コメント欄にご質問・感想をどうぞ

格安SIMとは?メリット・デメリットから詳しい使い方まで解説

格安SIMとは

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

格安SIMとは、一体何なのでしょうか。

価格が安いサービスであることは何となく理解できるかと思いますが、詳しい仕組みや格安SIMの使い方などはよく分かりませんよね。

また、メリットだけでなくデメリットも気になるところ。

この記事では格安SIMについて徹底解説。格安SIMとは何か、すべてが分かる内容です。ぜひ、参考にして下さいね。

1.格安SIMとは、毎月の利用料金が安くなるSIMカードのこと

格安SIM=安いスマホで意味はあっていますか?

大体はあっているけど、「SIMカードを入れ替えることで安くなる」については理解してる?
いいえ、分かりません・・。

OK、詳しく説明するわね。

1-1.端末内のSIMカードを入れ替えることで利用料金が割安に

格安SIMとは、格安料金で利用できるSIMカードのことです(そのまますぎる)。 SIMカードは、個人情報を記録するICチップのことで、どの携帯電話(ガラケー・スマホ)にも入っています。

UQモバイル申し込み2

格安SIMに乗り換えると、8000円以上かかっていたスマホ代が劇的に安くなります。

毎月3GB程度の利用なら、スマホ代は2000円以下に。10GB使用するとしても、3500円程度です。

大手キャリアのSIMカードから、格安SIMへ乗り換えることで、この利用料金を実現できます。

格安スマホと同じ意味で捉えてOK

ちなみに、格安スマホも格安SIMと同じ意味として捉えて構いません。

厳密には、「格安SIMを使ってスマホ代をやすくすること」が格安スマホの意味ですが、あまり定義にこだわらなくて大丈夫です。

1-2.格安SIM=MVNO(格安SIM提供事業者)を指すこともある

MVNOとは、格安SIMサービスを提供する通信事業者を意味します。

そのため、格安SIM=MVNOとして表現されることも多々あります。有名なMVNOだと、楽天モバイルやUQモバイルあたりでしょうか。

MVNOの仕組みをざっとイラストで解説したので参考にして下さい。

格安スマホの回線MVNOの仕組み

この図の通り、MVNOはau・ドコモ・ソフトバンクから回線をレンタルしています。 そのため、本来通信事業者ではないイオンやツタヤなども参入できたわけです。

1-3.格安SIMが安い理由は回線設備をほとんど持たないから

格安SIMが安い理由はずばり回線設備を持たないからです。

厳密には持っているのですが、大部分は大手キャリアからのレンタルでまかなっています。

地方まで回線を張り巡らせるのは、想像以上にお金がかかります。そのコストをカットできるため、低価格のサービスを実現できるのです。

また、格安SIMはサービス品質を限定することでもコストカットを図っています。格安航空のLCCと同じ仕組みです。

とくに、店舗サービスをカットしているのは、大きな人件費節約につながっています。

そもそも大手キャリアは高すぎた

格安SIMが安いとの見方もありますが、そもそも大手キャリアは高すぎです。

ついに総務省から指導が入り今後は安くなるのですが、今までの利用料金は一体何だったのか・・。

au・ドコモ・ソフトバンクはご存知の通り、全国に回線網を張り巡らせています。これが高すぎる参入障壁になって、市場が独占状態になったわけですね。

私たちユーザーは、ボッタクリ価格でも、選択肢がないため納得せざるを得なかったわけです。

1-4.大手キャリアが格安SIMに回線を貸すのはなぜ?

どうして、大手キャリアは自分たちの首を締めてまで格安SIMに回線を貸すんですか?

