UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイルを使う13のデメリットと11のメリット

UQモバイルのメリット・デメリットを知りたい・・・

UQモバイルには様々な良い点・悪い点があります。特に気になるのがデメリットですよね。この記事では、どこよりも詳しくUQモバイルのメリット・デメリットを詳しくまとめました。UQモバイルの全体像も把握できるので、ぜひ参考にして下さいね。

【UQモバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルの公式サイト

0.結論

UQモバイルのメリット・デメリットは以下の通りです。

(1)メリット

  • 格安SIMでトップラスの通信速度
  • 安定した通信品質
  • 090・080通話のかけ放題
  • 2700以上の店舗数
  • 節約モードが利用可能
  • Wi-Fiスポットの無料利用
  • 格安でiPhoneのセット契約ができる
  • 実質0円の端末セットあり
  • 家族割が利用できる
  • 条件無しの口座振替払い
  • 現金キャッシュバックがもらえる

(2)デメリット

  • 2年間の契約縛り
  • 契約の自動更新がある
  • 料金プランの種類が限られる
  • 2年目以降に契約条件が変更
  • 大容量プランが無い
  • LINEのID検索ができない
  • 無料でもらえるデータ容量は自分でチャージ
  • 3G回線に繋がらない
  • シェアプランの利用不可
  • メールアドレス付与が有料オプション
  • セット契約のiPhoneがSIMフリーでない
  • 最新iPhoneでテザリングできない
  • 3日間の速度制限あり

(3)UQモバイルに契約すべき人

  • 通信速度・通信品質を重視する
  • かけ放題込の料金プランを使いたい
  • 初めての格安SIMでサポートが不安
  • 端末価格を抑えたい
  • 口座振替を利用したい

(4)UQモバイルが契約すべきでない人

  • 契約縛りがどうしても嫌
  • 豊富な料金プランから選びたい
  • LINEのID検索を多用する
  • シェアプランで契約したい

それぞれ詳しくは、次章以降から解説していきます。

1.UQモバイルのメリット

まずはUQモバイルのメリットから見ていきましょう。

(1)格安SIMでトップラスの通信速度

UQモバイルを使う最大のメリットと言えるのが通信速度の速さです。最も早い時は40Mbpsを超えます。あまりに通信速度が早いため総務省から注意されたほどです(他の格安SIMと公平ではないとの意見)。UQモバイルの通信速度が早いのは恐らく親会社のauがUQモバイルを優遇しているからだと思われます。

どんな事情があるのか詳しくは分かりませんが、私たちユーザーにとって見れば非常にありがたいです。さすがに大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の通信速度には劣りますが、体感速度はまったく変わりません。アプリのダウンロードや高画質動画の再生も十分に楽しめます。

(2)安定した通信品質

UQモバイルは通信速度だけでなく、安定感にも優れています。他の格安SIM会社も最大通信速度は40Mbpsを超える場合がよくあります。ただし、正午過ぎや夕方の回線混雑する時間帯では1Mbpsを下回るほど速度低下を起こしています。

UQモバイルは1日を通して安定したデータ通信が可能です。回線混雑する時間帯でも、平日は10Mbpsを切りません。休日も3~5Mbpsは出ているので、高画質動画の再生に必要な3Mbpsはクリアしています。もちろんWEB閲覧やInstagramなどはまったく問題ありません。

最大通信速度が早い格安SIMはたくさんありますが、1日を通して通信速度が安定する格安SIMはほぼありません。UQモバイルの他は独自回線を使うY!mobileくらいでしょう。通信速度の速さばかりが強調されるUQモバイルですが、実は安定した通信品質こそが大きなメリットとなるのです。

(3)090・080通話のかけ放題

格安SIMのかけ放題プラン自体は珍しくありません。しかし、ほとんどのかけ放題プランが通話アプリ経由のかけ放題となります。つまり、かけ放題と言っても実体はIP電話や050アプリなのです。

