UQ mobile(UQモバイル)

世界一詳しい!UQモバイルでiPhoneを利用するための完全ガイド

iPhone

UQモバイルでiPhoneを使いたいけど、どうすればいいの・・・?

UQモバイルに乗り換えたいけど、iPhoneが使えないと困りますよね。どんなに格安スマホ端末(SIMフリースマホ)が魅力的でも、やっぱりiPhoneを使いたいですよね。

この記事では、UQモバイルでiPhoneを使用する方法について徹底解説。手持ちのiPhoneで契約・初期設定を行う方法はもちろん、UQモバイルで購入できるiPhoneやテザリングの対応状況なども詳しく見ていきます。

UQモバイルでiPhoneを利用したい方は、ぜひ参考にして下さいね。

0.結論

(1)UQモバイルで使えるiPhone一覧

  • iPhoneX
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5s

※iPhone6/6 Plus/5sはau版・SIMフリー版iPhoneのみ使用可

(2)SIMロック解除が必要なau版iPhone

  • iPhone7/7 Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus

※ドコモ・ソフトバンク版iPhoneはすべての機種でSIMロック解除が必要

(3)テザリング可能なiPhone

  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5s

(4)UQモバイルで購入できるiPhone

  • iPhone6s 32GB:59724円(実質負担額 26028円)
  • iPhone6s 128GB:72684円(実質負担額 38988円)
  • iPhoneSE 32GB:44172円(実質負担額108円)
  • iPhoneSE 128GB:54540円(実質負担額13068円)

それぞれ詳しくは次章から解説していきます。

1.UQモバイルで利用できるiPhoneとは?

さっそく、iPhoneを利用するための詳しい条件を見ていきましょう。

1-1.iPhoneの対応状況

UQモバイルで利用できるiPhoneは以下の通りです。

  • iPhoneX
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhone6/6 Plus(au版、SIMフリー版のみ)
  • iPhone5s (au版、SIMフリー版のみ)

au版iPhoneは、iPhone5s/6/6 Plus/8/8 Plus/XであればSIMカードを入れ替えるだけ(SIMロック解除不要)でUQモバイルに乗り換えることができます。ドコモ・ソフトバンク版iPhoneの場合は、すべての機種でSIMロック解除が必要です。

Apple Storeで購入できるSIMフリー版iPhoneは、そのままUQモバイルのSIMカードを挿して使うことができます。なお、iPhone5s/6/6 Plusは端末にSIMロック解除の機能が無いため、ドコモ・ソフトバンク版では非対応となっています。

※SIMロック解除アダプタを使用すればiPhone6以前でもドコモ・ソフトバンク版が使用できる可能性があります。詳しくはiPhone6の解説記事を参考にして下さい。

機種別の詳しい解説はこちら

1-2.テザリングの利用可否

iPhoneのテザリング対応状況は以下の通りです。

iPhone テザリング可否
iPhone X ×
iPhone 8・8Plus ×
iPhone 7・7Plus ×
iPhone 6・6Plus・6s
iPhone 5s
iPhone SE

テザリング可否は大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のiPhone、SIMフリー版iPhoneともに共通となります。結果はご覧の通り、iPhone7以降はテザリングを見合わせている状況です。今後の状況次第では、テザリングが利用できるようになるかもしれませんが今の所は不透明です。

ライバル会社のY!mobileでは最新iPhoneのテザリングを解禁したので、UQモバイルも追随するかもしれません。最新iPhoneでテザリングが利用できないのは、親会社であるauからの顧客流出を防ぎたい意図があるのからだと思われます。

あわせて読みたい
テザリング
iPhoneはダメ?UQモバイルのテザリングを設定方法まで全解説UQモバイルでテザリングが使えるのか知りたい! UQモバイルで気になることといえばテザリングの可否です。テザリングを使ってパソコン...

