楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

どこが安い?光回線の最安値をパターン別で比較

光回線の最安値

この記事のポイント

  • 光回線の最安値はキャンペーンとスマホセット割の利用状況で変わる
  • 大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の方は、同キャリア提供の光回線を選ぶと最安値

「最安値の光回線に契約したいけど、どこが安いのか全然分からない・・」

光回線について調べると、どこのサービスも「ウチが最安値」と謳っています。でも、最安値の光回線は一つだけのはずですよね。

ややこしい状況になっている理由は、状況によって最安値が変わるからです。具体的には、キャンペーンとスマホセット割の適用状況で変わります。

本記事では、最安の光回線を誰でも選べるように解説。3つのパターンに分けて、一番安い光回線を選択できます。

1.どこが安い?光回線の料金比較

一番安い光回線って、どこですか?

状況によって変わるから一概には言えないの。3つのパターンに分けられるから確認してちょうだい。

光回線の料金は、キャンペーン・スマホセット割の有無によって変動します。そのため、単純な料金比較では最安を見逃すことも。

ですので、利用状況によって最安値を選べるよう3つのパターンで比較していきます。

比較パターン

工事費は自宅のネット環境によって異なるため、今回は考慮していません。

工事費の目安

  • 転用:0円
  • 無派遣工事(回線設備あり):2000円
  • 新規工事(回線設備なし):18000円~24000円

※工事費はキャンペーンで無料になる場合あり

パターン1:キャンペーン無し

まずはシンプルに、キャンペーン・キャッシュバックを考慮しない各社の月額料金を比較してみましょう。

2年総額=月額料金+事務手数料

マンション料金(安い順)

月額料金 2年総額 事務手数料
enひかり 3300円 82200円 3000円
OCN光 3600円 89400円 3000円
ソフトバンク光 3800円 90400円 3000円
auひかり 3900円 92700円 3000円
楽天ひかり 3800円 93000円 800円~1800円
ビッグローブ光 3980円 94540円 3000円
ドコモ光 4000円 99000円 3000円
NURO光 4743円 116832円 3000円
コミュファ光 5050円 121900円 700円

 

戸建て料金(安い順)

月額料金 2年総額 事務手数料
コミュファ光 3990円
※2年目から4640円
104260円 700円
enひかり 4300円 106200円 3000円
NURO光 4743円 116832円 3000円
楽天ひかり 4800円 117000円 800円~1800円
ビッグローブ光 4980円 117540円 3000円
auひかり 5200円 122600円 3000円
OCN光 5100円 125400円 3000円
ドコモ光 5200円 127800円 3000円
ソフトバンク光 5200円 122600円 3000円
MEMO
  • auひかり・ビッグローブ光・ソフトバンク光は初月無料を考慮
  • コミュファ光は愛知・岐阜・三重・静岡・長野にエリアが限られる

マンション・戸建て共に、enひかりの安さが目立ちます。あまり聞き慣れないかと思いますが、enひかりはNTTの代理店として2007年から実績がある会社です。

ただし、キャンペーンを考慮するとむしろenひかりは高くなります。

\キャンペーンなしの最安値/

enひかり

パターン2:キャンペーンあり

多くの光回線は、プロバイダあるいは代理店経由の申し込みで豪華キャンペーンを受け取れます。目玉となるのが高額キャッシュバックです。

今度は、キャンペーンを考慮した実質価格を見ていきましょう。申し込み窓口(プロバイダか代理店)は最もお得なところを選出しています。

2年総額=月額料金+事務手数料-キャンペーン特典

マンション料金・キャンペーンあり(安い順)

実質月額 2年総額 キャンペーン 申し込み窓口
auひかり 2154円 51700円 41000円CB GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光 2550円 61200円 33000円CB エヌズカンパニー
(代理店)
OCN光 2658円 63800円 22000円CB ラプター
(代理店)
ドコモ光 2667円 64000円 20000円CB
15000dポイント
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光 2856円 68540円 26000円CB NEXT
(代理店)
NURO光 2868円 68832円 45000円CB 公式
enひかり 3417円 82000円 なし 公式
コミュファ光 3621円 86900円 35000円CB NEXT
(代理店)
楽天ひかり 3875円 93000円 なし 公式

 

戸建て料金・キャンペーンあり(安い順)

実質月額 2年総額
キャンペーン 申し込み窓口
NURO光 2868円 68832円 45000円CB 公式
auひかり 2983円 71600円 51000円 GMOとくとくBB
(プロバイダ)
コミュファ光 3094円 74260円 30000円CB NEXT
(代理店)
ドコモ光 3658円 87800円 20000円CB
20000dポイント
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光 3814円 91540円 26000円CB NEXT
(代理店)
ソフトバンク光 3950円 94800円 33000円CB エヌズカンパニー
(代理店)
OCN光 4096円 98300円 22000円CB ラプター
(代理店)
enひかり 4425円 106200円 なし 公式
楽天ひかり 4875円 117000円 なし 公式

