iPhone 11を安く買うなら

NURO光のONUを3種類使ってみた!ONU交換のやり方から自前ルーターの必要性まで解説

nuro光のonu

NURO光では、ONUを介してインターネットに接続します。

NURO光で提供されるONUは非常に優秀です。無線LAN機能が付いているため自前ルーターは不要ですし、通信速度も十分に速いです。

ただ、5種類あるONUでいくつかハズレがあります。私の場合、戸建てで利用していたこともありますが、無線LANの通信速度が3Mbps以下になったことも・・。

そんな場合でも、NURO光では無料でONUの交換が可能です。

この記事では、実際に3つのONUを使った私が、ONUの特徴や交換方法を詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.NURO光のONUはどれがいい?実際に3つ使った体験談

NURO光のONUについて、詳しく教えてください。

まず種類は5つ。性能にも差があるわ。
設定は簡単ですか?

ええ、設定は初心者でも数分で終わるわよ。

1-1.NURO光のONUは全部で5種類

まず押さえておきたいのが、ONUの種類。NURO光では、全5種類のONUが用意されています。

MEMO
ONUとはOptical Network Unitの略で、光回線終端装置のこと。

ONUの種類

有線LAN
ポート
無線LAN
規格
ダウンロード
(無線LAN)
アップロード
ZXHNF660T 3口 11 a/b/g/n 最大2Gbps
(450Mbps)
1Gbps
HG8045j 11 a/b/g/n 最大2Gbps
(450Mbps)
HG8045D 11 a/b/g/n 最大2Gbps
(450Mbps)
ZXHNF660A
※最新
11 a/b/g/n/ac 最大2Gbps
(1300Mbps)
HG8045Q
※最新
11 a/b/g/n/ac 最大2Gbps
(1300Mbps)

メーカーは、ZTEかファーウェイ製(SIMフリースマホで有名)となります。

NURO光のONUには、すべて無線LAN機能(Wi-Fi接続できる)が付いています。別途ルーターを用意する必要はありません。

【重要ポイント】最新2種類が11acに対応

5種類とも、基本性能はあまり変わりませんが、最新2機種(ZXHNF660A/ HG8045Q)は無線LAN規格が違います。

他の3機種と違い、11 a/b/g/n/acです。業界用語では、11ac(イレブンエーシー)に対応しているといいます。11acでは、Wi-Fi接続時の最大速度が1300Mbpsとなります。

11ac非対応と比べて、およそ3倍の速度です。

1-2.最新式でもHG8045Qはハズレ、ZXHNF660T/ ZXHNF660Aは良かった

さて、ここから体験談です。私は紆余曲折あって3種類のONUを使いました。

nuro光のonu

はじめに使ったのはZXHNF660T。その後、「ひかりTV」に契約したので、ひかりTV対応のHG8045Qへ。

それから、ひかりTVは解約。HG8045Qを使い続けていましたが、あまりの速度の遅さに耐えられずZXHNF660Aに交換してもらいました。

ZXHNF660T・ZXHNF660A・HG8045Qですが、有線接続では800Mbpsと3つとも満足のいく速度がでました。

nuro光の通信速度

有線接続は800Mbps超え

しかし、差が出たのは無線接続。HG8045Qは最新式なのですが、電波の指向性が直線的で狭く、戸建てでNURO光を使う我が家には不便でした。

HG8045Dも使ったことはありませんが、HG8045Qと同じタイプなので厳しいでしょう。

ONUを1階に置いて、2階で無線LAN接続したとき、通信速度がなんと3Mbps以下に(とくに夜の時間帯)。

世界最速どころか、3G回線なみの速度だったので電話してONUをZXHNF660Aに交換しました。

MEMO
今回、HG8045Qがダメだったのはあくまで戸建てだったからだと思われます。ワンルームの部屋なら、指向性が狭くても問題ないので、高速接続できるはずです。

