UQ mobile(UQモバイル)

【2019年】4択で選べるUQモバイルのおすすめ端末

UQモバイルの端末

UQモバイルで購入できる端末について知りたい!

UQモバイルの契約で最も悩むことと言えば端末選びですよね。自分にぴったりなのはどの端末なのか、安くておすすめの端末はあるのか気になっているかと思います。

この記事では、UQモバイルで購入できるおすすめの端末を徹底比較。端末の購入方法についても解説しています。端末選びで悩んでいる方はぜひ参考にして下さいね。

1.4択で選べるUQモバイルの端末

端末選びって難しいんだよぁ。
そう言うと思って4択まで絞り込んだわよ。簡単だから、この方法で選びなさい。

UQモバイルのスタッフにも協力してもらい(実際に取材しました)、売上をヒアリング。また、筆者自身の体験も通しておすすめの端末を絞り込みました。

結論から言うと、UQモバイルの端末選びはたったの4択です。

UQモバイルの端末を大雑把に分けると、iPhone・日本製スマホ・海外製スマホの3種類です。この中で好みが分かれるのが海外製スマホ。海外製スマホは極端に安いコスパ系の機種かiPhoneを超えるハイスペック機種のどちらかを選びます。なお、おサイフケータイが使いたいなら日本製スマホ一択です。

2.【CB情報あり】UQモバイルのおすすめ端末

まずは、おすすめ4機種のスペック比較です。

iPhone 7AQUOS
sense2
HUAWEI
nova lite 3
OPPO
R17 Neo
発売日2017年
3月
2018年
11月
2019年
2月
2018年
12月
メーカーAppleシャープHUAWEIOPPO
価格
(月々)
1404円
(24回)
1080円
(24回)
0円1080円
(24回)
画面
(インチ)
4.75.56.216.4
メモリ非公開3GB3GB4GB
ストレージ32/128
GB
32GB32GB128GB
カメラ
(画素)
1200万1200万1600万2500万
バッテリー
(mAh)
非公開270034003600
カラーブラック
シルバー
ゴールド
ローズ
ホワイト
ゴールド
ブラック
ブルー
ブラック
ブルー
レッド
防水
おサイフ
ケータイ

ここから、詳しい端末情報を紹介します。

(1)iPhone 7/6s

iPhone 7

■どうしてもiPhoneが欲しい方向け

格安スマホは、iPhoneじゃないと嫌!という方は、UQモバイルならiPhoneをセット購入できます。UQモバイルスタッフ曰く、売上の20%がiPhoneだそうです。iPhone 7では2018年12月から取扱い開始。iPhone 7は防水対応で前作からスペックが大きく上がりました。

画面はRetina HDでApple製品らしく美しいです。3D Touch、4K動画、5倍デジタルズームなどハイレベルな機能も供えています。もし、iPhone 7がちょっと高い・・と感じたらiPhone 6sがおすすめ。iPhone 7には性能が劣りますが、32GBモデルなら月々432円から購入できます。

(2)AQUOS sense2

aquos sense2

■日本製のSIMフリースマホが欲しい方向け

UQモバイルの2番人気はこのAQUOS sense2です。シャープ復活の要因にもなったAQUOS senseシリーズ。日本製スマホが欲しいならこの機種以外ありえません。ちなみに、UQモバイルではiPhoneの次に売れているのがこの機種です。

海外製より割高な日本製スマホですが、Made in Japanならではの安心感とおサイフケータイなど日本独自の機能が使えるのが人気の秘密。また、海外製には少ない防水性であることも評価を上げています。

シャープらしく画面はフルHDでとても綺麗です。前作より、画面の表示幅が広がって、より見やすくなりました。

※この機種は「13000円キャッシュバック」があります

(3)OPPO R17 Neo

OPPO R17

■綺麗なカメラのハイスペック機種が欲しい方向け(ゲーマーも)

ハイスペック機種ながら実質負担額1080円から購入できるOPPO R17 Neo。日本では知名度が低いOPPOですが、実は一番お買い得の機種です。特筆すべきはその優秀なスペック。2500万画素のインカメラは、SIMフリースマホだけでなくキャリアスマホを入れても最高峰。

