【違約金は免除】ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える方法とデメリットを解説

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え

この記事のポイント

  • ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは違約金免除&契約事務手数料がかからず、さらにMNP予約番号の取得も不要で楽
  • ソフトバンク端末を使う場合でもSIMロック解除が必要などのデメリットもある
  • ソフトバンクで購入したiPhoneはそのまま使える

「ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるべきか悩む」

「具体的に乗り換え手順って・・?」

「何かデメリットはないの・・?」

ワイモバイルの宣伝を見ていると、ソフトバンクから乗り換えるべきか悩みますよね。何かデメリットはないのか勘ぐってしまうのが人間の性。

また、具体的な乗り換え手順についても知りたいところです。

この記事では、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えを検討している方に向けて、どんな人がワイモバイルを申し込むべきかメリット・デメリットの両面から詳しく解説。

乗り換え手順についても、分かりやすく説明していきます。ぜひ、ご参考に。

\オンライン限定/

1.注意!ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるデメリット

ワイモバイルに乗り換えると、何かデメリットはありますか?

ソフトバンクのメールが使えなくなったり、最大データ容量が25GBまでになったりするから注意して。

ソフトバンクのメールアドレスが使えない

ソフトバンクとワイモバイルは同じグループながら、利用するメールアドレスは別です。

今までソフトバンクで利用できていた「〜@softbank.ne.jp」のメールアドレス(キャリアメール)はワイモバイルで利用できません。

GmailやYahoo!メールなど不利メールならそのまま使えますが、キャリアメールは使用不可なので気を付けましょう。

ちなみに、ワイモバイルに契約すると新たにキャリアメールを貰えます。メールアドレス自体は今後も使えるので安心して下さいね。

スマホでメールY!mobile(ワイモバイル)と契約したらメールアドレスはどうなる?

最大データ容量は25GBまで

ソフトバンクには、ほぼデータ無制限と言える50GBプランがあるものの、ワイモバイルにはそこまでの大容量プランがありません。利用できる最大データ容量は25GBです。

データ増量オプション(550円/月)を付ければ28GBとなりますが、それ以上多くのデータ容量は使えないため注意して下さい。

ソフトバンク端末を使うならSIMロック解除が必要

ワイモバイルで新たに端末を購入せずに、ソフトバンクでお使いの端末を使い回す場合。同じソフトバンクグループなのでSIMロック解除が不要に感じますが、残念ながら必要です。

恐らく、ワイモバイルはソフトバンク回線の他に自社の回線も併用しているからでしょう。

少々面倒ですが、SIMロック解除は、My SoftBankから簡単に手続きが可能です(詳しくは記事後半の乗り換え手順にて)。

家族間の無料通話特典が無い

ソフトバンクでは、家族割を適用することにより家族間の通話料が無料となります。対して、ワイモバイルには家族割はあるものの家族間の無料通話特典がありません。

そのため、家族内で頻繁に通話をする方は、ワイモバイル乗り換えにより通話料がかさむ可能性があるため注意して下さい。

なお、ワイモバイルでは10分かけ放題(770円/月)・無制限かけ放題(1870円/月)のオプションが用意されています。

家族に限らず、通話時間が長い方はオプションの加入を検討しましょう。

キャンペーンを適用できない場合あり

ワイモバイルは、様々な魅力的なキャンペーンを日々実施していますが、残念ながらソフトバンクからの乗り換えは対象外となることが多いです。

ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えは、違約金免除や契約事務手数料0円など様々な優遇があります。それが原因なのか、キャンペーンは対象外になってしまうんですね。

さすがに、ソフトバンクユーザー限定特典を用意したうえで、一般ユーザー向けのキャンペーンも両取りすることはできない仕組みにされています。

ヤフー店のキャンペーンなら使える(SIMのみ契約も対象)

ワイモバイルの公式サイトあるいはワイモバイルショップ(店舗)ではなく、ワイモバイルオンラインストア ヤフー店を使うことでソフトバンクユーザーでもキャンペーンを適用できます。

利用できるのは、新どこでももらえる特典です。

新どこでももらえる特典

ソフトバンクも対象

こちら、ヤフーIDのアカウントを持っていれば3000円が還元されます。意外と知られていない裏技なので、ぜひ活用して下さい。

ヤフー店経由の契約でも、ワイモバイル本家と契約条件は何も変わりませんよ。

2.違約金免除あり!ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット

逆に、メリットは何がありますか?

