カシモWiMAXの口コミは信用するな!契約すべき唯一の条件とは?

カシモwimax

2017年10月からサービス提供を行うカシモWiMAX。新しいWiMAXプロバイダとして度々メディアにも取り上げられています。

カシモWiMAXのウリは、最安級のシンプルな料金プラン。オプション加入の条件なしで、月額割引を適用できます。

ただし、いくつかデメリットがあるのもまた事実。とくに、実際は最安値のWiMAXプロバイダではない点が致命的です。

今回は、カシモWiMAXについて徹底解説。契約がおすすめな人・おすすめでない人も丁寧に掘り下げました。ぜひ、参考にして下さいね。

POINT
早く結論を読みたい方は、「カシモWiMAXは契約すべき?(記事内ジャンプ)」をご覧ください

1.カシモWiMAXの料金プランを徹底解剖

いちばん大事な料金プランについて、知りたいです。

OK、選択できるのは4種類。シンプルだから、すぐに理解できるわよ。

1-1.4つの料金プランから選択できる

カシモWiMAXには、4種類の料金プランが用意されています。

プラン 月額
最安級プラン × ライトプラン 2880円
最安級プラン × ギガ放題プラン 3480円
新端末プラン × ライトプラン 2980円
新端末プラン × ギガ放題プラン 3580円

◯◯プランを2つ組み合わせるという、少しややこしいタイプの料金プランです。

選び方ですが、まず最安級プランと新端末プランを選択します。

プラン選び1(最安級プランと新端末プランの選択)

  • 最安級プラン:月額料金をとにかく安くしたい人向け
  • 新端末プラン:最新端末を使いたい人向け

最新端末にこだわらないなら最安級プランだと新端末プランと比べて月額100円安くなります。

プラン選び2(ライトプランとギガ放題プランの選択)

  • ライトプラン:毎月7GBまで
  • ギガ放題プラン:データ無制限

最安級プラン・新端末プランが決まったら、ライトプランかギガ放題プランを選択。こちらは、データ容量をどれくらい使用するのか選びます。

注意
カシモWiMAXの支払い方法はクレジットカードのみ(口座振替は使えない)

1-2.本家UQ WiMAXと比べて月額800円も安い

カシモWiMAXの通信品質は本家UQ WiMAXと変わりません(詳しくは後述)。

同じ通信速度にも関わらず、月額料金は圧倒的に安いです。

UQ WiMAX カシモWiMAX
ライトプラン 3696円 2980円
ギガ放題 4380円 3580円

※カシモWiMAXの価格は新端末プラン

まず、ライトプラン(UQ WiMAXのプラン名はUQ Flatツープラス)は、およそ700円の金額差に。そして、ギガ放題は800円もカシモWiMAXの方が安いです。

プロバイダ経由なしの契約がいかに損するのか分かります。

1-3.注意:25ヶ月目からの月額料金が変わる

注意点として、カシモWiMAXの月額料金は25ヶ月目以降で値上がりします。

カシモwimaxの料金プラン

カシモWiMAXの月額料金(新端末プラン)

ライトプラン ギガ放題
1ヶ月目 1380円 1380円
2~24ヶ月 2980円 3580円
25ヶ月以降 3379円 4079円

値上がりは残念ですが、25ヶ月目以降でも本家UQ WiMAXよりライトプランは約300円、ギガ放題は約400円安いです。

なお、1ヶ月目の月額料金は1380円と大幅値引きされます。

1-4.月額割引の代わりにキャッシュバックキャンペーンは無い

カシモWiMAXは他のWiMAXプロバイダでは当たり前に行っているキャッシュバックキャンペーンがありません。

以下、動画内でもカシモWiMAXの担当者がキャッシュバックを外している主旨を説明。

「キャッシュバックより月額料金が安いほうがいい」との発言がありますが、あながち間違いでもないでしょう。

というのも、キャッシュバックは受け取り忘れが結構多いので、それなら最初から月額料金を還元してくれたほうがいいとのスタンス。

また、キャッシュバックは追加オプションの加入条件が多いので、そういった煩わしさがないのも魅力です。

1-5.契約期間は3年(解約金あり)

