LINEモバイルでau回線がスタート!詳しいプラン内容と注意点をまとめました

lineモバイル au回線

はじめはドコモ回線しか対応していなかったLINEモバイル。2018年にソフトバンク回線を提供開始。そして2019年からau回線の提供が始まりました。

今回は、LINEモバイルのau回線について徹底解説。ドコモ・ソフトバンク回線との違いや契約の注意点、他社のau回線との比較など行っています。

ぜひ、参考にして下さいね。

5ヶ月半額

LINEモバイル

1.ついに3キャリア対応!LINEモバイルがau回線を提供開始(2019年4月~)

そもそも、どうしてau・ドコモ・ソフトバンクで回線が分かれているんですか?

LINEモバイルに限らず格安SIMは3大キャリアから回線を借りて運用しているの。
LINEモバイルが3キャリアに対応するメリットは何ですか?

一番は、どのキャリアからでもLINEモバイルへの乗り換えがスムーズになることね。

1-1.auユーザーはSIMロック解除無しで乗り換え可能に

au回線を利用できる一番の利点はコレ。auユーザーの乗り換えやすさです。

今使っているauスマホでLINEモバイルを使いたい場合、au回線を選べばSIMカードを差し替えるのみで乗り換えできます。

lineモバイル au回線

一部SIMロック解除(他社で端末を使えなくするロック設定の解除)が必要なのですが、ほとんどの端末はそのまま乗り換えOK。

詳しくは、「動作確認済端末のページ」にて手持ちのauスマホが使えるかチェックできます(au回線はできたばかりなので、動作検証の数はまだ少ないです)。

動作確認済端末動作確認済端末のページ

毎月8000円かかっていたauのスマホ代が、LINEモバイルのSIMに差し替えると2000~3000円程度まで下がりますよ。

au版iPhoneは8以降からSIMロック解除不要で乗り換えできる

auでiPhoneをお使いの方は、iPhone 8以降からSIMロック解除なし(SIM差し替えのみ)で乗り換えできます。

iPhone 6s/7/SEは「SIMロック解除の手続き」が必要なので、ご注意を。

iPhone 6以前(6 Plus含む)はLINEモバイルで利用不可。同じau回線の「UQモバイル」にて利用可能です。

1-2.通信エリアはauと同じ!地下鉄・地方もauエリアなら繋がる

au回線の通信エリアは、本家auとまったく同じです。auの電波が入るエリアなら、地方はもちろん地下鉄でも繋がります。

音声通話回線も同じなので、通話品質もauと変わりません。

通信エリアについて詳しくは、こちらの「auサービスエリア」にて確認して下さい。4G LTEのサービスエリアが、そのままLINEモバイル au回線のサービスエリアとなっています。

1-3.ただし、通信速度はauより遅い(特にお昼)

通信エリアはauと同じなのですが、通信速度は同じ回線でも異なります。その理由は、回線混雑時にauユーザーを優遇するから。

お昼の12時半頃になると、LINEモバイルでは速度低下が起こります(au・ドコモ・ソフトバンク回線ともに)。

この時間帯の通信速度は、だいたい1~3Mbps(ギリギリ動画再生できるくらい)です。その他の時間帯は快適です。

LINEモバイルのドコモ・ソフトバンク回線と比較した場合ですが、ユーザー数の少ないau回線の方が有利です。LINEモバイルの通信速度について詳しくは、「こちらの記事」も参考にして下さい。

1-4.料金プランはドコモ・ソフトバンク回線と変わらず

料金プランは変わりませんか?同じ3キャリア対応でもmineoは回線によって料金が変わりますが・・。

LINEモバイルはすべての回線で料金は同じよ。

気になる料金プランですが、ドコモ・ソフトバンク回線と同じです。

LINEモバイルの料金プラン

■LINEフリープラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 500円 1200円

※カウントフリー:LINEアプリ
※ドコモ・ソフトバンク回線のデータSIMは+120円でSMS機能ありにできる

■コミュニケーションフリープラン

データ容量 月額料金
データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

※カウントフリー:LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebook

■MUSIC+プラン

データ容量 月額料金
データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

※カウントフリー:LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

圧倒的に人気なのが、コミュニケーションフリープランです。

LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebookがカウントフリーで使い放題(プラン価格込)。それでいて、月額1690円~(データSIMは1110円)からと破格の安さです。