何といってもソフトバンクより安くなること。あと、ソフトバンクからの移行は違約金や契約事務手数料が0円になるの。

違約金が免除される

ソフトバンクからの乗り換えで、大きな障害となるのが違約金ですよね。2年契約ありのプランに加入中なら、10450円もの違約金が発生します。

しかし、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えについては、同じソフトバンクグループというで違約金は免除。他社に乗り換えるより、1万円以上もお得です。

違約金免除に関して、特に罠となるルールはなし。さらに、以前は必要だったMNP転出手数料3300円も無料となっています。

契約事務手数料がかからない

違約金免除の他に契約事務手数料(3300円)が無料になる特典もあり。こちらも、同じソフトバンクグループならではの大盤振る舞いですね。

特別な手続きは不要で、自動的に契約事務手数料が値引きされますよ。

月額料金が安くなる

何といっても、わざわざワイモバイルへ乗り換える大きなメリットは安さでしょう。以下、ワイモバイルの料金プランです。

ワイモバイルの料金プラン

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金
2178円 3278円 4158円
データ容量 3GB 15GB 25GB
MEMO
解約金はなし

家族割またはおうち割 光セットを適用できる場合は、各プラン-1188円となります。最低利用期間や解約金はありません。

現在、ソフトバンクのスマホ代を見直してみて、恐らくほとんどの方が上記の金額以上を支払っているのではないでしょうか。

ワイモバイルに乗り換えることで、ぐっとスマホ代を落とせます。

通信速度がソフトバンクとほぼ同じ

身も蓋もない話をしてしまえば、ワイモバイルに限らずソフトバンクから格安SIMに乗り換えると、どこでも安くはなります。

しかし、ソフトバンク品質の速度を保っているのはごく一部だけ。

ワイモバイルは、自社回線を持っている関係で回線混雑による速度低下がなく、お昼休みなどに遅くなってしまう他の格安SIMとはまったく違います。

そのため、ソフトバンクから乗り換えても違和感がありません。

速度比較

ソフトバンクの速度

ワイモバイルの速度

データ参照元:みんそく

ソフトバンクの平均速度が88Mbpsに対して、ワイモバイルは54Mbps。さすがに、ソフトバンクには及びませんが、体感上はほとんど同じ速さです。

MNP予約番号の取得が不要

通常、電話番号を維持したまま他の携帯会社に乗り換えるときは、MNP予約番号の取得が必要となります。

この作業が結構面倒なのですが、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、MNP予約番号の入力不要で移行OK。乗り換え工程を一つ減らすことが可能です。

注意
eSIMで申し込む場合に限り、MNP予約番号の取得が必要

3.ワイモバイルでソフトバンク版iPhoneの利用OK

ソフトバンクのiPhoneを使いたいのですが・・

iPhone 6s以降なら正式対応してるわよ。

iPhoneユーザーなら、「ワイモバイルに乗り換えると、今使っているソフトバンクのiPhoneは使えなくなるの・・?」と不安になることでしょう。

結論から言えば、ワイモバイルでも手持ちのiPhoneを使えます。ワイモバイルで新しいiPhoneが販売されていますが、買い替える必要はありません。

ワイモバイルで使えるiPhoneシリーズ

→iPhone 6s以降

ワイモバイルで使用できるiPhoneは6s以降(最新までOK)となります。iPhone 6以前(Plus含む)は非対応なので気を付けて下さい。

ちなみに、iPhone 6以前はSIMロック解除機能がない関係で、どのみち他の携帯会社でも使えません。

ワイモバイルでiPhoneを使う【4ステップ】ワイモバイルへiPhoneを持ち込み契約する手順

4.ワイモバイルに乗り換えるべき人

以下に当てはまるなら、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることをおすすめします。

  • ソフトバンクが高いと感じる
  • 通信速度はそのままでスマホ代だけ安くしたい
  • 違約金や契約事務手数料なしで格安SIMに乗り換えたい
  • 面倒な工程無しでスムーズに乗り換えたい