2.UQモバイルでiPhoneを使うメリット・デメリット

UQモバイルでiPhoneを使うと、以下のメリット・デメリットがあります。

2-1.メリット

(1)大手キャリアと同じ使い心地でiPhoneを利用できる

UQモバイルでは、

  • かけ放題付きの料金プラン
  • 大手キャリアに引けを取らない通信速度

が他の格安SIM会社には無い特徴となっています。特に、通信速度はピカイチで、回線混雑で速度低下しやすいお昼や夕方でも安定した通信品質を保ちます。早い時は、大手キャリアと同等の40Mbpsを記録することもあり、体感上は格安スマホを使っていることを忘れるレベルです。

UQモバイルの通信速度は以下の記事で、iPhoneを使って実際に計測していますよ。

あわせて読みたい
UQモバイル
UQ(ユーキュー)モバイルを実際に使って速度や評判を完全レビュー 最近テレビでよく見るUQモバイル。実際の評判はどうなんだろう・・ そんなお悩みをお持ちではありませんか? この記事で...

かけ放題付きの料金プランも格安SIMでは珍しいです。大手キャリアではオプション料金だけで2700円の5分かけ放題ですが、UQモバイルでは基本使用料込みで1980円から利用できます。

(2)端末代金が高くても月々の利用料金で節約できる

iPhoneはAndroidと比べて端末代金が高いです。iPhoneと同等のスペックでもAndroidなら半額程度で購入できる場合があります。まさにiPhoneはブランド価格と言えるでしょう。

そんな高価なiPhoneですが、UQモバイルのSIMカードで運用すれば毎月の利用料金が安いため節約することができます。おしゃべり・ぴったりプランのプランMならデータ通信量が6GB使えて2980円です。

2年目からワンキュッパ割が終わって3980円となりますが、それでも大手キャリアと比べて3000~4000円程度は安いです。家計に響くiPhoneの端末代金ですが、UQモバイルのSIMカードに入れ替えるだけで全体の通信費は安く抑えることが可能です。

毎月の月額料金のイメージは以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
料金シミュレーション
世界一わかりやすい!UQモバイルの料金シミュレーションUQモバイル乗り換え後の支払いイメージを掴みたい! 現在のスマホ代はUQモバイルに乗り換えると、どれくらい安くなるのでしょうか?料...

2-2.デメリット

(1)テザリング・キャリアメールに非対応の機種がある

UQモバイルでiPhoneを使う最も大きなデメリットがテザリング非対応の機種が多いことです。テザリングを頻繁に利用する方にとっては大きな痛手となるでしょう。UQモバイルではiPhoneの新しい機種をテザリング非対応とする代わりに、「Wi-FiスポットWi2 300を無料提供」しています。

Wi2 300はパソコンやタブレットも接続可能で、通信速度は10Mbps程度出るためテザリングの代わりとして十分に使えるでしょう。

キャリアメールに関しては、現状フリーメールで代用するしかありません。大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のキャリアメールが使用できないのはもちろん、UQモバイルで提供しているメールアドレスも使用不可となります。

メールが必要な方はGmailやYahoo!メールを使いましょう。なお、LINEに関しては問題なく使用できます。

(2)au版iPhoneでもSIMロック解除が必要な場合がある

au回線を利用するUQモバイルでは、多くのauユーザーが乗り換えます。同じau回線なのでSIMロック解除無しで乗り換えできそうな気がしますが、実際はiPhone・AndroidともにSIMロック解除が必要なau端末は結構多いです。

SIMロック解除の手続自体は簡単なのですが、SIMカードを入れ替えるだけではUQモバイルでiPhoneを使えないことを覚えておきましょう。

以下の機種であればau版iPhoneの場合、SIMロック解除は不要です。

  • iPhone5s
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhoneX

3.iPhoneを持ち込み契約する方法

ここでは、手持ちのiPhoneでUQモバイルに契約する方法を詳しく見ていきます。

3-1.契約前の準備

UQモバイルの契約に入る前に、以下の2点を準備しておきましょう。

(1)SIMカードのサイズの確認

まず、契約前に手持ちのiPhoneのSIMカードサイズを確認しておきましょう。

UQモバイル SIMカードサイズ

SIMカードサイズを間違って契約すれば、あとでSIMカードを交換しなくてはなりません。

iPhoneのSIMカードサイズは以下の通りです。

VoLTE用マルチSIM(nano)

