UQモバイルの料金プランとは?おすすめプランや旧プランとの違いが丸わかり

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランはどれを選べばいいのでしょうか。頭の痛い問題ですよね。

ですが、ご安心を。UQモバイルの料金プランは非常にシンプルです。

毎月使うデータ容量を選ぶだけとなります。

2019年10月から新料金プラン「スマホプラン」となったUQモバイル。以前の複雑な料金体系とは異なり、2年後の値上げもなくなりました。

この記事では、UQモバイルの料金プランを徹底解説。おすすめプランから、以前のおしゃべりプラン・ぴったりプランとの違いまで詳しく説明していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

CHECK!

UQモバイルの詳細を見る

1.UQモバイルの料金プランとは?

プラン内容の全体像について知りたいです。

OK、3択だからすぐに理解できるわよ。

UQモバイルの料金プランは、以下の通りです。

スマホプラン(音声通話SIM)

S M L
月額料金 1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
解約金 0円

 

データ高速・無制限プラン(データSIM)

データ高速プラン データ無制限プラン
月額料金 980円 1980円
データ容量 3GB 無制限
(500kbps)
解約金 0円
MEMO
UQ家族割」を適用すれば、スマホプランは全プランで-500円となる

メインのスマホとして利用するなら、通話機能ありのスマホプランを選びます。

わずか3択なので初心者でも迷うことなし。非常にシンプルです。

全プランで最低利用期間、解約金はありません。

年間支払額はプランSなら3万円以下に。大手キャリアの4月分くらいのスマホ代で1年を過ごせる計算です。

通話系

オプション名 月額料金 内容
かけ放題(24時間いつでも) 1700円 国内通話24時間かけ放題
かけ放題(10分) 700円 国内通話10分かけ放題
通話パック 500円 国内通話が60分定額
電話基本パック 380円 留守電・三者通話・迷惑電話撃退サービスが使える
通話明細サービス 100円 my UQ mobileで通話明細を閲覧できる

 

セキュリティ系

オプション名 月額料金 内容
UQあんしんパック 500円 UQあんしんサポート+クラウドバックアップ+UQ SNSセキュリティ
UQあんしんサポート 350円 リモート操作の遠隔サポート
家族みまもりパック 380円 みまもりサービス+filii
クラウドバックアップ by AOS 300円 電話帳や動画データなどの自動バックアップ
UQ SNSセキュリティ by MyPermissions 350円 アカウント乗っ取りなどを防ぐ
みまもりサービス by Family Locator 200円 家族の居場所を確認できる
filii 300円 子供のSNS利用を保護
つながる端末保証 500円 持ち込み端末向けの保証サービス
端末補償サービス 380円 故障端末の交換・修理
AppleCare+ for iPhone 534円~ iPhone向けの保証サービス
UQ×with HOME 490円 スマホで子供の様子を確認できる
セキュリティサービス 290円 不正アプリや迷惑着信などを対策できる

 

エンタメ系・Wi-Fi・メール

オプション名 月額料金 内容
KKBOX 891円 アジア最大の音楽配信サービス
RecMusic 891円 国内最大級の音楽配信サービス
auスマートパスプレミアム 499円 エンタメコンテンツを楽しめる
ギガぞうWi-Fi 150円 VPN通信で公衆無線LANが使える
メールサービス 200円 @uqmobile.jpのメールアドレスが使える
増量オプション 500円 データ増量サービス(旧プラン)

UQモバイルのオプションについて詳しくは、以下の記事を参考にして下さい。

uqモバイルのオプションUQモバイルのオプション一覧とおすすめ6選【必要なのはどれ?】

2.通話オプションに加入すればデータ増量される

通話オプション加入でデータ増量って、本当ですか?

ええ、プランMとプランLは3GBも増量されるわよ。

UQモバイルには通話オプションが用意されています。

通話オプション

  • かけ放題(10分):700円/月
  • かけ放題(24時間いつでも):1700円/月
  • 通話パック(60分):500円/月

※普段の通話料は30秒あたり20円

上記の通話オプションに加入したうえ、au IDに登録すればデータ容量が増量されます。

データ増量

  • プランS:3GB → 4GB
  • プランM:9GB → 12GB
  • プランL:14GB → 17GB

増量分のデータは自分でチャージする必要がありますが、余ったデータ容量は繰り越しOKです。

かけ放題を付ける基準ですが、毎月35分以上通話するのなら10分かけ放題を付けたほうがお得です。

10分以上の長電話が多い方は通話し放題の24時間かけ放題を検討するといいでしょう。

3.おすすめはスマホプランM

UQモバイルは、どのプランが一番おすすめですか?

