら定額制の料金プランに切り替えることも可能です。

DTI SIMの公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

BIGLOBEモバイル」では無制限プランはありませんが、特定の動画アプリが使い放題となるエンタメフリーオプションが利用できます。

エンタメフリーオプションの対象アプリは以下の通りです。

  • YouTube
  • AbemaTV
  • AWA
  • Spotify
  • Apple Music
  • GooglePlay Music
  • Amazon Music
  • Radiko

上記の動画アプリを頻繁に使うなら、他社には無いBIGLOBEモバイルのカウントフリーオプションがおすすめです。

BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

3.ガラケーからの乗り換えに関するQ&A

3-1.格安スマホは店舗で契約できる?

格安スマホの契約はネットがメインですが一部、実店舗でも契約できます。実店舗で契約する場合は、格安SIM会社の専門ショップか家電量販店にて手続きが可能です。

家電量販店は、ヨドバシカメラやビックカメラなど大手企業がおすすめです。販売機種の種類が豊富でサポートも充実しています。

格安SIM会社の専門ショップは、以下の通信事業者が広く展開しています。

  • Y!mobile
  • UQモバイル
  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル
  • mineo

ネット契約に自信がない場合は、店舗契約を検討するといいでしょう。

あわせて読みたい
ネットより対面!店舗で格安スマホを契約する方法を全解説テレビCMなどを見て格安スマホに興味を持った方のなかには、「周りに詳しい人もいないし、できればネットではなく店舗で契約したい」とお思いの...

3-2.電話帳・アドレス帳は移行できる?

使用する端末がガラケーからスマホに変わっても電話帳・アドレス帳の移行は可能です。移行方法はmicroSDを利用します。

ガラケーにmicroSDカードを入れて、電話帳・アドレス帳をまとめてコピーしましょう。コピーを終えたらmicroSDカードをスマホに入れ替えて、電話帳・アドレス帳のデータを読み込めば完了です。

写真や動画も同じ手順で、microSDカードから移行することができます。

3-3.ガラケーで格安SIMは使える?

ガラケーから格安スマホに乗り換え・・ではなく、現在使っているガラケーに格安SIMカードを挿して使うことはできるのでしょうか?

結論から言えば、ほとんどの格安SIM会社ではガラケー向けのプランがありません。

唯一、b-mobileではガラケー向けの携帯電話SIMサービスが展開されています。ドコモのガラケーに格安SIMが使えるのですが、通話に特化したサービスなのでiモードの利用は不可となります。さらに、月額料金も高額なのであまり利用する意味は無いでしょう。

どうしてもガラケーを手放せない方は、「格安スマホとガラケーの2台持ち」を検討してみましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではガラケーから格安スマホに乗り換える方法について詳しく解説してきました。格安スマホへ乗り換える際は、SIMカードと一緒にセットで端末を購入するのがおすすめです。

SIMカードと端末を別々に購入すると、SIMサイズを間違えたり対応機種でなかったりとトラブルの原因となります。格安スマホ乗り換え後は、徐々に操作に慣れていきましょう。スマホ初心者の方は、日本製の端末だと説明書が見やすくて扱いやすいですよ。

この記事を参考に、ガラケーから格安スマホデビューしてくださいね。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。