iPhone 11を安く買うなら

プロミスの金利は高い?他社との比較と金利を下げる方法

プロミスの金利

プロミスで借入したいけど、金利地獄に陥りそうで心配・・

普段、消費者金融を利用しない人にとって、金利と聞くと抜け出せない無限ループのように感じてしまいますよね。

金利が高くて全然返済できない・・そんな話もドラマや漫画ではお馴染み。プロミスも、金利が高すぎるのではと心配になるのは無理もありません。

そこで、今回はプロミスの金利を徹底解説。他社と比較して金利は高いのか、実際の返済はどうなるのか、などなど詳しく説明していきますよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.プロミスの金利は高い?

いきなりですけど、プロミスの金利って高いんですか?

消費者金融の中では最安よ。

さっそく、プロミスの金利について詳しく見ていきましょう。

1-1.金利(実質年率)は年4.5~17.8%

プロミスの金利(実質年率)は、4.5~17.8%です。この数字には、あらゆる経費や手数料が含まれる実質年率となります。

金利が固定でない理由は、

  • 元金
  • 借入実績

が異なるからです。はじめての借入では、借入・返済実績が無いので、上限の17.8%が適用されるケースが多いです。

4.5%の適用は利用限度額500万円が基本

プロミスの利用限度額は500万円です。そして、最低金利の4.5%が適用されるのは、この500万円借入が基本となります。

総量規制(年収の3分の1以上借りられない)のルールで、500万円借りる場合は年収1500万が必要。

そのため、ほとんどの人は再低金利4.5%の適用は、まず無理だと思っておきましょう。

1-2.返済方式は残高スライド元利定額返済方式を採用

プロミスをはじめ、多くの消費者金融・クレジットカード(キャッシング枠)では、残高スライド元利定額返済方式を採用しています。

残高スライド元利定額返済方式?

借り入れるお金の大小によって返済額が変わるという意味よ。

その意味は、借入残高(元金)に応じて毎月の返済額が変わる仕組みのこと。毎月の返済額は一定なのですが、借入残高に減るに従って利息も下がっていきます。

1-3.利息・返済シミュレーション

金利(実質年率)4.5~17.8%と言われてもいまいちピンと来ませんよね。一体、いくら返せばいいのかイメージが付きません。そこで、借入額に応じて利息・返済シミュレーションを行ってみました。

※利息とはお金のレンタル料のことです。利子とほぼ同意。友だちから1000円借りたら、お礼に1100円にして返す。このときの100円が利息となります。

プロミスから1/5/10万円借りた場合の利息

借入額 利息 毎月の返済 返済額
1万円 297円 3432円 10297円
5万円 1489円 17163円 51489円
10万円 2980円 34327円 102980円

※返済は3ヶ月後、金利は17.8%で計算

利息は同じ金利でも返済期間によって変わります。10万円を借りて1年後に返済する場合は、利息9894円に。3ヶ月で返せば、上記の通り利息2980円です。

なお、余裕があるときに繰り上げ返済すると、利息をどんどん減らすことができます。逆に、返済を延滞すると利息が膨らむので注意が必要です。

1-4.他社の金利と比較すると良心的

さて、いよいよ本題の金利比較。プロミスの金利は他社と比べて高いのでしょうか。

結論を言うと、大手消費者金融ではかなり有利な金利となっています。

金利
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%
4.5%~で、プロミスはむしろ高くないですか?

下限金利はね。だけど、最初に適用されるのは上限金利。ここを比べてちょうだい。

あれ、プロミスは4.5%~だけど他社は3.0%~だから高いのでは?と感じたかもしれません。

ですが、比較すべきは上限金利です。初めての借入では上限金利を適用されるケースがほとんどだからです。

また、100万円借りてようやく金利が15%を切る世界なので、借入額が大きくても上限金利の設定となる場合が多いです。

そう考えると、上限金利17.8%のプロミスは良心的です。他社と比べて0.2%の違いとはいえ、積み重なると大きな差となります。

1-5.銀行カードローンと比べると高い

同業の消費者金融と比べると、プロミスの金利はトップクラスに安いです。しかし、銀行カードローンと比較すれば、さすがに負けてしまいます。

金利
プロミス 4.5~17.8%
みずほ銀行 2.0~14.0%
三菱UFJ銀行 1.8~14.6%
三井住友銀行 4.0~14.5%
りそな銀行 3.5~12.475%

