iPhone 11を安く買うなら

口座振替もOK!スカパーの料金支払い&支払日を完全解説

スカパー 料金支払い

スカパーに契約したいけど、料金支払いについて詳しく知りたい・・。

契約の際に心配なのが料金支払いのルールですよね。どんな支払い方法があるのか、引き落としはいつなのか、気になるところです。

そこでこの記事では、スカパーの料金支払いについて分かりやすく解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.スカパーの料金支払いは3つの方法がある

スカパーの支払い方法は何がありますか?

クレジットカード・口座振替・デビットカードの3つよ。それぞれ、少しルールが違うからしっかり確認してね。

①クレジットカード(本人名義のみ)

最もオーソドックスな支払い方法がクレジットカードです。クレジットカードは、カード会社のポイントも付きますし、支払い忘れもありません。

既にクレジットカードを持っているなら、利用しない手はないでしょう。

利用できるクレジットカード(ブランド)
VISA・マスター・UC・MUFG・JCB・OMC・セゾンカード・イオン・アメックス・ダイナース・DC・NICOS・ジャックス・オリコ・ティーエスキュービック・UCS・アプラス・ライフカード・楽天カード・NTTグループカード

一点、注意したいのが名義です。スカパーでクレジットカード払いするには、契約者とカードの名義を合わせる必要があります。

親名義で契約して、クレジットカードは子供のものを使う・・といった契約はできないので、気をつけてください。

②口座振替

クレジットカードを持っていない場合は、口座振替が便利です。スカパーでは、あらゆる銀行に対応しています。

対応銀行
都市銀行・地方銀行・ネット銀行・ゆうちょ銀行・信用金庫・信用組合

支払い方法で口座振替を選ぶ場合は、口座振替依頼書の記入&押印が必要です。スカパー側で口座振替依頼書の手続き完了するまで2~3週間ほどかかります。

初月無料のスカパーですが、もし手続きが引き落とし日までに間に合わない場合は、請求書払いとなります。

MEMO
契約者と同名義の口座なら、口座振替依頼書の記入が要らないWEB口座振替受付サービスが利用できます。

③デビットカード(一部のみ)

以前はデビットカード非対応でしたが、現在一部のデビットカードが利用可能となっています。

利用できるデビットカードブランドはVisaのみ。どのデビットカードが使えるかは残念ながら、非公開となっています。

口コミでは、スルガ銀行Visaデビットカード、楽天銀行Visaデビットカードは審査に通ったとの情報があります。

クレジットカードを持っておらず、さらに口座振替払いを使いたくないなら、デビットカードを試すのもありでしょう。ただし、Visa以外は審査に落ちるので注意してください。

また、デビットカードは銀行口座から料金を引き落とす仕組みなので、必然的に口座も必要となります。

2.スカパーの料金支払い日(引き落とし日)はいつ?

引き落としはいつですか?期日に間に合わないと怖いので事前に知りたいのですが・・。

クレジットカード・口座振替・デビットカードで、バラバラだから決まりはないわ。

スカパーの料金支払い日は以下となります。

  • クレジットカード:カード会社による
  • 口座振替:26日
  • デビットカード:6日

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

2-1.クレジットカードはカード会社による

クレジットカード、デビットカードについては、カード会社の引き落とし日がスカパーの支払い日となります。

主なクレジットカードの支払日

締め日 引き落とし日
楽天カード 月末 翌月27日
三井住友カード 15日か月末 翌月10日か翌月26日
JCBカード 15日 翌月10日
セゾンカード 月末 翌々月4日
セディナカード 月末 翌月27日
ライフカード 5日 当月27日か翌月3日
オリコカード 月末 翌月27日