回線のレンタル料を得られることと、総務省からの後押しがあったのよ。

格安SIMに回線を貸せばユーザーが奪われる大手キャリアですが、回線のレンタル料はきっちりとっています。

また、UQモバイルとY!mobileはそれぞれau・ソフトバンクの子会社です。うまく損しない仕組みになっているわけです。

さらに、総務省が通信業界の活性化を狙って、格安SIM事業を一気に推し進めました。

その結果、とんでもない数のMVNO(格安SIM提供事業者)が急激に増えました。現在は、国内でおよそ900社あると言われています。

1-5.手持ちの端末でも格安SIMが使えます(SIMロック解除不要)

格安SIMに入れ替えるだけで毎月の利用料金が安くなるわけですが、気になるのが端末です。

結論から言うと、今使っている端末へそのまま格安SIMを入れることができます。 大手キャリアが設定しているSIMロックを外さなくても構いません。

手持ちの端末で格安SIMを使う条件は以下の通り。

■利用条件:格安SIMの回線と手持ちの端末を同キャリアに合わせる

意味が分かりません・・。

例えば、ドコモの端末を使っているならドコモ系の格安SIMを使えばいいのよ。

格安SIMが大手キャリアから回線を借りているのは先に述べた通り。

そのため、回線がドコモ・au・ソフトバンクの系列に分かれるわけですが、これを端末でも同キャリアに合わせます。

もちろん、iPhoneもそのまま利用できますよ。

なお、同キャリアに合わせなくてもSIMロック解除を行えば、どの格安SIMも利用可能となります。

せっかくだから、新しい端末がほしいなぁ。

だったら、格安SIMと同時に注文できるわよ。

端末は格安SIMとセットでも購入できます。新しい端末が欲しい方は端末セットで契約しましょう。購入できる端末はSIMフリーですよ(SIMロックなし)。

1-6.電話番号も引き継げます

格安SIMに乗り換えても、現在の電話番号を引き継げます。

引き継ぎ方法はかんたん。まずは、MNP予約番号を取得します。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00〜22:00)
  • ドコモ:151(9:00〜20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00〜20:00)

その後、格安SIMの申込時に取得したMNP予約番号を入力すればOKです。

MNP情報の入力MNP予約番号の入力

2.格安SIMに変えると出来なくなること(デメリット)

いまのところ格安SIMを大絶賛ですけど、デメリットは無いんですか?

当然、デメリットもあるわよ。許容できるか確認してね。

劇的に利用料金が下がる格安SIMですが、もちろんデメリットもあります。

格安SIMのデメリット

  • お昼に速度低下を起こす
  • キャリアメールが使えない
  • 同キャリアのかけ放題がなくなる
  • LINEのID検索が使えない(LINEモバイル以外)
  • キャリアショップが無い(UQモバイル、Y!mobile以外)
  • 口座振替がほとんど使えない

防ぎようのないデメリットもありますが、たいていは対策方法があります。 まず、通信速度ですが「UQモバイル」と「Y!mobile」なら速度低下を起こしません。

その他の格安SIMは1Mbps程度になりますが、この2社は大手キャリア並に速いです。

キャリアメールはGmailやYahoo!メールなどフリーメールの取得で代替可能。キャリアショップが無い件ですが、電話とチャットで十分なサポートがあるので気にしなくて構いません。

口座振替がほとんど使えない件は、数が少ないのですが「口座振替対応の格安SIM」があるので解決できます。

こうしてみると致命的なデメリットは、「同キャリアのかけ放題がなくなる」くらいでしょうか。 家族間での無料通話を頻繁に使っている方は、厳しいデメリットかもしれません。

3.安さだけじゃない!格安SIMのメリット一覧

格安SIMのメリットはやはり安さでしょうか?

