povoとUQモバイルを徹底比較!どっちを選ぶべきか丸わかり

povoとUQモバイルを比較

この記事のポイント

  • 月額料金は3GB以下に収まるならUQモバイル、それ以上はpovoが有利
  • 通信速度はどちらもほとんど変わらない
  • 大容量プランを求めるならpovo、小容量で十分またはサポートを重視するならUQモバイルがおすすめ

「povoとUQモバイルは、どっちを選べばいいの・・?」

povoUQモバイルはどちらもau系列の格安プランです。しかし、サービス内容は大きく異なります。

povoは20GBで2,728円というコストパフォーマンスの高さが売り。店舗でのサポートは受けられませんが、大容量プランを安く使いたい人に向いています。

UQモバイルは3種類の料金プランがあり、ライトユーザーならpovoより安く利用可能です。店舗もあるので、スマホ初心者にもおすすめです。

本記事ではそんなpovoとUQモバイルを月額料金や通信速度などで徹底比較。どちらを選ぶべきか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

\5G対応!3GB990円~

1.povoとUQモバイルの根本的な違い

具体的な比較の前に、そもそもpovoとUQモバイルの根本的な違いは何でしょうか。簡単に言うと以下の違いがあります。

  • povo:auの格安プラン(料金プランの1つ)
  • UQモバイル:auのサブブランド(格安SIM)

povoの扱いは、auの料金プランの1つです。対してUQモバイルは、auと同じ KDDIグループながら別会社のサブブランドという位置付けです。

どちらもKDDIのスマホサービスですが、微妙に立ち位置が違うわけですね。

TOPIC
auからpovoに乗り換える場合、厳密にはプラン変更となる。UQモバイルは別会社への乗り換えとなる。
基本料0円からトッピング/
povo

2.【項目別】povoとUQモバイルを徹底比較

もっと詳しくpovoとUQモバイルの違いを知りたいです。

OK、料金や速度を中心に徹底比較していくわね。

先に、両者の違いの全体像をお見せします。

povoとUQモバイルの違い

povo UQモバイル
料金 2728円 1628円~
かけ放題 5分:550円
完全:1650円
10分:770円
完全:1870円
通信速度 平均50Mbps前後
端末の販売 なし あり
キャリアメール なし あり
(オプション)
サポート チャット
チャット
電話
メール
店舗

さらに詳しく見ていきましょう。

料金

povoの方がコスパはいい。ただし、月3GBで足りるならUQモバイルが安い。

まずはもっとも気になる料金を比較してみましょう。

料金比較

データ通信量 povo UQモバイル
3GB 1,628円
15GB 2,728円
20GB 2,728円
25GB 3,828円

povoは20GBプラン1つのみです。対して、UQモバイルは3GB/15GB/25GBの3種類のデータ通信量から選べます。

月間のデータ通信量が3GB以下のライトユーザー、および20GB以上のヘビーユーザーはUQモバイル一択ですね。毎月10~20GBほどのデータ通信を利用するならpovoがおすすめです。

povoならUQモバイルの15GBと同じ月額料金で20GBのデータ通信を使えます。

利用するデータ通信量によってどちらがお得かは異なりますが、コストパフォーマンスに優れているのはpovoです。

ほとんどのスマホユーザーは UQモバイルで十分?

povoの方がコスパはいいのですが、ほとんどのスマホユーザーはUQモバイルで十分です。というのも、スマホユーザーの6割以上は、月5GBも使いきれていません。

66%は5GB以内に収まる

データ参照元:総務省

大容量だと魅力的に見えますが、近年は無料Wi-Fiも充実しており実際のところは持て余してしまうケースが多いです。

大容量データを消費していなければ、UQモバイルのプランS(3GB)で十分ですよ。

かけ放題

完全かけ放題を使いたいならpovo、10分かけ放題を使いたいならUQモバイル

次はかけ放題を比較してみましょう。両者ともプランには付属せずオプション扱いとなっています。

かけ放題オプションの比較

かけ放題の種類 月額料金
povo 5分かけ放題 550円
完全かけ放題 1,650円
UQモバイル 10分かけ放題 770円
完全かけ放題 1,870円
通話パック60分/月 550円

povo、UQモバイルどちらも完全かけ放題を利用可能です。そのほかにpovoは5分かけ放題、UQモバイルは10分かけ放題と通話パック60分/月も選べます。

どちらも通話オプションが複数用意されており、電話する頻度に合わせて選ぶことが可能です。

お得度については、povoが上回ります。とくに完全かけ放題は、220円安いです。

ただし、povoは完全かけ放題の他は5分かけ放題しかありません。通話時間6分〜10分の頻度が多い方はUQモバイルの方が有利です。

通信速度

どちらも互角でほぼ変わらない

次は通信速度を比較してみましょう。以下、ダウンロードの実行速度です。

速度比較

時間帯 通信速度(Mbps)
povo UQモバイル
105.57 64.48
49.94 37.14
夕方 80.16 41.98
46.1 37.72
深夜 43.74 53.97