ちなみに、音声通話SIM(電話番号付きのSIMカード)では、手持ちの電話番号を引き継ぐMNPも対応しています。

その他の基本サービスも同じ

ちなみに、au回線とドコモ・ソフトバンク回線は、以下のサービス内容もすべて同じです。

  • 新規事務手数料:3000円
  • SIMカード発行手数料:400円
  • 最低利用期間(音声通話SIMのみ):12ヶ月
  • 解約金(音声通話SIMのみ):9800円
  • データチャージ:500MBあたり500円
  • 端末保証オプション:月額450円
  • 10分かけ放題:月額880円

1-5.LINEフリープランのデータSIMはau回線が少しお得

基本的に、au回線もドコモ・ソフトバンク回線と同じ料金プランではありますが、1点だけLINEフリープランのデータSIMにてau回線がお得です。

その理由は、au回線だけ500円のデータSIMプランにSMS機能が付いているから。

ドコモ・ソフトバンク回線のデータSIMは、SMS機能を付けるなら+120円(月額)が必要です。

しかし、au回線のデータSIMなら追加料金無しでSMS機能を使えます。 ドコモ・ソフトバンク回線と比べて月額120円お得というわけですね。

SMS付きデータSIMの月額料金(LINEフリープラン)

  • au回線:月額500円
  • ドコモ・ソフトバンク回線:月額620円

1-6.通話オプションの内容は微妙に異なる

基本プランはドコモ・ソフトバンク・au回線とも同じなのですが、通話に関するオプションサービスは微妙に異なります。

詳しくは以下の通り。

通話オプションの月額料金

au回線 ドコモ回線 ソフトバンク回線
留守番電話プラス 300円 300円 300円
割込通話 200円 200円 200円
グループ通話 200円 200円
通話明細 100円 100円 100円
迷惑電話ストップ 100円 無料 100円
留守番電話 無料
転送電話 無料 無料 無料
国際電話 無料 無料 無料

とくに、どの回線が有利というのはありませんが、強いてあげるなら留守番電話(最大30件まで保存)を無料で使えるソフトバンク回線が一枚上でしょうか。

なお、通話オプションは、不要ならもちろん加入しなくてOKです。

2.注意!LINEモバイルのau回線は、まだサービスが万全ではない

au回線のサービスはドコモ・ソフトバンク回線と変わらないと認識して大丈夫ですか?

基本はOKだけど、au回線は細かいところでまだ非対応のサービスがあるの。致命的ではないんだけれど。どこに違いがあるのか説明するわね。

2-1.回線変更・機種変更のサービスはなし

まず、au回線は回線変更の手続きができません。回線変更とは、音声通話SIMに限り3000円の手数料で利用回線を途中変更すること。

現状、回線変更はドコモ回線↔ソフトバンク回線のみ受付可能となっています。

また、LINEモバイルには契約途中に端末を買い換える「機種変更サービス」があるのですが、au回線はまだ対応していません。

なお、端末セット(SIMカード+格安スマホ端末)での新規契約はau回線でも利用可能です。

2-2.即日受け渡し店舗の契約は不可(WEB契約しよう)

LINEモバイルの契約手続きができる店舗は全国に600箇所以上。即日受け渡し対応の店舗も増えてきました。

ですが、残念なことにau回線での店舗契約(即日受け渡し店のみ)は利用不可に。今後の対応予定も分かりません。

店舗契約は即日受け渡しでなければ意味がありません。そのため、au回線を使いたい方は、WEB契約を行いましょう。

LINEモバイルのWEB契約は10分程度で簡単に終わります。詳しくは、以下の記事を参考にして下さい。

【図説・MNP対応】LINEモバイルの申し込み・契約方法

2-3.SIMカードサイズの選択はマルチだけ

LINEモバイルで手持ちの端末を使う場合は、SIMカードのみ契約します。

このとき、契約途中でSIMカードサイズを選ぶのですが、au回線はマルチサイズしか選択できません(特にデメリットではありません)。

マルチサイズ

SIMカードサイズは、標準・nano・microの3種類あります。au回線はマルチサイズで申し込んだあと、SIMカードが手元に届いてから必要なサイズに切り離します。