UQモバイルでは専用アプリを使わずに、090・080・070からかける通常の通話でかけ放題や無料通話を利用できます。090、080の電話番号は通信品質がいいです(UQモバイルはau回線を使用)。また、アプリを経由するわずらわしさもないため、ストレス無く音声通話を利用することができますよ。

(4)2700以上の店舗数

格安SIMの弱点といえば実店舗のサポートが無いことです。大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)では当たり前に使えた対面サポートですが、ほとんどの格安SIMがネットか電話のサポートに限られます。最近では実店舗を持つ格安SIM会社も増えてきましたが、現状は都市部のみに地域が限定されていて、店舗数もやっと100店舗くらいといった感じです。

サポート内容も新規契約だけのケースが多いです。しかし、UQモバイルなら全国に2700店以上の店舗数を誇るため、地方の方でも最寄りのUQモバイル店舗を利用することができます。また、UQモバイル専門であるUQスポットなら端末修理の受付や家族割の申込みなどを行うことができます。

特に修理受付は他社なら自分でメーカーに問い合わせる必要があるため、店舗スタッフに任せられるUQモバイルは非常に心強いです。

(5)節約モードが利用可能

データ消費量を0に抑えることができる節約モード(ターボ機能)。UQモバイルでは専用アプリから簡単に節約モードを設定することができます。ウィジェットに登録すればアプリを立ち上げること無く、高速・低速通信の切り替え可能。ワンタップで節約モードにできます。

格安SIM会社によっては節約モード自体が使えない場合もあります。UQモバイルでは節約モードが使えることはもちろん、簡単に切り替えできる機能も便利で使いやすい点も大きな魅力です。

UQモバイル
UQモバイルの節約モードでYoutubeやテザリングを実機調査UQモバイルの節約モードは何ができるの・・・? 低速通信にすることでデータ消費量を抑えることができるUQモバイルの節約モード。しか...

(6)Wi-Fiスポットの無料利用

UQモバイルでは無料でWi-Fiスポット「Wi2 300」を利用することができます。Wi2 300は申込みが必要ですが、一度設定すれば自動でWi-Fi接続することが可能です。駅や空港などの交通機関はもちろん、カフェやショッピングモールでも利用できます。

また、有料オプションにはなりますが新幹線でWi-Fi接続することもできます。無料で利用できるWi2 300はスマホだけでなくタブレットやパソコンも接続可能です。

wi2 300
無料で使えるUQモバイルのWi-Fi「Wi2 300 for UQ mobile」を全解説UQモバイルで利用できるWi-Fiスポットって? UQモバイルと契約すれば無料でWi-Fiスポット(公衆無線LANサービス)が利用...

(7)格安でiPhoneのセット契約ができる

iPhoneをセット契約できる格安SIMは限られます。現在、iPhoneのセット契約を提供しているのは5社程度ですが、実体は海外製であったり割引なしの高額だったりと契約をためらう条件が付いています。しかし、UQモバイルとY!mobileの2社に限っては国内モデルのiPhoneを格安で提供しています。

おしゃべりプランかぴったりプランに加入すれば2年間のマンスリー割が効いて、iPhoneの端末価格が実質0円になる場合もあります。Y!mobileは厳密には格安SIMではないので、iPhoneのセット契約をまともに提供できている格安SIMはUQモバイルだけです。

UQモバイルでセット契約できるiPhone

(8)実質0円の端末セットあり

iPhone、Androidの両方で実質0円の機種があります。実質0円と言っても在庫処分を目的とした古い機種だけでは・・?と思ってしまいますが、実際は3万円以上の新しい機種でも実質0円で契約できる場合があります。

近年では市場価格で5~6万のiPhoneSEが実質0円となり話題となりました。実質0円の利用条件としておしゃべり・ぴったりプランの加入が義務付けられますが、端末代金が大幅に割引されるのを考えれば大したデメリットではありません。