  • iPhoneX
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus

nano SIM

  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5s

(2)OSを最新版にアップデート

UQモバイルではiPhoneの動作確認を、最新のOSでチェックしています。また、UQモバイルが提供するAPN構成プロファイルも最新OSに合わせて設計されています。

そのため、OSが古い場合はUQモバイルのSIMカードでデータ通信ができない可能性があります。SIMカードを入れ替える間に、事前の準備としてiPhoneのOSを最新版にアップロードしておきましょう。

3-2.au版iPhone

au版iPhoneでUQモバイルに申し込む手順は以下の通りです。

1.iPhone7/7 Plus/SE はSIMロック解除

iPhone7/7 Plus/SE はSIMロック解除が必要です。SIMロック解除の手続きはMy auから行います。IMEI番号(設定アプリの端末情報から確認)、電話番号を入力して申し込みましょう。

2.auからMNP予約番号を取得

電話番号を引き継ぐ場合は、MNP予約番号が必要となります。auからMNP予約番号を取得する方法は以下の通りです。

(1)電話

  • 0077-75470(通話料無料)
  • 受付時間 9:00~20:00

(2)EZweb ※ガラケーのみ

  • 「トップメニュー」→「auお客様サポート」→「申し込む/変更する」→「携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」
  • 受付時間 9:00~21:30

(3)auショップ

UQモバイルではMNP予約番号の有効期限が13日残っている必要があるため、取得後は2日以内に申し込みましょう。

2.UQモバイルに申し込み

UQモバイルではSIMカード単体の契約で申し込みます。電話番号を引き継ぐ場合は、契約方法の選択で「のりかえ(MNP)」を選んで下さい。

以降は、以下の流れで申し込みが進んでいきます。

  1. 料金プラン・オプションサービスの選択
  2. MNP予約番号の入力
  3. 個人情報の入力
  4. 支払い方法の選択

最後に、本人確認書類をアップロードすれば申し込み完了です。

auからUQモバイルに申し込む方法は以下の記事でも詳しく解説しています。

あわせて読みたい
世界一やさしい!auからUQモバイルに乗り換える全手順auからUQモバイルに乗り換えるにはどうすればいいの・・・? UQモバイルはauの子会社となるため、乗換方法も他社と違うのでは?と...

3.初期設定

SIMカードは申し込みから2~3日で届きます。さっそく、初期設定を行いましょう。

iPhoneの初期設定は、

  • SIMカードの入れ替え
  • APN設定
  • 回線切り替え(MNPの場合のみ)

が必要となります。SIMピンを使ってSIMカードを入れ替えたら、APN構成プロファイルをインストールしましょう。インストールが完了したらAPN設定は終了です。

最後に、MNPをする方はmy UQ mobileより回線切り替えの連絡を行えばauからUQモバイルに回線・契約が切り替わります。回線切り替えを行った後は、auとの契約は自動解約となります。

3-3.ドコモ・ソフトバンク版iPhone

ドコモ・ソフトバンク版iPhoneでUQモバイルに申し込む手順は以下の通りです。

1.iPhoneのSIMロックを解除する

SIMロック解除の手続きはMy docomo、My softbankから行います。IMEI番号(設定アプリの端末情報から確認)の入力など手順に沿って手続きを行いましょう。

2.MNP予約番号を取得

電話番号を引き継ぐ場合は、MNP予約番号が必要となります。ドコモ・ソフトバンクのMNP予約番号を取得する方法は以下の通りです。

ドコモ

(1)電話

  • 151
  • 受付時間 9:00~20:00

(2)My docomo

  • 「My docomo各種サービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」
  • 受付時間 24時間

