格安SIMと光回線のセット割がある!おすすめの組み合わせは?

格安SIM 光回線

格安SIMの運営会社は、光回線も取り扱っているケースが多いです。

そこで気になるのがセット割。あまり知られていませんが、実は多くの通信事業者で毎月一定額の割引を実施しています。

今回は、格安SIM✕光回線のセット割を詳しく解説。おすすめの組み合わせも厳選してみたので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.光回線とセット割ができる格安SIM一覧

格安SIMと光回線のセット割は、どれくらいあるんですか?

主要な通信事業者だけで、10社ほど実施しているわ。一覧表にまとめたから、確認してちょうだい。

まずは、光回線のセット割がある格安SIM一覧を確認していきましょう。

格安SIM 光回線 割引額/月
Y!mobile ソフトバンク光
ソフトバンクair
500円
楽天モバイル 楽天ひかり 最大38000円還元
(1回)
UQモバイル enひかり 100円
IIJmio IIJmioひかり 600円
BIGLOBEモバイル ビッグローブ光 100〜300円
OCNモバイルONE OCN光 200円
NifMo @nifty光 200円
LIBMO @TCOMヒカリ 100〜300円
DTI SIM DTI光 150円

上記が、格安SIM✕光回線で利用できるセット割となります。

以下の組み合わせは、セット割が無いので注意して下さい。

セット割なし
  • nuroモバイル ✕ nuro光
  • mineo ✕ eo光

2.【格安SIM✕光回線】おすすめの組み合わせ4選

う〜ん、どのセット割がいいのかよく分かりません。

そういうと思って、おすすめの組み合わせを厳選したわよ。

格安SIM✕光回線で利用できるセット割が分かったところで、どこを選べばいいのか迷いますよね。

そこでここでは、月額料金の安さを重視しておすすめの組み合わせを厳選してみました。

おすすめの組み合わせ

  • Y!mobile ✕ ソフトバンク光・ソフトバンクair
  • 楽天モバイル ✕ 楽天ひかり
  • UQモバイル ✕ enひかり
  • IIJmio ✕ IIJmioひかり

①Y!mobile【最も人気の組み合わせ】

おうち割光セットA

セット割

おうち割光セットA(500円割引)

 

月額料金

  • Y!mobile:1980円〜
  • ソフトバンク光・ソフトバンクair:3800円〜

格安SIMと光回線の組み合わせで、最も利用者が多いと予想されるおうち割光セットA。

ソフトバンクにも同様のセット割があるので、ソフトバンクユーザーの方は聞いたことがあるかと思います。

以前は、最大1000円の割引額でしたが、Y!mobileの料金改定により(2019年10月から)、現在は全プラン500円割引となります。

TOPIC
旧プランに加入中の方のみ、スマホプランLで1000円割引

選べる光回線は、「ソフトバンク光」に加えてホームルーター(工事不要)のソフトバンクairも対象です。光回線の設定に自信が無い方は、ソフトバンクairを選ぶといいでしょう。

注意点として、ソフトバンク光を選ぶ場合は指定オプションの加入が必要となります。ただ、オプション内容はIPv6(超高速通信)&無線LANルーターなので、どのみち必要となるものです。

CHECK!

Y!mobileの詳細を見る

おうち割光セットY!mobileとソフトバンク光・ソフトバンクAirでおうち割光セットが適用!3ヶ月分のスマホ代がタダ

②楽天モバイル【現金キャッシュバックあり】

楽天ひかりのセット割

セット割

楽天モバイル・楽天ひかりとセット申し込みでキャッシュバック特典(最大38000円還元)

 

月額料金

  • 楽天モバイル:1480円〜
  • 楽天ひかり:3800円〜

楽天モバイル・楽天ひかりのセット割は、毎月一定額の割引ではなく1回限りの大幅還元が利用できます。

還元額は最大38000円。内訳は、

  • 新規契約か他の光コラボから乗り換え:20000円キャッシュバック
  • 工事費用:18000円割引

となります。フレッツ光から乗り換える場合は、キャッシュバックが5000円に減額されるので注意して下さい。

なお、楽天モバイル・楽天ひかりは利用料金に応じて楽天スーパーポイントが入るのもメリット。楽天ユーザーの方には、非常におすすめの組み合わせです。

CHECK!

楽天モバイルの詳細を見る

楽天モバイル 楽天ひかりのセット割楽天モバイルと楽天ひかりのセット割が登場!最大38000円の割引に

③UQモバイル【そもそもの基本料金が安い】

勝手に割り

セット割

勝手に割り(100円割引)

 

月額料金

  • UQモバイル:1980円〜
  • enひかり:3200円〜

UQモバイルは「enひかり」とのセット割「勝手に割り」を利用できます。

割引額は毎月100円とかなり少ないのですが、この組み合わせがおすすめなのはトータルの月額料金が安くなるところ。

enひかりは光回線で業界最安値を掲げており、主要な光回線と比べて最大1600円も安くなります。

そのため、勝手に割り云々ではなく、元のサービス料金の安さでお得というわけです。

enひかりは、フレッツ光と同じ回線を使う光コラボ業者です(ドコモ光やソフトバンク光と同じ)。安すぎて回線品質が劣悪というわけではないので、ご安心を。

CHECK!

UQモバイルの詳細を見る

④IIJmio【割引額が最も大きい】

mio割

セット割

mio割(600円割引)

 

月額料金

  • IIJmio:1600円〜
  • IIJmioひかり:3960円〜

格安SIMと光回線の組み合わせで、割引額が最も大きいのがmio割です。

スマホをIIJmioのミニマムスタートプラン(3GB)にすれば、光回線を合わせて月額5000円に収めることができます。

同一のmioIDに紐づけてセット割となるため、特に面倒な手続きも必要なし。IIJmioのモバイル・光回線の両サービスを契約すれば自動適用されます。

CHECK!

IIJmioの詳細を見る

3.【まとめ】セット割を上手く活用して、通信コストを限界まで下げよう

今回は、格安SIMと光回線のセット割について詳しく解説してきました。多くの格安SIMで利用できるセット割ですが、正直なところおすすめできる通信業者は限られます。

回線の品質や割引額を考慮すると、4社程度に絞られるのが現状です。

割引額は、月々数百円くらいで特段お得ではありませんが、塵も積もれば山となるので、バカにはできません。

現在の状況から最高の組み合わせを見つけて、家庭の通信コストを限界まで下げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。