【不倫はやめとけ】既婚者でも登録できるおすすめマッチングアプリ(出会い系)

既婚者におすすめのマッチングアプリ

「既婚者はマッチングアプリを使えないの・・?」

通常、婚活・恋活アプリは既婚者の登録が禁止されています。運営者としても白昼堂々不倫されてはサービスのブランディングが既存しますからね・・。

しかし世の中には、既婚者OKのマッチングアプリがあります。しかも、アングラではなく超大手のサービスを利用可能です。

この記事では、既婚者でも正式に登録できるマッチングアプリをご紹介していきます。

結論から言うと、既婚者向けのマッチングアプリはイククルが一番おすすめです。

 

イククルは会員数1,500万人を突破しており、既婚者のアクティブ率も異常に高いです。

 

イククル

イククルは既婚者の正式登録OK

 

2022年8月現在、既婚者が最も出会えるマッチングアプリとなっています。

 

\今なら800円分無料

OUTLINE -読みたい項目をタップ-

失敗しない!既婚者がマッチングアプリを選ぶ方法

  • 独身限定のマッチングアプリは使わない
  • 堂々と既婚者OKのマッチングアプリを使う
  • 男性は完全無料のアプリを避ける
  • 料金だけでなく会員数と実績を見る

独身限定のマッチングアプリは使わない

まず大前提として既婚者NGのマッチングアプリは使わないようにしましょう。以下、代表的な既婚者NGのマッチングアプリです。

既婚者の登録NG

  • ペアーズ
  • マッチ
  • with
  • マリッシュ
  • omiai
  • ゼクシィ縁結び
  • Yahoo!パートナー

上記のマッチングアプリに既婚者の人は登録できません。これらのマッチングアプリで既婚者であることがバレるとアカウント停止になるのでご注意を。

隠れて使っている人がいるのも事実ですが、規約違反ですし何より相手に失礼なので絶対に登録してはいけません。

使用すべきは既婚者が正式に登録できるマッチングアプリです。

堂々と既婚者OKのマッチングアプリを使う

既婚者OKのマッチングアプリは、全員が既婚者というわけではなく既婚・未婚の両方の人が楽しめるサービスとなっています(一部、既婚者のみのサービスもあり)。

自分が既婚でも相手は未婚がいい・・といった人も登録できるためご安心を。プロフィール入力欄に未婚・既婚の選択があり、既婚を隠す必要はありません。

独身・既婚選択

既婚の選択欄あり

既婚者登録できるマッチングアプリは、しょぼいのでは?との心配も不要です。イククルのような1,500万人が利用する大手マッチングアプリでも既婚者が利用できます。

男性は完全無料のアプリを避ける

女性は登録無料のマッチングアプリを利用して構いませんが、男性はおすすめしません。男性が無料で利用できるマッチングアプリは、出会える可能性が非常に低いです。

男性無料のマッチングアプリは下品なエロ広告が満載なのが特徴的。理由は、利用料が0円の代わりに広告費で儲けようとしているからです。

それでも出会えるのならいいのでは?と考えてしまいますが、そもそもこのような下品なエロアプリに女性は登録しません。

また、女性にとっても無料アプリに登録する男性は質が低いので相手にしない方がいいです。アプリ内はサクラか業者しかいないので、男性の完全無料アプリは使わないようにしましょう。

完全無料は甘美な響きですが、実際はユーザーの質が低すぎて非常に危険です。

脅しまがいの文面を送られたり、そもそも運営元がインターネット異性紹介事業の届け出を行っていないことも。情報漏洩のセキュリティリスクも付きまといます。

失うものがない若者なら大丈夫ですが、既婚者の方にはリスクが大きすぎるので無料アプリは使ってはいけません。

料金だけでなく会員数と実績を見る

料金が安いマッチングアプリを選ぶことは大事ですが、それ以上に本当に出会えるかサービスの質を重視しましょう。特に、確認したいのが会員数です。

当然ながら会員数が多ければ、マッチング率は高まります。また、必須ではありませんができれば運営歴の長い老舗アプリがいいでしょう。

豊富な実績は信頼の裏返しとも言えるからです。

既婚者向けマッチングアプリの特徴とは?

