iPhone 11を安く買うなら

快適なハワイ旅行に!おすすめのレンタルWiFiを比較

ハワイのレンタルwifi

ハワイでネットが使えなくなったらどうしよう・・。

ハワイにも無料Wi-Fiはありますが、一部のショッピングモールに限られるので、常にネット接続できるわけではありません。そんなときに心強いのがレンタルWiFiです。

筆者も、ホノルルマラソンに出場するためハワイに出かけましたが、レンタルWiFiは非常に役立ちました。

レンタルWiFiがあればGPSで街を散策できるので、旅行プランの幅が広がりますよ。

レンタルWiFiは空港で1~3分あれば、受取できます(もちろん宅配も可)。この記事を参考に、ぜひ活用してみて下さいね。

1.ハワイ旅行・出張におすすめのレンタルWiFi5選

ハワイのレンタルWiFiなんて、どこを使えばいいのかサッパリ分かりません。

無理もないわ。普段使わないものね。本当におすすめできるレンタルWiFi会社を絞ったから、参考にしてちょうだい。
ALOHA DATA GLOBAL
WiFi
jetfi Wi-Ho! イモトの
WiFi
空港受取 丸 丸 丸 丸 丸
宅配受取 丸 丸 丸 丸 丸
現地受取 丸 丸
1日料金
(大容量)
690円 1270円 1280円 1050円 1580円
1日料金
(無制限)
930円 1580円 1850円
同時接続 10台 5台 5台 5台 5台
空港
カウンター
少ない 多い 普通 普通 普通

上記のレンタルWiFi会社は、ハワイ全域の通信エリア(オアフ島・マウイ島・ハワイ島・カウアイ島)をカバーしています。

通信速度も全社で日本のスマホと同じ4G LTEに対応しています。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

1位:ALOHA DATA【他社と比べて半額の安さ】

ALOHAデータ

ハワイのレンタルWiFiで最強なのがALOHA DATAです。他社と比較して、およそ半額の安さです。

安さの理由は、空港カウンターの少なさ。主要空港でしか受け取れないため、この金額を実現しています。通信速度は普通に速いです(他社と変わらない)。

国内での受け取り空港が少ないALOHA DATAですが、ワイキキのオフィスに行けば現地受け取りも可能に。 移動中のレンタル料金を節約できます。

また、現地オフィスのスタッフはフレンドリーなので、ハワイ観光について何でも質問できますよ。

なお、USBカーチャージャーも無料でレンタルできるので、レンタカーでハワイを回る方は重宝できます。

3つのプランが用意されていますが、最安のアロハデータBIG(1日700MBまで)でも、十分に大容量です。 家族・友だちと利用しても、ちょうどいいデータ容量ですよ。

料金プラン

アロハデータ
BIG
アロハデータ
basic
スーパー
アロハデータ
データ容量/日 700MB 700MB 無制限
利用料金
1日あたり
690円 780円 930円
利用料金
1ヶ月
15000円 18000円 21000円
持続時間 8時間 13時間 17時間

空港カウンター

成田・羽田・中部・関西

同時接続

5台まで

>>ALOHA DATAで予約する

2位:GLOBAL WiFi【現地で受取・返却OK】

GLOBAL wifi

国内最多の空港窓口を誇るGLOBAL WiFi。東名阪以外の空港を利用する方は、第一候補に入れましょう。

GLOBAL WiFiは現地受け取り&返却が可能です。 受け取りは、ワイキキの中心街にあるオフィスにて。返却はホノルル国際空港で手続きできます。

ハワイは時差があるので、現地で受け渡しすると最大2日もレンタル料金を浮かせることできますよ。

なお、国内空港で手続きする際、羽田・成田・中部・関空・伊丹なら、スマホのQRコードを使ってロッカー受け取りも可能です(カウンターも用意されているのでご安心を)。

行きと帰りは、空港が変わってもOKです。

料金プラン

4G-LTE 4G-LTE
大容量
4G-LTE
超大容量
データ容量/日 300MB 600MB 1.1GB
利用料金
1日あたり
970円 1270円 1470円

空港カウンター

成田・羽田・旭川・新千歳・仙台・新潟・小松・静岡・中部・関西・伊丹・福岡・大分・鹿児島・宮崎・那覇

同時接続

5台まで

>>GLOBAL WiFiで予約する

3位:jetfi【最大90日の長期プランあり】

jetfi

100カ国以上の通信エリアをカバーするjetfi。利用料金がやや高い代わりに、バッテリーがとても大容量です。

15時間の連続利用が可能で、WiFi端末を持って1日中ハワイを歩き回っても充電が切れません。 また、スマホへの給電も可能です。

ハワイ向けのプランでは、「アメリカ本土・ハワイ使い放題」が用意されています。

1GBプランを申し込んだ場合、使い放題に(1580円/日)。また、500MBプランに+250円でも使い放題となります(1530円/日)。同じ使い放題なら、500MBプラン+250円がお得ですね。

なお、30日~90日の長期割プランも選択可能。中途半端な日数になっても日割りしてくれますよ。

30日プランなら1日あたりのレンタル料金が516円に。通常1280円なので、ずいぶんとお得です。

料金プラン(通常)

グローバルプラン
データ容量/日 500MB 1GB
(実質無制限)
利用料金
1日あたり
1280円 1580円

料金プラン(長期割)

グローバルプラン
レンタル日数 30日 60日 90日
データ容量/日 300MB 600MB 1.1GB
利用料金
1日あたり
15500円
(1日516円)
29000円
(1日483円)
40500円
(1日450円)

