格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホだけでネット環境は十分なのか完全解説

インターネット
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

日々の生活で重要なのがネット環境の確保。

節約のためにも理想は格安スマホだけで、すべてのネット環境を整えることですが、使い方によっては難しいケースもあります。この記事では、格安スマホだけでネット環境は整うのか?詳しく解説していきます。

1.格安スマホだけでネット環境が十分な人

格安スマホだけでネット環境が十分な人は、以下に当てはまる人です。

  • 動画はあまり見ない
  • ゲームをあまりしない(ツムツムやポケモンGO程度)
  • 通信速度が多少不安定でもかまわない
  • 無料Wi-Fiを上手く使える

LINEやちょっとしたネット閲覧だけなら格安スマホだけで十分です。

ゲームが好きな人でも、データ消費量が小さい、

などであれば、格安スマホだけでも十分に楽しめます。

データ通信量を消費しやすい動画視聴や3Dゲーム、ソフトウェアのアップデートのときだけ、上手く無料Wi-Fiを使える人も格安スマホだけで十分でしょう。

1-1.格安スマホで活用できる無料Wi-Fiスポット

多くの格安スマホでは以下のWi-Fiスポットが無料で使えます。

  1. Secured Wi-Fi
  2. BBモバイルポイント

こちらのWi-Fiスポットはセブンイレブン、ローソン、マクドナルド、ロッテリア、タリーズ、スターバックスなどで設置されています。

また、格安スマホ会社独自のWi-Fiスポットサービスを活用するのも有効です。

1-2.テザリングを使えば他の通信機器にネット接続できる

格安スマホでは他の通信機器にネット接続ができるテザリングが使用できます。

テザリングを使えば、格安スマホ1台でタブレットやパソコンにネットを繋ぐことが可能です。ただし、テザリングはデータ通信量を消費しやすいです。

頻繁にテザリングを使う方は格安スマホで契約するデータ通信量の容量を大きくする必要があります。

2.格安スマホだけではネット環境が十分でない人

格安スマホのネット環境だけでは十分でない人は以下に当てはまる人です。

  • 動画をたくさん見る
  • ゲームのヘビーユーザー
  • 通信速度は安定していないと困る
  • 無料Wi-Fiだけでやりくりできない

まず、動画をよく見る人は大容量のデータ通信量が必要となります。毎日30分程度、通常の画質で動画サイトを見るなら10GB以上が必要です。

速度制限がかかると、動画は低画質でしか見れなくなります。他のアプリの負担も考えると、15~20GBは確保したいところです。

また、ゲームが好きな方も格安スマホだけでは物足りない可能性があります。

モンスト」や3Dゲームなどデータ消費量が大きいゲームは格安スマホだけでは容量不足です。ゲームアプリによってはダウンロードだけで1GBを消費します。

動画やゲームが好きなユーザーは、格安スマホだけでも大容量プランで契約すれば大丈夫です。

しかし、格安スマホ会社の多くは通信速度の安定性が欠けるので、できればWi-Fiを導入したいところです。

2-1.Wi-Fiを組み合わせると快適なネット環境が手に入る

通信速度が早くて安定しているWi-Fiを使うには、

  1. モバイルWi-Fiルーター
  2. 光回線

の2つがおすすめです。

どちらも有料ですが、格安スマホの大容量プランを組むより、Wi-Fi環境を組み合わせた方が節約できる場合もあります。

2-2.格安スマホとWi-Fiを組み合わせる1 モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びができて、対応エリアであればどこでもネット接続ができます。

また格安スマホ以外にもタブレットやノートパソコンのネット接続も可能。ほとんどのモバイルWi-Fiルーターが10台まで同時に通信機器を接続できます。

以前は使用できる月間データ通信量に7GBの上限がありましたが、今は上限がないプランもあります。

モバイルWi-Fiルーターを自宅の固定回線替わりとして使用することも可能です。導入工事の必要もなく、契約してすぐにネット環境が完成します。

モバイルWi-Fiルーターで通信速度が安定しているのは、Y!mobileと「UQWiMAX」です。

Y!mobileとUQWiMAXの料金プラン

データ通信量の上限 Y!mobile UQWiMAX
7GB 3696円 3696円
上限無し  4380円 4380円

※3日間で10GBのデータ通信量を使用すると一定時間の速度制限が設けられる

光回線は毎月5000円以上の月額料金(戸建ての場合)がかかりますが、モバイルWi-Fiルーターは比較的安い料金で利用することができます。

金額は変わらないので、どちらを契約するかはサービス提供エリアを基準にするといいでしょう。

モバイルWi-Fiルーターのメリット・デメリット

メリット

  • 外出先で利用ができる
  • 固定回線の替わりとして使用可能
  • 工事が不要で、引っ越しも楽

デメリット

  • 3日間で10GB使用すると速度制限が発生する
  • エリアによっては電波が届いていない

2-3.格安スマホとWi-Fiを組み合わせる2 光回線

光回線は通信速度が最も安定しており、ダウンロードの最大速度は1Gbpsの理論値を誇ります。

使用できるデータ通信量の制限はなく、複数台の通信機器を同時接続しても不安定になりません。自宅で使うネット環境としては最強と言える選択肢でしょう。

月額料金はマンションタイプで3,500円から4,000円代。戸建は5,000円から6,000円代となります。立会人ありの導入工事は必須です。

光回線のメリット・デメリット

メリット

  • 通信速度が速く、使用できるデータ通信量に上限がない
  • 複数台の同時接続に強い

デメリット

  • 立会い工事が必須
  • 月額料金がやや高い

3.まとめ

この記事では、格安スマホだけでネット環境が整うのか検証してきました。

普段から、電話やLINE中心でネットはたまに見る程度なら格安スマホだけでネット環境は十分です。

テザリングを使えば、他の通信機器にネット接続することもできます。

反対に、動画やゲームが好きでネット中心の方は格安スマホのネット環境だけでは物足りなくなる可能性があります。

まずは、格安スマホ会社の大容量プランを契約してみて、満足できなかた場合はWi-Fiの導入を検討するといいでしょう。

Wi-Fiは、モバイルWi-Fiルーターと光回線が通信速度、安定性の面からおすすめですよ。

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。