(9)家族割が利用できる

まず、家族割を提供できている格安SIMはほとんどありません。UQモバイル以外だと、mineoとY!mobileが提供していますが、mineoは月額50円だけの割引なので事実上、家族割が利用できるのは2社のみです。UQモバイルの家族割は一人あたりの月額基本料金が500円割引されるシンプルな仕組みです。

家族4人なら主回線となる夫を除いて3人分が割引されます(500円×3人で1500円引き)。年換算すると大きな割引額となるため、家族で格安SIMに乗り換えるなら、UQモバイルは非常に有利ですよ。

UQモバイルの家族割を適用条件から申込方法まで全解説UQモバイルの家族割について知りたい! UQモバイルでは家族の利用料金が割引となるUQ家族割が利用できます。お得なUQ家族割ですが...

(10)条件無しの口座振替払い

口座振替払いを条件無しで提供できているのは、執筆時点ではUQモバイルだけです。そもそも、ほとんどの格安SIMがクレジットカード払いのみで口座振替払に対応していません。また、口座振替に対応していたとしても、データ通信専用SIMだけ、店舗のみ受付、端末代金の分割払いは支払い不可、など様々な条件を課せられます。

UQモバイルでは口座振替に関するあらゆる条件がフリーで、誰でも簡単に手続きが可能です。ネット契約時も、支払い方法の選択で口座振替を選べば簡単に申込みができます。

uq mobileの口座振替
UQモバイル(UQ mobile)で口座振替を利用する条件と申し込み方法UQモバイルは支払い方法で口座振替を選ぶことができるのか、お悩みではありませんか? 以前はクレジットカードしか選択できなかったUQ...

(11)現金キャッシュバックがもらえる

UQモバイルは正規代理店を経由して契約すると現金13000円がキャッシュバックされます。正規代理店を経由することによるデメリットは何もありません。ただ契約するページを変えるだけでキャッシュバックされるので非常にお得です。キャッシュバックは指定の口座に現金で振り込んでくれますよ。

>>キャッシュバックの詳しい貰い方はこちら

(12)その他のメリット

その他、UQモバイルには以下のメリットがあります。

  • ネット契約でも即日開通可能
  • auの子会社である安心感
  • 持ち込み端末でも保証可能
  • 専用アプリの利用可能
  • 子供向けの安心フィルターあり
  • auより月額料金が大幅に安い
  • 90日間のデータ繰越可能
  • SMSが無料で使える

auと比較した場合

UQモバイルは「au系の格安SIM」なので、auユーザーから乗り換える方が非常に多いです。auからUQモバイルに乗り換えると、月額料金が毎月3000~4000円程度安くなります。かけ放題付きの料金プランでも毎月3000円以上節約できるため家計は大助かりです。さらに、通信速度も体感上はauと変わりません。

2.UQモバイルのデメリット

次はUQモバイルのデメリットについて詳しく見ていきます。

(1)2年間の契約縛り

UQモバイルでは、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と同じく2年間の契約縛りがあります。「データSIMの料金プラン」なら契約縛りはありませんが、音声通話機能付きの料金プランはすべて、

  • 最低利用期間:2年
  • 解約金:9500円

の条件が付きます。また、端末代金が最大で実質0円となるマンスリー割も、2年以内に解約したらマンスリー割適用前の端末代金で請求されます。事実上の2年縛りといってもいいでしょう。なお、格安SIMによっては最低利用期間が1年であったり、MNP転出手数料を高くする代わりに解約金無しのサービス会社があります。

(2)契約の自動更新がある

多くの格安SIM会社では最低利用期間の1~2年が過ぎると、その後はいつ解約しても解約金(違約金)がかかりません。しかし、UQモバイルの場合は、最低利用期間の2年が過ぎても解約金がかからないのは契約更新月の2ヶ月だけです。その後は自動更新となり、また2年間の契約縛りが続きます。これは大手キャリアとまったく同じシステムです。

