コメント欄にご質問・感想をどうぞ

Amazonプライムビデオとは?体験して分かったおすすめできる人・できない人

Amazonプライムビデオ

Amazonサービスを使ったことがあるのなら、プライムビデオの宣伝を一度は見たことがあるでしょう。実際のところ、どうなのか気になりますよね。

そこでこの記事では、Amazon歴15年以上の僕がプライムビデオのメリット・デメリットを余すこと無く解説。

おすすめできる人はもちろん、契約を控えるべきおすすめできない人についても言及していきます。

体験したからこそ分かる、細かなレビューを掲載しているので、ぜひ参考にして下さいね。

CHECK!

 

1.はじめに:Amazonプライムビデオとは?

Amazonプライムビデオって、どんな特徴がありますか?

プライム会員の特典の一つなのが特徴よ。

Amazonプライムビデオは、国内有数の動画配信サービス(VOD)です。オリジナル作品の面白さとコスパを武器に、猛烈な人気を誇ります。

他の動画配信サービスと違い、Amazonプライム会員の一(いち)特典であることも特徴的。

動画だけではなく当日・翌日お届けサービスや音楽聴き放題など、日常生活の質が上がる様々なコンテンツを同時に受け取れます。

料金プラン

  • 月額プラン:500円/月
  • 年間プラン:4900円/年

 

基本情報

サービス名 Amazonプライムビデオ
月額料金 500円
作品数 10000本以上
支払い方法 クレジットカード
Amazonギフト券
キャリア決済
Oki Dokiポイント
無料トライアル 30日間
年齢制限 なし
ファミリーアカウント なし
テレビ視聴
対応デバイス スマートテレビ
ゲーム機
スマホ
タブレット
ストリーミング端末
画質 SD
HD
4K
運営会社 アマゾンジャパン合同会社
サービス開始 2006年

2.Amazonプライムビデオのメリット

Amazonプライムビデオの魅力を教えて下さい。

圧倒的なコスパとオリジナル作品が強みよ。

ここから、僕が実際に体験したメリット・デメリットをレビューしていきますね。

①オリジナル作品が楽しい

Amazonプライムビデオは、他には無いオリジナル作品が視聴できます。ドラマや映画などの独占配信もありますが、一番の魅力は自社制作の作品です。

僕がAmazonプライムビデオに加入した理由は、ドキュメンタルを見たいからでした。

ドキュメンタル

ドキュメンタル

内容は年末恒例の笑ってはいけないシリーズの過激版。地上波では絶対流せないシーンが多々あります。

ドキュメンタルに限らず、Amazonプライムビデオはオリジナル作品がとにかく楽しい。

今や飛び取り落とす勢いのゆきぽよも、恋愛バラエティ番組「バチェラー」で火が付きました。

バチェラー

バチェラー

正直、バチェラー目当てでAmazonプライムビデオに加入してもいいのでは?というくらい面白いです。

②月額500円で1万本以上も視聴できる

Amazonプライムビデオは月額500円のワンコインで1万本以上の作品が見放題となります。

レンタルビデオショップなら、1~2本分のレンタル代金。いかにコスパがいいか分かりますね。

POINT
年払いなら4900円(ひと突き当たり408円)

他の動画配信サービスと比較しても、Amazonプライムビデオの安さが目立ちます。

料金比較

動画配信サービス 月額料金
Amazonプライムビデオ 500円
U-NEXT 1990円
Hulu 933円
Netflix 1450円
dアニメストア 400円
FODプレミアム 888円
dTV 500円
amazonプライムビデオの料金Amazonプライムビデオの料金と4つの支払い方法

③Amazonプライムビデオ以外のコンテンツも楽しめる

AmazonプライムビデオはAmazonプライムの特典の一部です。そのため、動画配信サービス以外も、様々なコンテンツが目白押しです。

Amazonプライム特典

  • お急ぎ便の利用(Amazonの買い物にて)
  • プライムデーの参加権利
  • Prime Music:音楽聴き放題
  • Prime Reading:Kindle読み放題
  • Prime now:最短2時間で配送
  • Prime photos:フォトストレージ
  • Amazon Cloud Drive:オンラインストレージ
  • Amazon Fresh:生鮮食品配送

dアニメストアやdTVも月額500円以下と安いのですが、Amazonプライムビデオなら上記の特典もすべて受け取れます。

僕がよく利用するのが、Prime Musicです。音楽が好きで、今までAppleMusicに加入していたのですが、Amazonプライムに加入してからは利用機会が減って解約しました。

