auから楽天モバイルにMNP乗り換える方法とデメリットまとめ

auから楽天モバイル

auから楽天モバイルに乗り換えたいけどややこしくないかな?簡単だったら乗り換えしたいけど・・・

auから格安SIMの楽天モバイルへの乗り換え。電話番号や今使っているスマホがそのまま使えるのか気になりますよね。

結論から言うと、電話番号は携帯電話番号ポータビリティ(MNP)で継続して使うことができます。

端末(iPhone含む)に関しては、SIMロックを解除すれば使えます。また、iPhoneは8以降ならSIMロック解除なしで使えるプランもあります。

この記事では、auから楽天モバイルに乗り換える方法を詳しく解説。また、デメリットについても言及しています。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.au版iPhoneもOK!auから楽天モバイルに乗り換えるには?

auから楽天モバイルに乗り換えるにはどうすればいいですか?

大事なのは2つ。料金プラン選びとSIMロック解除の必要性よ。

auから楽天モバイルに乗り換える方法をご紹介します。au版のiPhoneも使用できますよ。

1-1.まずは2つの料金プランを選ぼう

楽天モバイルの料金プランは、大きく2つに分けられます。まずはどちらにするか選びましょう。

①組み合わせプラン:通話はしない人向けのシンプルプラン

特徴
  • SIMカードは通話SIM、データSIM(SMSあり)・データSIM(SMSなし)の3種類
  • データ容量は0GB(べーシック)から30GBまで6種類
  • データ容量を使い切ると、最大200kbpsの低速通信に

②スーパーホーダイ:ネットも通話も実質使い放題

特徴
  • データ容量は2GBから24GBまで4種類
  • データ容量を使い切っても最大1Mbpsで使い放題
  • 10分かけ放題あり

それぞれのプランで使える端末について解説していきます。

楽天モバイルの料金楽天モバイルの料金プランをおすすめの選び方まで完全ガイド

1-2.組み合わせプラン(au回線)なら、手持ちの端末をそのまま使える場合あり

2つの料金プランのうち、組み合わせプランがau回線に対応しています。そのため、一部のau端末で、SIMロックを解除しなくても使える場合があります。

SIMロック解除の必要性(au端末)

  • iPhone:8以降は必要なし、6s/6s Plus/SE/7/7Plusは必要
  • Android:必要

SIMロック解除なしで使えるau端末はiPhone8以降です。

それ以外のiPhone(SE、6s、6s Plus、7、7 Plus)とAndroid端末は、組み合わせプランであっても「SIMロック解除」が必要です。

残念ながら、iPhone6以前は楽天モバイルでは使用できません。iPhone6以前を使用したい場合は、「UQモバイル」「mineo」に乗り換えを検討しましょう。

iPhone 8以降もSIMロック解除しておいたほうが無難

iPhone8以降は組み合わせプランならSIMロック解除は不要です。しかし、将来的に他社に乗り換えたり中古として販売したりする可能性がある場合、解除しておいた方が無難です。

なぜなら、auでSIMロックを解除してもらえるのは、解約した日から100日以内と決まっているからです。後から解除したくなっても時すでに遅し・・・対応してもらえません。

1-3.スーパーホーダイはau回線がないので、手持ちの端末を使うならSIMロック解除が必要

スーパーホーダイ」はau回線に対応していません。iPhone8以降であってもSIMロックを解除する必要があります。

SIMロック解除は「My au」から簡単に手続きできます。ものの3分あれば完了しますし、手数料はかかりません。

auショップでも解除ができますが、手数料が3000円かかってしまいます。 できれば自分でSIMロック解除しましょう。

au simロック解除3分で出来る!auスマホをSIMロック解除する方法
MEMO
契約と同時に楽天モバイルで端末を購入するセット契約なら、SIMロック解除の必要はありません。
キャンペーン速報

2019年8月8日まで

 

人気14機種の端末代金が大幅割引に。7980円のHUAWEIは狙い目です。

 

楽天モバイルの公式サイトへ

>>さらに詳しく最新キャンペーンを見る

2.auから楽天モバイルにMNPする手順

auで使っている電話番号を変えたくないのですが。

大丈夫、MNP乗り換えで電話番号は引き継がれるわ。

auで使っていた電話番号を楽天モバイルでも使えるMNPの手順をご紹介します。

2-1.auからMNP予約番号を取得する

まずはauから転出するMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号の取得方法
  • オンライン(My au)
  • 電話(0077-75470)
  • auショップ

いずれの方法でも、MNP転出手数料が3000円かかります。MNP予約番号には有効期限があり、予約当日を含めて15日間です。

楽天モバイルへの転入は「有効期限が10日以上残っていること」が条件となりますので、MNP予約番号が発行されたら速やかに申し込みましょう。

auからMNP今すぐauからMNP予約番号を取得するための全手順

2-2.申し込みはオンラインで10分

楽天モバイルへの申し込みは、オンラインでできます。近くに実店舗がなくても大丈夫です。手続きは10分程度で済みますよ。

手元に以下のものを用意して申し込みましょう。

申込みに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • 楽天会員のユーザIDとパスワード
  • メールアドレス
  • MNP予約番号
  • クレジットカードor銀行口座の情報

手続きに不備がなければ、SIMカードは最短2日で届きます。 詳しい申し込み手順は以下の記事を参考にして下さいね。

楽天モバイルの契約楽天モバイルの契約・申し込みから開通までの流れ
MEMO
手持ちのau端末を使って契約する場合は、SIMカード単体契約を選びましょう。

2-3.SIMカードが届いたら、開通手続きとAPN設定で完了

SIMカードが到着したら、開通手続きとAPN設定を行います。

開通手続きは、開通受付センターに連絡(MNP予約番号の有効期限2日前まで)。開通受付センターに連絡しない場合は、MNP予約番号の有効期限日に自動切り替えとなります。

MNP転入が完了したら、あとは端末のAPN(アクセスポイント名)を設定するだけです。

iPhoneはAPN構成プロファイルのインストール、AndroidはAPN情報の入力で完了します。どちらも3分程度しかかかかりません。

詳しいAPN設定のやり方は以下の記事を参考にして下さいね。

楽天モバイルのapn設定図説で分かる!楽天モバイルのAPN設定【Android/iPhone】

3.auから楽天モバイルに乗り換える際のデメリットはある?