UQモバイルは様々な割引制度を利用できる代わりに、一度契約したら、なかなか解約できない仕組みとなっています。ただし、充実した割引制度を考えればメリットの方が大きいかもしれません。

(3)料金プランの種類が限られる

良く言えばシンプルで分かりやすいのですが、上級者にとっては料金プランの選択肢が少なすぎると感じるでしょう。特にデータSIMで契約したい方にとっては、選ぶことができるデータ通信量が3GBか無制限の2択しかありません。これは他社と比べて明らかに少ないです。

音声通話付きのプランで契約して欲しいためにわざとデータSIMのプランを少なくしていると考えられます。

(4)2年目以降に契約条件が変更

UQモバイルではおしゃべりプランとぴったりプランで2年目以降に契約条件が変更されます。

  • 2年目:月額料金1000円アップ
  • 3年目:データ通信量が半分になる

おしゃべり・ぴったりプランに加入すると自動的にイチキュッパ割が適用されるため、1年目の利用料金は1000円割引されます。しかし、2年目からイチキュッパ割が終了するため1000円高くなります。1000円高くなると言うより元の値段に戻ったと言った方が適切かもしれません。

また、データ通信量に関しても2年目まではデータ増量キャンペーンで2倍となります。しかし、3年目からはデータ増量キャンペーンが終了して元のデータ通信量に戻ります。

1年目

  月額料金 データ通信量
プランS 1980円 2GB
プランM 2980円 6GB
プランL 4980円 14GB

2年目

  月額料金 データ通信量
プランS 2980円 2GB
プランM 3980円 6GB
プランL 5980円 14GB

3年目以降

  月額料金 データ通信量
プランS 2980円 1GB
プランM 3980円 3GB
プランL 5980円 7GB

3年目以降のデータ通信量に関しては、月額500円のデータ増量オプションを使えば、元の2倍に戻せます。プランLは500円で7GB増やせるため、ちまたの悪評ほど酷い制度ではありません。

(5)大容量プランが無い

UQモバイルで使用できるデータ通信量は最大で14GBです。14GBでも十分に大容量ですが、最近の携帯会社では20GB、30GB、50GB・・・と、どんどん大容量化しています。他の格安SIM会社では20GB以上の料金プランが用意されている場合が多いのですが、UQモバイルにはありません。

恐らく、UQモバイルと別事業で展開しているUQ WiMAXとユーザーがかぶらないようにしているためと思われます。データチャージができるUQモバイルですが、最初から14GB以上の大容量を使いたいなら、「UQ WiMAXと併用」するしかないでしょう。

ただ、2台持ちはデメリットですが、料金面では他社の大容量プランよりUQ WiMAXを併用した方が安くなる場合が多いので(併用時の月額料金は6360円)、一概にデメリットと言えないかもしれません。

(6)LINEのID検索ができない

UQモバイルはLINEのID検索ができません。LINEは大手キャリアの年齢認証システムを採用しています。そのため、格安SIMでは年齢認証の本人確認が取れず、ID検索ができないのです。LINEのID検索ができない問題はUQモバイルに限らず、ほぼすべての格安SIMに共通しています。

LINEのID検索ができる格安SIMは、LINEモバイルとY!mobileの2社しかありません。UQモバイルもau IDが使えたら年齢認証をクリアしてID検索できていたのですが、残念ながら現状は利用不可となっています。ふるふるやQRコードなど別の手段で友達登録はできますが、ID検索ができず不便と感じる場面が出てくるかもしれません。