その他、お急ぎ便の利用とプライムデーの参加権利も重宝しています。プライムデーは対象商品が恐ろしいほど安くなるので、これだけで会員費の元は取れてしまいます。

④小さな子供が楽しめる作品が多い

CMを見ても分かる通り、Amazonはファミリー向けのコンテンツに力を入れている企業です。

Amazonファミリー(子育て中の方向けの割引特典)の実施なども、その一環。Amazonプライムビデオも例にもれず、キッズ向けの作品が豊富に揃っています。

小さな子どもにおすすめなのが、アニメとは別にある「キッズ・ファミリーTV」カテゴリー。

キッズ・ファミリー

キッズ・ファミリーカテゴリー

このカテゴリーでは、アニメはもちろん海外ドラマや映画も含めて、小さなお子さんが楽しめる作品がまとまっています。

忙しいときは、とりあえずキッズ・ファミリーTVカテゴリーを見せておけば、子育ては随分と楽になるのではないでしょうか。

⑤あらゆるデバイスで再生できる(テレビ・スマホOK)

Amazonプライムビデオは、以下のデバイスに対応しています。

対応デバイス

  • スマートテレビ
  • ゲーム機(PS3/PS4/Wii U)
  • スマホ
  • タブレット
  • ストリーミング端末(fire tvなど)

基本的に、ネットが繋がる通信機器であれば何でも視聴できると考えてOKです。タブレットは、Amazon FireだけでなくiPadでも視聴できます。

テレビ視聴については、スマートテレビが無くてもFire TV StickやChromecastなどストリーミング端末を購入すれば(5千円くらい)、テレビを買い換える必要はありません。

⑥複数作品を同時にダウンロードできる

スマホやタブレットで、いつでもAmazonプライムビデオを楽しめるのはいいのですが、気になるのがデータ消費量です。

データ消費量は画質によって大きく変わりますが、ざっくりと普通画質なら映画1本で1GBくらい無くなります。

外出先で視聴していたら、あっという間に速度制限にかかるので要注意。そんな時に便利なのが、ダウンロード機能です。

Wi-Fi環境下で見たい作品をあらかじめダウンロードしておけば、あとからオフライン再生が可能。

データ消費を防げるのはもちろん、通信環境が悪い場所でも最後まで止まらず視聴できます。

ダウンロード保存できるのは30日まで。スマホとタブレットのみ保存可能です。

パソコンでは保存できないので注意して下さい。なお、ローカルフォルダにダウンロードすることはできません。

⑦作品ごとにAmazonレビューを見られる

Amazonといえば、レビューが充実していることで有名です。

商品を購入する前に、ついつい確認してしまいますよね。Amazonプライムビデオでも、作品ごとにレビューを見られます。

Amazonレビュー

Amazonレビュー

他の動画配信サービスでは、ここまで細かなレビューはないので貴重です。星評価もリアルで精確なので、作品を見るか見ないかの判断にも使えます。

CHECK!

Amazonプライムビデオの公式サイトへ

3.Amazonプライムビデオのデメリット

逆にデメリットはありますか?

他の動画配信サービスより作品数が少ないのが致命的ね。

①動画配信サービスの中では作品数が少ない

Amazonプライムビデオは、他の動画配信サービスと比べて作品数が少ないです。

作品数比較(見放題)

動画配信サービス 月額料金 作品数
Amazonプライムビデオ 500円 10000本以上
U-NEXT 1990円 90000本以上
Hulu 933円 50000本以上
Netflix 1450円 非公開
dアニメストア 400円 3500本以上
FODプレミアム 888円 20000本以上
dTV 500円 120000本以上