すべてに当てはまらなくても、いずれかに当てはまるなら十分にワイモバイルへ乗り換える価値はありますよ。

5.ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順

ちゃんと乗り換えられるか不安です・・。

大丈夫。一つずつ落ち着いてクリアすればすぐに終わるわ。

ソフトバンクからワイモバイルにには、以下の流れで乗り換えます。

さらに詳しく見ていきましょう。

STEP1:使用するスマホをどうするか決める

乗り換え前に、ワイモバイルで使用するスマホをどうするか決めましょう。選択肢としては、

  • ソフトバンク端末をそのまま使う
  • ワイモバイルで端末を購入する(端末セット契約)
  • ワイモバイル以外で端末を購入してからSIMのみ契約をする

の3つから選べます。ワイモバイル以外で端末を購入する方法は上級者向けなので、格安SIMの乗り換えに慣れていない方にはおすすめできません。

最新iPhoneの購入OK

ワイモバイルには、最新のiPhoneがない・・というのは昔の話。

以前はソフトバンクとのすみ分けを狙ってか、あえて古いiPhoneしか販売していませんでしたが、現在は最新のiPhoneを購入できるのでご安心を。

ワイモバイル乗り換えと同時に、端末セットで購入可能です。

ソフトバンク端末を使うならSIMロック解除が必要

現在使用中のソフトバンク端末をワイモバイルで使いたいなら、SIMロック解除が必要です。My SoftBankで手続きすれば手数料はかかりませんよ。

SIMロック解除の手順

My SoftBank

  1. My SoftBankにログイン
  2. メニューの「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「オプション」をタップ
  4. 「SIMロック解除対象機種の手続き」をタップ
  5. IMEI番号を入力して「次へ」をタップ
  6. 「解除手続きする」をタップ

 

※IMEI番号の確認方法

  • iPhone:「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」
  • Android:「設定」→「端末管理」→「端末情報」→「端末の状態」→「IMEI情報」

 

ソフトバンクショップ

本人確認書類とSIMロック解除する端末を持ってスタッフに申し出る

STEP2:ワイモバイルに申し込む

利用するスマホが決まったら、ワイモバイルに申し込みます。本人確認書類とクレジットカードを事前に準備しておくとスムーズです。

詳しい申し込み手順は以下の通りです。

STEP.1
ワイモバイルオンラインストアにアクセス

>オンラインストアはこちら

※特典(3000円還元)が欲しい場合はヤフー店から申し込もう

STEP.2
端末セットかSIMのみ契約を決める

端末セットで契約する場合は、ページ内から好きな端末を選びましょう。SIMのみ契約をする場合は「SIMカード」を選んでください。

この後、端末セットの方は容量・カラー・分割/一括払いを選択、SIMのみ契約の方はSIMサイズ(iPhoneはnanoを選ぶ)を選択します。

STEP.3
「ソフトバンクからのりかえ」を選択

ソフトバンクから乗り換え

 

「ソフトバンクからのりかえ」を選択したあと、My SofBankのログインボタンが表示されます。

ログインするとソフトバンクユーザーであることが紐づけられて、MNP予約番号の取得不要で電話番号の引き継ぎを行えます。

STEP.4
料金プラン・オプションを選択

ワイモバイルの料金プラン

 

選択後、「料金詳細へ」→「申し込み手続きを開始する」をタップしましょう。

STEP.5
必要情報を入力して申込み

必要情報の入力

必要情報の入力画面に移るので、契約者情報(名前・住所・電話番号など)やクレジットカード情報を入力してください。

ページ内で本人確認書類のアップロードも行います。住所が違っていたり写真が不鮮明だったりすると審査に落ちるので、確実にアップしましょう。

すべての情報を入力できたら、最終確認と注意事項の同意を行って申し込みは完了です。

ワイモバイルオンラインストアでMNP転入【MNP転入】ワイモバイルにオンライン乗り換えする手順

SIMカードの到着を待つ間は空白期間なし

ワイモバイルのSIMカード配送を待つ間は、ソフトバンクの契約がまだ残っているので通話・データ通信ともに使えます。空白期間は無いので安心してください。

STEP3:開通手続きを行う

Y!mobileの設定

届いたSIMカード

SIMカードが到着したら、開通手続き(回線切替)を行います。以下に、連絡しましょう。

回線切替窓口

0800-919-9809(10:00~19:00)

連絡後、音声ガイダンスに従って開通続きを行ってください。手続き後、回線が正常に切り替わります(15分くらい不通状態になる)。

手動で開通しない場合は、6日後に自動開通されます。開通したらソフトバンクとの契約は自動解除されるため、解約の連絡は不要です。

STEP4:初期設定を行う

最後に、ネット接続に必要な初期設定を行います。

初期設定

  • ワイモバイルで端末を購入する場合 → SIMカードを挿入したら終了
  • ワイモバイル以外で購入した端末を使う場合 → SIMカードを挿入してAPN設定を行う