顔写真をオープンにしなくてOK

既婚者OKのマッチングアプリは、身バレを防ぐ機能が充実しておりオープンな顔写真の登録が必須ではありません。

既婚者NGのマッチングアプリは、はっきりとわかる顔写真が必須の場合が多いので大きな違いです。もちろん、相手と会う前はメッセージなどで顔写真を交換できます。

月額制よりポイント制が基本

既婚者OKのマッチングアプリは月額制ではなく従量課金のポイント制であることが多いです。

ポイント制だからお金がどんどん無くなりそう、との心配も無用。ざっくりですが、月4000円くらいで理想の相手と出会えます。

女性はほとんどのケースで完全無料です。

支払いイメージ

掲示板に投稿 10ポイント
(100円)
女性の掲示板・プロフィールを見る 2ポイント
(20円)
女性の画像を見る 6ポイント
(60円)
女性にメール送信 10ポイント
(100円)
メールを見る 2ポイント
(20円)
送信メールの既読チェック 25ポイント
(250円)
足跡履歴の削除 2ポイント
(20円)

※1ポイント10円換算
※華の会メールの料金表を参照

ポイント制のマッチングアプリは、本気の恋愛ではなく遊び目的のユーザーも非常に多いです。自分だけでなく相手も既婚者がいい、といった場合でも狙い撃ちできます。

なお、数は少ないですが月額制の既婚者向けマッチングアプリも一部で利用できます。

\今なら800円分無料

既婚者におすすめのマッチングアプリ8選

既婚者向けのマッチングアプリって、何がありますか?

たくさんあるけどアプリの信頼性や規模で厳選したら、かなり絞られるわよ。

既婚者がマッチングアプリ(出会い系)を使うなら、以下のサービスがおすすめです。いずれも既婚であることを隠さずに登録できます。

おすすめマッチングアプリ

料金(男性) 年齢層 ユーザー数
イククル
※おすすめ
10円~ 20代~50代 1500万人
ハッピーメール 10円~ 20代~50代 3000万人
カドル 3,980円~/月 30代~40代 8,000人
華の会メール 20円~ 40代~50代 非公開
既婚者クラブ 6578円/月 30代~50代 5万人
アフタヌーン 9800円/月 30代~50代 非公開
ワクワクメール 10円~ 20代~30代 900万人
Jメール 10円~ 20代~30代 600万人
MEMO
女性の料金は基本無料

既婚者が最も出会える最強アプリ「イククル」

イククル

1500万人が登録するイククルは、アクティブな会員数が多くて今最も出会いやすいマッチングアプリです。

都心だけでなく地方に住んでいる方も多数利用しており、既婚者同士の出会い率も高くなっています。掲示板の書き込みは毎日25000件超え。

しかもマッチングせずに直接メッセージできるので即日出会う事が出来ます。更にイククルは積極的な女の子が多く顔写真を登録しなくても反応がいいので身元がバレる心配がありません。

既婚者の登録も可能で、既婚者同士で出会うのもOKです。年齢層が非常に幅広く、20代前半の学生から40代~50代の大人まで登録しています。

会話に詰まりそうなら趣味検索で気の合う人を見つけることも可能。女性の返信率が非常に高いため、男性なら必ず登録しておきたいアプリです。

【一番おすすめの理由はバレないから】

イククルでは、写真を登録せず匿名で利用できるためバレるリスクがありません。また、既婚者として登録できるので相手も大人の関係とわかっています。あとからトラブルになるケースもなく、安全に出会う事が可能です。