セルフィーを重視するインスタ女子は最強機種となるでしょう。その他、メモリやバッテリーも最高レベル。ハードなゲーマーの方にもおすすめです。

※この機種は「13000円キャッシュバック」があります

筆者の一押し

日本では流行っていないOPPOですが、世界では5指に入る売上を誇ります。一応、SIMフリースマホは20機種以上使ってきたのですが、OPPO R17 Neoは最上位です。実際、UQモバイルでこの機種を使っています。

oppo r17 背面

もし、端末選びで迷ったら、この機種が一押しです。

(4)HUAWEI nova lite 3

nova lite3

前作のHUAWEI nova lite 2は2018年最大のヒット商品でした。そんな後継機種のHUAWEI nova lite 3ですが、前作同様スペックに対してありえない価格設定に。インカメラはiPhoneを超える1600万画素。メインカメラも1300万+200万画素のデュアルレンズで非常に綺麗です。

その他、3GBメモリに3000mAhを超えるバッテリー。こんなコスパ系機種が昔からあったなら・・と感傷に浸るほど、今の若い世代には超オススメの端末です。

HUAWEI nova lite 3が一括0円に?

論より証拠。こちらをご覧ください。

nova lite 3が0円

何を血迷ったのか、UQモバイルは発売したばかりのHUAWEI nova lite 3を0円にしてしまいました・・。いつ通常価格に戻るかは分かりません。この機種が欲しいなら今すぐ購入しましょう。

その他 UQモバイルで購入できる端末

おすすめの端末からは漏れてしまいましたが、UQモバイルで購入できる別の端末も紹介しておきます。全体的に発売日が古く、スペックもおすすめで上げた最新機種より劣っているので、参考程度にご覧ください。

DIGNO A

とにかく頑丈なスマホが欲しい方は、DIGNO Aです。防水・防塵機能に加えて、圧倒的な耐衝撃性能を持つDIGNO A。アウトドアや外仕事で持ち歩く際も、液晶割れすることはまずありません。手袋・グローブを付けたまま操作できるため、山を登るときやバイクに乗るときは重宝できるでしょう。

耐衝撃に優れたスマホはカメラ性能やメモリが犠牲になることが多いのですが、DIGNO Aはメインカメラ1300万画素、メモリ3GBと十分にミドルスペックの基準をクリアしています。その他、ブルーライト軽減など役立つ機能も付いています。

arrows M04 PREMIUM

UQモバイル限定モデルのarrows M04 PREMIUMは通常のarrows M04で弱点と言われたメモリやストレージ容量を強化。前作は値段の割にスペックが低いと悪評がありましたが、今回は見事に弱点をカバーしています。

arrows M04 PREMIUMはワンセグ、おサイフケータイ機能がついています。海外製のスマホにはない日本独自の機能で、SIMフリースマホで利用できるのは非常に貴重です。また、ハンドソープで洗えるほどの完全防水、コンクリートに落下しても壊れない耐衝撃性能も魅力的です。

AQUOS sense

シャープ製のIGZO液晶画面が美しいAQUOS sense(センス)。防水対応のAQUOS senseはお風呂やキッチンでスマホの操作が可能。主婦の方には嬉しい機能でしょう。バッテリー容量は普通ですが、省エネ技術により電池持ちがいいです。

また、ワンタッチロック解除ができる指紋センサー、端末を持ち上げるだけで画面がONになるなど便利機能が搭載されています。傷が付きにくい強化ガラスでスマホを落としやすい方も安心です。

HUAWEI nova2

HUAWEI nova2は防水機能が無いこと以外は、価格、カメラ性能、メモリ、バッテリーとすべての項目がハイレベル。特に、2000万画素を誇るインカメラは全スマホを比較してもトップクラスです。インスタ映えする写真を取りたいなら、心強い相方になってくれます。

また、画素数だけでなく明るさや美肌補正機能も優れています。男性の場合は、カメラよりも最新音響を備えた3Dステレオサウンドが嬉しい機能となるでしょう。迫力のある音で、動画や音楽を楽しめます。

その他、便利な急速充電機能もありますし、アプリのレスポンスはサクサクです。欠点らしい欠点が無い、誰にでも使いやすいSIMフリースマホとなっています。

13000円CBありで契約できる

UQモバイルのキャッシュバック
それにしてもUQモバイルの端末安いですねー。
あら、キャッシュバックでもっと安くできるわよ。

以下の端末に限り、13000円のキャッシュバックを貰いながらUQに契約できます。

キャッシュバック対象

  • AQUOS sense2
  • AQUOS sense
  • OPPO R17 Neo
  • HUAWEI P20 lite
  • arrows M04 PREMIUM
  • DIGNO W
  • DIGNO Phone(ガラケー)

