【評判がひどい】ヤマダ電機のWiMAXを申し込んではいけない理由

ヤマダ電機のWiMAXはおすすめできない

この記事のポイント

  • ヤマダ電機のWiMAXは端末代金がかかるうえ実質料金が高い
  • ユーザーの評判も最悪で、特に解約させない罠がひどい
  • 一番お得にWiMAXを利用するならGMOとくとくBBを使うべき

「ヤマダ電機のWiMAXが気になるけど、契約していいか迷う・・」

ヤマダ電機ではWiMAXの契約が可能です。その日のうちにインターネットが使えますし、大手家電量販店なので安心感があります。

しかし、ヤマダ電機のWiMAXはおすすめではありません。キャンペーンが乏しく、実質料金が割高だからです。

この記事ではヤマダ電機のWiMAXがおすすめではない理由と他に選ぶべきプロバイダについて詳しく解説していきます。

1.ヤマダ電機のWiMAX(YAMADA Air Mobile)とは?【料金・解約条件】

ヤマダ電機のWiMAXって何か特徴はありますか?

独自の料金プランがあるけど、あまり目立った特徴はないわね。

大手家電量販店であるヤマダ電機では「YAMADA Air Mobile WiMAX(以下ヤマダ電機のWiMAX)」を提供しています。詳しい料金プランは以下の通りです(価格はすべて税抜き)。

料金プラン

プラン YAMADAギガ放題3年 YAMADAギガ放題2年
月額料金 3,880円 3,880円
LTEオプション料 無料 1,005円
契約期間 3年 2年
違約金 9,500円 1,000円

どちらも月間のデータ通信量が無制限のプランです。月額料金は同じですが、LTEオプション料・契約期間・違約金が異なります。

YAMADAギガ放題3年は契約期間が3年と長く、違約金も高額です。その代わりにau のLTE回線で通信ができるLTEオプションを無料で利用できます。

YAMADAギガ放題2年はLTEオプション料が有料です。LTE回線を利用する場合は月額料金が高くなりますが、契約期間が短く違約金も1,000円しかかかりません。

LTEオプション料を利用する人はYAMADAギガ放題3年を利用し、それ以外の人はYAMADAギガ放題2年を選ぶことになります。

ヤマダ電機のWiMAXは電話か店舗でしか解約できません。オンラインですぐに解約できないため、違約金がかからない更新月に解約する場合は早めに手続きをしてください。

2.ヤマダ電機のWiMAXをおすすめしない理由

ヤマダ電機のWiMAXに契約しようか考えています。

はっきり言って、辞めたほうがいいわよ。

実質料金が高い

ヤマダ電機のWiMAXがおすすめではない最大の理由は実質料金が高いことです。

ヤマダ電機は、キャンペーンをあまり実施しておらず端末代も有料です。どの端末を購入する場合も15,000円の端末代がかかります。

MEMO
実質料金とは月額料金や端末代に、キャッシュバックや月額料金割引といったキャンペーンを含めたトータルでかかる料金のこと

オンラインから申し込める他のWiMAXプロバイダは数万円単位のキャッシュバックや月額料金割引あり。端末代が無料になることも。

料金比較

  • ヤマダ電機のWiMAX:3880円+端末代金(15000円)
  • 最安プロバイダ:3790円のみ(端末代金0円)

WiMAX最安プロバイダはGMOとくとくBBです。高額キャッシュバックで実質料金が安いうえ端末代金がかかりません。

WiMAXはどのプロバイダでも通信速度や対応エリアは同じです。そのため、実質料金が安いプロバイダがお得なプロバイダと言えます。

キャンペーンの実施状況が不透明

ヤマダ電機のWiMAXは、キャンペーンの実施状況が不透明です。実際、本当にキャンペーンを実施していないか確認してみました。

ヤマダ電機 新橋店

ヤマダデンキ LABI新橋にて確認

WiMAXのスタッフに尋ねたところ、キャンペーンは実施していないとのこと。料金も確認しましたが、通常通り3880円です。

本体代金0円となっていましたが、こちらは端末アシストという名の分割払い(まったく得をしない)ですので、キャンペーンとは言えません。

ヤマダ電機のWiMAX価格

通常価格のみ記載(キャンペーンなし)

他店の状況は問い合わせないと分からないそうで、スタッフ自身もキャンペーンの有無を把握していない様子でした。

わざわざ足を運んで、お得ではない通常価格ならヤマダ電機を使う意味が薄れます。

オンライン契約ができない

ヤマダ電機のWiMAXはオンライン契約ができません。

契約できるのはヤマダ電機の店頭のみ。近くにヤマダ電機がない場合は契約ができません。

契約のためにお店に行くのは面倒ですし、混んでいると待ち時間も長くなります。

オンライン申し込み可能なWiMAXなら、自宅にいながら気軽に契約できます。もちろん、待ち時間もありません。

ヤマダポイントが対象外

ヤマダ電機のWiMAXは、ヤマダポイントの対象外です。ポイントは貯まりませんし、貯まっているヤマダポイントを支払いに充てることもできません。

家電量販店系のWiMAXではクレジットカード利用で月額割引されることがあります。

しかし、ヤマダ電機のヤマダLABIカードは、WiMAX契約に対して割引やポイントアップなどの特典はありません。

3.ヤマダ電機のWiMAXは評判・口コミがひどい

ユーザーの評判はどうですか?

