格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

キャリア端末から格安スマホ端末への替え時を完全解説

携帯電話

現在、スマホ代節約のために格安スマホへの乗り換えを検討している方のなかには「乗り換えたいけど、ベストな替え時がわからない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、キャリア端末から格安スマホ端末への替え時について、完全解説していきます。

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら


1.格安スマホ端末とは?

格安スマホ端末とは、格安SIMが挿入されているスマホ端末のこと。

大手キャリアから通信回線を借りて低価格なモバイル通信サービスを提供している、格安スマホ会社(仮想移動体通信事業者)が販売しているものです。

それではキャリア端末とは、具体的にはどのような点が違うのでしょうか?

1-1.キャリア端末との違い

キャリア端末と格安スマホ端末の一番の違いは、SIMロックがかかっているかどうかです。格安スマホ端末は「SIMフリースマホ」とも呼ばれており、その名のとおり、SIMロックがかかっていません。

キャリア端末は、大手キャリアで通信回線と合わせて購入するのが一般的で、基本的にはSIMロックを解除しなければ他キャリアや格安スマホ会社で使えません。

一方SIMフリースマホは、そもそもSIMロックという制限がかかっていないため、キャリアに縛られることなく、好きな通信回線を自由に契約することができるのです。

1-2.格安スマホ端末はセット購入がおすすめ

格安スマホ端末は、格安SIMとセットで購入するのがおすすめです。

セット購入すると、SIMロック解除や別途購入などの面倒な手続きを行う必要がなくなります。さらに、端末が故障・紛失したときの保証オプションを付けられるため、万が一の場合にも焦らずに済みます。

格安SIMと合わせて購入する場合は、格安スマホ会社の公式サイトや、家電量販店内にある実店舗で買いましょう。

2.格安スマホ端末への替え時

それでは、キャリア端末から格安スマホ端末へのベストな替え時はいつなのでしょうか?

ここからは、格安スマホ端末へ乗り換えるべきタイミングについて見ていきましょう。

2-1.故障した時

キャリア端末が故障したとき、通常なら契約中のキャリアで修理に出すでしょう。

しかし、故障内容やオプション加入の有無によっては、修理代金と新品のSIMフリースマホを買う費用があまり変わらない、もしくは乗り換えた方がかえってお得な可能性があります。

キャリアの端末保証サービスに加入している場合

キャリアで端末保証サービスに加入している場合、端末故障時に以下の自己負担のみで修理を受けることができます。

  • ドコモ:最大5,000円
  • au:最大5,000円
  • ソフトバンク:外装破損時の修理代金90%割引

ところが、たとえば楽天モバイルなら、「HUAWEI P9lite」という大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマホを、一括5,800円(税抜)で購入可能。

その他の格安スマホ会社でも、なかには8,000円ほどで新品のスマホ端末を販売しているところが多数あります。

今までの端末を修理してまで使うのと、新しい端末に替えられて月額料金まで安くなることを比べたら、後者の方が魅力的なのではないでしょうか。

端末保証サービスに加入していない場合

サービスに加入していない場合は、端末が故障したときに実費負担で修理代を払わなければいけません。考えられる主な故障内容と、それにかかる修理代の目安は以下のとおりです。

  • 画面のひび割れ:約30,000円~
  • カメラレンズのひび割れ:約15,000円~
  • イヤホンジャックの故障:約13,000円~
  • 水没:約30,000円~

15,000円も出せば、新品かつ高スペックな格安スマホ端末を十分購入できます。これを考慮すると、キャリア端末が故障してしまったときには、それを機に格安スマホに乗り換えてしまうことをおすすめします。

2-2.バッテリーが劣化

バッテリーの劣化は、同時にスマホ端末の寿命が近づいているサインでもあります。端末に限界がきているのかどうかは、以下のポイントから判断することができます。

  • キャリア端末を購入してから1年以上経過している
  • 充電しても、すぐにバッテリーがなくなってしまう
  • 充電回数が増えた
  • スマホ端末が熱くなる

上記に当てはまる場合は、スマホ端末自体が劣化してきている証拠です。また、バッテリーの消耗状態をチェックできるアプリや、キャリアショップに持ち込んで確認してもらうのも1つの手です。

バッテリーが劣化していることが分かったら、スマホ端末自体が故障してしまう前に格安スマホに乗り換えてしまいましょう。

2-3.格安スマホ会社のキャンペーン

格安スマホ会社のなかには、最新スマホの端末代金を大幅に安くしたり、月額料金を数ヶ月間割り引いたりなどのキャンペーンを展開している会社があります。以下のようなキャンペーンの開催に合わせて、格安スマホ端末に替えるのもおすすめです。

