WiMAXは地下鉄で使える?【繋がらないときの対処法あり】

WiMAXは地下鉄で使える?

この記事のポイント

  • WiMAXは主要な地下鉄ホームなら問題なく繋がるが走行中は途切れやすい
  • ハイスピードエリアモードに切り替えれば、走行中でも安定して繋がる
  • 地下鉄メインでポケットWi-Fiを使うなら、WiMAXよりクラウドWi-Fi系のサービスがおすすめ

「地下鉄をよく利用するけど、WiMAXは使えるの・・?」

WiMAXを利用する際に心配なのが地下鉄でも使えるのかどうか。地下鉄のホームにいる間や、走行中の電車に乗っている間は電波が届かず使えないイメージがあるかもしれません。

地下鉄のホームについてはWiMAX回線の整備が進んでおり、地上で使うのとほぼ同じ感覚でWiMAXを利用できます。走行中も使えますが、ホームと比べると繋がりにくいです。

地下鉄での利用が多い場合はハイスピードプラスエリアモードの利用や、LTE通信を利用するクラウドWiFiの活用も検討するといいですよ。

この記事では地下鉄でWiMAXを利用したい方に向けて、注意点や繋がらないときの対策について解説します。

1.WiMAXは地下鉄でも利用できる

地下鉄でWiMAXは使えますか?

主要な路線なら、ほとんど対応しているわ。

結論から言うと、WiMAXは地下鉄でも使えます。以前は地下鉄だとWiMAXの電波が入らず使えませんでした。

現在はWiMAX回線が整備され、全国各地の地下鉄でWiMAXを使えるようになっています。WiMAXが利用できる地下鉄は以下の通りです。

WiMAX対応の地下鉄(路線)
札幌市営地下鉄・仙台市地下鉄・小田急電鉄・京王電鉄・京成電鉄・京浜急行電鉄・埼玉高速鉄道・相模鉄道・新京成電鉄・西武鉄道・つくばエクスプレス・東急電鉄・東京メトロ・東京モノレール・東京臨海高速鉄道・東武鉄道・東葉高速鉄道・都営地下鉄・北総鉄道・横浜市営地下鉄・横浜高速鉄道・名古屋市営地下鉄・名古屋鉄道・大阪メトロ・北大阪急行・京都市営地下鉄・神戸市営地下鉄・京阪電気鉄道・近畿日本鉄道・山陽電気鉄道・泉北高速鉄道・阪神電車・阪急電鉄・福岡市地下鉄

首都圏や関西圏など、都市部については多くの鉄道でWiMAXが使えます。これなら、鉄道で通勤・通学をしている最中でもゲームの利用や動画視聴ができそうですね。

WiMAXの新規契約で
\3万円以上のキャッシュバック/
※さらに端末代0円(オプション加入不要)

2.走行中は繋がりにくい

ホームじゃなくて走行中に使いたいのですが・・

走行中は途切れやすいから、快適には使えないわね。

WiMAXは地下鉄でも利用できますが、走行中の電車内ではやや繋がりにくいです。

地下鉄のホームでは地上にいるときと変わらないくらい繋がります。通信速度も速いので、高画質な動画の再生や3Dゲームもなんなく利用可能です。

しかし、ホームを離れて走行中になると電波が入りにくくなります。電波が完全に遮断されて、圏外になることも多いです。

動画や音楽サービスを利用する場合はホームにいる間にダウンロードしておくとよいでしょう。

3.WiMAX回線が繋がらないときはLTE回線に切り替えられる

やっぱり地下鉄の走行中にWiMAXを快適に使うのは無理ですか?

