格安SIMとは

SIMフリーとは何?世界一わかりやすい解説

SIMカード

SIMフリーって意味がよく分からない・・・

最近SIM(シム)という言葉をよく聞きませんか?SIMフリーだといいことがあるらしい、ということは何となく分かりますが、詳しい意味は分かりませんよね。

この記事では、SIMフリーとは何か?初心者でも理解できるように分かりやすく解説しました。ぜひ、参考にして下さいね。

1.SIMフリーとは?

さっそく、SIMフリーの意味を理解していきましょう。

1-1.そもそもSIMって何?

SIM(シム)とは、Subscriber Identity Moduleの頭文字を取った略称です。

Subscriber Identity Moduleは、

  • Subscriber:加入者
  • Identity:身元
  • Module:設計品

を表します。つまり、契約者の個人情報を記録するものを意味します。SIM(シム)は、SIMカードと呼ばれる小さなICチップの形をしています。

SIMカード

SIMカードは指先ほどのサイズしかない

このSIMカードをスマートフォンに挿入することで、携帯会社が利用者の個人情報を管理しているのです。

あわせて読みたい
SIMカード
SIMカードとは?3分で理解できる全知識SIMカードって何・・? みんなが当たり前に使うSIMカードという言葉。冷静に考えれば、詳しい意味がよく分かりませんよね。また、S...

1-2.図解でわかるSIMフリーの意味

SIMの意味が分かったら、次はSIMフリーについて理解していきましょう。SIMフリーとは、あらゆる通信事業者と契約できる状態を意味します。SIMフリーの反対の意味はSIMロックと言います。SIMロックの状態だと特定の通信事業者としか契約が結べません。

SIMフリーの意味

SIMフリーの仕組み

1-3.au・ドコモ・ソフトバンクはSIMロックをかけている

大手キャリアである、au・ドコモ・ソフトバンクはSIMカードをロックしています。このロックはスマートフォンの内部で設定されています。

大手キャリアがSIMロックをかける理由は顧客管理の意味もありますが、本当の狙いは他社で自由に使えないようにするためです。

SIMフリーになると通信事業者の契約先が自由になるため、顧客流出をまねきます。顧客流出は当然ながら売上損失に繋がるため、スマートフォンにSIMロックをかけて顧客を囲い込んでいるのです。

なお、SIMロックをかける文化は日本独自のもので、海外ではSIMフリーが当たり前となっています。

1-4.SIMフリーのメリット

SIMフリーにすると、以下のメリットがあります。

(1)格安SIMを利用できる

SIMフリーを使う方の99%は格安SIMの利用が目的です。格安SIMとは、毎月の利用料金が格安となるSIMカードを意味します。格安SIMを提供する会社は国内に500社以上あります。

SIMフリーにすれば、ドコモ・au・ソフトバンクの他に500社以上の通信事業者から契約先を選ぶことができるのです。利用料金が安いだけでなく、特定のアプリが使い放題となったり、かけ放題が安かったりと様々な特徴を持ったサービス会社から契約先を選択できるようになります。

ちなみに、大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、毎月の利用料金はおよそ半額以下となります。1ヶ月で4000円、1年で5万円程度の節約が可能です。家族単位なら、数十万円の節約になります。

https://l-kyojin01.jp/archive/4036

(2)海外で現地SIMが使える

海外旅行、海外出張などで役立つのが現地で販売しているプリペイド式のSIMカードです。SIMフリーだと、海外で販売しているSIMカードも利用できます。現地のSIMカードは値段が安いだけでなく通信速度が速いです。

海外に行くときは空港でモバイルWi-Fiルーターをレンタルするのが一般的ですが、現地のSIMカードを使った方が快適なデータ通信を行うことができます。

※デメリットは特に無し

SIMフリーであることによるデメリットは特にありません。SIMロックされている端末に比べて性能が劣ったり不都合なことが起きたりすることも無いです。SIMフリー・SIMロックとは、あくまで他社で端末が使えるか、使えないかだけの違いです。

2.どうすればSIMフリーにできる?

SIMフリーにするためには、SIMカードではなく端末側でSIMフリー対応にする必要があります。ここでは、どうすれば端末をSIMフリーにできるのか?詳しく解説していきます。

※端末とはスマートフォンをはじめとした通信機器を意味します

2-1.SIMフリー端末を購入

一番簡単にSIMフリーを利用する方法は、最初からSIMロックが外れているSIMフリー端末を購入することです。SIMフリー端末は、タブレットやモバイルWi-Fiルーターなどあらゆる通信機器がありますが、一般的にはスマートフォンを意味します。

SIMフリーのスマートフォンでSIMフリースマホと一般的には呼ばれています。SIMフリースマホの詳しい意味は以下の記事も参考にして下さい。

あわせて読みたい
SIMフリースマホ
今さら聞けないSIMフリースマホとは?図解で丸わかり最近よく聞くSIMフリースマホって何・・・? SIMフリースマホだと良い事があるらしい・・と教えてもらったけど、そもそもSIMフリ...