以前は契約期間が選択できたカシモWiMAXですが、現在は3年に固定されています。

3年契約と言っても3年以内に解約はできます。ただし、解約金(契約解除料)が請求されるので注意が必要です。

契約期間 解約金
0~12ヶ月 19000円
13~24ヶ月 14000円
25ヶ月以降 9500円

25ヶ月目を過ぎれば、一般的な解約金の相場である9500円となります。

気をつけたいのが最初の12ヶ月。この期間に解約すると、19000円と高額な解約金が発生するので注意しましょう。

なお、3年契約は自動更新となります。更新月の36ヶ月目なら0円で解約できます。

1-6.ハイスピードプラスエリアモードが無料に

カシモWiMAXでは、ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用できます。

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXの電波が繋がりにくいときにauの4G LTEに自動で回線切り替えてくれるサービスのことです。

通信環境によっては繋がりにくいWiMAXですが、auの電波なら全国どこにいても回線が途切れることはありません。

ハイスピードプラスエリアモードは、通常1000円のオプション料金がかかります。

ですが、カシモWiMAXでは契約期間が3年と長いかわりに、ハイスピードプラスエリアモードのオプション料金が無料となっています。

1-7.通信速度・通信エリアは本家UQ WiMAXと変わらない

カシモWiMAXの通信速度・通信エリアは本家UQ WiMAXとまったく同じです。

カシモWiMAXはUQ WiMAXのプロバイダで、販売代理店のような役割なので、回線設備は変わりません。

最大通信速度は端末によって変わりますが、人気のW06なら最大1.2Gbpsとなります。実測値でも50~100Mbpsなので、十分すぎる速度でしょう。

ちなみに、au・ドコモ・ソフトバンクのLTE回線は40Mbpsほどの実行速度です。

通信エリアですが、カシモWiMAXの公式サイトにてピンポイント検索できます。

ページ内の「ご利用可能エリア」にて住所を入力すると、以下のように判定が出てきますよ。

カシモwimaxのエリア検索

エリア内なら判定「◯」が出る

CHECK!

カシモWiMAXの申し込みへ

2.注意!カシモWiMAXにはデメリットがある

いまのところ、カシモWiMAXは魅力的ですが・・

残念だけどデメリットもあるわ。とくに、最安値のWiMAXプロバイダでない点は深く追求していくわよ。

カシモWiMAXには、以下のデメリットがあるので注意して下さい。

デメリット
  • 確かに安いけど最安値ではない
  • auスマートバリューmine(auスマホのセット割)がない
  • ギガ放題プランに3日で10GB以上の速度制限ルールがある

2-1.【致命的】確かに安いけど最安値ではない

カシモWiMAXは最安値級を最大の武器としたWiMAXプロバイダです。しかし、「級」と名が付いている通り、最安値ではありません。

実際に、他のWiMAXプロバイダと比較してみましょう。

2~24ヶ月目が安いカシモWiMAXですが、より他社との比較条件がフェアになる3年総額で計算してみました。

プロバイダ 実質月額 キャンペーン内容 3年総額
GMOとくとくBB 3254円
※最安
キャッシュバック(35000円) 117160円
JPWiMAX 3281円 月額割引
Amazonギフト券(16000円)
118100円
@nifty 3478円 初月無料
キャッシュバック(30000円)
125240円
Cloud Mobile 3447円 月額割引
Amazonギフト券(10000円)
124100円
BIGLOBE 3592円 初月無料
キャッシュバック(30000円)
129310円
Broad WiMAX 3662円 月額割引 131846円
カシモWiMAX 3769円 月額割引 135668円