LTE回線に切り替える、ハイスピードエリアモードにすれば繋がりがよくなるわよ。

もし地下鉄でWiMAX回線が繋がらなくても、LTE回線を利用して通信することが可能です。WiMAXでは「ハイスピードプラスエリアモード」というオプション機能が使えます。

ハイスピードプラスエリアモードをオンにすると、WiMAX回線に加えてau 4G LTE回線を利用した通信が可能です。

auのLTE通信は地下でも安定して受信できるため、走行中の地下鉄の中でも快適にインターネットが利用できます。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードには注意点も多いです。

注意
  • ルーターが対応していないと使えない(最新機種なら問題なし)
  • 別途LTEオプション料が必要
  • 1ヶ月に7GB以上利用すると翌月まで制限がかかる
  • LTE回線で制限にかかるとWiMAX回線も制限される

とくに注意しないといけないのが速度制限です。ハイスピードプラスエリアモードでLTE通信を月に7GB以上使うと、翌月まで速度制限がかかります。

この速度制限はLTE回線だけでなく、WiMAX回線も対象です。せっかく無制限に使えるWiMAXを契約したのに、月7GBしか使えなくなってしまいます。

しかも制限後の速度は128kbpsと非常に遅いです。この速度では動画視聴やゲームはもちろん、SNSやウェブサイト閲覧すらまともに利用できません。

ハイスピードプラスエリアモードを使う場合は、使いすぎに注意してください。

4.毎日地下鉄を使うならクラウドWiFiサービスがおすすめ

う〜ん、WiMAXのハイスピードエリアモードだと7GB制限があるから厳しいです。

だったら、WiMAXはやめてキャリア回線を使うクラウドWiFiがおすすめよ。

毎日地下鉄を使うなら、WiMAXよりもクラウドWiFiがおすすめです。

クラウドWiFiはドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアのLTE回線を利用します。WiMAXよりも対応エリアが広く、地下鉄でも問題なく利用が可能です。

クラウドWiFiは種類がたくさんありますが、とくにおすすめなのが以下の2つです。

おすすめサービス
  • MUGEN WiFi
  • 縛りなしWiFi

※おすすめ理由:大容量かつ利用料金が安い

MUGEN WiFi

MUGEN WiFiは格安料金で100GBのデータ容量を利用できます。

料金プラン(MUGEN格安プラン)

データ容量 100GB/月
月額料金 3,150円
事務手数料 3,000円
契約期間 2年(自動更新なし)
違約金 5,000~9,500円

月額料金は3,150円の定額料金で、途中で高くなることはありません。使用できるデータ容量は100GB/月です。

直近3日間の制限がないので、データ通信を思う存分使えます。MUGEN WiFiは最初の30日がお試し期間となっており、この期間の間は違約金なしで解約OK。

返却手数料1,000円+送料はかかりますが、お試し後に高額な違約金がかからないのはメリットです。

CHECK!

MUGEN WiFi公式サイトへ

縛りなしWiFi

契約縛りなしで使いたい人におすすめなのが縛りなしWiFiです。

料金プラン

縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
月額料金 3,000円(20GB)
3,250円(50GB)
3,300円(2GB/日)
2,600円(20GB)
2,750円(50GB)
2,800円(2GB/日)
事務手数料 3,000円
契約期間 なし 3年
違約金 なし 9,500~30,000円

最大の特徴は契約縛り・違約金が一切ない縛りなしプランです。最低1ヶ月利用すれば、以降は自由に解約できます。

50GB/月で3,250円、2GB/日(実質60GB/月)で3,300円と月額料金もリーズナブル。

契約縛りを気にしないなら縛っちゃうプランも検討しましょう。3年契約となりますが、月額料金は縛りなしプランよりさらに安くなります。

縛りなしWiFiにはWiMAXプランもありますが、WiMAXの対応エリア外だった人は使えないので間違えて選ばないように

CHECK!

縛りなしWiFiの公式サイトへ

5.まとめ

WiMAXは地下鉄でも使えます。国内の主要な地下鉄の駅ではWiMAX回線の整備が進んでおり、ホームにいる間の使い勝手は地上とほとんど変わりません。

ただし、走行中の電車内だと繋がりにくいです。トンネル走行中は圏外になることもあります。

地下鉄で繋がらなくなった時はハイスピードプラスエリアモードを使いましょう。auのLTE回線を利用するので地下鉄でも利用可能です。

ただし、7GB制限には十分に注意してください。

地下鉄で使うことが多い人はLTE回線を利用するクラウドWiFiもおすすめです。ホームにいる間も電車に乗っている間も、快適にインターネットを使えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。