ずばり、スマホプランMよ。毎月およそ3000円で9GBも使えるのよ。
コスパいいですね!

UQモバイルでどの料金プランを選べばいいのかわからない方は、プランM(9GB)が最もおすすめです。

スマホプランM

  • 月額料金:2980円
  • 年間支払額:35760円
  • データ容量:9GB

仮に10分かけ放題を付けた場合は、月額3680円でデータ容量は12GBとなります。

大手キャリアと比べると、およそ半額に。

データ容量も、9GBあれば日常生活で困ることはありません。LINE(通話も含む)、SNS、WEB閲覧に関しては全く気にしなくてもいいレベルです。

動画再生とアプリのダウンロードに関しては、無料Wi-Fiをうまく併用すれば1ヶ月乗り切れます。

9GBも要らないなら、プランSでもOK。UQモバイルはあとから無料でプラン変更できるので、あまり悩みすぎなくても大丈夫です。

4.公式サイトで料金シミュレーションができる

う~ん、安くなるのは分かったけど、イマイチ実感が湧かない・・。

だったら、公式サイトで料金シミュレーションをしてみるといいわよ。

UQモバイルに乗り換えてどれくらい安くなるのか、なかなか実感が湧かないかと思います。

そんなときは、毎月の支払いイメージを掴める料金シミュレーションが便利です。 UQモバイルの公式サイトには、料金シミュレーションのページが用意されています。

詳しい使い方は以下のとおりです。

STEP.1
料金シミュレーションのページへアクセス
STEP.2
現在契約中の携帯会社を選ぶ

UQモバイルの料金シミュレーション 携帯会社の選択

ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile・その他格安スマホなど、契約中の携帯会社を選びます。

学割の時期は、学割の申し込みについても選択します。

STEP.3
申し込み予定のプランを入力する

UQモバイルの料金シミュレーション プラン選択

画面の指示に沿って、必要項目を選択式で入力していきます。

選択する項目

  • 基本プラン(スマホプラン)
  • 通話オプション
  • 端末セット・SIMカードのみ
  • WiMAXオプション
  • 子回線の有無
STEP.4
「シミュレーション結果を見る」をタップ

シミュレーション結果を見る

以上で完了です。画面上には、シミュレーション結果が表示されます。

シミュレーション結果

シミュレーション結果

毎月どれくらい安くなるのかはもちろん、2年間で節約できる金額も表示されますよ。

5.以前のおしゃべりプラン・ぴったりプランと比較して良くなった点

今までのおしゃべりプラン・ぴったりプランと比べて、何が変わりましたか?

大きいのは安くなったことと、料金体系がシンプルになったこと。随分と改良されたのよ。

①新プランの方が安い

2019年9月までUQモバイルのメインだったおしゃべりプラン・ぴったりプラン。

無料通話があらかじめ付くのが魅力的ですが、現在のスマホプランの方が料金はお得です。

おしゃべりプラン・ぴったりプラン

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
月額料金
(2年目以降)
2980円 3980円 5980円
データ容量 3GB 9GB 21GB
データ容量
(3年目以降)
2GB 6GB 14GB
通話 おしゃべりプラン 5分かけ放題
ぴったりプラン 60分無料 120分無料 180分無料
解約金
9500円