楽天モバイルは確かに安くて魅力ですけど、デメリットはないんでしょうか?

もちろん、auと比べて楽天モバイルが劣っている点はいくつかあるわ。

auから楽天モバイルに乗り換えた場合、どんなデメリットがあるのかまとめてみました。大きくは、au独自のサービスが使えなくなります。

デメリット
  • キャリアメールが使えなくなる(〜@ezweb.ne.jp)
  • au WALLETポイントが消失
  • au WALLET クレジットカードの年会費が発生
  • auスマートパスが使えなくなる
  • auスマートバリューが使えなくなる
  • 契約解除料(9500円)がかかる
  • 通信速度がauより落ちる
  • Jアラートが使えなくなる

いずれのデメリットも、楽天モバイルの料金の安さの前には許容できる範囲です。

いくつかのデメリットは、対策方法があるのでご紹介します。

「キャリアメールが使えなくなる」の対策

auのキャリアメールで会員登録したサービス、購読しているメールマガジンはありませんか?乗り換える前に別のメールアドレスを登録しておきましょう。

Gmail」やYahoo!メールならいつでも無料で取得できます。

「au WALLETポイントが消失」の対策

解約前にオレンジ色のau WALLETプリペイドカードにポイントをチャージしておくと、解約後も電子マネーとして利用できます。

「au WALLET クレジットカードの年会費が発生」の対策

au WALLET クレジットカードはauユーザーなら年会費が無料ですがauを解約すると年会費が発生します。

代わりのカードとしては、楽天モバイルの利用でポイントが貯まる「楽天カード」がおすすめです。楽天モバイルとともに楽天会員IDで管理できて楽です。

しかも、万が一楽天モバイルを解約することになっても、カードの年会費はずっと無料なので安心です。

「auスマートバリューが使えなくなる」の対策

auスマホを解約すると光回線の割引がなくなります。対策として、光回線も楽天ひかりに乗り換えれば高額キャッシュバック(工事費も0円)を受け取れます。

詳しくは、「楽天ひかりのキャンペーンページ」を参考にして下さい。

「Jアラートが使えなくなる」の対策

Yahoo!防災アプリをインストールすれば、対処できます。詳しくは、「楽天モバイルでエリアメール・Jアラートは使える?」の記事を参考にして下さい。

4.【コラム】auから楽天モバイルに乗り換えた、筆者の親族(夫婦2人暮らし)の話

やっと今月、楽天モバイルに乗り換えました。近所に楽天モバイルの実店舗があったため、相談しに来店。

 

実店舗は小さくて一人しかスタッフがいなかったので少し待ったものの、とても詳しく親切なスタッフさんでした。

 

「もし使ってみて通信速度が異様に遅い、つながらないなど問題があれば解約できますよ」とクーリングオフ制度について教えてくれて安心できました。

 

auのiPhoneをSIMロック解除して、スーパーホーダイで使い始めることにしました。

 

auに行ったら塩対応だったから悲しかったです。解約するので仕方ないですが・・・

 

通信速度はauの時よりも心なしか遅く感じましたが、許容範囲です。

 

スタッフさんが「楽天独自の回線ができて東京や大阪から普及していくので、何年かすると速くなりますよ~」と言っていたので今後に期待できます。

 

我が家はスマホ2台とブロードバンド回線で、auでは月20000円を超えていた家庭です。なんと、楽天モバイル+楽天ひかりにしたら月7000円くらいになりました。

 

こんなことならもっと早く乗り換えておくんだったなあと後悔してしまいました。

5.【まとめ】auから楽天モバイルの乗り換えは簡単です

auから楽天モバイルへの乗り換えはWEB上で完結できます。実際にやってみると、とても簡単です。

ほとんどのau端末をそのまま使い続けられますし、MNPで電話番号も変わりません。スーパーホーダイでau端末を使う場合は、SIMロック解除を忘れずに。

auからの乗り換えでいくつかデメリットはありますが、月額料金の安い楽天モバイルならそれ以上にお得ですよ。

朗報:楽天モバイルで端末価格が大幅値下げ中です(2019年9月12まで)

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

通常価格 セール価格
HUAWEI nova lite 3 26880円 7780円
(分割350円)
HUAWEI nova 3 54800円 42780円
(分割1925円)
HUAWEI P20 69800円 48780円
(分割2195円)
HUAWEI P20 lite 31980円 7780円
(分割350円)
AQUOS zero
SH-M10
89980円 79780円
(分割3590円)
AQUOS R2 compact
SH-M09
69800円 62600円
(分割2817円)
AQUOS sense2
SH-M08
※大幅安
29800円 9880円
(分割444円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49280円
(分割2217円)
AX7
※大幅安
29880円 4880円
(分割219円)
ZenFone 5 52800円 30780円
(分割1385円)
HTC U12+ 89800円 74780円
(分割3365円)
HTC U11 life 39800円 13780円
(分割620円)
LG Q Stylus 39800円 14780円
(分割665円)
Essential Phone 49800円 29580円
(分割1331円)

在庫限りなのでお早めに↓

セール中の端末一覧を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。