料金 年齢層 ユーザー数
男性:10円~
女性:無料
20代~50代 1500万人

イククルは既婚者の出会いに関する体験談が豊富

イククルは既婚者の出会いの場として、他のサービスよりけた違いに多い口コミがあります。こちら、Twitterの口コミを一部抜粋してみました。

いずれも一般ユーザーの口コミです。出会えないといった悪評が非常に少なく、満足度の高さが伺えます。

\今なら800円分無料

会員数3,000万人突破の遊び目的アプリ「ハッピーメール」

ハッピーメール

ハッピーメールは、国内最大級のマッチングアプリです。登録者数はなんと3,000万人超え、交際ステータスで既婚者を選ぶことが可能です。

サクラやキャッシュバッカーの存在は0ではありませんが、非常に少ないのが特徴的。

近年は、元AKBの野呂佳代さんやCanCamモデルのほのかさんを広告塔としており、以前よりクリーンなイメージとなっています。

年齢層は20代~30代が中心で18~19歳も多数登録しています。35年以上続く老舗中の老舗なので安心感あり。

既婚者が遊び相手を探すなら、最強レベルのマッチングアプリです。

料金 年齢層 ユーザー数
男性:10円~
女性:無料
20代~50代 3000万人

ハッピーメールも体験談が多いマッチングアプリ

イククルに続いて、ハッピーメールも一般ユーザーの体験談が多いマッチングアプリです。

口コミから十分に期待できるハッピーメールですが、イククルほど理想の人に出会えたとの声は無かったです。

全体の登録人数は多いのですが未婚者を求めるユーザーが大半だからと予想されます。利用するなら、イククルのサブとして使うといいでしょう。

ハッピーメールに登録する 

既婚者だけが登録できる期待の新サービス「カドル」

カドル

カドルは2022年にリリースされた新しいマッチングアプリです。特徴は、未婚者は登録NGで全員が既婚者であること。

パートナーからバレにくいように、アプリではなくWEBサイトでやり取りできるのが特徴的です。会員数はまだ多くはありませんが、リリースから数カ月で8,000人を突破。

既婚者専用のマッチングアプリとしては異例のスピードで成長しています。マッチング機能では、子供の有無や会える時間帯などの指定が可能。

既婚者が使いやすいよう機能が最適化されています。なお、カドルの料金設定は月額制(男性が有料)です。

1か月プランは9,980円となっており、12か月プランならひと月あたり3,980円の高コスパとなります。

まずは1カ月だけ使ってみて、気に入ったら長期プランにアップグレードするといいでしょう。

40代以上の大人が主役「華の会メール」

華の会メール

規模感としてはイククルやハッピーメールには劣りますが、華の会メールが上位でおすすめなのは30歳以上の大人にターゲットを絞っているから。

40代以上の中高年が多数登録しており、若者向けのマッチングアプリはちょっと・・という方にはピッタリです。既婚者でも正式登録OKとなっています。

注意点としてアプリのリリースはなく、ウェブ版のみ登録できます。使い勝手は悪いですが、アプリより断然バレにくいのがメリット。

SNSのアカウントでも登録可能です。

料金 年齢層 ユーザー数
男性:20円~
女性:無料
40代~50代 非公開

華の会メールに登録する 

華の会メールの評判・口コミ華の会メールは怪しい?誘導される?評判・口コミを完全評価

既婚者専用の有名マッチングアプリ「既婚者クラブ」

既婚者クラブ

既婚者限定のマッチングサービスでは国内最大規模を誇る既婚者クラブ。累計マッチング数(既婚者のみ)は、なんと90万組を突破しています。

その名の通り既婚者のために作られたサービスで、スマホを見られてもバレないようあえてアプリではなくWEBサイトからのみ利用する徹底ぶり。

会員数は5万人を超えており、女性は会費無料です。プロフィール写真は自動的にぼかし加工となる仕組みで、プライバシーの保護にも余念がありません。

24時間体制のサポートも高ポイントです。

料金 年齢層 ユーザー数
男性:6578円(月額)
女性:無料
30代~50代 5万人

友達作りが目的なら利用価値あり「アフタヌーン」

アフタヌーン

既婚者の友達作りを目的としたマッチングアプリ「アフタヌーン」。完全に既婚者限定となっており、独身だと登録できないのが特徴的です。

夫婦生活とは別のセカンドパートナーを作ることを目的としており、趣味の合う相手を見つけられます。遊び相手を探すのではなく、真面目に友達作りをしたい方にピッタリです。

相手によって写真を公開するかどうか限定できる機能もあり。実績としては10万人以上がマッチングしています。利用料金は高めですが、上質な出会いを求める方にはおすすめです。

料金 年齢層 ユーザー数
男性:9800円(月額)
女性:無料
30代~50代 非公開

運営歴20年以上の安心感あり「ワクワクメール」

ワクワクメール

遊び目的のマッチングアプリでは、業界トップクラスに有名なワクワクメール。既婚者の正式登録が可能です。

ユーザー数は900万人を突破しており、高確率で理想の相手が見つかります。公式ページでは登録前にお試し検索が可能で、どんな相手がいるのか事前に覗き見チェックできますよ。