ワイモバイルで端末だけ購入した方は、SIMカードを挿入すれば自動的にネットが繋がります。

ワイモバイル以外で購入した端末(ソフトバンク端末や別途購入したSIMフリースマホ)を使う場合は、SIMカードを挿入してからAPN設定が必要です。

APN設定は、iPhoneとAndroidで手順が異なりますので、以下を参考にして下さい。

STEP.1
Wi-Fiに接続する

APN構成プロファイルをインストールするにはネット接続が必要です。APN設定前なので、ネット接続はWi-Fiを利用しましょう。

自宅にWi-Fi環境が無い場合は、お近くの無料Wi-Fiスポットを活用して下さい。

STEP.2
Safariを開く

※他のブラウザではAPN構成プロファイルがインストールできない可能性があります

STEP.3
APN構成プロファイルをダウンロードする

>>APN構成プロファイルはこちら

以下の画面が表示されたら「許可」をタップしてください。

構成プロファイル表示の許可

STEP.4
「インストール」をタップ

ワイモバイルのプロファイル

パスコードを求められた場合は入力して下さい。

パスワード入力

STEP.5
警告画面で「インストール」をタップ

警告画面

STEP.6
再度「インストール」をタップ

インストール

STEP.7
「完了」をタップ

ワイモバイルのプロファイル2

STEP.1
「設定」アプリをタップ

設定アプリ

STEP.2
「データ通信」をタップ

データ通信

STEP.3
「モバイルネットワーク」をタップ

モバイルネットワーク

STEP.4
「アクセスポイント名」をタップ

アクセスポイント名

STEP.5
画面右上の「+」マークをタップ

+マーク

STEP.6
「アクセスポイントの編集」で必要な情報を入力

ワイモバイル アクセスポイントの編集

アクセスポイントの編集では、以下の7箇所を入力します。

(1)名前 任意の名前
(2)APN plus.acs.jp
(3)ユーザー名 ym
(4)パスワード ym
(5)MCC 440
(6)MNC 20
(7)認証方式 CHAP

※その他の設定項目は空欄のままで問題ありません

STEP.7
「保存」をタップ

「保存」は画面右上のマーク(3つの点印など)をタップすれば表示されます。

以上でソフトバンクからワイモバイルの乗り換えは完了です。お疲れ様でした!

6.ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際のQ&A

データ移行はどうすればいい?

