楽天モバイルが3か月無料&iPhone12大幅値下げ

OCN光の評判とは?メリット・デメリットからおすすめな人を完全評価

OCN光の評判とは?

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

この記事のポイント

  • OCN光はフレッツ光より安価でOCNモバイルONEユーザーにはセット割がある
  • IPoEに標準対応しており通信速度は良好
  • IPoE利用に専用ルーターが必要なことや更新月以外は違約金が発生することに注意

「OCN光が気になるけど、ぶっちゃけどうなの・・?」

OCN光はNTTグループの1つであるNTTコミュニケーションズが提供する光回線サービスです。OCNは日本を代表するフレッツ光のプロバイダとしても知られています。

OCN光はそんなOCNとフレッツ光の回線が1つになった光コラボサービスです。フレッツ光よりも月額料金が安く、同社の格安SIM「OCNモバイルONE」とのセット割もあります。

しかしながら気になるのが評判ですよね。特にデメリットについては気になるところ。

そこで今回はOCN光についてメリットはもちろんデメリットについても詳しく解説。どんな人が申し込むべきか鋭く評価していきます。

1.OCN光とは?(特徴・料金)

OCN光について詳しく教えて下さい!

NTTが提供する光回線サービスよ。詳しい料金プランを説明するわ。

OCN光はフレッツ光回線を利用する光コラボサービスの1つです。大手プロバイダ「OCN」の運営で知られるNTTコミュニケーションズが手掛けています。

以下、詳しい料金プランです。

サービス概要

月額料金 ファミリータイプ:5,100円
マンションタイプ:3,600円
契約事務手数料 3,000円
最大通信速度 上り:1Gbps
下り:1Gbps
契約期間 2年
違約金 11.000円

2年自動更新型割引を適用させると、契約期間が2年間の自動更新になる代わりに月額料金が1,100円割引されます。

割引適用後の月額料金はファミリータイプ(戸建てタイプ)で5,100円、マンションタイプで3,600円です。OCN光はOCNがプロバイダも兼ねているため、別途プロバイダ料はかかりません。

2.OCN光 withフレッツとの違い

OCNはOCN光以外にも「OCN光 with フレッツ」というサービスを展開しています。すでに契約している人もいるかもしれませんね。

名前がよく似ていますが、サービス内容は異なります。

両者の違い

  • OCN光 with フレッツ:フレッツ光(NTT)と契約し、プロバイダとしてOCNを選ぶ
  • OCN光:回線もプロバイダもOCNと契約(フレッツ光回線を利用した光コラボ)

OCN光とOCN光 with フレッツの違いを簡単に言うと契約先が異なります。OCN光 with フレッツの契約先はフレッツ光(NTT)です。

インターネット回線としてフレッツ光を契約し、プロバイダとしてOCNを選びます。

一方、OCN光はフレッツ光回線を利用する光コラボです。回線はフレッツ光と同じですが、回線もプロバイダもOCNと契約します。

フレッツ光を提供するNTTとは直接契約しません。

どちらもフレッツ光の回線を利用するので、通信速度にそこまで大きな違いはありません。しかし、回線とプロバイダの契約先が同じになるOCN光の方が手続きは楽になります。

その他、月額料金やオプション、セット割などサービス内容も異なります。

3.評判・口コミから分かるOCN光のデメリット

OCN光って、何かデメリットはありますか?

フレッツ光よりはお得だけど、そこまで安くはないことかな。

解約金が高い

OCN光を解約する際は解約金に注意してください。解約するタイミングによっては以下の3つの費用が同時にかかる可能性があります。

解約時の費用

  • 2年自動更新型割引の違約金
  • 工事費の残債
  • OCN v6アルファの違約金 ※

※申し込み者のみ

月額料金が割引される2年自動更新型割引を利用する場合、契約は2年間の自動更新となります。

更新期間(契約から25ヶ月目と26ヶ月目)以外に解約する場合は、11,000円の違約金を支払わないといけません。

また、OCN光の工事費支払いで分割払いを選択した場合、完済するまでに解約すると残債を一括請求されます。OCN光の契約期間は2年(24ヶ月)ですが、工事費の支払いは30回です。

最初の更新月である25ヶ月目および26ヶ月目に解約すると違約金はかかりませんが、工事費の残債はかかります。

また、IPoE対応ルーターをレンタルできるOCN v6アルファオプションにも2年間の最低利用期間があり、最低利用期間内に解約すると8,000円の違約金を支払わないといけません。

