【2019年】Y!mobile(ワイモバイル)のおすすめ機種を辛口比較

ワイモバイルの機種

Y!mobile(ワイモバイル)ではどんな機種が購入できるの・・・?

この記事では、Y!mobileで購入できる人気機種を厳選。機種ごとに、良い点・悪い点を挙げています。

そのため、自分にぴったりの機種選びができますよ。

また、Android・iPhone別に、品揃えの状況についても解説。Y!mobileは他社とは、ちょっと事情が違うので、ぜひ目を通して下さいね。

1.はじめに:Y!mobileでは、どんな機種を購入できるのか?

Y!mobileではどんな機種が販売されていますか?

メインはiPhoneね。実際、Y!mobileの端末セットはほとんどiPhoneが売れているそうよ。
Androidはどうですか?

Y!mobileが自社で手がけるAndroid Oneシリーズが中心ね。

1-1.Androidは品揃えがイマイチ(Android Oneは豊富)

まず、Y!mobileで購入できるAndroidですが、自前の「Android Oneシリーズ」がメインとなります(Y!mobileの専売端末)。

Android Oneはミドルスペックなので、使い勝手はまずまず。ただし、人気は微妙なところです。

少し前にCMで宣伝していましたが、最近では全然見かけなくなりました。

なお、Y!mobileは、以前SIMフリースマホの代名詞とも言えるHUAWEIとZenFoneシリーズを発売していました。

しかし現在では、Android Oneを押したいのかほとんど取り扱いが無くなっています。

ZenFoneシリーズにいたっては執筆時点で0。以前は、積極的に取り扱っていたのですが。日本製スマホで人気のAQUOSシリーズもありません。

1-2.目玉は激安iPhone、タダ同然の安さに

Y!mobileで人気の機種はiPhoneに偏ります。すべての格安SIMの中で、最も安くiPhoneを購入できるのがY!mobileです。

参考:iPhoneをセット購入できる格安SIM

少し古いiPhoneなら頭金540円のみで、端末代金が無料となります(回線契約は必要です)。

セールの時期は、新しいiPhoneも大幅割引されます。

Y!mobileのiPhoneは2年型落ち(他の格安SIMも同じ)

ちなみに、Y!mobileで購入できるiPhoneは最新版から2年型落ちのシリーズとなります。

執筆時点ではiPhone 7が最新です(大手キャリアはXS/XRが最新)。

型落ちの理由は不明ですが、Appleとの契約条件に盛り込まれているのでしょう。なお、Y!mobile以外の格安SIMでも、最新iPhoneは購入できないルールです。

「格安SIMの中では」と条件が付けば、Y!mobileが一番新しいiPhoneを購入できます。

2.プロが厳選!Y!mobileのおすすめ機種7選

どの機種を購入すべきか迷います・・。

OK、機種ごとに特徴を挙げていくから、参考にしてちょうだい。ランキング形式で紹介していくわね。

1位:iPhone 7【一番人気はやっぱコレ】

iPhone7

発売日 2016年9月
画面サイズ 4.7インチ
メモリ 2GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:700万画素
防水