クレジットカードの支払日は、各カード会社の説明書や公式サイトに記載されているので、上記のカード以外の方はそちらから確認しておきましょう。

なお、引き落としに間に合わなかった場合は、スカパーではなくクレジットカード会社から連絡が来る流れとなります。

2-2.口座振替は26日、デビットカードは6日に引き落とし

口座振替の場合は、毎月26日に自動引き落としとなります。デビットカードは毎月6日の引き落とし。

支払い方法に関わらず、初月は無料なので初回請求は契約翌月からです。

給料日が27日の方が多いと思います。ですので、口座振替の方は前日の26日に口座残高が支払い金額を下回らないように注意してください。

デビットカード払いの方も、6日までに口座残高を空にしないようご注意を。

2-3.請求は当月締め

スカパーの請求は当月締めの当月請求となります。よくある月末締め、翌月請求ではありません。

月初の時点で、契約しているチャンネルの請求が確定するシステムです。

明細の表示について

明細表示ですが、クレジットカード払いは「スカパー視聴料等」となります。

口座振替の場合は、「スカパー(セディナ」「セディナ(スカパー」「セディナ」「セディナ(クオーク」のいずれかとなります。

口座振替の方は、セディナの表示を見て身に覚えがない請求だと思わないように。

3.スカパーの料金支払いに関するQ&A

最後に、料金支払いに関する疑問点をまとめたから、確認してちょうだい。

Q1.スカパーオンデマンドの支払い方法はどうなる?

スカパーのコンテンツを、スマホやタブレットで楽しめるスカパーオンデマンド。スカパーに契約していれば、契約ちゃんねるはそのままスカパーオンデマンドで視聴できます。

そのため、スカパーに契約している方は、とくに新たな支払いを登録する必要はありません。

ですが、もし本家のスカパーとスカパーオンデマンドの支払いを分けたい場合は、口座振替とデビットカードが使えません。

スカパーオンデマンド単体(スカパーと合算請求しない)の支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替・デビットカード払いの方で、スカパーオンデマンドを利用する場合は、スカパーオンデマンド側で料金が発生しても、スカパーと合算請求となるので注意しましょう。

Q2.途中で支払い方法は変更できる?

新たにクレジットカードを作ったから、口座振替から支払い方法を変更したい・・といったケースでも、スカパーは簡単に支払い方法を変更できます。

変更手順は以下のとおりです。

支払い方法の変更手順

  1. Myスカパー!へログイン
  2. 「お客様情報の確認・変更」をタップ
  3. 「お支払い情報」の横、「変更はこちら」をタップ
  4. 「ご請求番号の選択」にて変更希望の請求番号にチェック
  5. 「お支払い方法」にて希望の支払い方法にチェック
  6. 「申し込む」をタップ

口座振替に変更する場合は、「お支払い方法」で口座振替を選んだ後に、金融機関の情報を入力します。

WEB口座振替受付サービスに対応している銀行」なら、口座振替依頼書は不要です。

Q3.支払いに遅れた場合、どうなる?

まず、1ヶ月の遅れでは視聴不可とならないので安心してください。しかし、2ヶ月支払いに遅れると、契約チャンネルの視聴が止まります。

請求方法ですが、1ヶ月遅れは翌月に合算請求で、2ヶ月遅れはコンビニ決済・銀行決済・現金振込用紙のいずれかで支払います。

支払いが遅れた場合まとめ

  • 1ヶ月遅れ → 翌月に2ヶ月分の合算請求(視聴制限はない)
  • 2ヶ月遅れ → コンビニ決済・銀行決済・現金振込用紙のいずれか(視聴は止まる)

視聴が止まるタイミングですが、コンビニ決済・銀行決済の場合は請求書記載の支払期日から、現金振込用紙の場合は26日19時からとなります。

4.【まとめ】スカパーの料金支払いについて、正しく理解しよう

この記事では、スカパーの料金支払いについて詳しく解説してきました。支払い方法としては、クレジットカード・口座振替・デビットカードの3種類があります。

デビットカードは審査落ちの可能性があるので、なるべく避けたほうが無難です。

クレジットカードは、ほぼすべてのカードブランドに対応。口座振替も、地方銀行まで幅広く対応していますよ。

支払日はクレジットカードはカード会社によります。口座振替は毎月26日、デビットカードは毎月6日なので、残高不足には注意して下さいね。

スカパーの申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。