実質月額は3年総額から毎月の平均支払額を算出(ギガ放題プラン)。契約事務手数料3000円も含めて計算しています。

上記リストのWiMAXプロバイダは全社安いのでカシモWiMAXも十分に検討はしています。

しかし競争の激しい世界なので、上には上がいるのもまた事実。WiMAXプロバイダで最も安いのは、GMOとくとくBBとなりました。

カシモWiMAXはGMOとくとくBBと比較して、実質月額500円の差を付けられています。

wimaxのキャンペーン【2019年】WiMAXのキャンペーンを比較!高額キャッシュバックに騙されてはいけません

2-2.auスマートバリューmine(auスマホのセット割)がない

auスマートバリューmineとは、auスマホとWi-Fiルーターのセット割のことです。割引額は500~1000円。auユーザーにとっては、利用しない手はありません。

お得なauスマートバリューですが、残念ながらカシモWiMAXは非対応です。

auスマートバリューmineは、ほとんどのWiMAXプロバイダで対応しているためデメリットですね。恐らく、通常の月額料金を下げるために、非対応にしたのでしょう。

2-3.ギガ放題プランに3日で10GB以上の速度制限ルールがある

こちらは、WiMAXサービス全体のデメリットなのですが、ギガ放題と名前が付いているのに速度制限のルールがあります。

速度制限(ギガ放題)

3日で10GB以上のデータ消費

3日で10GB以上は、かなり極端な使い方をしない限り超えることはありません。1日中動画を見ても大丈夫です。

ただ、PCで動画をダウンロードしまくろうと考えている人には厳しいでしょう。

ちなみに、カシモWiMAXでは速度制限にかかっても1Mbpsの通信速度が出るため、動画(普通画質)の閲覧も問題なし。

直近3日間のデータ消費量が3GBを下回れば、速度制限は解除されます。

3.【結論】カシモWiMAXは契約すべき?

結局、カシモWiMAXは契約すべきなんですか?

残念だけど、多くの人にはおすすめできないわね。ただ、いくつかの条件に当てはまれば、カシモWiMAXが向いている人もいるわよ。

3-1.最安値を狙うならGMOとくとくBBが最強

最安値にこだわるなら、カシモWiMAXを選ぶべきではありません。選択すべきは、GMOとくとくBBです。

ギガ放題の実質月額
  • GMOとくとくBB:3254円
  • カシモWiMAX:3769円

毎月500円くらいの差なので、GMOとくとくBBの方が2年間で1万円以上も安くなります(auスマートバリューmineoも対応)。

安さだけでなく、GMOとくとくBBは最新端末の利用もOK。20年以上のプロバイダ実績を誇り、即日発送にも対応していますよ。

CHECK!

GMOとくとくBBの申し込みへ 

GMOとくとくBB WiMAXキャッシュバックはいくら?GMOとくとくBBでWiMAXを契約すべき理由

3-2.キャッシュバックの受け取りが面倒ならカシモWiMAX

カシモWiMAXがおすすめできる人はずばり、以下に当てはまる人です。

  • 最安値「級」で妥協できる
  • キャッシュバックの受け取り申請などが面倒
  • 余計なオプション加入を営業されたくない

上記の中でも、とくにキャッシュバック申請が面倒な人はカシモWiMAXが向いています。

GMOとくとくBBの欠点は、キャッシュバック申請が必要なこと(振り込みは11ヶ月後)。忘れっぽい性格の人は、キャッシュバックを受け取れない可能性があります。

シンプルにWiMAXを使いたいだけで、最安値にこだわりが無いならカシモWiMAXは十分検討する価値があります。

オプション加入の営業も無いため、スッキリと契約したい人にも向いていますよ。

CHECK!

カシモWiMAXの申し込みへ

4.【まとめ】シンプルに契約できるカシモWiMAX、しかし最安値ではないので注意

この記事では、カシモWiMAXについてメリット・デメリットを中心に詳しく解説してきました。

カシモWiMAXの魅力は、月額料金の安さ。余計なオプションは加入不要で、シンプルな月額割引を受けられます。

また、キャッシュバックの申請不要で割引してくれるので、あとになって面倒な手続きを行い必要がありません。

しかし、安いといっても最安値でないのも事実。競争の激しいWiMAXプロバイダの世界で押し出されているのが現実です。

最安のGMOとくとくBBとは、実質月額で500円の差があります。できるだけ安くWiMAXを契約したいなら、カシモWiMAXよりGMOとくとくBBを選んだほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。