おしゃべりプラン・ぴったりプランは初年度こそ安いのですが、2年目以降は割高に。

スマホプランでは10分かけ放題を付けたとしても、おしゃべりプラン・ぴったりプランより安いです。

プランM(9GB)で比較

  • スマホプランM+10分かけ放題:3680円
  • おしゃべり・ぴったりプランM:3980円

②2年後の値上げなし

以前のおしゃべりプラン・ぴったりプランは、2年後に料金が変わるため非常に複雑でした。2年目以降の値上げを知らずに契約したユーザーからは詐欺との声も・・。

さらに、3年目以降は値上げとWパンチでデータ容量が減ってしまいます。

対して、新料金のスマホプランは途中で料金が変化することはありません。データ容量のルールもシンプルとなり、随分と使いやすくなりました。

③2年縛りルール・解約金の撤廃

おしゃべりプラン・ぴったりプランは2年縛り&解約金がありました。格安SIMで自動更新ありの2年契約を行っているのは珍しく、かなり評判が悪かったです。

新料金のスマホプランは2年縛りはもちろん解約金もなしに。料金が安くなる以上にGOODな改定です。

おしゃべりプラン
ぴったりプラン
スマホプラン
2年縛り あり
※自動更新あり
なし
解約金 9500円 0円

④無料通話の有無を選択できる

おしゃべりプラン・ぴったりプランは無料通話として60~120分の定額通話か5分かけ放題が付属していました。

オプション扱いではなく無料通話が付くのは便利でしたが、裏を返せば通話をめったにしない人やLINE通話しか使わない人にとっては割高です・・。

一方スマホプランでは、無料通話がオプション扱いに変わりました。その結果、通話を重視しない人は、通話オプションをカット可能に。

通話メインでないユーザーも契約しやすくなりました。

6.マンスリー割の終了だけマイナス

スマホプランに変わって、良かったですね。

契約者も増加したらしいわよ。ただ、一点だけマイナスもあるの。

おしゃべりプラン・ぴったりプランからスマホプランへほとんどがプラスに変わりましたが、一点マンスリー割が終了したのは残念です。

マンスリー割とは、端末代金を24ヶ月に渡って割引するサービスです(割引額は機種によって異なる)。最安の端末は実質100円、500円といったケースもありました。

2019年10月からの改定により、通信業界全体で端末代金の割引が禁止に。UQモバイルもそのあおりで、マンスリー割が終了したわけですね。

ただ、基本の月額料金が安くなったので、そこまで大きなマイナスではありません。

また、UQモバイルでは端末代金を実質的に割引するキャンペーンを実施。以前ほど派手ではありませんが、今でも安く端末を購入できます。

7.補足:料金発生のタイミングと日割りの有無

初月って、日割りありですか?

ええ、日割り計算よ。料金発生のタイミングも回線が切り替わってからだから、損しないわよ。

UQモバイルの料金発生タイミングは、以下のどちらかに該当した時となります。

料金発生開始(いずれか)

  • 初めてネットに繋がった瞬間から
  • SIMカード到着の7日後から

ポイントは、UQモバイルに申し込んだ日からいきなり料金発生が始まらないことです。

実際に利用料金が発生し始めるのは、SIMカードが届いて開通した後からとなります。損しない仕組みとなっているので安心です。

仮にSIMカードが届いて放置してしまった場合でも、料金発生は7日後からなので時間的な余裕はあります。

また、初月の請求は日割り計算となります。日割りの対象は、月額基本料金はもちろんオプション料金も含まれます。

月末契約となっても損はありませんよ。

初期費用となる契約事務手数料(3300円)は日割対象外ですがキャッシュバックを活用すれば、実質初期費用を0円にすることが可能です。

なお、日割りありで金銭的な損得が無いUQモバイルですが、データ繰り越しを考慮すると月末付近の契約がお得です。

月末付近に満タンのデータ容量をもらって翌月に繰り越せば、1ヶ月分のデータ容量をほぼタダで手に入れたことになるからです。

8.【まとめ】最適なプランで申し込もう

この記事では、UQモバイルの料金プランについて詳しく解説してきました。

UQモバイルのプラン内容は非常にシンプルです。プラン価格が途中で変わることはないですし、解約金もなし。

以前の、おしゃべりプラン・ぴったりプランと比べても随分とシンプルになりました。

ただ、実際に契約するときは迷ってしまうかと思います。そのときは、およそ3000円で9GBも使えるスマホプランMが最もおすすめです。

スマホプランMなら、日常生活に必要なすべての用途を満足に利用できます。もしプランMが微妙なら、契約後にプランS・プランLへ無料で変更することも可能ですよ。

CHECK!

UQモバイルの詳細を見る