最初からSIMカードサイズを指定して契約するドコモ・ソフトバンク回線とは微妙に違うので注意して下さい。

2-4.その他、準備中のサービス(LINEのID検索もまだ)

以下のサービスに関しては、au回線は執筆時点で非対応。今後、順次対応していくとのことです。

au回線のみ非対応

  • LINEのID検索(年齢認証)
  • データプレゼント
  • データ残量確認(日次)

2019年度中には対応するとのことなので、気長に待ちましょう。

3.他社のau回線プランと比べてLINEモバイルはどうなの?

う~ん、他の格安SIMのau回線も気になります。LINEモバイルと違いはありますか?

同じau回線なら、通信速度はUQモバイルを除いてほぼ同じ。だけど、各社で独自のサービス内容が変わるの。
LINEモバイルは有利ですか?

安さを求めるなら一番おすすめよ。

3-1.カウントフリーを考慮すれば実質最安値

他の人気格安SIM(au回線)とLINEモバイルを比較してみましょう。

au回線の料金比較

3GB 5GB 10GB
LINEモバイル 1690円 2220円 3220円
UQモバイル 1980円
楽天モバイル 1600円 2150円 2960円
BIGLOBEモバイル 1600円

※UQモバイルは5分かけ放題付き(2年目から+1000円)

他社と比べて大きな差はありませんが、LINEモバイルの料金にはLINE・SNS(Twitter・Instagram・Facebook)のカウントフリーが含まれています。

そのため、他社と同じくらいの利用料金でも、実際は他社より+3GB以上は利用できる計算に。とくにInstagramのデータ消費を0にできるのは大きいです。

カウントフリーを考慮すれば、LINEモバイルはau回線の中で最安値クラスと言えるでしょう。

3-2.使い方によっては他のau回線もあり!おすすめ3選

他社のau回線と比べて利用料金の安いLINEモバイル。基本的に一番おすすめなのですが、利用用途によっては別のau回線を使うのもありでしょう。

通信速度重視ならUQモバイル

UQモバイルはLINEモバイルと比べて利用料金は割高です。そのかわり、通信速度の速さはUQモバイルの方が上。お昼の速度低下もありません。

多少高くても、通信速度を重視するならUQモバイルです。

>>UQモバイルの詳細へ

楽天スーパーポイントを貯めたいなら楽天モバイル

楽天モバイルを使うと、楽天市場でのポイント獲得が常に2倍に。 楽天カードの利用など他の条件も合わせれば、最大で6倍までポイント獲得率を増やせます。

当然、LINEモバイルには無いサービスです。熱心な楽天ユーザーの方は楽天モバイルを選ぶといいでしょう(通信速度はやや遅いので注意)。

>>楽天モバイルの詳細へ

Youtubeが好きならBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルではYoutubeを含む動画アプリ見放題のサービスを月額480円のオプション料金で利用できます。

動画見放題は、LINEモバイルだけでなく他の格安SIMにも無いサービスです。SNSより動画が好きの方は、BIGLOBEモバイルを選ぶほうがお得です。

>>BIGLOBEモバイルの詳細へ

4.【まとめ】auユーザーはLINEモバイルのau回線を使ってみよう

この記事では、LINEモバイルのau回線について詳しく解説してきました。au回線の契約が最もおすすめなのは現auユーザーの方です。

iPhone 8以降なら、SIMカードを差し替えるだけで乗り換え可能。いますぐスマホ代を3分の1程度まで安くできます。

au回線はドコモ・ソフトバンク回線とプラン内容は変わりません。まだ、非対応のサービスはありますが、致命的では無いのであまり気にしなくていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。