最も作品数の多いU-NEXTと比べると、その差は歴然。

口コミでも、作品が少ないとの声が上がっていました。

AmazonプライムビデオはAmazonプライムの中の一特典なので、やはり動画配信専門でサービス提供している他社には勝てないのが現状。

コスパを考慮すると10000本以上の見放題作品があるのは凄いのですが、ガッツリと動画ライフを楽しむにはやや物足りません。

②アカウント共有にプライバシーが無い

Amazonプライムビデオは、最大3人までの同時視聴が可能です。デバイスは10台まで登録OK。

一つのアカウントを3人で共有したら、月額料金は一人あたり166円になります。

しかし、Amazonプライムビデオのアカウント共有にはプライバシーがありません。

いわゆる、ファミリーアカウント機能ではないため、子アカウントを発行して分けるのはNG。

例えば、U-NEXTだと振り分けたファミリーアカウントにパスワードを設定できるため、勝手に視聴履歴などを閲覧することを防げます。

ファミリーアカウントの登録

ファミリーアカウント

Netflixは、パスワード設定がないもののプロフィール機能で子アカウントを分けられます。

Amazonプライムビデオは同じアカウントに複数人がログインすることになるため、視聴履歴からお気に入り登録まで全員が閲覧できてしまうことに。

プライバシーを気にする、あるいはお気に入り登録がごちゃまぜにしたくない方には不向きです。

③無料の作品が急に有料になる

Amazonプライムビデオでは、今まで無料で視聴できていた作品が急に有料になることがあります。これは本当に萎えますね。

つい最近も、久々に進撃の巨人でも見ようと検索したところ、有料に変わっていました・・。

無料から有料

無料から有料に変更

たまたまシーズンを見終えていたので良かったのですが、もしシーズン途中だったら課金せざるを得ず悔しい思いをしていたでしょう。

4.Amazonプライムビデオがおすすめな人・おすすめでない人

結局、Amazonプライムビデオに契約すべきなんでしょうか?

おすすめできる人とできない人をまとめたから、確認してちょうだい。

実際に、Amazonプライムビデオを使ってみておすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめてみました。

おすすめな人

  • 普段からAmazonサービスを利用している
  • コスパを重視する
  • Prime Musicなど、他の特典も受け取りたい
  • 気になるオリジナル作品がある
  • 子供と一緒に楽しみたい

 

おすすめでない人

  • 安さより作品数の充実度を求める
  • アダルト作品を見たい
  • 有料作品が多いのは許せない
  • 共有アカウントのプライバシーを守りたい

まず、普段からAmazonを活用している方は迷うこと無くプライム会員に加入すべき。プライム会員に加入すれば、自動的にAmazonプライムビデオを視聴できます。

また、作品数の充実度は多少落ちてもいいのでコスパを重視したい方にもおすすめ。月額500円とは思えないコンテンツ量です。

逆に向いていないのは、作品数を重視する方。マイナーな作品もたくさん視聴したい方も不向きです。

その他、共有アカウントの個別設定もできないため、プライバシーが気になる方も辞めておいたほうがいいでしょう。

TOPIC
豊富な作品数を求めるならU-NEXTがおすすめ

Amazonプライムビデオには、30日間の無料お試しがあります。少しでも気になるなら、サービス内容が自分に合っているか一度試してみるといいですよ。

CHECK!

Amazonプライムビデオの公式サイトへ

5.この記事のまとめ

今回は、Amazonプライムビデオについて詳しくレビューしてきました。

実際に加入した感想としては、やはりコスパの良さが特筆ポイントです。

プライム会員特典は、翌日・当日配送特典だけでもありがたいのにプライムビデオまで付いてくるのは本当に最高です。

他の動画配信サービスより作品数は劣りますが、それでも十分。オリジナル作品も一見の価値あり。レンタルビデオ1本分で、全部見きれないほどのコンテンツを楽しめます。

いくつかデメリットもありますが、解約は今まで一度も考えたことはありません。

おさらい

Amazonプライムビデオのメリットは?

代表的なメリットは、オリジナル作品が面白い・コスパが良い・Amazonプライムビデオ以外のコンテンツ(プライム特典)を楽しめるの3点です。

 

Amazonプライムビデオのデメリットは?

作品数の物足りなさが最も大きなデメリットです。

 

どんな人におすすめのサービス?

普段からAmazonサービスを利用している方、動画配信サービスにはコスパを求める方などにおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。