Y!mobileで一番人気の「iPhone 7」。やや古い機種ですが、操作性はまったく問題なし。

見た目は超オシャレで、防水対応なのも嬉しいポイント(iPhone 7から防水対応になった)。

画面サイズは4インチ台とコンパクトで、女性の手にも馴染みます。カメラ性能は普通ですが、近年の新型iPhoneに比べると劣るので(特にインカメ)ご注意を。

ちなみに、iPhone 7を最も安く購入できる格安SIMはY!mobileとなっています。今なら全カラー在庫ありですよ。

良い点

  • 見た目が超オシャレ
  • 防水対応
  • 他社より安い

悪い点

  • ちょっと古い
  • スペックが普通

>>公式サイトでY!mobileのiPhoneを見る

2位:HUAWEI P20 lite【実質無料!Androidで一番おすすめ】

huawei p20 lite

発売日 2018年6月
画面サイズ 5.8インチ
メモリ 4GB
カメラ アウト:1600万+200画素
イン:1600万画素
防水

2018年に売れまくった「HUAWEI P20 lite」。Y!mobileで購入できるAndroidの中では一番おすすめです。

価格は頭金540円のみ(2年契約が必要)。端末代金はほぼ無料となっています。

Android Oneシリーズと比較してほしいのですが、HUAWEI P20 liteの方が断然安いにもかかわらずスペックは上です。

日本製独自のおサイフケータイ・ワンセグが使えないこと、防水に対応していないことに目をつむれば欠点は見当たりません。

インカメラの画質もよく、SNS映えする写真を撮りたい女子にもおすすめ。

HUAWEI P20 liteのメインカメラ3実際に写真を撮ってみた

メモリも4GBあるので(普通は2GB)、サクサクと動きます。

良い点

  • 端末価格がワンコイン
  • カメラがとても綺麗
  • アプリがサクサク動く

悪い点

  • 防水非対応
  • おサイフケータイ非対応

3位:iPhoneSE【購入するならラストチャンス】

iphonese

発売日 2016年3月
画面サイズ 4インチ
メモリ 2GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:120万画素
防水

すっぽりと手に収まるコンパクトサイズのスマホが欲しい方には、iPhoneSEがおすすめです。iPhoneSEは、もうY!mobileでしか手に入りません(他社はすべて販売終了)。

既にAppleで生産終了しているので、Y!mobileで売り切れたらiPhone SEの販売は全携帯会社で終わりです。

iPhone SEは、4インチと小さな液晶画面ながら最新のRetinaディスプレイを搭載。

iPhoneSEに標準搭載されている「iOSに移行」アプリを使えば、Androidからの乗り換えも簡単です。

良い点

  • コンパクトサイズで使いやすい
  • 購入はラストチャンス

悪い点

  • 在庫が切れたら販売終了
  • インカメの性能が酷い

4位:iPhone6s【iPhoneなのに、ほぼ無料】

iPhone6s

発売日 2015年9月
画面サイズ 6インチ
メモリ 2GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:500万画素
防水

未だに売れ続けるiPhone6s。Y!mobileでは、グレー、シルバー、ゴールド、ピンクと全種類のカラーを選択できます(容量は32/128GB)。

iPhone6sはスペックだけを見ると微妙なのですが、とにかく安く購入できるのが最大の魅力です。

価格はまさかの540円(2年契約が条件)。ワンコインでiPhoneを購入できてしまいます。

なお、iPhone 6sは古い機種ですが、iOS対応アプリは普通に使用可能。3Dゲームの起動もOKです(ApplePayも対応)。

良い点

  • タダ同然の安さ
  • 全カラー選択できる

悪い点

  • かなり古い
  • iPhoneの中では低スペック

5位:Android One S5【コスパよし、Android Oneの中では一番】

android one s5

発売日 2019年2月
画面サイズ 5.5インチ
メモリ 3GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:800万画素
防水