※手持ちの端末でUQモバイルに乗り換えた場合は、LINEのID検索機能が使用できます

(7)無料でもらえるデータ容量は自分でチャージ

UQモバイルでは2年間、おしゃべり・ぴったりプランでデータ増量キャンペーンが適用されます。データ増量キャンペーンでは、もらえるデータ容量が2倍となります。

  • プランS:1GB→2GB
  • プランM:3GB→6GB
  • プランL:7GB→14GB

しかし、増量分のデータ容量は自分でチャージしなくてはいけません。最初から自動的に2倍のデータ容量が使えたらいいのですが、手動のデータチャージが必要なので手間がかかります。また、データチャージできる容量は100MB/500MBと決まっています。そのため、プランLなら7GBを500MB×14にわけてデータチャージする必要があります。

UQモバイルのデータチャージを無料追加から繰越条件まで全解説UQモバイルでデータチャージする方法を知りたい! UQモバイルではデータ通信量をチャージ(容量追加)することができます。データチャ...

(8)3G回線に繋がらない

UQモバイルは3G回線が使えません。3G回線が利用できないのは「au系の格安SIM」共通のデメリットです(auの通信規格と合わないため使用できない)。3G回線が使えないデメリットは、電波の状況が著しく悪い場所に入った時、データ通信がまったく使えなくなることです。

普段は4G LTEで高速通信を行うので問題ありません。しかし、4G LTEが入らない場所(山間部や地下など)は、他社では自動的に3G回線に切り替わりますがUQモバイルの場合はそのまま圏外となってしまいます。

(9)シェアプランの利用不可

データ通信量を家族で分け合えるシェアプラン。例えば20GBプランで契約して、夫・妻で6GB、子供2人で7GBずつ使うといったシェアができます。家族単位で月額料金を節約できるシェアプランですが、UQモバイルでは利用不可となっています。家族割が使えますが、シェアプランは利用できないので注意しましょう。

(10)セット契約のiPhoneがSIMフリーでない

iPhoneをセット契約できるのはメリットなのですが、残念ながらSIMロックがかかっています。SIMロックがかかっているとUQモバイルを解約後に他社で使うことができません。ただし、購入101日目からmy UQ mobileにて簡単にSIMロック解除することができるのであまり心配過ぎなくてもいいでしょう。iPhone以外の端末はすべてSIMフリースマホです。

(11)メールアドレス付与が有料オプション

UQモバイルではキャリアメール(MMS)を利用することができます。他の格安SIM会社でもらえるメールアドレスはフリーメールなので、UQモバイルの方が有利です。

※キャリアメールは信頼性が高いためガラケーの受信拒否や迷惑メール振り分けの心配が少ない

ただし、デメリットとなるのがUQモバイルメールは有料オプションの扱いとなることです。メールアドレスをもらうには月額200円を支払わなければなりません。UQモバイルのメールアドレスは高品質なので有料扱いとなるのは致し方ないのかもしれませんが、あまり気持ちのいい話ではありません。

有料のメールアドレスを使いたくない場合は、GmailやYahoo!メールなどフリーメールを使うといいでしょう。なお、UQモバイルのメールアドレスは機種によって対応していない場合もあるので注意が必要です。

メール
UQモバイルのメールアドレスを利用料金から設定方法まで全解説UQモバイルに契約した後、メールアドレスはどうなるの・・・? UQモバイルに乗り換えたいけど、気になるのがメールアドレスの有無です...

(12)最新iPhoneでテザリングできない

UQモバイルではすべての機種でテザリングができるわけではありません。特にUQモバイル乗り換えをためらう原因となるのが、最新iPhoneでテザリングが利用できないことです。iPhone6sまでのシリーズならテザリングできるのですが、iPhone7以降はテザリングができません。

最新iPhoneを使いたい方はauで契約して欲しい狙いがあるのか(auとUQモバイルは同じ会社)、テザリングは利用できない仕組みとなっています。

※au系の格安SIMと比較すればメリット

au系の格安SIM会社であるmineo、IIJmio、BIGLOBEモバイルなどはiPhoneでテザリングがまったくできません。唯一、UQモバイルのみau系の格安SIMでもテザリングが可能となっています。