(3)ドコモショップ

ソフトバンク

(1)電話

  • *5533
  • 受付時間9:00〜20:00

(2)ソフトバンクショップ

MNP予約番号を取得したら、すぐにUQモバイルに申し込みましょう。UQモバイルではMNP予約番号の有効期限が13日残っている必要があります。

2.UQモバイルに申し込み

手持ちのiPhoneを使うため、端末セットではなくSIMカードのみの契約を行います。MNPする場合は、契約方法の選択で「のりかえ(MNP)」を選びます。電話番号を新たに取得する方とデータ通信専用SIMで契約する方は「新規契約」を選んで下さい。

契約方法を選んだら、料金プランを選択します。かけ放題、無料通話付きのおしゃべりプランかぴったりプランがおすすめです。

その後は、MNP予約番号、個人情報を入力して支払い方法を選択したら、最終確認をして申し込みが完了します。申込み完了後に本人確認書類アップロードの案内メールが届きます。手順に沿って、本人確認書類をアップすれば申し込みは完了です。SIMカードが到着するのを待ちましょう。

3.初期設定

SIMカードが届いたら初期設定を行います。まずは、iPhoneにUQモバイルのSIMカードを挿入しましょう。iPhone側面のSIMトレイはSIMピンを使って空けることができます。SIMカードを入れ替えたらAPN設定を行います。

iPhoneのAPN設定は、APN構成プロファイルをインストールするだけなので非常に簡単です。ただし、APN設定の時点ではネットに接続されていないため、Wi-Fi接続状態でAPN構成プロファイルをインストールしましょう。

最後にMNPで乗り換える方は回線切り替えの手続きを行います。回線切り替え手続きは、my UQ mobileより「お申込み状況一覧」→「回線切替」をタップすれば完了です。回線切り替え後は、ドコモ・ソフトバンクの契約は自動解約となります。

4.UQモバイルで購入できるiPhone

UQモバイルはほとんどの格安SIM会社で提供できていないiPhoneを取り扱っています。ここでは、UQモバイル版iPhoneの価格を中心に詳しく解説していきます。

4-1.iPhone6s/ iPhoneSE

UQモバイルでは、

  • iPhone6s
  • iPhoneSE

を以下の価格で購入できます。もちろん、海外製や新古品ではなく正規のiPhoneです。

iPhone6s

  • iPhone6s 32GB:59724円(実質負担額 26028円)
  • iPhone6s 128GB:72684円(実質負担額 38988円)

iPhoneSE

  • iPhoneSE 32GB:44172円(実質負担額108円)
  • iPhoneSE 128GB:54540円(実質負担額13068円)

注目すべきは、実質負担額が非常に安いことです。通常価格は市場価格とほぼ同額ですが、実質負担額では半額以下の価格となっています。iPhoneSE 32GBが108円となっていますが、こちらは書き間違いではありません。

あわせて読みたい
UQモバイル iPhone6s
UQモバイルのiPhone6sを料金からテザリングの有無まで全解説UQモバイルでiPhone6sを使ってみたい・・・ UQモバイルでは、iPhone6sを購入することができます。しかし、気になるの...
あわせて読みたい
uqモバイル iPhonese
なぜ料金値下げ?UQモバイルのiPhoneSEを裏事情まで全解説UQモバイルのiPhoneSEを使いたい! UQモバイルではiPhoneSEを購入することができます。ただ、気になるのが端末価格で...