シャープが提供するAndroid One S5はコスパに優れた機種です。Android Oneシリーズの中では最もおすすめできます。

シャープらしくディスプレイが高性能で綺麗です(フルHD)。ちょうど手にフィットする5.5インチなのもいい感じですね。

スペックはご覧の通り、可もなく不可もなく。ここが凄いといえる点はありませんが、逆にこれといった弱点もありません。

2年契約なら実質負担額は1万円程度となります。お買い得です。

良い点

  • これといった弱点が無い
  • コスパがいい
  • 防水性能あり

悪い点

  • 特徴が無い
  • カメラ画質が微妙

6位:Android One X5【ハイスペ&日本製を求めるなら】

Android One X5

発売日 2018年12月
画面サイズ 6.1インチ
メモリ 4GB
カメラ アウト:1600万画素
イン:800万画素
防水

Android Oneシリーズの中で、最も高いスペックを誇る(2019年4月時点)Android One X5。

流行りのAIカメラ搭載で画質もまずまず。液晶技術で有名なLG製なだけあり、画面はとても綺麗です。前面カメラ部分が切り抜きのノッチスタイルもオシャレですね。

防水性でおサイフケータイあり。OSは最新のAndroid 9を積んでいます。

デメリットは端末価格が高いこと。月額割引(2年契約で毎月割)を考慮すれば、月々およそ2000円×24回払いですが、スペックの割には高いですね。

あと、前回のX4とあまり変わっていない点も微妙なポイントです。

良い点

  • カメラ・液晶画面が綺麗
  • ハイスペック

悪い点

  • 前作とあまり変わらない
  • 値段が高い

番外:かんたんスマホ【60歳以上は1択!通話し放題に】

かんたんスマホ

発売日 2018年8月
画面サイズ 5インチ
メモリ 3GB
カメラ アウト:1300万画素
イン:500万画素
防水

かんたんスマホを選ぶべきは、ずばり60歳以上の方。なぜなら、通話料が時間無制限で無料となるからです(スーパーだれとでも定額)。

両親へのプレゼントとして購入する方が多い機種です。

特徴は文字通りかんたんに操作できること、そしてサポートが付いている点です。通知が来たら音だけでなく光でも知らせてくれるため耳が遠い方でも安心。

また、分からないことがあればサポートボタンをタップすれば専門スタッフが電話対応してくれます(サポート料金は無料)。

その他、耐衝撃にも強いため、端末を落としても簡単には壊れません。日本製の端末なので、マニュアルも分かりやすいです。

良い点

  • 60歳以上は無制限かけ放題付き
  • 操作がかんたん
  • 無料の電話サポートあり

悪い点

  • オシャレさにかける
  • スペックが普通

3.端末セットの契約はワイモバイルオンラインストアで(分割もOK)

機種が決まったら、あとは契約ですね。

ワイモバイルオンラインストアなら、在庫も豊富だし契約も簡単よ。

Y!mobileで端末を購入する場合は、SIMカードとセット契約を行います。

契約先は、確実に在庫が揃っているワイモバイルオンラインストアがおすすめ。自宅にいながら10分で契約できます。

ワイモバイルオンラインストアにアクセスしたら、好きな機種を選びましょう。

分割払い

あとは、画面にそって希望の料金プラン(初心者はプランSがオススメ)を選ぶだけ。端末代金&プラン料金の支払いイメージも確認できますよ。

なお、端末代金の支払いは、

  • 一括払い
  • 24回払い

から選択できます。

ここで高い!と思われた方はご安心を。Y!mobileでは2年契約を条件に端末代金が大幅に安くなります(自動で割引)。

iPhone6sが0円iPhone 6sを購入する場合

月額料金と書かれている箇所が、端末代金の割引です。上記の例だと、端末代金がそのまま割引されています(実質0円)。

4.【まとめ】Y!mobileでお気に入りの機種を見つけよう

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)でおすすめの機種について詳しく解説してきました。

Y!mobileでおすすめなのは、断然iPhoneシリーズです。他社より圧倒的に安くiPhoneを購入できます。

Androidは品揃えが微妙です。もし気に入った機種がなければ「こちらの記事」を参考に他の格安SIMでの契約を視野に入れましょう。

>>もう一度、Y!mobileでおすすめの機種を見る

朗報:今なら最大15555円分のPayPayポイントが貰えます(終了未定)

オンライン限定で特設キャンペーンページから申込むとPayPayポイントが最大15555ポイント貰えます。

通常申し込みなら10000ポイント(プランSは5000ポイント)。5の付く日に申し込めば追加で5555ポイント付与されます(WEB限定)。

>>PayPayポイントが貰えるキャンペーンページへ


※朗報2:SIMカード単体契約で最大14400円の割引に(終了未定)

ソフトバンク以外の携帯会社からSIMカード単体契約(手持ちの端末を使う)でY!mobileへ乗り換えると、最大14400円が自動的に特別割引となります(WEB限定)。

特別割引
  • スマホプランM/L:14400円(600円×24ヶ月)
  • スマホプランS:9600円(400円×24ヶ月)

>>最大14400円割引の公式シークレットページへ