F660のシリーズは、電波の指向性が広く、家の中でまんべんなく速度が出ます。無線LAN接続も、調子が良ければ100Mbps超え。

遅くても45Mbpsくらい出るので、とても満足しています。

nuro光のwifi接続

無線接続は45Mbpsほど(十分)

体験して分かったONUの優劣

ZXHNF660T
HG8045j 不明
HG8045D
ZXHNF660A
HG8045Q

1-3.設定はどのONUも簡単だった(少し力が必要)

ネット回線の接続は初心者にとってハードルが高いです。

ルーターを自分で設定したことがある方はわかると思いますが、パソコン側での設定や、ソフトウェアのインストールなど、何かと面倒な手順があります。

しかし、NURO光のONUは、光ケーブルを繋いで電源を入れるだけでOK。無線LAN機能が付いているのでルーターいらず。

パソコン側の設定も要らないので、ものの数分で作業は終わります。

以下、ONUの設定手順です。

MEMO
ONUによって形状は変わりますが、基本手順はすべて同じです。
STEP.1
光ケーブルを差し込む

光ケーブルの差し込み

ファイバーカバーを外して、光ケーブルを差し込みます。このとき、取り外しに結構力がいります(非常に硬い)。

STEP.2
ファイバーカバーを取り付けて、スタンドを立てる
STEP.3
電源を入れる

onuの電源

以上で完了です。無線LANのランプ(2.4G/5G)が点灯していれば、ネット接続できます(ID・パスワードは機器の裏に書かれている)。

有線LAN接続する場合は、ONU裏のLANポートに差し込んでください(LANケーブルはONUと同梱されている)。

lan接続

LANケーブルの接続

接続できたら、ONU前面のLANの部分が点灯します。

以上で、ONUの設定&ネット接続はすべて完了です。拍子抜けするくらい簡単ですよ。

1-4.その他、知っておきたいONUの特徴

知識として、NURO光で使用するONUの特徴を押さえておきましょう。様々な機能がありますが、知っておいてほしいのが以下の2点です。

2.4GHz・5GHz帯に対応

どちらが良い悪いではなく、2.4GHz・5GHzの両方に対応しているのがメリットです。2.4GHzは回線混雑に弱い半面、障害物の回り込みに強いです。

5GHzはその逆で、回線混雑に強く、障害物の回り込みに弱いです。

NURO光では、同じONUで両方の電波を飛ばしているので(○○AのSSIDが5GHz)、状況に合わせて最適な方を選択して受信できます。

簡易NAS機能対応

NAS(Network Attached Storage)とは共有化を意味します。外付けHDDやUSBメモリをONUにつなぐと、同じネットワーク内(自宅の中)で、データを共有できます。

onuのUSBポート

USBポートから接続する

HDD内の写真データを、同じONUで繋いでいるスマホで閲覧(無線LAN接続でもOK)などの使い方ができるわけです。

2.NURO光のONUはランダムで届く・・だけど、最新モデルに無料で交換できます

どうせなら、最新・最速のONUがいいんですが。料金も変わらないですし。

残念だけど、好きなONUを事前に選ぶことはできないの。
まるでガチャですね。

ただ、不満があればあとから無料で交換できるのよ。

全部で5種類あるNURO光のONU。できれば、最新式で電波の範囲が広いZXHNF660Aに割り当てられたいところ。

ただ、残念ながらどのONUが割り当てられるかは、完全にランダムとなっています。 宅内工事にて、作業員が持ってきたONUをそのまま使用する流れです。もはやガチャガチャですね。

ONUを選べない理由は、初心者に対する配慮もあるかと思います。

ネット回線に詳しくない人に、ONUはどれにしますか?なんて聞いても意味不明でしょう。在庫の偏りを無くす狙いもあるかと思います。

もし、割り当てられたONUに不満がある場合、以下に連絡すれば無料で交換できます。

NUROテクニカルセンター
0120-300-260(受付:9:00〜21:00)