※測定データはみんそくより引用

時間帯 通信速度(Mbps)
povo UQモバイル
11.86 9.82
7.46 9.33
夕方 11.78 9.02
9.39 8.05
深夜 11.62 11.58

povoもUQモバイルも、1日を通して安定した速度が出ていますね。

ややpovoのほうが速いですが、これだけの速度が出ているならどちらを利用してもスマホを使っていて困ることはないでしょう。

通常、格安SIMは帯域制限により速度低下を起こしますが、UQモバイルはauのサブブランドということもありキャリア品質となっています。

通信品質はどちらも互角。いずれも快適にスマホを使えます。

サポート

UQモバイルの方が圧倒的に優れている

続いてはサポートで比較してみましょう。結論から言うと、サポートはUQモバイルの方が手厚いです。

サポート比較

povo UQモバイル
チャット
電話
メール
店舗

povoはオンライン(チャット)でしかサポートを受けられません。auショップの利用は不可です(申し込みもできない)。

対してUQモバイルは、チャットだけでなく電話、メール、店舗でもサポートを受けられます。とくに、スマホ初心者にとっては店舗サポートを受けられるのは大きいでしょう。

直営店舗のUQスポットなら機種変更や修理受付、契約情報変更なども受け付けています。

デメリット

最後に、両者のデメリットを比較してみました。

povoのデメリット

  • 料金プランは20GBの1つのみ
  • 取り扱いはオンラインのみ
  • 新規やMNP申し込みの際はクレジットカード必須
  • 家族割やauスマートバリューなどの割引の対象外
  • キャリアメールを使えない
  • 端末セットの販売がない

 

UQモバイルのデメリット

  • 他の格安SIMよりやや月額料金が高い
  • 端末セットはあるが、ラインナップが少ない
  • オンラインから新規契約の場合は支払方法がクレジットカードのみ

povoはコスト削減のため、取り扱いがオンラインのみです。電話や店舗でのサポートが受けられないので、初心者にはハードルが高いと言えます。

auの料金プランなのですが、家族割などの割引やauのキャリアメールを使えない点にも注意が必要です。

UQモバイルは他の格安SIMと比べるとやや月額料金が高いというデメリットがあります。最近では格安SIMも料金プランの刷新が続き、3GBで1,000円を切るところも多いです。

povoと違い端末を購入できますが、ラインナップがエントリーモデル中心なので気をつけましょう。

3.povoとUQモバイルはどっちを選べばいい?

結局、どっちを選べばいいんですか?

目的によって変わるから、はっきりは選べないの。それぞれおすすめな人をまとめたから、確認してちょうだい。

povoがおすすめな人

以下に当てはまるなら、povoがおすすめです。

  • 毎月のデータ通信量が3GB以上20GB以下
  • 困ったことは自分で解決できる
  • キャリアメールが不要な

まず、毎月のデータ通信量が3GB以上20GB以下ならpovoがおすすめです。UQモバイルの15GBと同じ料金で20GBのデータ通信を使えます。

コスパ重視ならpovoを選びましょう。ただし、povoはオンラインのみの取り扱いで、手厚いサポートが受けられません。

逆に言えば、スマホに慣れており困ったことを自分で解決できる人なら問題ないでしょう。

povoではキャリアメールが使えませんが、最近ではLINEの普及などでメール自体不要な人も増えています。

オンラインだけの取り扱いやキャリアメールが使えないといったデメリットが気にならないならpovoがおすすめです。

povo公式サイトへ

UQモバイルがおすすめな人

以下に当てはまるなら、UQモバイルがおすすめです。

  • 毎月のデータ通信量が3GB以下
  • 対面サポートを受けたい
  • 端末セットで契約したい

毎月のデータ通信量が3GB以下ならUQモバイルがおすすめです。povoは20GBプランしかありません。

毎月3GB以下の人が20GBプランを契約するのはもったいないでしょう。UQモバイルなら、3GB月額1,628円で済みますよ。

また、店舗サポートがあるのもpovoとの大きな違いです。全国にUQスポットがあるほか、auショップでの取り扱いも増えています。

回線と同時に端末を購入したい場合も、UQモバイルを選びましょう。

\WEB限定!1万円キャッシュバック/

UQモバイル公式サイトへ

4.まとめ

povoとUQモバイルはいくつか違いがありますが、とくに大きな違いは料金プランと店舗での取り扱いの有無の2つです。

料金プランに関しては2,728円で20GBを使えるpovoのほうがコスパは良いと言えます。反対に、毎月のデータ通信量が3GB以下のライトユーザーはUQモバイルを選びましょう。

3GBプランを選べばpovoより月額で1,100円安くなります。

また、UQモバイルは店舗での取り扱いがあります。サポートを重視する人にもUQモバイルはおすすめです。

\5G対応!3GB990円~

【2021年】スマホ代を劇的に下げるなら?

安さ重視→楽天モバイル

公式サイトへ

 

1GB以内なら0円、20GBでも全携帯会社で最安の2178円に。さらにRakuten Linkで通話料はどこにかけても無料です。

今なら誰でも5000ポイント還元&3ヵ月無料キャンペーン中。ポイント還元で実質0円の端末もあり。iPhoneは最安値で購入できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
0円~ 0円 あり

品質重視→LINEMO

公式サイトへ
LINEMO

ソフトバンク回線をそのまま利用するLINEMOは通信品質が良好です。料金は、3GB 990円と20GB 2728円の2種類のみ。

LINEアプリはデータ消費なしで使い放題。キャリア品質なのに格安SIMより割安です。通話重視なら、無制限かけ放題を利用できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
990円~ 0円 なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。