Y!mobile(ワイモバイル)の料金は安い?全プラン一覧と選び方が丸わかり

ワイモバイルの料金プラン

Y!mobile(ワイモバイル)を契約する前に気になるのが料金プランですよね。プラン選びは頭の痛い問題です。

ワイモバイルのメインプランである「スマホベーシックプラン」は、3択で選択OK。とってもシンプルで複雑さはありません。

全プランに10分かけ放題が付属。割引特典が利用できるのも魅力です。

この記事では、ワイモバイルの料金プランについて詳しく解説。プラン選びのポイントや本当に安いのかにつても、じっくりと説明していきます。

料金プランの詳細を知りたい方はもちろん、プラン選びで迷いやすい方はぜひ参考にして下さいね。

CHECK!

ワイモバイルの詳細を見る

1.Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン一覧

ワイモバイルの料金プランって、どんな感じですか?

一番安いのは3GB使えるプランS。1980円で契約できるわよ。
安い!

10分かけ放題が付いて、この値段よ。

まずはこちら。ワイモバイルの料金プラン一覧です。


①スマホベーシックプラン(音声通話SIM)

プランS プランM プランR
月額料金 2680円 3680円 4680円
月額料金
※新規割適用
1980円
2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
データ容量
※データ増量適用
4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題

※新規割は6ヶ月適用
※データ増量は1年間適用

②データベーシックプラン(データSIM)

プランS プランL
月額料金 1980円 3696円
データ容量 1GB 7GB

③データSIMプラン(データSIM)

月額料金 980円
データ容量 1GB

※SIMスターターキット経由のみ契約可

④ケータイベーシックプランSS(ガラケー向け)

月額料金 934円
データ容量 0~2.5GB
パケット代 0~4500円

メインスマホとして利用するなら、スマホベーシックプランを契約します。わずか3択なので、とってもシンプルです。

特筆すべきは全プランに10分かけ放題が付いていること。他の格安SIMにはない、ワイモバイルだけのサービスです。

MEMO
新規割とデータ増量キャンペーンについては次章で詳しく

プラン選びですが、迷うならとりあえずプランSからスタートしてもいいでしょう。あとから、いつでも無料でプラン変更ができます。

なお、スマホベーシックプランはおうち割家族割の適用で毎月500円の割引を適用することも可能です。家族割は同居人でも適用できます。

音声通話SIMではなく、通話機能の無いデータSIMを契約したい場合は、データベーシックプランを選びます。

データSIMプランはSIMスターターキット経由のみ契約できる特殊なプランです。ケータイベーシックプランSSはガラケー向けプランなので、スマホユーザーには関係ありません。

TOPIC
ワイモバイルの料金プランは、全プランで解約金がかからない

2.6ヶ月の割引(新規割)&1年間のデータ増量あり

スマホベーシックプランの新規割とデータ増量が気になりました。

この2つは、ワイモバイルに新規契約すれば誰でも活用できる特典よ。

スマホベーシックプランには、誰でも利用できる特典として、

  • 新規割
  • データ増量無料キャンペーン2

が用意されています。

プランS プランM プランR
月額料金 2680円 3680円 4680円
月額料金
※新規割適用
1980円
2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
データ容量
※データ増量適用
4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題

新規割は、プランS/M/Lすべてで月額700円を割引。プランSなら、月額1980円です。

データ増量無料キャンペーン2では、1年間無料でデータ容量がアップ。

データ増量

  • プランS:3GB → 4GB
  • プランM:9GB → 12GB
  • プランR:14GB → 17GB

増量分のデータ容量は自分でチャージする必要がありますが、快適モードにてオートチャージの設定が可能です。

2年目以降は、月額500円のデータ増量オプションに加入すれば、引き続きデータ増量を継続できます。

3.通話料は30秒あたり20円

通話料はいくらですか?