はっきり言って最悪よ。

ヤマダ電機のWiMAXですが、少し調べただけでも酷評の嵐。普通は良い口コミ・悪い口コミに分かれるものですが、ヤマダ電機に限ってはひどい評判が際立って目立ちます。

スタッフの対応がひどい

解約できない

WiMAXがなかった

まず、スタッフの対応が厳しいとの声多数。恐らく、WiMAXのスタッフはヤマダ電機直属ではないため、教育が行き届いていないのではと思われます。

コールセンターも、折り返し電話がなかったりとひどい対応です。

また、印象を非常に悪くしているのが解約できない罠。必死に解約を回避しようと、これでもかと分かりにくい解約条件となっています。

実際に店舗まで行かないと解約手続きさせてくれないといった事例もあり、炎上してもおかしくない悪徳商法です。

そもそもWiMAXを置いていないヤマダ電機もあり。全体的に、評判・口コミはひどいと言わざるを得ません。

4.ヤマダ電機のWiMAXを利用してもいい一部の人

デメリットだらけですけど、あえてヤマダ電機のWiMAXがおすすめできる人はいますか?

う〜ん、一部のパターンに限られるけどいなくはないわ。

ヤマダ電機のWiMAXは基本的におすすめできませんが、以下に当てはまるなら利用を検討しても良いでしょう。

利用を検討してもいい人

  • YAMADA Wi-Fi プレミアムを使いたい
  • ヤマダ電機オリジナルのオプションを使いたい
  • 即日契約したい

ヤマダ電機のWiMAXでは、公衆無線LANサービス「YAMADA Wi-Fiプレミアム」を無料で利用できます。公衆無線LANを頻繁に使う人にはお得です。

他にも、ヤマダ電機オリジナルのオプションサービスを利用できます。

オプション
アプリ超ホーダイ・YAMADAセキュリティ by F-Secure・ファイナル スマホ セキュリティ・スーパーセキュリティ for Android・スーパーセキュリティ・スマホ 写真 動画 移行アプリ AOS Sync+

豊富な選択肢があるものの、同様のサービスは他社にもあります。強力なメリットとは言い難いです。

店員さんと相談しながら、即日でWiMAXを利用したい人はヤマダ電機を使う価値があるでしょう。

ただ、オンライン契約でも即日・翌日発送が基本なので、よほど急いでいなければオンラインで十分です。

5.ヤマダ電機のWiMAXよりおすすめのWiMAXプロバイダは?

ヤマダ電機がダメなら、どこを選べばいいんですか?

ずばり、 GMOとくとくBBがおすすめよ。

ヤマダ電機のWiMAXがおすすめではないことは理解できたかと思います。では、どのプロバイダが良いのでしょうか?

結論から言うと、最もおすすめはGMOとくとくBB WiMAXです。その理由は以下の通り。

GMOとくとくBBがおすすめの理由
  • 最安のWiMAXプロバイダ
  • 端末代金が無料
  • 高額キャッシュバックがある
  • 即日配送してくれる

GMOとくとくBBは数あるWiMAXプロバイダの中でも、実質料金(初期費用や端末代金も考慮)がもっとも安いです。WiMAXはどのプロバイダも速度が変わらないので、シンプルに料金で選んでOK。

ヤマダ電機のWiMAXと違い、キャンペーンは確実に実施されていますし端末代もかかりません。即日配送対応(土日もOK)なので、すぐにネット回線が繋がるのもメリットです。

WiMAXの料金比較

プロバイダ名 3年間の
実質料金※
実質月額 キャンペーン
GMOとくとくBB 136,432円 3790円 キャッシュバック、端末代無料
DTI WiMAX 137,190円 3811円 月額料金割引、端末代無料
※クレジットカードの作成必須
Broad WiMAX 138,363円 3843円 月額料金割引、端末代無料
So-net WiMAX 153,035円 4251円 月額料金割引、端末代無料
BIGLOBE WiMAX 154,460円 4291円 キャッシュバック
UQ WiMAX 165,440円 4596円 なし

※端末はW06で3年契約(初月と契約更新月を含む38ヶ月間)した場合
※価格はすべて税抜き

一番お得にWiMAXを申し込みたいなら、GMOとくとくBBを選びましょう。端末代金もかかりません。

もしわからないことがあれば、公式サイトのお問い合わせを利用してください。ヤマダ電機のスタッフより的確な回答をもらえますよ。

\3万円以上の限定キャッシュバック/

GMOとくとくBB WiMAX
※端末代0円(オプション加入等の条件はありません)

6.まとめ

ヤマダ電機のWiMAXは実質料金が割高です。ヤマダポイントも貯まらないので、まったくおすすめできません。

端末代は有料ですし、あえてヤマダ電機でWiMAXを契約するメリットは薄いです。

WiMAXをお得に利用したいなら、キャンペーンがお得なプロバイダを選びましょう。とくにおすすめなはGMOとくとくBBです。

高額なキャッシュバックと端末代無料の特典あり。実質料金は数あるWiMAXプロバイダの中で最安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。