格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホの寿命サインと変え時の目安

壊れたスマホ

格安スマホと言うくらいだから、寿命はあまり長持ちしないのでは・・・

と心配していませんか?

今回は、格安スマホに乗り換える前に知っておきたい「格安スマホの寿命」について、詳しく解説。

端末交換のタイミングや寿命のサイン、格安スマホを長持ちさせる方法についてもご紹介していきます。

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら

1.格安スマホの寿命とは?

スマホの寿命は、

  • スマホ本体の寿命
  • バッテリーの寿命

の2種類があります。

バッテリーとはスマホ内に埋め込まれている内蔵バッテリーのことです。液晶画面やスマホ操作など、本体に問題がなくてもバッテリーの寿命が尽きてスマホが起動しなくなる場合があります。

スマホ本体とバッテリーについて、それぞれの寿命を見ていきましょう。

1-1.格安スマホ本体の平均寿命は3~5年

落下や水没が無ければ格安スマホ本体の寿命は平均3〜5年です。使い方によっては、2年程度で寿命を迎える場合もあります。

また、3~5年経つと、OSやアプリのアップデートが重くなる可能性があります。寿命とは違う問題ですが、データ容量の圧迫や処理速度の限界が起きるからです。

1-2.バッテリーの平均寿命は2年

水没やディスプレイの破損のように分かりやすくはないですが、内蔵バッテリーにも寿命はあります。

使用頻度によって変わりますが、バッテリーの平均寿命はおよそ2年程度です。

1-3.通常のスマホと寿命は同じ

格安スマホという言葉のイメージから、大手キャリアで販売されているスマホと比べて、寿命が短いのでは?