空港カウンター

成田・羽田・新千歳・秋田・中部・関西・広島・松山・鹿児島・那覇

同時接続

5台まで

>>jetfiで予約する

4位:Wi-Ho!【アメリカ本土も周遊する方に】

wiho

老舗のテレコムスクエアが提供するWi-Ho!。大容量プラン(500MB)は1日1050円とまずまずの安さでレンタルできます。

Wi-Ho!はハワイのあとに、アメリカ本土へ旅行する方におすすめです 。同じ月額料金にてレンタルWiFiを使い回し出来ます。

空港でレンタルする場合は、羽田空港なら24時間対応。返却はどの空港でも、24時間対応です(返却ボックスあり)。

キャンペーンの時期と被れば、最大40%割引も。 公式サイトから最新情報を確認してみましょう。

料金プラン

アメリカ・ハワイワイホー 4G
データ容量/日 300MB
(通常)
500MB
(大容量)
1GB 無制限
利用料金
1日あたり
750円 1050円 1250円) 1850円

空港カウンター

成田・羽田・新千歳・中部・関西・福岡

同時接続

5台まで

>>Wi-Ho!で予約する

5位:イモトのWiFi【渡航30日前まで早割あり】

イモトのwifi

イッテQで人気のイモトをCMキャラクターに起用したことで有名、イモトのWiFi。安さがウリのレンタルWiFiですが、ハワイに限ってはお高めです。

他社と比べてコレといった強みはありませんが、知名度の高いレンタルWiFiで安心したい方はイモトのWiFiを選ぶといいでしょう。

24時間の無料サポート付きで、盗難紛失保証(1日200円~)を付けることもできます。空港で返却する場合は24時間対応です。

なお、イモトのWiFiでは手頃な3G WiFiプランが用意されていますが、契約はおすすめしません。 通信速度が遅すぎるので、できることはLINE程度に限られます。

ちなみに、渡航30日前から全プラン10~20%の早割対象となります。

料金プラン(4G LTE WiFi)

大容量 ギガ 30日
データ容量/日 500MB 1GB 500MB
利用料金 1580円/日 1880円/日 28000円/月

料金プラン(3G WiFi)

大容量 ギガ 30日
データ容量/日 500MB 1GB 500MB
利用料金 980円/日 1280円/日 19200円/月

空港カウンター

成田・羽田・新千歳・中部・関西・福岡

同時接続

5台まで

>>イモトのWiFiで予約する

2.ハワイのレンタルWiFiに関するQ&A

最後に、ハワイでレンタルWiFiを使うときの疑問についてまとめたわ。目を通してちょうだい。

Q1.レンタルWiFiに補償は付けるべき?

レンタルしたWiFiルーターを破損あるいは紛失した場合(盗難も含む)、3~4万円の賠償金を請求されます。

補償オプションを付ける場合は、1日200円が相場。どうするか悩みますよね・・。

結論から言うと、少しでも心配なら補償を付けたほうがいいです。 1週間のレンタルなら補償金額は1400円程度です。

ハワイは海外の中では治安が良いとされています。実際、女性が一人で出歩けるレベルで、お尻のポケットに財布を入れていても、滅多に取られません(海外では普通ありえない)。

ですが、犯罪率が低いかというと、そうではありません。日本では、ハワイの観光産業を守るためにあまり報道されませんが、日本人を狙った強盗事件はたびたび起きています。

WiFiルーターも十分スリの対象となるため、万全を期した方がいいでしょう。あまり海外旅行に慣れていないなら、補償オプションの加入を検討してみましょう。

Q2.限界まで料金を安く済ませるレンタル方法は?

一番は、ご紹介している「ALOHA DATA」でレンタルすることです。それだけで、他社よりおよそ半額も安くなります。

そこから、さらに安く済ませるなら、WiFiルーターの現地受け取りを利用しましょう。

日本とハワイは時差があります。1週間の旅行だと、5泊7日になるのが普通です。

そのため、国内でレンタルすると、実際にWiFiルーターを使うのは5日でも、7日分の利用料金を支払わなければなりません。

ですが、現地で受け取り・返却すれば、移動中の利用料金を節約できます。 5泊7日でも支払うのは5日分だけです。

WiFiルーターを現地(ハワイ)でレンタルできる会社

Q3.ハワイでは、どれくらいのデータ容量が必要?

スマホの使い方によって変わりますが、3人くらいまでなら大容量プランだけで十分です。

500~600MBの大容量プランは、長時間の動画閲覧を行わない限り、そう簡単には消費しません。 Google map、LINE、WEBサイト閲覧、SNS程度の利用なら必要十分でしょう。

パソコンでガッツリと仕事する方も、一人なら大容量プランで大丈夫です。

なお、ハワイではアラモアナセンターやワイキキ周辺のショッピングモール、スターバックスなどで無料Wi-Fiを利用できます。

うまくやりくりすれば、レンタルWiFiのデータ消費を節約できますよ。ホテルのWiFiについては、有料の場合があるので事前に確認しておきましょう。

3.【まとめ】レンタルWiFiを借りて、ハワイ旅行を楽しもう

この記事では、ハワイのレンタルWiFiについて、おすすめの会社をご紹介してきました。

レンタルWiFiは料金の安さだけでなく、空港の受け取り場所や同時接続台数も考慮して選ぶといいですよ。

空港受取の場合、カウンターでの受け取り時間は数分程度。すぐに手続きできますが、余裕を持って行動しましょう。

ショッピングや海、大自然などハワイは本当にやることがたくさん。レンタルWiFiを使って、快適な旅行を楽しんで下さいね。

>>もう一度、ハワイにおすすめのレンタルWiFiを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。