4-2.実質負担額が安い理由

UQモバイル版iPhoneの実質負担額が安い理由は、マンスリー割が関係しています。マンスリー割とは、おしゃべりプラン、ぴったりプランの加入者を対象とした割引キャンペーンです。端末代金に応じて2年間、一定金額割引されます。

マンスリー割

マンスリー割の適用

途中解約すると、マンスリー割は解除されて端末代金も元の価格に戻る仕組みです。

つまり、マンスリー割は、

  • おしゃべり・ぴったりプランの加入
  • 2年間の継続利用

が条件となっていてUQモバイルから見れば、最も加入して欲しい料金プランに実質2年縛りで契約してもらえる制度となっています。

私たちユーザーから見れば、少し誘導されているような感覚を覚えますが、端末代金が圧倒的に安くなることを考えれば素直にマンスリー割を適用させた方がいいです。

iPhone6s/ iPhoneSEは中古でも値段が高いので、新品価格であり得ない激安となっているUQモバイル版iPhoneは、2年縛りのデメリット以上に購入する価値があると言えるでしょう。他社と比べてもいかに料金が安いかが分かります。

iPhoneSE(128GB)の料金比較

  掲示価格 実質負担額
UQモバイル 54540円 13068円
Y!mobile 65340円 25920円
BIGLOBEモバイル 50400円 50400円
Apple Store 50800円 50800円

マンスリー割の適用条件である、おしゃべり・ぴったりプランについて詳しくは、以下の記事を参考にして下さい。おしゃべり・ぴったりプランはそれぞれ5分かけ放題、60分~180分の無料通話が付いてますよ。

あわせて読みたい
UQモバイルの料金プラン全6種類からおすすめを完全ガイドUQモバイルの料金プランはどれを選べばいい・・・? UQモバイルに興味があるけれど、問題なのが料金プラン選びですよね。どの料金プラ...

4-3.UQモバイル版iPhoneのデメリット

価格面で大きなメリットがあるUQモバイル版iPhone。しかし、デメリットもいくつかあるので購入前に確認しておきましょう。

(1)SIMフリーではない

UQモバイル版iPhoneはSIMフリーではありません。UQモバイルのSIMロックがかかっています。ですので、将来UQモバイル以外で購入したiPhoneを利用する場合は、SIMロック解除が必要です。

UQモバイルのSIMロック解除は、my UQ mobileより簡単に申請することが可能です。

(2)店舗購入は在庫切れの可能性あり

店舗でUQモバイル版iPhoneを購入する場合は、在庫切れに注意が必要です。在庫に関しては、UQスポット(UQモバイルの専門店)なら、公式ツイッターなどで在庫状況を度々アナウンスしています。

家電量販店やショッピングモールで展開するUQモバイル取扱店の場合は、実際に足を運ぶか問合せなければ在庫状況が分かりません。

また、iPhoneの取扱店は限られているため、そもそもiPhoneを置いていない可能性もあります。UQモバイル版iPhoneを購入したい場合は、在庫が確実なオンラインからの申し込みをおすすめします。

(3)最新版iPhoneは購入できない

UQモバイルでは最新のiPhoneを購入できません。理由は不明ですが、同じKDDIグループ内でauは最新版iPhoneを購入したいユーザー、UQモバイルは型落ちのiPhoneを格安で購入したいユーザーといった具合で、取り込む顧客層を切り分けたい狙いがあるのかもしれません。

なお、UQモバイル以外の格安SIM会社でも最新版のiPhoneは購入できません。大体2年遅れで型落ちしたiPhoneを販売するのが通例です。iPhone7以降も発売日から2年が経った頃に、UQモバイルで取扱が始まるでしょう。

5.UQモバイルでiPhoneを使う際のQ&A

5-1.乗り換えキャンペーンは利用できる?

手持ちのiPhoneで契約する場合もUQモバイルのiPhoneをセット契約する場合でも、キャンペーンを利用することができます。特に目玉となるのが、UQモバイルの正規代理店経由で契約するともらえるキャッシュバックです。キャッシュバックでは1万円以上の現金が振り込まれます。

>>UQモバイルでキャッシュバックを貰う方法

その他、おしゃべりプランかぴったりプランのどちらかで契約すれば、様々な割引が適用されます。

割引例

  • UQ家族割
  • マンスリー割
  • イチキュッパ割
  • データ容量2倍

もちろんiPhoneの契約でもすべて適用されるため、ぜひお得に乗り換えて下さいね。

あわせて読みたい
uqモバイルのキャンペーン
【2018年8月】UQモバイルのキャンペーンまとめ!現金キャッシュバックもキャンペーンを利用してUQモバイルに乗り換えたい! UQモバイルが気になっている、あるいは乗り換えを決めたけど、どうせならお得なキ...