安さは最大のメリットよ。他にもあるからチェックしてちょうだい。

今度は、格安SIMのメリットへ。利用料金の安さはもちろんですが、他にも色々とメリットがあります。

格安SIMのメリット

  • 利用料金が半額以下になる
  • サービスエリアが大手キャリアと同じ
  • 契約会社の選択肢が増える
  • ユニークな独自特典を受け取れる

利用料金が安くなるのは先に述べた通り。

サービスエリアについてですが、大手キャリアとまったく同じです(ドコモ系の格安SIMならドコモのサービスエリア)。地方でも問題なく電波が入ります。

その他、ユニークな独自特典を受け取れるのも格安SIMの魅力。

たとえば、「楽天モバイル」なら楽天スーパーポイントの獲得が2倍に。「LINEモバイル」ならLINE・SNSがカウントフリー。「BIGLOBEモバイル」なら動画アプリ見放題のオプションあり。

各社、ユニークなサービスを用意していますよ。毎月のように「キャンペーン」を実施しているのも、格安SIMの特徴です。

4.格安SIMの選び方&使い方を3STEPで理解

格安SIMについては、よく分かりました。あとは、実際の使い方が知りたいのですが・・。

使い方はカンタンよ。3STEPで説明するわね。

STEP1:SIMカードの種類(音声通話SIM・データSIM)を理解する

格安SIMには、2種類のSIMカードがあります。

SIMカードの種類

  • 音声通話SIM:音声通話+ネットが使えるSIMカード
  • データSIM:ネットだけが使えるSIMカード

両者の違いは、音声通話機能の有無です。 データSIMは電話番号が無いためネット専用のSIMカードとなります(LINE通話は使える)。

メインとしてスマホを使うなら、音声通話SIMを選びます。

なお、データSIMはオプション料金を支払えば、SMS(ショートメッセージ)機能を付けることも可能です。

STEP2:自分にぴったりな格安SIMを見つける

格安SIMは、通信速度とサービス内容を軸に決めます。おすすめは人によって異なります。

以下のフローチャートを参考にして下さい。

格安SIMのフローチャート

気になる格安SIMは見つかりましたか?

以下のリンクをタップすれば、さらに詳しい情報を見ることができます。

詳細情報を見る

ちなみに。格安SIMではかけ放題を利用できます。

オプション料金は月額850円程度。頻繁に通話する方はかけ放題オプションを付けておくと安心です。

必要なデータ容量は毎月のデータ消費量から算出しよう

契約する格安SIMが決まったら、あとは申込むだけ。その際、悩ましいのが料金プラン選びです。

格安SIMの料金相場(音声通話SIM)

  • 1GB:1300円
  • 3GB:1600円
  • 5GB:2000円
  • 10GB:3000円
  • 20GB:4800円

どれくらいのデータ容量で契約すべきかは、毎月の明細書にてデータ消費量を確認して決めましょう。

分からなければ、とりあえず3GBあたりがおすすめ。データ容量はあとから無料で変更できます。

STEP3:SIMカードを入れ替える(MNPなら以前の携帯会社は自動解約)

注文したSIMカードが手元に届いたら、さっそく入れ替えましょう。

SIMカード挿入

SIMカードを入れ替えてもスマホの使い方は変わりません。今まで通りです。

MNPする方はこのあと開通手続きを行います。指定の電話番号あるいはウェブサイトにて、手続きして下さい(各社でやり方が異なる)。

無事開通したら、以前の携帯会社は自動で解約となります。連絡を入れる必要はありません。

MNPなしで格安SIMへ乗り換える方(音声通話SIMを契約)は、以前の携帯会社に解約の連絡を入れましょう。

格安SIMの選び方&使い方は以上です。

5.【まとめ】格安SIMについて理解できましたか?

格安SIMの意味はとてもカンタン。その名の通り、利用料金が安くなるSIMカードです。

メリットは何といっても安さ。SIMカードを変えるだけでスマホ代が半分以下になります。 ただし、デメリットもいくつかあるので事前に確認して下さい。

格安SIMの使い方は、MVNO(格安SIM提供事業者)に契約するだけ。あとは、端末にSIMカードをセットすればOKです。

契約先の通信事業者選びで迷ったら、以下の記事を参考にして下さいね。

>>人気の格安SIMを比較しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。