ソフトバンク端末をそのまま使い回すなら、データ移行は不要です。しかし、ワイモバイルで新たに端末を購入するなら自分でデータ移行を行います。

以下、パターン別にデータ移行の手順を解説したので参考にして下さいね。

iPhone同士のデータ移行はクイックスタートが便利です。

STEP.1
旧iPhone・新iPhoneを並べて起動する

新iPhoneは初回起動でなければクイックスタートを使えません。初回起動でない場合は、いったん初期化してください。

STEP.2
「新しいiPhoneを設定」で「続ける」をタップ

続ける

新iPhoneの言語選択に入ると旧iPhoneに「新しいiPhoneを設定」と表示されるので「続ける」をタップしましょう。

STEP.3
カメラを新iPhoneにかざす

旧iPhoneでカメラが立ち上がるので新iPhoneにかざします。円形のアニメーションをファインダーの中央に収めてください。

STEP.4
旧iPhoneのパスコードを入力

新iPhoneに旧iPhoneのパスコードを入力します。

STEP.5
その他の設定を行う

Apple PayやFace IDなど、その他の設定が表示されるので入力していきましょう。スキップしてあとから設定することも可能です。

すべての設定が終わったら、データ転送が始まります。

データ移行先がAndroidなら、Googleドライブを使ったデータ移行がおすすめです。

STEP.1
Googleドライブをダウンロードする

>Googleドライブはこちら(iPhoneAndroid

STEP.2
バックアップ設定をONにする

バックアップ設定オン

端末の設定アプリを開いて「システムと更新」→「バックアップと復元」をタップ。「Googleにバックアップ」をONにしてください。

STEP.3
Googleドライブのメニューから「バックアップ」をタップ

バックアップメニュー

STEP.4
バックアップしたいファイルを選択
STEP.5
新端末でファイルをダウンロード

ダウンロードメニュー

新端末でGoogleドライブアプリをインストールして、作成したアカウントでログインしましょう。

すると、バックアップしたファイルが表示されるので、必要なファイルをダウンロードしてください。

AndroidからiPhoneにデータ移行するときは、アップル公式アプリ「iOSに移行」が便利です。

STEP.1
Android端末に「iOSに移行」をダウンロード
STEP.2
iPhone側でコードを取得

データ移行の選択

iPhoneの初期起動にて「Appとデータ」が表示されるので「Androidからデータを移行」をタップします。その後、10桁か6桁のコードが発行されるので、そちらをメモします。

STEP.3
Android側でコードを入力

Android側で「iOSに移行」を立ち上げて、取得したコードを入力します。

STEP.4
移行するデータ項目を選ぶ

どのデータを移行するか、Android側で選択しましょう。

損しない乗り換えタイミングは?

結論から言うと、特にありません。ワイモバイルの初月料金は日割り請求なので、いつ乗り換えても損しません。

また、ソフトバンクからワイモバイルへの移行特典により、ソフトバンクの違約金は無料となります。そのため、更新月を気にする必要もありません。

店舗で乗り換えられる?

可能です。ワイモバイルの店舗(ワイモバイルショップ)は全国に1000店舗以上あります。こちらのページから最寄り店を検索して、来店予約を取ることも可能です。

とは言え、待ち時間が発生する可能性はやはり高いので、特別な理由がなければオンライン契約をおすすめします。

乗り換え費用はどれくらいかかる?

0円です。ソフトバンク側の解約費用も、ワイモバイル側の初期費用もかかりません。

同じソフトバンクグループであるため、移行特典として違約金免除&契約事務手数料0円が適用されます。乗り換え費用は、まったく気にしなくてOKですよ。

端末残金が残っていてもいい?

ソフトバンクを解約するとき、端末代金の残債が残っていると一括請求されるのでは・・?と心配になりますが、こちら分割払いが継続されるため安心して大丈夫です。

Q:携帯電話を解約する際、機種の分割支払金は一括払いが必要ですか?

A:一括払いは必要ありません。ご解約時に機種の分割支払金が残っている場合、お支払い完了まで引き続き分割でお支払いただけます。

ソフトバンク公式より

7.補足:ワイモバイルとソフトバンクの関係

まず、ワイモバイルとソフトバンクは同じグループ会社です。ソフトバンクショップとワイモバイルショップの併設が増えている理由も両社は同じ運営元だから。

両社の関係性は紆余曲折ありましたが、2015年にソフトバンクがワイモバイルを吸収合併しました。分かりやすくいえば、兄がソフトバンクで弟がワイモバイルです。

ちなみに、ワイモバイルは社名変更する前はイー・アクセス株式会社という社名でした。

イー・アクセスでピンと来た方も多いと思いますが、イーモバイルのブランドでモバイルWi-Fiルーターを販売していた会社です。

その後、楽天と提携したりヤフーの子会社になったりとややこしい状況が続きましたが、最終的にソフトバンクに統一されて今に至ります。

8.まとめ

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順は一見ややこしく見えますが、実際にやってみると30分くらいで完了します。

電話番号を引き継ぐ場合は、MNP予約番号取得の必要なし。同じソフトバンクグループなので、とっても簡単です。

ワイモバイル乗り換えによるデメリットはいくつかありますが、それを上回るメリットあり。この記事を参考に、ワイモバイル乗り換えにチャレンジしてみて下さいね。

【2021年】スマホ代を劇的に下げるなら?

安さ重視→楽天モバイル

公式サイトへ

 

1GB以内なら0円、20GBでも全携帯会社で最安の2178円に。さらにRakuten Linkで通話料はどこにかけても無料です。

今なら誰でも5000ポイント還元&3ヵ月無料キャンペーン中。ポイント還元で実質0円の端末もあり。iPhoneは最安値で購入できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
0円~ 0円 あり

品質重視→LINEMO

公式サイトへ
LINEMO

ソフトバンク回線をそのまま利用するLINEMOは通信品質が良好です。料金は、3GB 990円と20GB 2728円の2種類のみ。

LINEアプリはデータ消費なしで使い放題。キャリア品質なのに格安SIMより割安です。通話重視なら、無制限かけ放題を利用できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
990円~ 0円 なし