年齢層は幅広く、20代はもちろん30代から40代の方も多数います。既婚者からの人気は非常に高いです。

20年以上の運営歴があり、安全性もばっちり。イククルやハッピーメールのサブとして利用するのがおすすめです。

料金 年齢層 ユーザー数
男性:10円~
女性:無料
20代~30代 900万人

他のアプリに飽きたら併用して使いたい「Jメール」

Jメール

20年以上の運営歴&600万人が登録するJメール。業界トップではありませんが、上位クラスの人気を誇ります。

身バレ防止や安全性など、他の大手マッチングアプリと同様に問題点はなし。足跡を残さず検索したり、自分のプロフを検索結果から消したりできます。

既婚者同士が出会える掲示板があるのがメリット。他のマッチングアプリが飽きた時に使いたいアプリです。

料金 年齢層 ユーザー数
男性:10円~
女性:無料
20代~30代 600万人

結婚後の友達を探す定番サービス「Sepa(セパ)」

セパ

Sepa(セパ)は結婚後の友達を探すためサービスです。アプリではなくWEBサイト型のサービスとなっています。

今すぐ会いたい機能を使えば、面倒な日程調整のやり取りもカットOK。セキュリティ面もしっかりしており安心感があります。

ただし、2022年8月時点では、セパはおすすめしません。理由は女性の会員数が少なすぎる(500人程度)ことに加えて、アクティブ率も微妙なところ。

広告もほとんど見かけることがなく、今後ユーザーが増える見込みは少ないでしょう。

年代別で選ぶ!既婚者向けのマッチングアプリ

20代~30代

20代から30代の人は、以下のマッチングアプリがおすすめです。

とりあえず、イククルとハッピーメールを使えば、相手が見つからないことはまずありません。2つのマッチングアプリ合わせてユーザー数は、4,500万人を超えるからです。

また、イククルとハッピーメールは10代から50代まで幅広い年代が登録しています。男性なら熟女や若妻と出会いたいといった欲求が満たせますし、女性も年上・年下のいずれも選べます。

40代

40代の人は、以下のマッチングアプリがおすすめです。

40代は、既婚者の登録が非常に多い年代となります。やはり外せないのはイククルでしょう。

イククルでは、出会いを求める40代の既婚者が多く登録しています。もちろん、自分は40代だけど相手は20代や30代が良いといった人でも問題ありません。

そのほか、予算に余裕があるならカドルの併用もおすすめです。男性は月額3,980円~9,980円かかりますが、投資に見合う上質な相手を探せます。

登録者数は多くはありませんが、全員が既婚者でありアクティブな40代が多いです。

50代

50代の人は、以下のマッチングアプリがおすすめです。

50代の人に最もおすすめできるのはイククルです。イククルは若いイメージがありますが、実際は40代から50代の人がたくさん登録しています。

実際に利用するかはおいておき、まずは無料でどんなユーザーがいるかチェックしてみるといいでしょう。また、中高年向けの出会い系サイトである華の会メールの併用もおすすめです。

こちらは、30代以下の人がほとんどいないのが特徴的。同年代の相手を探したい人にとっては、ピッタリなサービスとなっています。

2022年8月の1位!イククルの無料登録(1分以内)の手順

2022年8月現在、既婚者向けの最強マッチングアプリと言えるイククル。登録は無料となっており、課金しなくても相手の顔写真や投稿を好きなだけ閲覧できます。

面倒なプロフィール設定は、登録が済んでからで構いません。気に入らなければ、プロフ設定前に退会することも可能です。

以下、イククルの詳しい登録手順です。

STEP.1
イククルをダウンロードする

無料ではじめる

まずはアプリをダウンロードしましょう。

>ダウンロードはこちら

アクセス後「無料ではじめる」をタップしてください。

STEP.2
性別・ニックネーム・地域・年齢を選択する

会員登録

マッチングの精度を高めるためにも正確な情報を選択してください。こちらの入力から身元がバレる心配はありません。

STEP.3
気になるタイプの人を選ぶ

顔写真をスワイプして好きなタイプの写真を選びます。こちら、イククル内でのおすすめ表示の精度を上げるために行います。

STEP.4
プロフィール写真を設定する(スキップ可)

