プロミスの返済額はいくら?毎月のシミュレーションと返済額の減らし方

プロミスの返済額

プロミスの返済額ってどれくらいなんだろう・・・

いざプロミスで借り入れようと決心しても、気になるのが返済額。毎月の請求がどれくらいか分からないのは不安で仕方ありませんよね。

プロミスでは、借り入れと同時に最低返済額を自動で算出してくれます。

この記事では、最低返済額の決まり方から返済額を減らす方法まで詳しく解説していきますよ。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.プロミスの返済額はどうやって決まる?

プロミスの返済額ってどうなるんでしょう?

まずは、最低返済額が決まる仕組みを知ることが大切よ。

1-1.最低返済額は残高スライド元利定額方式によって変わる

プロミスは残高スライド元利定額返済方式と言って最終借入残高によって返済額が変わるシステムとなります。

残高スライド・・?

あまり難しく考えないで。借り入れた金額によって、最低返済額が変わる仕組みのことよ。

今月5万円の借入残高でも来月40万円になれば、返済金額は変わります。クレジットカードのリボ払いと同じシステムです。

プロミスの最低返済額

借入残高 最低返済額 返済回数
30万円以下 借入後残高×3.61% 36回まで
30万~100万円 借入後残高×2.53% 60回まで
100万円以上 借入後残高×1.99% 80回まで

※1000円未満は切り上げ

例えば、20万円借りたとすれば、最低返済額は3.61%をかけて7220円です。30万円以下の場合、大雑把な数字ですが消費税の半分くらいと考えておくといいでしょう。

なお、プロミスの最低返済額は大手消費者金融の中では標準程度です。銀行系カードローンなら最低返済額をもう少し安く抑えることができる場合があります。

1-2.毎月の返済シミュレーション

う~ん、返済の仕組みは分かりましたけど、毎月どれくらい支払うのかイメージが掴みづらいです。

そういうと思って、借入金額別にシミュレーション表を作ったわよ。

借入金額に応じた最低返済額

借入金額 最低返済額 返済回数 総返済額
5万円 2000円 32回 62923円
10万円 4000円 32回 123864円
20万円 8000円 36回 251743円
30万円 11000円 53回 387289円
50万円 13000円 58回 746160円

20万円を超えてくると、総返済額がかなり高いと感じることでしょう。ただし、この表はあくまで最低返済額で全額支払った場合の計算です。

返済額を上げたり繰り上げ返済したりすれば、総返済額を下げることは可能です。

返済額の確認方法

毎月の返済額は会員ページにて確認できます。

返済額のうち、元金に充当されたのがいくらなのかも表示されるので、確認してみましょう。会員ページはスマホからもログイン可能です。

1-3.最初の返済は元金がなかなか減らないので注意

元金とは、利息を含まない借入金そのものをいいます。100万円借りたなら元金は100万円です。

当然ながら、プロミスは元金に対してお金のレンタル料とも言える利息を積み重ねて請求します。

最低返済額で返済していく場合、はじめはなかなか元金が減りません。とくに、借入金が大きい場合は注意が必要です。

例えば50万円借りた場合、初回の最低返済額は13000円。このうち元金に充てられるのは5584円で、利息に充てられるのは7416円です。

つまり、元の借入金である元金より、利息の返済の方が大きくなります。ただ、借入残高が減るに従って元金の返済割合は増えていきます。

返済を続けていれば、元金が利息を上回るときが来る

50万円借りた場合は、10回目の返済で利息より元金の支払いが上回ります。そして、返済50回目では元金11489円、利息1511円とほぼ元金の返済となります。

なかなか借金が減らない・・そんな地獄のループに陥る人は、はじめの返済が滞りなかなか元金が減らないのが原因です。

最初に、利息に充てる割合が大きくなるのは仕組み上しかたないこと。ここを乗り切れば(最低返済額ならおよそ10回)、あとは元金がどんどん減っていきます。

1-4.返済額が足りない場合はどうなる?

今月の返済額がどうしても足りない・・。

そんな場合は、プロミスに連絡して利息だけの一時的な支払いに切り替えてもらうのが一番いい手段となります。利息だけの返済なので、返済額は大幅に減らせます。

ただし、利息だけの支払いは当然ながら元金が減らないので、あくまで一時的な緊急措置として行いましょう。

ちなみに、利息だけを返済するにはプロミスへ必ず相談の連絡を入れる必要があります。公式には案内されていない方法なので、あくまで担当者と相談のうえ決めるといった形です。

一番やってはいけないのが返済の遅延

プロミスに相談せず、返済額が足りないからと言って放置していれば、遅延損害金(延滞利息)が発生します。

遅延損害金の遅延利率は20%。仮に10万円の返済を1ヶ月遅れたとしたら、遅延損害金は以下となります。

遅延損害金の例(10万円)

10万円×20%(遅延利率)÷365日×40日=2192円

この金額が通常の返済額に上乗せされます。

返済の遅延はプロミスからの信頼も失います。返済額が足りない場合は、必ず事前の相談を入れましょう。

2.プロミスの返済額を減らすには?

少しでも返済額を減らしたい場合、どうすればいいですか?

まず、返済額自体を減らすのは無理よ。だけど、利息を減らしてトータルの支払いを安く済ませる方法ならあるわ。詳しく説明するわね。

①繰り上げ返済を行う

プロミスは完済から逆算して毎月の最低返済額を決定します。

決まった返済額は残高スライド式の仕組み上、固定されて変わりません。そのため、返済額自体は残念ながら減らすことはできません。

ですが、繰り上げ返済で追加入金を行えば、利息の総返済額を減らすことが可能です。利息は借入期間が長ければ総支払額が大きくなります。

最低返済額で返済し続けると、最大限の利息を支払うことになるのです。

ボーナスの時期など一時的に返済額を増やせる場合は、少しでも追加入金を行って総返済額を減らしましょう。

②短期借入なら無利息期間サービスを利用

初めてプロミスを利用する場合に限りますが、30日間の無利息期間サービスを利用できます。

30日間の無利息期間サービスはその名の通り、30日以内なら利息無しで元金のみの返済で済むサービスです。

今月10万円だけ借りたい、といった短期借入なら積極的に活用しましょう。

手数料も気にかけよう

できれば、プロミスの返済は振込手数料をかけたくないところ。100~200円とはいえ、積み重なるとバカになりません。

手数料なしで返済するならプロミスATMか三井住友銀行ATMを使います。

あるいは、コンビニのメディア端末(ロッピーとファミポート)でも手数料無料で返済できるので、ぜひ活用してみましょう。

3.【まとめ】プロミスの返済イメージを持とう

この記事では、プロミスの返済額について詳しく解説してきました。プロミスの返済額は、借入金額に応じて最低返済額が決まる仕組みです。

決まった最低返済額は完済まで固定されるリボ払いシステムとなっています。

返済額を減らすには繰り上げ返済が最も有効的。余裕のあるときは、少しでも利息を減らすため繰り上げ返済を行いましょう。

どうしても返済額が足りない場合は、プロミスに相談して利息だけの返済に切り替えてもらってくださいね。

プロミス【2019年】プロミスのメリット・デメリットから借り入れにおすすめな人まで完全解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。