30秒の通話で20円ね。ただ、この金額が発生するのは10分を超過してからよ。

ワイモバイルの通話料は20円/30秒となります。この金額は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)も他の格安SIMも同じです。

先述の通り、ワイモバイルには全プランに10分かけ放題が付きます。そのため、通話料の発生は10分を超過してからとなります。

MEMO
専用アプリ経由ではなく、通常の音声回線によるかけ放題となります(国内通話のみ)

回数無制限で利用できるため、上手く活用すれば毎月の通話料を無くすことも可能に。

また、オプション料金1000円/月で、時間無制限の完全かけ放題(スーパーだれとでも定額)も利用OK。通話頻度が高い方は、加入を検討するといいでしょう。

ワイモバイルの通話料Y!mobile(ワイモバイル)の通話料は20円/30秒、ただし無料通話でほぼ0にできる

4.公式サイトで料金シミュレーションができる

ワイモバイルは、料金シミュレーションを使えますか?

ええ、公式サイトで使えるわよ。

ワイモバイルに乗り換えてどれくらい安くなるのか、なかなか実感が湧かないかと思います。

そんなときは、毎月の支払いイメージを掴める料金シミュレーションが便利です。 公式サイトには、料金シミュレーションのページが用意されています。

外部参照:スマホプラン診断

使い方はかんたん。アプリごとに毎日使う時間を選択します。

毎日のデータ容量

あとは、結果を見るだけ。

料金シミュレーションの結果

スマホベーシックプランS/M/Lから、どれを選べいいのか教えてくれます。

5.Y!mobile(ワイモバイル)は本当に安い?

au・ドコモ・ソフトバンクと比べて相当安いと聞きましたが。

ええ、半額になることもあるのよ。

ワイモバイルは大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比べて月額料金は圧倒的に安いです。とくに3GB以下の小容量プランになるほど差が大きいです。

例として料金比較してみました。

3GBプランで比較

プラン名 月額料金
Y!mobile スマホベーシックプランS 2,680円
※6ヶ月1980円
au auピタットプラン※1
スーパーカケホ
1年目:4,480円
2年目以降:5,480円
ドコモ ギガライト
5分通話無料オプション
4,680円
ソフトバンク ミニモンスター※2
準定額オプション
1年目:6,980円
2年目以降:7,980円

※1 スマホ応援割適用
※2 1年おトク割適用

親会社であるソフトバンクと比べると月額4000円以上の差があります。ワイモバイルに乗り換えることで、年間5万円も節約できる計算です。

au・ドコモと比較しても毎月2000円安くなります。年間25000円の節約効果です。

MEMO
ワイモバイルは通信速度が大手キャリアと変わらないため、純粋に値段だけが安くなる

6.補足:旧プラン(スマホプラン)との違い

以前のプランと、何か変わったことはありますか?

解約金の撤廃が大きいわね。

2019年9月までの料金プラン「スマホプラン」は、スマホベーシックプランに変わり以下の点が変更されました。

変更点

  • スマホプランLが終了してスマホベーシックプランRが誕生
  • プランS/Mはデータ容量が増加
  • ワンキュッパ割が終了して新規割(6ヶ月700円引き)が誕生
  • 解約金(9500円)が撤廃
  • 端末代金の分割回数が24回に加えて36回を選択可

スマホベーシックプランに変わり、随分と利便性が上がりましたね。

いくつかの変更点がありますが、解約金の撤廃が最も大きいでしょう。以前は2年縛りのルールで解約金がありました。

7.【まとめ】最適なプランで申し込もう

この記事ではワイモバイルの月額料金について詳しくまとめました。

大手キャリアからの乗り換えれば、年間数万円のスマホ代が節約できるワイモバイル。新規割とデータ増量の特典を受け取れるのも魅力的です。

他の格安SIMと比べて、

  • 10分かけ放題が無料で付属
  • 無制限かけ放題もある
  • 通信速度が速い

といったメリットがあります。

スマホベーシックプランはわずか3択なので非常にシンプル。自分にピッタリのプランで申し込んで下さいね。

CHECK!

ワイモバイルの詳細を見る