交換にかかる費用は、一応1万円のルールとなっていますが、事情を話せば無料で交換してくれます。実際、私が無料交換を体験しました。

NURO側も何か不良がある可能性を考え、後のクレームを恐れて無料交換にしているのでしょう。

ちなみに、最新ではないもののZXHNF660Aに割り当てられた場合、個人的には交換の必要はないと思います。十分な速度がでます。

逆に、最新でもHG8045Qの場合は交換が必要になる可能性があります。

このあたりは、通信環境によって変わるので、実速度を計測してみて遅かったら交換を申請しましょう。

3.NURO光のONUは無線LAN(Wi-Fi)機能あり、別途ルーターを準備する必要なし

ONUだけでネットは繋がるんですか?

ええ、ONUに無線LAN機能が付いているから、他にルーターを用意する必要はないわ。

3-1.ルーターのレンタル料金は一切不要(速度の速さに並ぶNUROの魅力)

先にも述べたとおり、NURO光のONUは無線LAN機能が付いています。そのため、無線を飛ばすルーターを別途用意する必要がありません。

そんなこと別に普通なのでは?と思ってしまいますが、実は光回線サービスの多くは無線LANを使うときにルーターの用意が必要です。

ルーターの市販価格は、安くても1万円以上。レンタルサービスを利用するには、月額500円くらい取られます。

ソフトバンク光」では、自前ルーターを使うと高速通信ができるIPv6が使えないので、BBユニット(月額467円)+WiFiマルチパック(月額990円)を契約しなければいけません・・。

通信速度の速さばかり強調されるNURO光ですが、実はルーターを用意しなくていいメリットも想像以上に大きいのです。

3-2.もし自前ルーターを使う場合は、ブリッジモードにしよう

ただ、どうしてもこだわりがあって自前ルーターを使いたい人もいるでしょう。

例えば、端末(子機)の位置を把握して電波を飛ばすビームフォーミング機能を使いたい場合や、LANポート・無線LANの同時接続数を増やしたい場合など、より高性能を求めるなら自前ルーターを使うほかありません(一般の人は考えなくてOK)。

もし、自前ルーターを使う場合は、ONUではなくルーター側をブリッジモードに設定しましょう。

NURO光では、ONUの設置が必須です。そのため、ブリッジモードにするのは、必ず自前ルーター側となります(ONUがルーターモードとなる)。

3-3.補足:ONUの速度が遅いときはチャンネルの固定化を試してみよう

もし、お使いのONUの速度が上がらない場合、以下の設定を試してみましょう。

STEP.1
「192.168.1.1」にアクセス
STEP.2
アカウント・パスワードは「admin」でログイン
STEP.3
メニューから「WLAN」をタップ
STEP.4
「2.4GHz詳細ネットワーク」をタップ
STEP.5
チャンネル「3」を選び「適用」をタップ

onuのチャンネル固定

STEP.6
「5GHz詳細ネットワーク」をタップ
STEP.7
チャンネル「40」を選び「適用」をタップ

onuのチャンネル固定2

以上で完了です。何をやったかというと、チャンネルの固定化です。

チャンネル「自動」になっていると、空いている電波帯を選ぶ設定なのですが、これを固定化することで接続を安定させます。 ONU交換前に、ぜひ試してみてくださいね。

4.【まとめ】NURO光のONUは選べない・・だけど、不満なら無料で交換できます

この記事では、NURO光のONUについて詳しく解説してきました。NURO光で用意されているONUは全部で5種類。そのうち最新機器は2種類です。

無線LAN機能が付いているため、自前ルーターは用意する必要がありません(余計なレンタル代もかからない)。

ただし、ONUはどれが当たるか選べないのがデメリット。ですが、速度に不満ならあとから無料で交換できますよ。

実行速度は通信環境でも変わります。ONUが届いたら速度測定をしてみて、著しい速度低下がないか確かめてみてくださいね。

35000円キャッシュバック中↓

NURO光の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。