SIMフリー端末を購入するには、

  • 格安SIMカードとセット契約
  • 家電量販店
  • オンラインショップ
  • 中古販売店

のいずれかで購入します。SIMフリー端末だけを欲しい方は、オンラインショップか中古販売店を利用します。ただし、ほとんどの方はSIMフリー端末だけでなく格安SIMカードを一緒に使いたいと思います。

ですので、最もおすすめなのが格安SIMカードとセット契約でSIMフリー端末を購入するといいでしょう。セット契約なら割引が聞いて端末代金が大幅に値引きされることもあります。

格安SIMカードとセット契約できるSIMフリー端末は、以下の記事でおすすめを紹介していますよ。

あわせて読みたい
SIMフリースマホランキング
【完全比較】格安スマホ端末(SIMフリースマホ)おすすめランキング格安スマホ端末に乗り換えたいけど、どれを選べばいいのかまったく分からない・・・。 格安スマホ端末(SIMフリースマホ)は、格安SI...

なお、現在のスマホからSIMフリースマホに機種変更する場合ですが、「MNPの手続き」を行うことで電話番号の引き継ぎが可能です。

2-2.SIMロック解除をする

SIMロック解除とはSIMロックされたスマートフォンの設定を、ロック解除してSIMフリー化することです。SIMロックをかけることで自社の利益を守ってきた大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)ですが、自由競争の観点から総務省によりSIMロック解除の自由化を命じられました。

SIMロック解除が始まったのは2015年5月からです。2015年5月以降に販売された端末なら、簡単な手続きでSIMロック解除ができます。SIMロック解除のやり方は、My au、My docomo、My softbankに「SIMロック解除」の項目があるので、そちらから無料で申込みが可能です。

SIMロック解除の方法

3.SIMフリーに関するQ&A

3-1.SIMフリーのタブレットはある?

SIMフリーのタブレットは様々なメーカーから販売されています。中でも注目度が高いのがiPadでしょう。SIMフリーのiPadは、アップルストアで購入が可能です。

購入の際に気をつけたいのが、iPadの種類です。iPadの種類は、

  • Cellularモデル
  • Wi-Fiモデル

に分かれます。iPadにSIMカードを挿してデータ通信を行う場合は、Cellularモデルを選びましょう。Wi-Fi接続だけでネットを行う方はWi-Fiモデルを選択して下さい。Wi-Fiモデルは端末代金が安い代わりにSIMカードを挿入して利用できないため、Wi-Fi環境は必須となります。

3-2.SIMフリーのiPhoneはある?

SIMフリーのiPhoneもiPad同様にアップルストアで購入できます。アップルストアで販売されているiPhoneはすべてSIMフリー版です。金利手数料なしの分割払いで購入できます。

SIMフリー版iPhoneを購入したら、あらゆる格安SIM会社と契約できます。もちろん、最新モデルのiPhoneに格安SIMカードを挿して運用することも可能です。

3-3.海外版のSIMフリースマホは使える?

海外で販売されているスマートフォンの多くがSIMフリーです。日本からはオンラインショップを通じて購入が可能です。GALAXYの最新版などが販売されています。海外版のSIMフリースマホでも日本で使用することはできます。ただし、以下の2点に注意しましょう。

  • 技適マークの有無
  • au系の格安SIMで一部利用不可

(1) 技適マークの有無

技適マークとは電波法で定められた安全基準で、端末の裏側などに印字されています。

技適マーク

技適マーク どちらでもOK

日本では技適マーク無しの端末を使用することは法律で禁じられています。海外製のSIMフリースマホは一部技適マークが無い端末があるため(中国製に多い)、輸入する際は注意しましょう。

(2) au系の格安SIMで一部利用不可

格安SIM会社は大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)から回線をレンタルして運営しています。注意したいのが「au回線を利用する格安SIM会社」です。au回線は特殊な通信規格を使用しているため、一部のSIMフリースマホで相性が合わず使用できません。

国内で販売されているSIMフリースマホなら通信規格がau用に調整されているので大丈夫です。しかし、海外製のSIMフリースマホは通信規格が合わない可能性があります。

どのSIMフリースマホなら使用できるのか?については、格安SIM会社の公式サイトに記載されている動作確認済み端末一覧表を確認しましょう。

ワイモバイル iPhone8/Xの動作確認

格安SIM会社の動作確認済み端末ページ 最新iPhoneも記載されている

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではSIMフリーの意味について詳しく解説していきました。SIMロックの制限がないSIMフリーの端末なら、あらゆるSIMカードを利用できます。

特に利用したいのが格安SIMカードです。大手キャリアと比べて大幅に節約できる格安SIMカードは、今後多くのユーザーが利用することになるでしょう。世の中の大きな流れとしてもSIMフリー化は急激に進んでいるので、これからさらにSIMフリーは主流になっていくでしょう。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:スマホ代 月300円キャンペーン(8/31まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。