OCN光の解約タイミングによっては2年自動更新型割引の違約金、OCN v6アルファの違約金、工事費の残債をまとめて請求されるため注意が必要です。

解約する際はOCNのマイページから違約金の有無を必ずチェックしてくださいね。

工事費が無料にならない

他の光回線では工事費が無料になるキャンペーンを実施していることが多いです。しかし、OCN光ではそのようなキャンペーンは実施されておらず、ファミリータイプは2,000~18,000円、マンションタイプは2,000~15,000円の工事費がかかります。

工事費が無料になる光回線と比べると費用が高くなるので注意しましょう。

IPoE対応ルーターを利用しないと遅い

OCN光は光コラボなので、フレッツ光と同じ回線を利用しています。フレッツ光の回線を利用している人は非常に多いため、従来のPPPoEだと回線が混雑しやすいです。

そのため、通信速度が遅くなる傾向にあります。

OCN光はIPoEに標準対応していますが、ルーターが対応していなければIPoEで接続できません。OCN光を利用する場合は対応ルーターを購入するか、OCN v6アルファオプションを契約した方がいいでしょう。

他の光回線より料金が高い

OCN光はフレッツ光より安いものの、他の光回線と比べると月額料金は特別安くはありません。むしろ、OCN光に乗り換えることで高くなるケースもあります。

実際にファミリータイプの月額料金を他の光回線と比較してみました。

料金比較

光回線 月額料金
(ファミリータイプ)
OCN光 5,100円
フレッツ光 5,700円+プロバイダ料
ドコモ光 5,200円
auひかり 5,100円
ソフトバンク光 5,200円
NURO光 4,743円
ビッグローブ光 4,980円
eo光 4,953円

フレッツ光や大手キャリア系と比べると安いのですが、一方でNURO光eo光などOCN光より安い光回線も多くあります。

とにかく安く利用したいなら、OCN光以外の光回線を検討したほうがいいでしょう。

スマホセット割(キャリア)がない

OCN光は大手キャリアとのスマホセット割がありません。セット割が適用されるのはOCNモバイルONEのみです。

ドコモ・au・ソフトバンクとのセット割は用意されていないので注意してください。現在大手キャリアを利用している方は、以下の光回線を選ぶとセット割が適用されます。

セット割適用(キャリア)あり

4.評判・口コミから分かるOCN光のメリット

OCN光のメリットを教えて下さい。

フレッツ光と同じ回線なのに料金が安くなること。初回サポートが無料なのも魅力的ね。

フレッツ光より安い

OCN光はフレッツ光よりも月額料金が安いです。実際に料金を比較してみましょう。

フレッツ光と料金比較

ファミリータイプ マンションタイプ
OCN光 5,100円 3,600円
フレッツ光 5,700円+プロバイダ料 3,350~4,350円+プロバイダ料
OCN光 with フレッツ 6,100円 4,150~4,900円

ご覧の通り、フレッツ光は月額料金に加えてプロバイダ料もかかるため、一体型のOCN光より月額料金が高くなります。フレッツ光とOCN光は同じ回線なのでシンプルに損です。

また、OCNがプロバイダとなるOCN光 with フレッツと比べても、OCN光が500~1,000円ほど安いです。

OCNモバイルONEのセット割がある

OCN光ではNTTコミュニケーションズの格安SIM「OCNモバイルONE」とのセット割を利用可能です。

OCN光とOCNモバイルONEをセットにするとOCN光モバイル割が適用。OCNモバイルONEの月額料金が1回線につき200円割引されます。

OCN光モバイル割は最大5回線まで適用できます。家族5人なら毎月1,000円の割引です。

すでにOCNモバイルONEを利用しているなら、ネットもOCN光にするのがおすすめですよ。

OCN光モバイル割【家族で割引OK】OCN光モバイル割とは?利用条件や申込み方法が丸わかり

初回サポートが無料

OCN光では申し込み者向けの訪問サポート「OCN開通とことんサポート」を実施しています。

サポート内容はインターネット接続やルーター・ブラウザ・メールの設定、OCNドットフォンの設定です。通常なら3,000円ほどかかる設定を初回に限り無料で代行してくれます。