キャンペーンを適用すると、最安の光回線が一気に様変わりしました。

マンション・戸建て共に安いのがauひかり。auひかり電話に加入するなら、上記の金額よりさらに10000円も安くなります。

戸建てはNURO光が最安です(キャンペーン時期によってはauひかりが最安になる)。

\キャンペーンありの最安値/

auひかり

パターン3:スマホセット割&キャンペーンあり

スマホセット割も考慮すれば、さらに最安の光回線が変わります。割引額はプラン(スマホ側)によって異なりますが、人気プランは大体1000円割引です。

なお、スマホセット割は家族で適用可能です。

適用できる光回線 割引額
ドコモ
(ドコモ光セット割)
ドコモ光 500円~3500円
au
(auスマートバリュー)
auひかり
ビッグローブ光
コミュファ光
934円~2000円
ソフトバンク
(おうち割光セット)
ソフトバンク光
NURO光
500円~2000円

※auスマートバリューはSo-net光プラス、@nifty光、eo光でも適用可

POINT
  • 家族で適用OK
  • 割引額がプランによって異なる(多くの方は1000円引き)

2年総額=月額料金+事務手数料-キャンペーン特典-スマホセット割(1000円)

マンション料金・スマホセット割&キャンペーンあり(安い順)

実質月額 2年総額 スマホセット割 キャンペーン
auひかり 1154円 27700円 au 41000円CB
ソフトバンク光 1550円 37200円 ソフトバンク 33000円CB
ドコモ光 1667円 40000円 ドコモ 20000円CB
15000dポイント
ビッグローブ光 1856円 44540円 au 26000円CB
NURO光 1868円 44832円 ソフトバンク 45000円CB
コミュファ光 2621円 62900円 au 35000円CB
OCN光 2658円 63800円 なし 22000円CB
enひかり 3417円 82000円 なし なし
楽天ひかり 3875円 93000円 なし なし

 

戸建て料金・スマホセット割&キャンペーンあり(安い順)

実質月額 2年総額
スマホセット割 キャンペーン
NURO光 1868円 44832円 ソフトバンク 45000円CB
auひかり 1983円 47600円 au 51000円
コミュファ光 2094円 50260円 au 30000円CB
ドコモ光 2658円 63800円 ドコモ 20000円CB
20000dポイント
ビッグローブ光 2814円 67540円 au 26000円CB
ソフトバンク光 2950円 70800円 ソフトバンク 33000円CB
OCN光 4096円 98300円 なし 22000円CB
enひかり 4425円 106200円 なし なし
楽天ひかり 4875円 117000円 なし なし

スマホセット割を考慮すれば、実質月額は1000円台へ(実際に割引されるのはスマホ側の料金)。

スマホセット割あり/なしでは倍以上の料金が変わるため、利用できる方は絶対に申請しておきたいところです。やはり、auひかりの安さが目立ちますね。

戸建てなら、NURO光が最安。ソフトバンクとのセット割を適用できます。

\スマホセット割ありの最安値/

auひかり

2.【結論】最安値の光回線の選び方

結局、どこを選べばいいんでしょうか?

最安値の光回線と申し込み窓口の組み合わせをまとめるわね。

パターンが分かれてわかりにくかったと思います。以下に、どの光回線を選べば最安契約できるのかまとめました。

最安値の光回線まとめ(携帯キャリア別)

携帯キャリア 最安の光回線 最安の申込み窓口
ドコモ ドコモ光 GMOとくとくBB
au auひかり GMOとくとくBB
ソフトバンク 戸建て:NURO光
マンション:ソフトバンク光
NURO光:公式サイト
ソフトバンク光:エヌズカンパニー
格安SIM 戸建て:NURO光
マンション:auひかり
NURO光:公式サイト
auひかり:GMOとくとくBB
キャンペーン・スマホ割セットなし enひかり 公式サイト
MEMO
GMOとくとくBBはプロバイダ、エヌズカンパニーは代理店

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の方は、そのまま同キャリアが運営する光回線を選ぶのが最安値です。

ただし、ソフトバンクの方はNURO光でもスマホセット割を適用できます。通信品質を考慮すれば、NURO光を第一候補にしておきエリア外ならソフトバンク光を使うといいでしょう。

キャンペーンの申請が面倒かつスマホセット割も適用できないなら、enひかりが最安値です。

格安SIMユーザーの方はマンションタイプならauひかり、戸建てタイプならNURO光を選ぶと最安値です。

3.まとめ

光回線の最安値は利用状況によって変わるため一概には結論付けられません。ざっくり言うと、大手キャリアのスマホを使っているなら同キャリアの光回線にしましょう。

スマホセット割が効いて、実質最安値になります。

申し込み窓口は、プロバイダか代理店経由が絶対おすすめ。高額キャッシュバックや月額割引を受け取れるため、より最安に近づけますよ。

光コラボ比較ナビ 評判・デメリット・おすすめな人光コラボ比較ナビの評判・口コミ【光回線の一括見積もり】

おさらい

光回線はどこが安い?

キャンペーン、スマホセット割の有無で変わります。総合的に見ると、auひかりが安いです。

 

最安で申し込むには?

特典を受け取れるプロバイダか代理店で申し込むことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。