と感じるかもしれません。しかし、実際はそうではありません。

「格安」という言葉は、「格安のSIMカードを使う」という意味合いが強く、格安スマホ本体の寿命は、通常のスマホと変わらないのです。

2.寿命のサイン

格安スマホに限らず、スマートフォンには寿命を知らせるサインがあります。寿命のサインとして分かりやすい事象をいくつかご紹介します。

2-1.液晶画面の劣化

落下や水没に関係なくスマホの液晶画面に斜線が入ったり、画面の明るさが十分に出なくなったりした場合はスマホの寿命が近いかもしれません。

液晶画面の交換・修理は基本的に高額です。

格安スマホの場合は、新品に買い替えてもあまり値段が変わらない可能性があるので、修理代金の見積もりをもらったら交換か買い替えか慎重に検討しましょう。

2-2.ホームボタンが作動しない

ホームボタンなどが効きにくくなったと感じたら、物理的な故障か、センサーの不具合の可能性が高いです。

購入時と比べてホームボタンが効きにくくなったら要注意です。

2-3.電池持ちが悪い

スマホを充電してもすぐにバッテリー(電池容量)が無くなる、朝100%充電したのにお昼には50%以下になっているという場合、バッテリーの寿命が疑われます。

スマホ本体の動きが正常なら、バッテリーの交換だけで元の性能に戻ります。

2-4.勝手にシャットダウンする

何もしてないのにスマホが勝手にシャットダウンして再起動がかかる場合は、オーバーヒートしている可能性があります。

OSやアプリのアップデートによってスマホ本体に過度な負担がかかっていることが原因と考えられます。

2-5.バッテリーの性能が落ちる

電池持ちが悪くなる、100パーセントまで充電できない、バッテリー残量20%から一瞬で電池が切れるなどの兆候が見えたら、バッテリーが寿命を迎える前兆です。

3.交換・替え時の目安

ここでは、スマホの交換・替え時タイミングについて解説します。

まだ端末に寿命サインが出ていない方も、手持ちのスマホが以下の項目に該当する方は交換・替え時のタイミングです。チェックしてみましょう。

3-1.4年以上使い続けている

スマホ本体を4年以上使っているとデータ容量の増加に伴い、動作が重くなることが一般的。買い替え周期の目安は4年と考えておきましょう。

常に最新機種を持っていたい方は、2年ごとにスマホを買い換えることをオススメします。

3-2.バージョン未対応のアプリが増えた

同じスマホを長く使っていると、アプリのバージョンが未対応になることがあります。

普段よく使うアプリがアップデートできなくなったら買い替えのタイミングです。

アプリによっては古いバージョンのまま放置しておくと「セキュリティ」が脆弱になる恐れがあります。

3-3.アプリの起動に時間がかかる

アプリのアップデートでは、新しい機能やプログラムが追加されるため、更新ごとにデータ容量が増えます。

それに対して、スマホ本体のスペックは購入時と変わらないため、アプリの進化に追いつかなくなる可能性があります。

アプリの起動に時間がかかるなと感じたら、買い替えのタイミングと見ていいでしょう。

3-4.バッテリーの替え時は2年が目安

2年以上経ったら、バッテリーの交換を考えていいタイミングです。バッテリー交換は基本的にメーカー依頼となります。費用はおよそ5000円です。

白ロム(SIMカードが差し込まれていないキャリア端末)の場合は、元のキャリアショップに持っていけばメーカー修理を取り次いでくれます。

SIMフリースマホには、自分でバッテリー交換ができる機種もあります。

その場合は、公式サイトやアマゾンなどの通販ショップで、該当のバッテリー(電池パック型番を要確認)を探してみましょう。

大体、2000円~2500円で購入が可能です。

4.格安スマホの修理代

万が一、格安スマホが壊れたらどれくらいの修理代がかかるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

4-1.平均費用

日本製のSIMフリー端末を使っている場合は、1年間のメーカー保証が無料で付属します。ただし、物理的な破損を除く自然故障のみの対応です。

落下や水没での故障は有料となります。修理費用の相場は、各メーカーの平均で1~2万円です。

4-2.修理の流れ

格安スマホによって液晶の品質やバッテリー性能が異なるため、詳しい修理費用は見積もりを取って確認します。

修理中に代替機を貸してくれるかは、メーカーによって異なります。

確認できる範囲では、ASUS、TCLコミュニケーション、シャープは代替機を無料で貸し出してくれます。修理完了の目安ですが、1~2週間が平均です。

4-3.iPhoneの修理

iPhoneの場合は、AppleCareに加入しているか否かで大きく修理内容が変わります。格安SIMでiPhoneを使う場合は、キャリア保障が無くなります。

保障を付ける場合は、自分でAppleのWEBストアから申し込む必要があります。AppleCareの金額は端末によって異なります。

iPhone6sは14800円、SIMフリーのiPhoneSEは12800円です。AppleCareを付けると、高額なiPhoneの修理代が安く抑えられます。

通常3万円以上(割れ方によって変わります)かかる液晶画面の損傷も、7800円でケアしてくれます。さらに、バッテリー消耗は無料で交換してくれます。

格安スマホの修理については以下の記事も参考にしてみて下さい。

5.格安スマホ会社の端末補償サービス

格安スマホ会社には、有料の独自保障プラン(端末補償サービス)があります。

主要な端末補償サービス以下の通りです。

5-1.端末補償サービスはおすすめしない?

格安スマホ会社の端末補償サービスは、修理ではなく新品交換のケースがほとんどです。ただし、端末補償サービスの加入はあまりオススメしません。

月額300~500円とはいえ、支払金額は1年で約5000円、2年で1万円となります。さらに、故障の状態によっては有償対応となります。

ここまで費用をかけるなら、新しい格安スマホに買い替えた方がいいかもしれません。

格安スマホ端末の相場は約3万円。機種によっては2万円以下の場合もあります。

わざわざお金を払って、古い機種を維持するなら新しい機種に乗り換えた方がいいでしょう。

5-2.端末補償サービスに加入した方がいい人

端末補償サービスは、

  • スマホを壊しやすい現場仕事の方
  • 1年以内にスマホが壊れるかもしれない環境の方
  • 修理が高額なiPhoneを使っている方

以上に当てはまるなら、加入する価値はあると思います。

その他の方は、新品買い替えの方が得になる可能性が高いので、見送ってもいいかもしれません。

6.格安スマホの寿命を長持ちさせる方法

同じスマホをしばらく使っているとユーザーにしかわからない愛着が出てくるものですよね。

そんな大事なスマホを長持ちさせるコツをいくつかレクチャーします。

6-1.充電しながら使わない

充電しながらスマホを操作するのは、バッテリーへの負担を考えるとやめておいた方がいいです。

リチウムイオン電池の特性上、充電中に電気的負荷(スマホの操作など)を与えると、電池の温度が上昇して熱による劣化が起こります。

6-2.画面の明るさを暗くする

画面を明るくするとディスプレイに過度の負担がかかります。

バッテリーの負担を考えると必要のないときは、ディスプレイ設定は暗くしておく方がいいです。

6-3.アプリを複数起動しない

ツイッターやGoogleMap、LINEなど複数のアプリをバックグラウンドで起動していると、スマホ本体に余計な負担がかかります。

使わないアプリはバックグラウンドから消しておく方がスマホの寿命は長持ちします。

7.まとめ

いかがでしたか?

格安スマホ端末の寿命は通常補スマホと変わりません。格安スマホだからといって、特別な心配は必要ありません。

端末を長持ちさせる方法を参考に、お気に入りのスマホを見つけて長持ちさせましょう。

また、スマホ本体の寿命は3~5年、バッテリーは1~2年で寿命です。寿命が来たら、修理か買い替えについて考えておきましょう。

今売れている格安スマホとは?【2018年】

【LINEモバイル】

\LINE・SNS好きの味方/

lineモバイル詳しくはこちら>>

  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

LINEモバイルのレビュー

 

【UQモバイル】

\速い、安い、かけ放題/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルのレビュー

 

【mineo】

\安さとサポートが決め手/

mineoのレビュー詳しくはこちら>>

  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

mineoのレビュー

 

あわせて読みたい
グラブルのスマホ 格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホでグラブルを快適に遊ぶための全知識

2017.6.2
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
格安スマホに乗り換えてグラブルが出来なくなるのは嫌だ・・・ スマホで遊べるRPGオンラインゲームとして不動の人気を確立した、グラブルことグランブルーファンタジー。 格安 …
格安スマホでモンスト 格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホでモンストを快適に遊ぶための全知識

2017.5.18
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
格安スマホに乗り換えたいけど、モンストが快適に遊べなくなるのは嫌・・・ この記事では、格安スマホに乗り換えても、モンストを思いっきり遊びたい方に向けて、必要な端末のスペックを …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。