インターネット設定に詳しくない人でも安心ですね。

サポート料金

メニュー 作業内容 初回 通常
インターネット接続設定
(有線)
・インターネット接続
・モデム、ルーター、スプリッタの設定
・ブラウザー設定(Internet Explorer、Edge)
・メール設定(OCNメール、Outlook、Windows 8.1/10メールアプリ)
・メールアドレス変更
0円 3,000円
OCNドットフォン/OCNドットフォン300 接続設定 モデム、ルーターなどの設定 3,000円
ひかりTV接続設定 ひかりTVサービスのチューナーとテレビとの接続設定 2,900円
訪問基本料金 訪問時の基本料 5,000円

IPoEに標準対応

OCN光は次世代のインターネット接続方式「IPoE」に標準対応しています。IPoEは従来のPPPoE方式よりも混雑しにくいため、通信速度が安定するのがメリットです。

光回線によってはIPoEを利用するためには別途オプション申し込みが必要なことがあります。ですが、OCN光はIPoEに標準で対応しています。

そのため、契約したらすぐにIPoE方式で接続できますよ。ただし、OCN光のIPoEを利用するには「OCNバーチャルコネクトサービス」対応のルーターが必要です。

最新の対応ルーターはこちらのページからチェックしてください。

なお、OCN光では月額500円でOCN光のIPoE対応ルーターをレンタルできるオプション「OCN V6アルファ」も利用可能です。

OCN V6アルファにはセキュリティサービスと訪問・遠隔サポートも付帯しています。対応ルーターを持っていない人で、設定などもまとめてやって欲しい人はOCN V6アルファを検討しましょう。

5.【総合評価】OCN光がおすすめな人は限られる

結局、OCN光は契約すべきですか・・?

どんな人におすすめできるかまとめたから参考にしてね。

ここまでのメリット・デメリットをまとめると、OCN光がおすすめなのは以下の人に限られます。

おすすめな人

  • OCNモバイルONEユーザー
  • OCN光 with フレッツから乗り換える
  • IPoE(OCNバーチャルコネクト)対応ルーターを持っている

既にOCNモバイルONEを利用している場合は、セット割があるため他の光回線より断然おすすめできます。また、OCN光 with フレッツを利用している人も、プロバイダ契約が不要なOCN光へ乗り換えるのがおすすめです。

6.申し込みから開通までの流れ

OCN光の申し込みから開通までの流れをまとめました。

開通までの流れ

  1. 対応エリアを確認する(新規の場合)※
  2. OCN光に申し込む
  3. 各種書類の送付する
  4. 開通工事に立ち会う(新規の場合)

※フレッツ光から乗り換える場合は転用承諾番号を取得する

新規でOCN光を申し込む場合は対応エリアを確認しましょう。全国をカバーしているフレッツ光回線なので対応エリア外であることは少ないと思いますが、念のためチェックしてください。

エリア確認

次にOCN光の申し込みです。公式サイトより申し込みを行いましょう。

新規申し込みの方は開通工事が必要です。申し込み後にNTTコミュニケーションズから連絡があるので、工事日を調整してください。

工事が完了すればOCN光が開通します。

フレッツ光から乗り換えるなら転用承諾番号を取得しておく

フレッツ光から乗り換える方は、OCN光を申し込む前に転用承諾番号を取得しましょう。フレッツ光のマイページまたは電話で取得可能です。

転用承諾番号の取得先(フレッツ光からの乗り換え)

  • 東日本:0120-140-202
  • 西日本:0120-553-104

※9:00~17:00、年中無休

転用承諾番号を申請する際は以下の情報が必要なので、あらかじめ控えておいてください。

転用承諾番号の取得に必要なもの

  • フレッツ光のお客さまIDまたはひかり電話番号
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光利用料金の支払い方法および関連情報

転用の場合は開通工事が不要なので、申し込みが終われば基本的な手続きは完了です。書類が届いたら接続設定をしてOCN光を利用開始できます。

7.まとめ

OCN光はフレッツ光より月額料金が安く、OCNモバイルONEとのセット割もあります。

IPoEに標準対応しており、通信速度は良好です。ただし、IPoEを利用する場合はOCNバーチャルコネクトに対応したルーターを用意しないといけません。

持っていない人は対応ルーターを購入するか、OCN光 v6アルファオプションを契約しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。