楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

【2020年】アプリ不要のかけ放題が使える格安SIM

アプリ不要のかけ放題が使える格安SIM

この記事のポイント

  • アプリ不要でかけ放題が使えるのはワイモバイルUQモバイルの2社のみ
  • 毎月の通話時間が約20分を超えれば、かけ放題オプションを付けたほうがお得

「通話アプリを立ち上げずに、かけ放題を使いたい・・」

格安SIMのかけ放題は、ほとんどが通話アプリ経由の発信が必須です。通話料を安くできるのはありがたいのですが、毎回アプリを立ち上げるのは面倒ですよね。

実は、数は限られますがアプリ不要(プレフィックスなし)でかけ放題が使える格安SIMがあります。

格安SIMに乗り換えたいけどアプリ不要のかけ放題にこだわる!といった方は、ぜひ参考にして下さい。

1.アプリ不要のかけ放題が使える格安SIM

かけ放題を使うのに、わざわざ通話アプリを立ち上げるのは面倒すぎます。

だったら、ワイモバイルかUQモバイルを使うべきよ。

アプリ不要でかけ放題が使える格安SIMは、

  • ワイモバイル
  • UQモバイル

の2社です。詳しい内容を見ていきましょう。

TOPIC
mineoの通話定額もアプリ不要だが、オプション料金が割高なのでおすすめしない

①ワイモバイル

おすすめな人
  • 最高速度の格安SIMを求める
  • 通話料を0円に抑えたい
  • iPhoneセットで乗り換えたい

かけ放題オプション

  • 10分かけ放題:プラン込
  • 無制限かけ放題:1000円/月

ワイモバイルの料金プランには、オプション扱いではなく10分かけ放題が付いています。プランSなら月額1980円で、通話料まで収まります。

+1000円で時間無制限のかけ放題も利用OKです。

また、自社回線を使うワイモバイルは、他社との回線混雑がないため圧倒的な通信速度を誇ります。

平均速度は40~60Mbps。格安SIMながら、大手キャリアと変わらない速さです。

スマホベーシックプラン

プランS プランM プランR
月額料金
2680円 3680円 4680円
月額料金
(6ヶ月新規割)
1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
データ容量
(1年増量)
4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題
月額料金 解約金 オンライン契約
1980円〜 0円
回線 支払い キャンペーン
自社
ソフトバンク
クレジットカード あり
メリット デメリット
・通信速度がトップ
・10分かけ放題付き
・iPhoneセット販売あり
・全国に店舗あり
・データ繰り越し不可
・Androidの種類が少ない

CHECK!

ワイモバイルの公式サイトへ 

②UQモバイル

おすすめな人
  • 速度の安定感が大事
  • 口座振替で契約したい
  • 人気の格安SIMを選びたい

かけ放題オプション

  • 10分かけ放題:700円/月
  • 通話パック(60分):500円/月
  • 無制限かけ放題:1700円/月

UQモバイルは、アプリ経由なしの10分かけ放題を月額700円で利用できます。

10分かけ放題の他に、最大60分の通話パック(月額500円)もあり。通話頻度は少ないけど長電話するなら、通話パックを検討してもいいでしょう。

トップクラスの通信速度を誇るUQモバイルは、他社では1Mbps程度まで落ちるお昼の時間帯でも10Mbps以上の速度が出ます。

格安SIMで対応の少ない口座振替も利用OK。端末代金の支払いで口座振替に対応しているのは、UQモバイルだけです。

スマホプラン

S M L
月額料金 1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
月額料金 解約金 オンライン契約
1980円〜 0円
回線 支払い キャンペーン
au クレジットカード
口座振替
あり
メリット デメリット
・速度が安定している
・口座振替に対応
・家族割あり
・キャッシュバックあり
・やや価格が高い
・au回線のみ

CHECK!

UQモバイルの公式サイトへ

2.その他の格安SIMは通話アプリ経由のかけ放題

その他の格安SIMは通話アプリ経由のかけ放題になりますか?

ええ、そうよ。アプリを立ち上げる手間がかかるわ。

ワイモバイルとUQモバイル以外の格安SIMは、すべて通話アプリを経由したかけ放題です。

格安SIMのかけ放題

オプション料金
(10分かけ放題)
通話アプリ
Y!mobile プラン込 なし
UQモバイル 700円 なし
OCNモバイル
ONE
850円 OCNでんわ
楽天モバイル プラン込 Rakuten Link
LINEモバイル 880円 いつでも電話
mineo 850円 mineoでんわ
IIJmio 830円 みおふぉんダイアル
BIGLOBE
モバイル
830円 BIGLOBEでんわ
イオンモバイル 850円 イオンでんわ

通話アプリ経由だと、発信の際にアプリを立ち上げる(あるいはプレフィックス番号を頭につける)必要があるため、使い勝手に劣ります。

緊急電話(110番・119番)・フリーダイヤル(0120)・ナビダイヤル(0570)に非対応なのも難点。通話品質も、中継会社を通すためこもった声になりがちです。

対して、ワイモバイルとUQモバイルなら、音声回線でかけ放題OK。通話品質は、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)とまったく変わりません。

MEMO
ワイモバイルとUQモバイルは、大手キャリアのサブブランド(それぞれソフトバンク・au)なので、アプリ不要のかけ放題が使える恩恵を受けている

3.かけ放題の加入が得する通話時間の分岐点

そもそも、かけ放題に加入すべきでしょうか?

ざっくり、通話時間が毎月20分を超えているなら入るべきね。

まず、携帯会社の通話料は30秒あたり20円で共通です。この金額を基準に、かけ放題に入るべきか損益分岐点を算出してみました。

かけ放題に加入すべき基準

通話時間の損益分岐点
ワイモバイル UQモバイル
10分かけ放題 ※プラン込み 18分以上
無制限かけ放題 25分以上 43分以上

例えば、ワイモバイルに契約するなら、毎月の通話時間が25分を超えるなら無制限かけ放題(スーパーだれとでも定額)への加入がおすすめです。

UQモバイルは通話時間の25分を超えるなら、かけ放題オプションに加入しましょう。

POINT
「通話時間の平均が20分を超えていれば、かけ放題に加入」と簡単に考えてもOK

4.まとめ

アプリ不要でかけ放題を使いたいなら、ワイモバイルUQモバイルの2択です。その他の格安SIMは、通話アプリ経由の発信となります。

かけ放題に入るべきかは、毎月の通話時間によって変わります。おおよそ20分を超えるなら、加入したほうがいいでしょう。

無制限かけ放題が使える格安SIM無制限かけ放題が使える格安SIM【選び方も分かる】

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る