落とし穴はある?Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを完全解説

ワイモバイルの料金プラン

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランは、とてもシンプルです。スマホプランS/M/Lの3種類のみ。大手キャリアと違い、複雑さはありません。

また、全プランに10分かけ放題が付いているのも、大きなメリットです。

この記事では、Y!mobileの料金プランについて詳しく解説。分かりにくい落とし穴は無いのか、徹底的に掘り下げます。

Y!mobileの料金が気になっていた方は、ぜひ参考にして下さいね。

1.簡単すぎる!Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランとは?

ワイモバイルの料金プランって、どんな感じですか?

一番安いのは3GB使えるスマホプランS。1980円で契約できるわよ。
安い!

10分かけ放題が付いて、この値段よ。

1-1.料金プランはシンプルに選べる3択

複雑なイメージのある携帯電話の料金プランですが、Y!mobileならS/M/Lの3択です。

スマホプラン

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
データ容量
(無料で2年増量)
3GB 9GB 21GB
データ容量 2GB 6GB 14GB
無料通話 10分かけ放題
MEMO
テザリング」の利用料金は無料です

1-2.全プランに10分かけ放題付き(無制限かけ放題オプションも選べる)

スマホプラン最大の特徴は、S/M/Lすべてに10分かけ放題が付くことです。専用アプリ経由ではなく、通常の音声回線によるかけ放題となります(国内通話のみ)。

回数無制限で利用できるため、上手く活用すれば毎月の通話料を無くすことも可能です。 通常の通話料は他社と同じ10円/30秒となります。

なお、Y!mobileは格安SIMで唯一、無制限かけ放題オプションを利用できます。無制限かけ放題のオプション料金は月額1000円です。

ワイモバイルのかけ放題Y!mobile(ワイモバイル)のかけ放題は格安SIMで一番!その理由を詳しく説明します

1-3.落とし穴?2年目から料金は1000円アップ

これが噂の落とし穴ですか?

2年目から値上がりするように感じるけど、ワンキュッパ割が終わって元の値段に戻るだけよ。
どおりで1980円は安すぎると思いました。

Y!mobileの料金プランは、2年目から+1000円アップします。その理由は、ワンキュッパ割が無くなるからです。

MEMO
ワンキュッパ割とは、契約月から1年間、基本使用料を1000円割引するサービスのこと

1000円値上がりするというよりは、元々あった割引がなくなり通常価格に戻るだけです。

ワンキュッパ割終了後(2年目以降)

スマホプランS(3GB):1980円 → 2980円

スマホプランM(9GB):2980円 → 3980円

スマホプランL(21GB):4980円 → 5980円

10分かけ放題が付いていることを考慮すれば、ワンキュッパ割が終わっても十分に安いです。決して、落とし穴ではありません。

1-4.データ増量オプションの無料特典は3年目で切れる

もう一つ注意しておきたいのがデータ増量オプション(月額500円)の無料特典が、2年で終わることです。

データ増量オプションを使わないと、毎月のデータ容量が以下となります。

データ増量オプション
あり なし
スマホプランS 3GB 2GB
スマホプランM 9GB 6GB
スマホプランL 21GB 14GB

3年目以降も、データ増量オプションありのデータ容量をキープしたい場合は、オプション料金の月額500円が加算されることを覚えておきましょう。

1-5.おうち割か家族割の適用で月額1480円〜

Y!mobileでは、割引特典としておうち割か家族割を利用できます。おうち割と家族割の同時適用はできません

おうち割の内容

おうち割は、Y!mobileとともにソフトバンク光かソフトバンクAirを契約すれば、500円から1000円割引されます。

割引額

  • スマホプランS :500円割引
  • スマホプランM:700円割引
  • スマホプランL:1000円割引

おうち割の詳しい適用条件は以下の記事を参考にして下さい。

おうち割光セットY!mobileとソフトバンク光・ソフトバンクAirでおうち割光セットが適用!3ヶ月分のスマホ代がタダ

家族割の内容

家族割は2回線目(2人目)以降の家族に対して500円割引が適用されます。

割引例:3人家族の場合

  • 1人目:割引なし
  • 2人目:500円割引
  • 3人目:500円割引

同じ住所に住んでいるなら、家族でなくてもOKです(同棲中のカップルなど)。

家族割の詳しい適用条件は以下の記事を参考にして下さい。

ワイモバイルの家族割Y!mobile(ワイモバイル)で家族割を適用する方法【あとから追加申し込みもOK】

1-6.同じ料金形態の楽天モバイル・UQモバイルより有利

かけ放題付きで、かつ選択が3~4種類の類似料金プランは、Y!mobile以外に「UQモバイル」と「楽天モバイル」にもあります。

この3社を比較してみましょう。

プラン Y!mobile UQモバイル 楽天モバイル
S(2GB) 1980円 1980円 1980円
M(6GB) 2980円 2980円 2980円
L(14GB) 4980円 4980円 4980円
LL(21GB) 5480円
かけ放題 10分 5分 10分
(楽天でんわ)