この他、楽天銀行やジャパンネット銀行など、ネット系の銀行と比較してもプロミスの金利のほうが高いです。

ただし、銀行カードローンはご存知通り審査が厳しく、即日融資もなし。そのため、単純に銀行カードローンの方がすべて優れているとは言えません。

1-6.プロミスの金利はどんどん下がっている

参考までに、プロミスの金利は年々下がってきています。以下が金利の歴史です。

プロミスの上限金利

  • 1984年:39.5%
  • 1987年:36.5%
  • 1988年:32.0%
  • 1989年:29.2%
  • 1995年:25.55%
  • 2010年:20.0%
  • 現在:17.8%

上限金利が変わる理由は、国が定める利息制限法が改定されるからです。

消費者金融は、儲けると何かとやり玉に挙げられることが多く、社会情勢に合わせて金利がどんどん引き下げられる傾向にあります。

現在は、4.5~17.8%でしばらく落ち着いていますが、また今後金利が変わるかもしれません。

なお、当たり前ですがプロミスは違法金利ではありません。プロミスはSMBCグループの超大手企業。当然ながら利息制限法を順守しています。

2.プロミスの金利を下げる3つの方法

どうにか金利を下げる方法ってありませんか?

いくつかあるから、説明していくわね。

プロミスでは、以下の方法で金利を引き下げることができます。

  • 初めての借入なら30日間無利息サービスを活用
  • 実績を作って金利の引き下げ交渉する
  • 100万円以上、借り入れする

それぞれ詳しく解説していきましょう。

(1)初めての借入なら30日間無利息サービスを活用

30日間無利息サービスは、よく宣伝で見かけます。

プロミスの看板とも言える特典よ。

どんなに年収が高くても、初めての借入で金利を引き下げるのはほぼ確実に無理です。実績が無い状態では、交渉の余地がありません。

しかし、逆に初めての借入のときだけ使える裏ワザが。それが、30日間の無利息サービスです。

このサービスはその名の通り、30日以内の返済なら利息が0になるというもの。つまり、タダでお金を借りることができます。

30日は借入翌日からカウントスタート。WEB返済でもATM返済でも30日以内なら無利息です。

20万円借りると、およそ3000円の利息が発生しますが、こちらもすぐに返せば0円になるというわけです。

今すぐお金を借りたいけど、返済はすぐできる。そんな場合は、30日間無利息サービスを活用しましょう。銀行カードローンより安く借りることができますよ。

POINT
30日間無利息期間サービスを利用する場合は、メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要となります

(2)実績を作って金利の引き下げ交渉する

ある程度、返済実績が付いてくると金利を引き下げることができます。返済実績で大事なのは信頼。毎月の返済が滞っていないことが絶対条件です。

では、どれくらい実績を作ればいいのか?

これに関しては情報がブラックボックスなので分かりませんが、口コミから数年の実績は必要そうです。

また、借入額の大きさも関係しているので、何とも言えないのが正直なところ。下がる金利幅ですが、およそ1%の引き下げは十分に期待できます。

増額審査である程度「信頼力」をテストできる

プロミスにどれくらい信頼されているのか図る方法が一つあります。それは、増額審査を行うことです。もし増額審査が通れば、プロミスから信頼されている証拠となります。

ですので、金利の引き下げ交渉も受け入れてくれる可能性が高いです。逆に、増額審査に落ちた時は、金利の引き下げ交渉は拒否されるでしょう。一つの目安として使ってみて下さい。

(3)100万円以上、借り入れする

単純な方法ですが、100万円以上の借入を行えば金利は15%以下に下がります。その理由は、利息制限法で決められているからです。

そのため、金利だけを見るなら90万円を借りるより+10万円で100万円借りたほうが金利を引き下げられます。

たくさん借りればいいということを勧めているわけではないので、無理に高額の借入を行わないよう注意して下さいね。

なお、プロミスは総量規制があるので、100万円借りるには年収300万円以上必要なことも覚えておきましょう。

3.【まとめ】プロミスの金利は17.8%スタートが基本!他の消費者金融より上限金利が安いです

この記事ではプロミスの金利(実質年率)について詳しく解説してきました。まとめると、プロミス金利は4.5~17.8%。

初回の借入は上限金利17.8%の適用が基本です。そして、他社と比較したときの金利は、0.2%安くなっています(上限金利で比較した場合)。

消費者金融からお金を借りるなら、プロミスは非常に有利です。また、金利を引き下げる方法もいくつかあるので、事前に目を通しておいて下さいね。

プロミス【2019年】プロミスのメリット・デメリットから借り入れにおすすめな人まで完全解説

CHECK!

プロミスの申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。