※追記 2018年10月より、すべてのiPhoneでテザリングが可能となりました

(13)3日間の速度制限あり

UQモバイルでは3日で6GB以上のデータ通信量を消費した場合、

  • おしゃべり・ぴったりプラン:300kbps
  • データ高速プラン:200kbps

に速度制限されます。速度制限は翌日になれば解除されます。3日で6GBの条件ですが、1日2GBペース(ひと月60GB)で使うことはまず無いためあまり気にしなくてもいいでしょう。ただ、残念なのがデータ無制限プランでも3日制限が対象となることです。

データ無制限プランはデータ通信量が使い放題の料金プランなのですが、実際は3日間の利用制限があるため注意する必要があります。

3.月額料金は他の格安SIMと同レベル

UQモバイルの月額料金は他社と比べて高いのか、安いのか気になるところです。大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と比べれば大幅に安くなるのですが、他の格安SIMと比べた場合はどうなのでしょうか?

結論から言うと、他の格安SIMと比べてUQモバイルの月額料金はほぼ同じとなっています。高くも安くもないので、メリット・デメリットに振り分けることはできません。UQモバイルと他の格安SIMの料金比較は以下の通りです。

3-1.かけ放題付きプラン

かけ放題付きの料金プランを提供しているのは、UQモバイル、Y!mobile、楽天モバイルです。この3社を料金比較してみました。

かけ放題付きのプランの料金(データ通信量6GBの場合)

結果はお互いを意識しているのか月額料金がまったく変わりません。純粋に月額料金だけを比較した場合は、どこを選んでも同じとなっています。ただし、楽天モバイルは専用アプリ経由のかけ放題なので他の2社よりは通話品質が劣ります。

ライバル関係であるY!mobileは月額料金が同じですが、UQモバイルよりかけ放題の通話時間が長いです。ただし、Y!mobileはデータ繰り越しができないデメリットもあります。詳しくは、「UQモバイルとY!mobileを比較」の記事を参考にして下さい。

3-2.かけ放題無しのプラン

次は、かけ放題なしのプランを料金比較してみました。

※データ通信量3GBの利用料金

音声通話SIM

  • UQモバイル:1680円
  • 楽天モバイル:1600円
  • mineo:1600円
  • IIJmio:1600円
  • BIGLOBEモバイル:1600円
  • OCNモバイルONE:1800円
  • DMMモバイル:1500円

データ通信専用SIM

  • UQモバイル:980円
  • 楽天モバイル:900円
  • mineo:900円
  • IIJmio:900円
  • BIGLOBEモバイル:900円
  • OCNモバイルONE:1100円
  • DMMモバイル:850円

結果を見ると、UQモバイルの月額料金が他社より少し高いです。ただし、忘れてはいけないのがUQモバイルはSMS(ショートメッセージサービス)の利用料が無料となっています。SMSは月額100円程度のオプション料金がかかります。そのため、SMSオプションを考慮すればUQモバイルの月額料金は他社と同じ水準となることが分かります。

4.メリット・デメリットから分かる契約すべき人

UQモバイルのメリット・デメリットから、どんな人が契約に向いているのか、あるいは向いていないのか以下にまとめました。

4-1.UQモバイルに契約すべき人

(1)通信速度・通信品質を重視する

通信速度を重視するならUQモバイルが最高の選択肢となります。特にネット、動画、ゲームが好きなら通信速度は非常に重要です。格安SIMの中でトップクラスのスピードを誇るUQモバイルなら快適にデータ通信を楽しめます。

また、1日中快適にデータ通信ができるのもUQモバイルの強みです。回線混雑時、極端に速度低下する他社と比べてUQモバイルの通信速度は安定しています。

(2)かけ放題込の料金プランを使いたい

かけ放題込の料金プランを展開する格安SIMは、UQモバイル以外だと楽天モバイルとY!mobileしかありません。その他の格安SIM会社は、オプション扱いとなるうえ専用アプリ経由のかけ放題です。