※楽天モバイルは2年契約&楽天会員割を適用したときの価格

まず、月額料金は3社とも横並びです。ただし、Y!mobileとUQモバイルは最初の2年間、データ容量を無料で増量できます(プランS/M/Lでそれぞれ3GB/9GB/21GB)に。

そうなると、有利なのはY!mobileとUQモバイルです。

この2社は料金体系がまったく同じなのですが、かけ放題の時間でY!mobileが5分長くなっています。総合的に見ると、Y!mobileが最も有利であることが分かります。

MEMO
通信速度もY!mobileが一番速い(この3社に限らず、格安SIM全体でもトップ)

1-7.料金プランの選び方(ほとんどの人はプランSで十分)

3択とはいえ、悩ましいのが料金プラン選びですよね。結論から言えば、日本人の7割くらいが毎月3GB未満しか使わないので(MMD研究所調べ)、プランSで十分です。

LINEやSNSくらいしか使わないなら、まったく問題ないでしょう。Youtubeなど動画をよく見るなら、プランM/プランLを選択しましょう。

NetflixやHuluなど動画配信サービスは、オフライン再生が使えるので、そこまで気にしなくて構いません。

なお、21GB使えるプランLは自宅にWi-Fi環境が無いけどヘビーユーザーの方、あるいは仕事でテザリングをたくさん使う方のみ契約しましょう。

ちなみに、スマホプランはあとから無料でプラン変更できます。 毎月どれくらいデータ容量を使うのか分からない場合は、とりあえず最安のプランSで契約しておくのが無難です。

もしデータ容量が足りなければ、あとでプランM/Lに変更しましょう。

キャンペーン速報

オンライン限定のキャンペーンページからY!mobileを申し込めば、最大15555円分のTポイントが貰えます(終了未定)。

Y!mobileのキャンペーンページへ

その他の最新キャンペーンを見る

2.注意!Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランは自動更新ありの2年縛り

やっぱり、2年縛りがあるんですね。

ええ、そこは残念なところ。だけど、2年縛りと引き換えに、ワンキュッパ割や端末代金の割引で安くなっているのよ。

Y!mobileの料金プランで注意したいのが、自動更新ありの2年契約(通称2年縛り)であることです。2年に一度訪れる契約更新月(2ヶ月)以外の解約は、違約金9500円が必要となります。

自動更新の仕組み

2年縛り&9500円の違約金は、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)とまったく同じ仕組みです。

2年縛りありの格安SIMは少数派なので、この仕組はY!mobileのデメリットとなっています。

ただ、端末代金を含む料金の安さやサービス品質(キャリアショップの充実、他社より速い通信速度)を考えると、2年縛りは致し方ないかと思います。

3.補足:契約者はほぼいないけど、Y!mobile(ワイモバイル)には別の料金プランもある

一応、スマホプラン以外もあるんですね。

ええ、ほとんど契約する人はいないけど、参考までに説明しておくわ。

補足として、ほとんど契約者はいないのですが、Y!mobileにはスマホプラン以外の料金プランがあります。

スマホプラン以外の料金プラン(月額)
  • スマホベーシックプランS(2GB):5480円
  • スマホベーシックプランM(6GB):6480円
  • スマホベーシックプランL(14GB): 8480円
  • データプランS(1GB):1980円
  • データプランL(7GB):3696円
  • ケータイプランSS(従量制):934円~

スマホベーシックプランは2年縛りなしのスマホプランです。高すぎるので契約する人はまずいません。

データプランは、データ通信専用のSIMカードを使えます。タブレットなどに活用できますが、この料金を支払うならモバイルWi-Fiルーターを契約したほうがマシでしょう。

ケータイプランSSは「ガラケー向けの料金プラン」となっています。ご覧の通り、これらの料金プランはほぼ使いみちが無いので、Y!mobile=スマホプラン3択と考えてOKです。

4.【まとめ】Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランはシンプルで選びやすい

Y!mobileの料金プランは、3択なので非常にシンプルです。

全プランに標準で10分かけ放題が付いているのも魅力です。初年度はワンキュッパ割で1000円安くなります。

2年縛りがデメリットですが、Y!mobileはサービス品質が高いので、まったく気にしなくていいレベルです。

プラン選びに迷った方は、あとから無料でプラン変更もできるので、とりあえずプランS(3GB)から始めるといいですよ。

朗報:今なら最大15555円分のPayPayポイントが貰えます(終了未定)

オンライン限定で特設キャンペーンページから申込むとPayPayポイントが最大15555ポイント貰えます。

通常申し込みなら10000ポイント(プランSは5000ポイント)。5の付く日に申し込めば追加で5555ポイント付与されます(WEB限定)。

>>PayPayポイントが貰えるキャンペーンページへ


※朗報2:SIMカード単体契約で最大14400円の割引に(終了未定)

ソフトバンク以外の携帯会社からSIMカード単体契約(手持ちの端末を使う)でY!mobileへ乗り換えると、最大14400円が自動的に特別割引となります(WEB限定)。

特別割引
  • スマホプランM/L:14400円(600円×24ヶ月)
  • スマホプランS:9600円(400円×24ヶ月)

>>最大14400円割引の公式シークレットページへ