5-2.メールは使用できる?

iPhoneでメールを利用する場合は、「UQモバイルのメールアドレス」ではなくフリーメールを利用します。UQモバイルのメールアドレスはキャリアメール(@uqmobile.jp)となります。残念ながらiPhoneには対応していないため使用することはできません。

そのためGmailやYahoo!メールで代用することになりますが、むしろキャリアメールより使い勝手が良いのであまりデメリットには感じません。フリーメールのアカウントならUQモバイルから他社に乗り換える際も引き続き利用することができます。

あわせて読みたい
gmail
格安スマホでGmailを使うべき5つの理由と利用手順圧倒的な低価格が魅力な格安スマホですが、デメリットとしてau、ドコモ、ソフトバンクでは当たり前に使えていた「~@docomo.ne.jp...

5-3.下取りはある?

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)では、iPhoneをはじめ手持ちの端末を下取りしてくれます。しかし、UQモバイルでは端末の下取りは行っていません。

格安SIM会社で下取りしてくれるのは、現状Y!mobileだけとなっています。Y!mobileの下取りプログラムなら液晶割れしたiPhoneでも正規価格で下取りしてくれます。ただし、Y!mobileで下取りしたらUQモバイルでは契約できないので注意してくださいね。

あわせて読みたい
画面割れでもOK!Y!mobile(ワイモバイル)の下取りプログラムとは?Y!mobileの下取りプログラムについて知りたい! Y!mobile(ワイモバイル)では、今まで使用していた機種を下取りしてくれ...

5-4.端末補償は付けられる?

UQモバイルでは端末補償サービスが利用できます。しかし、iPhoneの場合は例外扱いとなり以下のルールが適用されます。

  • 持ち込み契約のiPhoneは保証外
  • AppleCare+ for iPhoneの加入となる

(1)持ち込み契約のiPhoneは保証外

まず、手持ちのiPhoneを持ち込み契約する場合は、補償を受けることはできません。Androidであれば持ち込み契約でもオプションで端末補償サービスを付けることができますが、残念ながらiPhoneは適用外です。

Apple Storeで購入できるAppleCareに加入する他ありません。

(2)AppleCare+ for iPhoneの加入となる

UQモバイルでiPhoneを購入する場合は、端末補償サービスを付けることができます。ただし、内容としてはApple Storeで展開するAppleCareと同じです。UQモバイルではAppleCareの受付だけをしている形です。端末補償サービスは初回購入時のみ申請可能です。

AppleCare+ for iPhoneの料金

  • iPhone6s:617円(24回払い)
  • iPhoneSE:534円(24回払い)

保証内容

  • 画面損傷:3400円
  • その他の損傷:11800円

保証内容は本家のAppleCareとまったく同じです。料金も同じですが、UQモバイルのAppleCare+ for iPhoneは分割払いで支払いができるメリットがあります。

6.まとめ

いかがでしたか?

UQモバイルでiPhoneを使う手段はいくつかありますが、iPhone6s以降であれば手持ちのiPhoneは確実に利用できます。

申し込みについては、初心者でも10分程度で完了するでしょう。初期設定についても、APN構成プロファイルをインストールするだけなので、技術的なことが分からなくても5分程度で設定できますよ。

UQモバイルでiPhoneを購入する場合は、デメリットもいくつかありますが、価格が非常に安いのでお買い得になっています。この記事を参考に、ぜひUQモバイルでiPhoneを利用してみてくださいね。

UQモバイルの注目記事
あわせて読みたい