上記の端末リストは2019年2月時点のものです。現在は更新されているかもしれないので、最新情報は以下のキャッシュバックページよりご覧ください。なお、iPhoneの取扱いはありません。

貰えるキャッシュバック額は以下の通り。

  • おしゃべり・ぴったりプラン M/Lで契約:13000円
  • おしゃべり・ぴったりプランSで契約:11000円

キャッシュバックありで端末セットを契約する↓

キャッシュバック対象外のiPhone / HUAWEI nova lite 3はこちら↓

3.UQモバイルの端末に関するQ&A

端末関連の多い質問をまとめたから、ちゃんと読んでね。

Q1.子供、シニア向けの端末はある?

まず、子供向けのキッズケータイは残念ながらありません。ただし、UQモバイルでは無料であんしんフイルターを申し込むことができます。あんしんフイルターがあれば、有害サイトをブロック。ネットの使いすぎも防止できます。

シニア向けの端末は、京セラのおてがるスマホを購入できます。簡略化された大きなメニューでシニアの方でも使いやすいです。

おてがるスマホ

おてがるスマホ

わかりやすい説明書から専用サポートも付くので、シニアの方あるいは高齢の両親に端末をプレゼントする場合は、おてがるスマホでUQモバイルに申し込みましょう。

Q2.どうして端末代金がこんなに安いの?

最安だと0円まで下がるUQモバイルの端末代金。安さの理由はマンスリー割です。マンスリー割は、2年間の契約を条件に毎月端末代金を値引きします。そのため、掲示価格と比べて実質負担額が大きく値下がりするのです。

2年以内に解約すれば、違約金が9500円請求される上、端末の残債がある場合はマンスリー割適用前の掲示価格で請求されるので注意しましょう。通常、スマホは2年以上使うので、端末代金が安くなるマンスリー割を適用させた方がお得ですよ(おしゃべり・ぴったりプランで申し込めば自動適用)。

一括購入した場合は初回の支払いは掲示価格の端末代金となり、その後は毎月の利用料金からマンスリー割として、一括購入で支払った金額が割引されていく仕組みとなります。

Q3.端末補償はあるの?

UQモバイルでは端末補償サービスをオプションで付けることができます。

端末補償サービス(月額380円)の内容

■補償内容:故障端末の交換(1回目5000円、2回目8000円) / 故障端末の修理(上限5000円) / 盗難・紛失の補償(10000円補填)

端末補償サービスは端末購入時のみ付けることが可能です。防水が無い機種や効果な機種は保証の加入を検討しましょう。

逆に、年間4560円とリーズナブルなオプションですが、3万円以下の機種は付けなくていいです。仮に2年後に故障した場合、端末補償サービスの月額料金9120円(2年分の金額)と修理代金を支払うくらいなら新品を購入してもあまり変わりません。

キャッシュバックを貰えるなら、なおさら端末補償サービスは不要です。

uqモバイルの修理
UQモバイルで故障端末を修理する方法と端末保証オプションの内容この記事では、UQモバイルで端末が故障した時の修理対応を解説。大手キャリアと比べて修理対応が劣ると言われる格安SIMですが、実際は問題ないのでご安心を。端末保証オプションの内容も解説。...

Q4.端末の支払い方法は?

UQモバイルに端末セットで契約する場合、

  • クレジットカード
  • 口座振替

のどちらかで支払いができます。口座振替はゆうちょ銀行も対応しています。分割払いで端末を購入する場合は、24回払いです。請求は利用開始翌月から始まります。

分割手数料はかからないので、一括払いと最終的な支払総額は同じです。なお、以前利用できた端末購入アシストですが、2017年6月で申込みは終了しました。ちなみに、UQモバイルではSIMカードを契約せずに端末だけを購入することはできません。すべての格安SIMで同様のルールです。

4.【まとめ】UQモバイルでお気に入りの端末を購入しよう

この記事では、UQモバイルでおすすめの端末を紹介してきました。端末選びは、iPhone・日本製・海外製(コスパかスペック)で分けて考えると迷いません。決して数は多くないのですが、人気機種を抑えるUQモバイルの端末ラインナップ。

実質負担額がマンスリー割で安いのも魅力です。ぜひ、お気に入りの一台を見つけてくださいね。

端末セットの契約は在庫が確実なオンラインで↓

もう一度、キャッシュバック情報を見る

あわせて読みたい