会員登録

プロフィール写真(正面の顔出しでなくてもOK)を設定します。写真はあとからでも設定できるため、スキップで飛ばしてしまっても構いません。

イククルの登録はこれで完了です。このあと、じっくりと相手の顔を確認できます。

STEP.5
プロフィールで既婚者設定を行う

交際ステータス

プロフィールはイククル登録後、好きなタイミングで編集できます。「交際ステータス」の項目にて「既婚者」を選びましょう。

何らかの事情で既婚者であることを隠したいなら、「秘密」を選んでください。

なぜ?人気マッチングアプリが既婚者だらけの理由

現在、人気のマッチングアプリが既婚者だらけと言われています。

既婚者OKのマッチングアプリなら問題ありませんが、NGであれば真面目に恋活・婚活したい人にとって既婚者は迷惑な存在でしかありません。

なぜマッチングアプリが既婚者だらけになってしまうかというと、

  • 不倫願望がある
  • 現在のパートナーに不満がある
  • セックスレスになっている
  • 単身赴任中で時間がある

のいずれかのパターンが多いです。独身の人にとってはなかなか許しがたい理由ばかりですが、既婚者なら共感することでしょう。

独身の人と比べて、既婚者は何らかの不満やストレスを抱えていることが多いです。不満のはけ口として、マッチングアプリが使われているのが現状となっています。

バレると慰謝料の危険あり!既婚者が絶対にバレないマッチングアプリの使い方

倫理的な範囲でプロフをカモフラージュする

プロフィールから知り合い伝いにパートナーにバレる可能性があります。そのため、できるだけプロフィールから身元割れしないよう工夫が必要です。

とはいえ、年齢など嘘はいけません。ですが、血液型くらいならカモフラージュとして情報を変えても大丈夫でしょう。

倫理的な範囲なら多少プロフィールを変えてしまっても問題ありません。少しでも知り合いにバレる可能性を防ぎましょう。

スマホの通知をオフにしておく

スマホの通知は必ずオフにしておきます。スマホのアプリ全体の通知をオフにするのは怪しいのでマッチングアプリのみ個別でオフ設定にしてください。

Android・iPhoneともに設定のアプリ一覧からオフにできます。

クレカ以外の支払い方法を検討する

クレジットカードは支払履歴が残るのでなるべく使わない方がいいです。面倒でもプリペイド式のiTunesカードなどがおすすめです。

プリペイド式のカードは、たいていどのコンビニでも購入可能です。

なお、クレジットカード明細はWEBで確認できないからと安心している人も要注意。 カード会社によっては郵送で明細を届くので、家族にバレるリスクがあります。

デートは人目に付かない場所を探す

デートはできるだけ人目が付かない場所を選びましょう。既婚者がデートをしている場面を目撃されると大変なことになります。

狙い目としては、人気の駅前やショッピングモールを外すことです。

理想は郊外の温泉地などですが、初めて会う場合はそこまで予算をかけられないと思いますので、個室のお店や個人経営のカフェが安全です。

なお、ホテルに入るときは一緒に入室せず別々に分かれた方がいいですよ。

なるべくLINEを使わない

既婚者がマッチングアプリを使用するとき、気を付けたいのがバレるリスクです。どんなにデートの場所を工夫しても、スマホの通知や検索履歴の対策を疎かにすればいずれバレます。

特に注意したい対処法は以下の3つ。

  • なるべくLINEで連絡を取らない
  • 通知設定をオフにする
  • サイト閲覧はシークレットモードを使う

まず、コミュニケーションツールとして便利なLINEですが、極力使用しない方がいいでしょう。LINEの画面を見るとき、バレまいと不自然な角度にしたりしてしまいます。

仕事用に見せかけるGmailなどのメールツールの方が安全です。

また、スマホの設定アプリから、マッチングアプリの通知をオフにすることも忘れずに。

アプリ型ではないWEBサイト系のマッチングサービスなら、検索履歴が残らないようGoogle Chromeのシークレットモードなどを利用するといいですよ。

\今なら800円分無料

まとめ

既婚者に不利とされるマッチングアプリですが、実際は登録可能なサービスがいくつかあります。

主にポイント制の老舗マッチングアプリ(旧出会い系サイト)で利用OK。既婚者の登録欄があります。

マッチングアプリを選ぶときは、メインとサブの2つくらいを登録しておくと安心です。知名度が高く、セキュリティもばっちりなサービスを選択しましょう。

会員数の多さも重要ですよ。不倫は人生を壊すのでほどほどに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。