通話を重視する方は、通信品質の良い090、080で利用できるかけ放題を使った方がいいです。UQモバイルはかけ放題込みの料金プランを展開する貴重な格安SIMなので、契約する価値は十分にあります。

(3)初めての格安SIMでサポートが不安

格安SIM全体の中でUQモバイルのサポート力は群を抜いています。チャット、電話、メールなどオンラインサポートはもちろん、全国2700店以上の店舗サービスは初心者にとって安心感があります。ほとんどの格安SIM会社はオンラインだけのやり取りですが、サポートが手厚いUQモバイルなら初めての契約でも安心です。

(4)端末価格を抑えたい

UQモバイルでは2年契約となるかわりに端末価格が非常に安くなります。実質0円で購入できる機種もあり、端末価格を節約したい方にとっては非常に助かります。

(5)口座振替を利用したい

口座振替払いの条件に関しては、全格安SIMの中でUQモバイルがトップです。オンライン手続きで何の条件も無く口座振替が使えるのは、現在UQモバイルのみとなっています。クレジットカードを持っていない方や口座振替を希望する方はUQモバイルが最もおすすめです。

4-2.UQモバイルに契約すべきでない人

(1)契約縛りがどうしても嫌

UQモバイルは2年間の契約縛りを行うことで様々な割引サービスを行っています。端末価格が実質0円になるのも契約縛りがあるからです。しかし、どんなに割引が効くとしても契約縛りが嫌な方もいるでしょう。UQモバイルの音声通話プランはすべて2年縛りで自動更新のシステムとなります。

(2)豊富な料金プランから選びたい

シンプルな料金プランで選びやすいUQモバイルですが、中級者にとっては物足りません。特にかけ放題なしの音声通話プラン(データ高速プラン)が、3GBプランしか無いのは大きなデメリットです。豊富な料金プランから格安SIMを選びたい方は他社を選ぶほかありません。

(3)LINEのID検索を多用する

UQモバイルに乗り換えるとLINEのID検索ができなくなります。あまりID検索をしない方なら別の手段で友達登録できるので気にしなくてもいいのですが、もしID検索を多用している場合は使いづらくなってしまうでしょう。

格安SIMでLINEのID検索を行いたい場合は、

のどちらかに契約する必要があります。

(4)シェアプランで契約したい

家族でデータ通信量を分け合えるシェアプランを使いたい場合は、UQモバイルを諦めざるを得ません。UQ家族割など家族単位で節約できるキャンペーンは他にありますが、シェアプランにこだわる場合は他社を使った方がいいでしょう。

シェアプランが使える格安SIMは以下の記事でまとめています。

シェアプランが利用できる格安SIMを完全比較シェアプランが使える格安SIMと契約したい! この記事では、月額料金を賢く節約できる格安SIMのシェアプランを完全比較。 シ...

5.まとめ

いかがでしたか?

UQモバイルはトップクラスに早い通信速度や条件無しの口座振替対応など他社には無いメリットがたくさんあります。同時に、シェアプランの利用不可や契約縛りなどデメリットがあるのも事実です。当サイトとしては、UQモバイルは他の格安SIMと比べて最もおすすめできると考えています。

その理由は、メリットがデメリットを大きく上回っていること。そして何より通信速度が早いことで快適にスマホを使えるからです。この記事を参考に、UQモバイルに向いている・向いていないを確かめて、納得できたら実際に契約してみましょう。

【UQモバイル】速い、安い、かけ放題
uqモバイルのロゴ
  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい
UQモバイルの審査 UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイルの審査内容と審査落ちパターン

2018.11.11
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
格安SIMを契約する際には「審査」があります。UQモバイルも例外ではなく、契約するためには審査に受からないといけません。UQモバイルの審査はクレジットカードやローンなどと比べると易 …