■格安スマホ会社が開催していた過去のキャンペーン例(価格はすべて税抜)

  • フリーテル:「SAMURAI KIWAMI 2」(一括49,800円)」を36,800円に値引き
  • 楽天モバイル:「HUAWEI nova(一括37,980円)」を34,800円に値引き

上記のようなキャンペーン期間中を狙って乗り換えることで、格安スマホ端末をさらにお得に契約できます。

2-4.最新機種が出た後の型落ち

最新機種がリリースされると、それに伴い型落ちした旧機種が値下げします。格安スマホ端末に買い換えるなら、そのタイミングを狙うのもおすすめです。

たとえば、SIMフリースマホ「arrows M03」は、発売当初の2016年7月は、32,800円(税別)で販売されていました。しかし、2017年7月に最新機種「arrows M04」がリリースされたことにより、多くの格安スマホ会社が大幅に値下げ。

現在は、楽天モバイルでは9,800円(税別)、LINEモバイルでは27,800円(税別)など、各社がそれぞれの価格設定で販売しています。

最新機種であることにこだわりがなければ、型落ちしたタイミングで旧機種を手に入れるのも、お得にスマホ運用するポイントです。

2-5.今の端末を使ってから2年以上経過

今のキャリア端末を使ってから2年以上経過している場合、以下のように今後OSアップデートが追いつかなくなる可能性があります。

Android

2017年10月現在の最新OSであるAndroid 8.0は、以下の機種にはアップデートできません。

  • Galaxy S6(2015年4月発売)
  • Xperia Z4(2015年6月発売)
  • J Butterfly HTV31(2015年 6月発売)

※上記の機種以外も最新OSにアップデートできないAndroid端末があります

iOS

現在の最新OSであるiOS11は、以下の2機種にはアップデートできません。

  • iPhone 5(2012年発売)
  • 5c(2013年発売)

アップデートに対応できなくなると、その分、ウイルスに感染しやすくなったり利用できる対応アプリが減ったり、不便なことが増えてしまいます。

そんなときも、低価格な格安スマホ端末にならすぐに乗り換えられ、快適なスマホ利用が可能になりますよ。

3.格安スマホ会社と契約する際のQ&A

最後に、格安スマホ会社と契約する際にチェックしておきたい、2つのQ&Aを紹介していきます。

3-1.キャリア契約の損しない解約タイミングは?

どのキャリアにおいても、最低利用期間(通称「2年縛り」)というものが存在し、これを満了せずに解約すると、9,500円の違約金(契約解除料)が徴収されてしまいます。

最低利用期間は、解約申請しなければ契約更新月に自動更新され、また改めて2年間の契約が結ばれる仕組みになっています。

キャリア契約を解約する際は、2年ごとに訪れる契約更新月(翌月と翌々月の2ヶ月間)であれば違約金が不要で、損することもありません。

解約した月の月額料金

キャリアでは月額料金の日割り計算を行っていないため、解約すると1月分の料金をすべて支払わなければいけません。

格安スマホ会社に乗り換える際は、その月の中旬ごろから準備を始め、月末にキャリアを解約できるよう調整すると、損しなくて済みます。

3-2.格安スマホ端末にすると電話番号は変わる?

キャリアから乗り換えても、MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)すれば携帯電話番号が変わることはありません。

キャリアで発行してもらえるMNP予約番号を、契約する格安スマホ会社に提示すると、それまで使っていた電話番号を、格安スマホ端末でも引き継いで使うことができますよ。

4.まとめ


キャリア端末から格安スマホ端末に乗り換える際、ベストなタイミングが分からず躊躇してしまう方もいるでしょう。

しかし、今回紹介した5つの替え時に合わせて乗り換えれば、失敗することはありません。毎月のスマホ代を安くするためにも、タイミングを見計らって格安スマホに乗り換えましょう。

【全900社以上のTOP6】

今選ばれている格安SIM

LINEモバイル
LINEモバイル

[4.9pt/5.0]
LINE・SNS使い放題の最強格安SIM
詳細はこちら
UQモバイル
uqモバイルのロゴ

[4.8pt/5.0]
屈指の通信速度とauブランドの実力
詳細はこちら
mineo
mineoのロゴ


[4.6pt/5.0]

トリプルキャリア対応の利便性
詳細はこちら
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ

[4.4pt/5.0]
楽天会員ならポイントアップ
詳細はこちら
Y!mobile
ymobile

[4.4pt/5.0]
無制限かけ放題&通信速度No.1
詳細はこちら
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルのロゴ

[4.2pt/5.0]
月額2000円で動画見放題OK
詳細はこちら
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。